2018年10月18日

ふたつの牙

この間、ある方から、人には二つの牙(きば)があるという話を聞きました。
一つは、頭の上にあって(牙じゃなくて角ですかね)

「自分を守るためにふりまわしている人がいる。結果的に人を傷つける」

もう一つの牙は、自分の口の中にあるんだ。
そう言って、その人は、持っていた箸を口の中に入れて
「こうやって、自分で自分を刺すんだよ。実は、誰も何もしてないのに」

その話が、なんだか妙に自分のこころの中に残っていて。

悲しいことがあると、その話を思い出して
「あ、今、私、自分で自分のことを刺してるな」と思ったりします。

それで、牙はポキッと自分で折らないと......と。
他人に抜いてもらおうと甘えるとその人を逆に傷つけたりするのだよなぁ、とわかるぐらいは、大人になっていると思うんですが。

甘えたくなります。私の牙をとって〜って。ダメだ。笑

坂之上洋子 花
  
Posted by tentenwang at 11:00Comments(0)

2018年09月06日

娘が北京の現地校(国際部)入学

娘の現地校国際部入学式に行ってきました。
本人が行くと言い出して、日本人中学校をやめて、転校受験したのです。

「中学卒業してないので、つまりは、小卒ですよ。良いんですか」と担任言われて、ビビったのは親の方。(°▽°;

でも本人が「決めたんだからいいの」と。「今回受からない場合、来年も受けるから」

結構地味な感じのインターナショナルスクールで、どこが、そんなにこの学校がよかったのかわからないので、聞いたら
「外部の見学の日なのに、体育の時間のバスケの練習が、だらだらしてて、先生も生徒も適当そう〜なとこが良かった」

そ、そこかい? 苦笑


そこから数ヶ月、英作文と中国語と英語での数学の試験、めちゃ頑張りました。
点数も聞いたのですけど、ぎりぎり合格w

そして、クラス16人。ほぼ全員国籍が違いました。。
アメリカ、イギリス、シンガポール、タイ ドイツ、マレーシア、韓国、ギニアビサウ、バングラデシュ、アイルランド 、リトアニア。。
学年全体で日本人は娘ひとり。
五十五中

授業は英語と中国語の2ヶ国語。
入学式見てても、英語と中国語わからないとついていけない。
(あと、娘の予想通り、時間、学生の態度や服装とか、何もかもかなり適当な感じ。。苦笑)

まじで、大丈夫なのか。。。

不安になってる中、アメリカ人の先生が、なぜIB 国際バカロレア(International Baccalaureate)の勉強するのか?みたいな説明のところで
映画の「ロスト イン トランスレーション」のサントリーのコマーシャル撮影部分で日本人CM監督とアメリカ人俳優の演技の部分で通訳がいるのだけどちゃんと伝わってない面白い場面を切り取って

スクリーンショット 2018-09-05 22.39.35


「僕だって、中国語が苦手で、毎日こんな感じ。世の中ってこんな感じじゃない? だから君達が文化を超えて理解し合うことが必要なんだよ」と。

日本語がわかる娘にとっては、今回偶然自分だけがこれ全部理解できて、思い出に残る初日だったんじゃないかな〜と思いました。

4年間、頑張ってほしいです。




  
Posted by tentenwang at 11:15Comments(0)

2018年09月03日

チームラボプラネッツがどうしてそんなに良かったのか

夏休みが終わったので、そろそろ人出も落ち着く頃と思ったので。
新豊洲駅前の「teamLab Planets TOKYO DMM.com(チームラボプラネッツ)」
実は関係者に連れてって頂いたのですが、あんまりに良すぎで、今度は自分でチケット買って、再度行きました。で、実は、またもう一度、行きたいとひそかに思ってます。

好きな映画でも2度は見ないタイプなのに...何度も繰り返し行きたがるなんて。
(私チームラボの猪子さんと知り合いなのでここ宣伝してるように見えたら、嫌なんだけど〜〜素直にはまってるんだから〜苦笑)

じゃ、なぜそんなに、はまってるのか?(; ̄Д ̄)


まず、 中に入って、延々と順番並ぶとか、待たされないから楽だった。ってこと。
(お台場のteamLabのボーダレスの方は行ったことないのでわからないです。私が行ったのは新豊洲のチームラボプラネッツの方)

