2016年11月28日

仕事で一番価値があると思ってるところ

ずっと、働いている。

どんな辛い時もやめる気がしない。
色々あるけど、「あぁ、仕事してて良かったなぁ」としみじみ思う瞬間があるから。

仕事は、なんだか学生の時の文化祭に似ている気がする。
時間内に最高のものを作り上げるために人と協力して努力して頑張るところ。そこで、うまくいかないことや、失敗を乗り越えて、友人ができる。

人は大人になると、新しい友人関係がを作る機会が極端に少なくなる気がする。私の性格が内向的だからかもしれないけど。特に、自分と違う、タイプの人と友人になることは何かの作業がなければ、なかなか叶わないなぁ、と思っている。


でも、仕事だと、意見を戦わせたり、うまくいかなかったり。何かしらの困難な壁が現れるので、相手とコミュニケーションをとらざるをえないし、そこで素顔が見えかくれしやすい。

先日、自分とは、気があわない印象と思った人と(色々あり)仕事をすることになった。(笑)

お互い知らない同士なので、探りながら話をする。

かなり時間が経ってから、ある時に、ふと私たちは、好きな本が同じだということがわかった。

オノヨーコのグレープフルーツ・ジュース。

グレープフルーツ・ジュース [ オノ・ヨーコ ]
グレープフルーツ・ジュース [ オノ・ヨーコ ]



すごく驚いた。

それは、私の中で、彼がこういう本を好きであるという印象がなかったからなのだけれども。
人はやはり時間をかけないと、奥底にあるものは、わからない。

「よ〜こさん、燃やした?」

「え?」

「この本を燃やしなさい、読み終えたら、って最後に書いてあるでしょ?」

「燃やしてないよ」

「ダメだよ。燃やさなきゃ」


それから、なんだか、打ち解けた。

グレープフルーツ・ジュース理解できるなら、ここまで話してもよいだろう。とお互いわかったのだと思う。深い話も、するようになった。プロジェクトもうまく進んでる。

友人になってないだろう、と思う人と、信頼関係ができた時は、ことさら幸せだと思う。それはつまりは、自分が決めていた枠を広げてもらったわけだから、ありがたいと思う。


今まで、働いていて、こういうことが何度もあった。その度に尊重しあえる人が増える。


仕事に求めているものは、肩書きでも、キラキラした賞や賞賛とか残る成果物でもなくて。例えば、昔プロジェクトした人と、あの時、めちゃくちゃだったよね〜、と言いながら、そうだそうだ、と笑いあえる時間とかが、何よりの働く醍醐味だと思ってる。

一番楽しいのがそこだと決めているから、問題が起きても、壁があっても大丈夫。


そんな、履歴書にも残らないことを、一番大事にしてる。

yes


  
Posted by tentenwang at 10:35Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月04日

ゆずれること、と ゆずれないこと。

私は譲歩する。
仕事で怖いと思われているらしいけれど、実はかなり譲歩する。

「ゆずる」は強さだ、と思う。

相手を立てる。自分が負を引き受けて、物事を前に進ませる、そうできた時の余韻が心地良いことも知っている。

ただ、引き下がらない時がある。100の中で1ぐらいしかないけれど、これだけは、折れたらダメだという事項は(直感)でわかる。

それをやってしまったら、結局は凧の糸が切れたように、まわりもダメになってしまう。

どんなに言葉に飾りをつけても、ダメなものはダメだ、と思うことがある。それがたとえ都合が悪くても。多大なお金を失っても。自分に不利でも。心の直感を信じる。

そして誠実に説明する。それでも、