中に入った後に、人が多くて混んでる!って、嫌な感じがまったくしないのも得点が高い。これは、設計が超絶上手いんだと思う。

それから、来てる小さな子どもも、ティーンエイジャーも、みんな超、嬉しそうにしてる。光に照らされて時々、知らない人の笑顔が見えるのだけど、それも含めて、なんだか幸せな気持ちになれるのがたまらないです。そこにいる人も含めて、現代アート、な感じ。


たくさん写真が上がってると思うので、写真だけみると昔数年前のに行った人などは「ふ〜ん、あれと同じでしょ」とか、劇混んでるんだよね、思うかもしれないのですけど。(正直私もそう思ってた)でも全然違う〜。良かった。

チームラボ プラネッツ



それからコツとしてはあんまし、写真とか動画は見ないで行くのがいいです。


そして最後に、何より、ここ、めちゃ大人のデートスポットです!
不思議な感じ。隣に他人のお子さん達が騒いでいても、なぜかきっと二人の世界になれるですw


チケットはここから
  
Posted by tentenwang at 19:52Comments(0)

2018年08月17日

最後のことば

母をはやくに亡くしたからか
19歳の時に人は「死ぬんだな」って悟った。

それから、ずっと
自分の気持ちに、できれば(嘘をつかず)生きてたいって思ってる。

時々できないけど、ね。

傷つきたくない時にごまかしたり。
正直でいると、うまくいかない時もあって
それは、やっぱり苦しくて悲しい。

でも、良いこともいやなこともそのまま受け入れて
「楽しかったよね、わたし」
ってなこと、最期に自分に言おうと決めてるんだ。


IMG_0637
  
Posted by tentenwang at 21:45Comments(0)

2018年07月09日

リーダーのあり方(総社市からのお願い:2018年7月9日現在)

西日本豪雨で化学工場が爆破したニュースを見た方も多かったと思いますが、場所が岡山県総社市でした。先ほど、総社市の片岡市長とお電話でお話しました。

片岡市長からのお願いです。

化学工場の爆発は雨でガラスとアルミニウムが大変なことになっていて、現場はプロでないと処理できない状態になっているそうです。処理をボランティアで助けてくれる専門家を探しているそうです。
(2018年7月9日現在)
連絡先 総社市市役所 災害本部
電話 0866-92-8570


総社朝日アルミ産業



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、私が個人的に知っている総社のNPO法人吉備野工房ちみち  理事長 加藤さんが細やかにいろいろな場所とボランティアのみなさんを繋げています。今は軽トラ、男手、電波(山の中で連絡手段がない)100単位の洋服、食事などが必要。支援下さる方がいらっしゃいましたら、直接メール info@chimichi.org してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土日は片岡市長のTwitterで近隣の千人近い高校生がボランティアに集まったそうです。
民家の瓦礫の撤去などの作業をしてくれて大変助かった。ありがたかったとのこと。

総社市ボランティア

(写真は市役所のホームページから。高校生が軽装であることを批判するTwitterがあったので、大丈夫なのかと聞いたら、地元土建業者さんやホームセンターが安全靴や軍手その他必要なものを即座に手配したそうです)

なぜ、そんな地方の小さな市に高校生が千人も自主的に集まるのか。それは片岡市長の人柄と今までして来たことがちゃんと高校生にまでも伝わっているからだと思います。

2年前、2016年に登山家の野口健さんが書いた記事です。今読むと、心が震えるのでぜひ読んでみてください。
災害時におけるリーダーの役割とは? 「公平性」よりも大事なことがある。 

そして、今まで総社市が、そうやって助けてきた仙台や熊本からの支援部隊が、ぞくぞくと駆けつけている。見ていて涙がでそうです。こんなことがあるんだ、と。


私が片岡市長と知り合った経緯はここです。

障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる国にNO!を突き付けた岡山県総社市長の戦い
偶然出会った片岡市長がすごいと直感で思い、あまり認知されていなかった政策を紹介しました。この殿、ご乱心の記事が当時ものすごい勢いで拡散され、彼の姿勢に心動かされた人たちが繋がっていき障がい者の千人雇用が進んだと市役所やたくさんのみなさんから連絡がありました。

今回も、多くの必要な方々へ助けが届きますように。
片岡市長Twitterで総社市の進捗状況も見れます。


  
Posted by tentenwang at 12:18Comments(1)

2018年05月16日

20代の渋谷に潜入したよ

ヤンキーインターン事業を展開しているハッシャダイの20代経営陣3人組が、ご馳走してくれるというので、「じゃ20代が遊ぶとこに行きたい〜」という注文つけたら、めちゃ興味深かったのでレポートします。

まず連れてってくれたのは、渋谷の肉横丁。いろんな店が入ってて席が近いので、隣の人に話しかけやすい。つまり、ナンパスポットでもあるそうです。

IMG_7521



そこで、突然、ジュリアン陸さんという「プロボクサー手品師」に声をかけられました!
一瞬、3人組がこっそり呼んでくれたサプライズなのかと思いましたが、ただの偶然。(笑)

手品すごすぎで、超感激。

IMG_7526




その後、上の階にある、相席ラウンジに連れてってくれました。
女の子は無料でご飯も飲み物も食べられる。男性は時間制でお金払うシステム。
緊張しすぎた私が、入り口でこけて、足から血を出すというハプニングがありましたが、何とか席へ。

驚いたのが、店にきてる女の子たちがみんなめちゃ可愛い。
「すごくない?」と聞いたら、失礼な男が多いから、(座る女の子が気に入らないと席を変えてと言えるシステム)自信ない女子は、なかなかこれないからじゃないかな〜。と。


そして、私たちのところにきた女の子二人。一人は、日本語教師で、一人は会社の秘書。

彼女達は、(なんで、かっこいい男性3人組と年上の女性がいるんだ)と思ったと思うのですが、私が社会科見学なの〜、と状況解説すると、ころころと笑って色々教えてくれました。

そして驚いたのが、この子たちは、なんとその日会ったばかりなのだと言うこと!!!


IMG_7528


これは女子友達ができるアプリ
これで会って、ご飯食べて、相席ラウンジへ。
これだと、二人とも同じ人を気に入っても、友達とか同僚じゃないから気まずくないんだとか。
途中で、気に入った男性と抜けちゃっても罪悪感ない。


そうか。そうなのか。。。。。
本当に、色々勉強になる。
もし私が今20代だったとしても、ここで戦えそうにないことだけは、はっきりわかったw

そして帰り道、社長が、「実は、僕は今日相席ラウンジに初めて行った」と教えてくれました。
実は彼らは、毎日仕事してて、たいして遊んではおらず、実は、単に私をエンターティメントしてくれただけだったということが判明。( ̄▽ ̄;) 


ハッシャダイ大好き。知らない世界が楽しくて最近彼らにひっかかってる。

私が好きな記事 ↓
ハッシャダイ初の女の子。ススキノから上場企業最年少内定へ〜挑戦者の素顔〜 MOMO(20歳)



IMG_7760







YankeeIntern from HASSYADAI on Vimeo.





  
Posted by tentenwang at 20:34Comments(1)

2018年05月01日

5月9日夜ーチャリティパーティします!

今夜のプラ子ちゃんのチャリティパーティ
 全員に来てくださいとメールしてます。

でも、どうやらメールが届いてない人が多いそうなので、ここにインフォメーションおきます。
多数同時に送ったのでジャンクメールに入ってしまっているのかも!

待ってます!!!

日時:5月9日(水)18時半開場/19時00分開始
場所:EIJI PRESS Lab
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F  
Posted by tentenwang at 20:17Comments(0)

2018年04月23日

悪いことが起きた時

友人がロッカーの鍵をかけ忘れて、ネックレスを盗まれた、と連絡がきました。
「盗難にあったのはじめてで、ショックで」
少し事情を聞いたり、やりとりしてたんですが、忘れたのでも、失くしたのでもなくやはり、盗られてしまったようでした。

「じゃ、あなたの命救ってくれたに違いないよ〜」
突然、私がそう言ったので、その友人は相当びっくりしたようでした。

「ネックレス探して、ウロウロしてたでしょう?その時間ずれて、きっと、そのおかげで交通事故に遭わなかったんだよ。きっとそうだよ〜良かった」

彼女は「そんな視点なかった」と笑ってました。

でも、このまま気分悪いままで帰ったら、もしかしたら気を許している家族や大事な人にあたったり、イライラして仕事で判断ミスしちゃうかもしれない。それが続くと大事な人や仕事が離れていく。

もっと大事なものを失いかねない、と思うのです。

だから、悪いことが起きると、「これは絶対に何か良いことにつながるに違いない」と考えて、すぐに切り替える。そう私は意識しています。

だって、モノがなくなったくらいは、また働いてお金ためてもっといいの買おう!そう思えれば、それは逆に良い強さになるかな。と思うのです。

でも、「想い出の品は?」「想いが入ってるモノ失くしたら辛い」と聞かれたら。

実は、私は1年ぐらい前に、結婚指輪を失くしたのです。。。苦笑。が、まぁ、指輪はなくなったけど、想い出も、現在も、未来もそれ以外は何にもなくなってない。

私は感情的な性格で、すぐ悲観になるし、そうしがち。だからこそ、自分に言い聞かせて生きてます。

何かを失った時に、それをひきづって、自分の未来をつぶして歩くのか?

友達も、本当にそんな盗難ってなかなかないから、命すくわれたのかも。と、なんだかふっきれたみたいでした。「よし、仕事がんばろ!もっといいネックレス買お〜」って言って、連絡してきたより気持ちがすっきり上がってたみたいで、わたしもつられてうれしくなり、久しぶりにブログ書いてみました。

sea
  
Posted by tentenwang at 07:13Comments(2)

2018年03月06日

アフリカ遺児高等教育支援 100年構想

3月2日に京都で行われてた あしなが育英会が先導する「アフリカ遺児高等教育支援
100年構想」の国際会議に日本の代表の一人として出席してきました。

国際的な影響力を持つ人々をアドバイザーとする諮問機関ということで、世界中から元大臣や著名大学の学長などが集まっていて、今回は京都の開催だったので、京都市長、京都大学総長も参加されていました。

「アフリカ遺児高等教育支援100年構想」とは、世界最貧国群と言われているサブサハラ(サハラ砂漠以南)49ヶ国の各国から毎年一人ずつ優秀な遺児を世界の大学に留学させ、母国の様々な分野で活躍するリーダーを育てようという構想で、議長はフランス投資総監督、元ルノー会長のルイ・シュバイツァー氏。

世界各国の著名人を、英語が全くできない玉井会長がまとめあげていて、本当にそのまきこみ力に、ただただ驚愕しました。
IMG_6656


今回の会議のテーマは、その優秀な遺児を例えば、ハーバード大学やフランスのトップの大学に入れた場合、果たして母国に帰って活躍するのか。でした。

トップの大学に行くとアフリカでなかなか良い就職先がない、と。それを聞いた私、

「え」

就職するんかいw

そもそも私は、アフリカで今必要なのは、多くのゼロを1にすることを考える起業家なんじゃないかなと思っています。


あの市場でどう稼いでたくさんの人を雇用できるか。そんなことを学び考える人材を作ることが大事なんじゃないかな、と。

そして自分の国で成功すれば、のちに国をつくる仕事にも自然に関わっていけるのではないか、と。

『そもそもトップの有名大学にいかせると言う考え自体がちょっと古いかも』と思い、そんな意見を分科会の議論でも話しました。

でも世の中のエリートの中では、まだそう思わない感じ。
はい、ものすごく少数意見だったです。(苦笑)

IMG_6679



良い大学に行って、組織で働きリーダーとなる人材もとても重要だと思います。

ただ、アフリカでリーダーをつくる、という壮大な構想を成り立たせるためには、「起業家」思考を意識的に入れないとって真剣に思うのです。
だから、会議中にではなく会議後に、たくさんの人と話しあいました。

少しでも役にたてたら良いな〜と思ってます。


  
Posted by tentenwang at 13:52Comments(0)

2017年11月01日

北京でシェアカー競争が加速してきたもようです

北京の家のまわりの路上に突然現れたシェアカー
最近は、シェア自転車の競争が有名で、ご存知の方も多いかと思いますが。
自転車北京



今日、突然路上にずらり。
く、く、車キターーーーーー!!!
思わず叫んでしまいました。

2017-10-31-20-22-13


それもアウディだし。
2017-10-31-22-56-13


バーコードでアプリで読み込んだら
2017-10-31-22-58-50


もうこんなに。
2017-10-31-23-01-27



最初の私の反応は、やばい。笑
迷惑じゃないか。
路上駐車、今でもなかなか車停めるの困難なのです。。

でもそんなこと、まずはやってみて考えればいいじゃん的な勢いがあるのが、今の中国のビジネス。そもそも元の土台がないんだから、なんでもトライ、それから調整って感じがあります。

そのなんだかすごい勢いや若い経営者たちの生き生きした感じ見ると。戦後、日本で若い経営者たちが今は大企業になっている会社を創業してた時はこんな感じだったんじゃないのかな、ってふと思いました。


とりあえず、いろいろダイナミック。
でもすざましいんで、北京にいると日々自分の常識と戦いながら生きてる感じもします。
同時に自分の理解超えることを単に否定したら、そこで固まっておわりだから、自分の頭をいつも柔軟にしていたいなぁって思っています。

  
Posted by tentenwang at 00:46Comments(0)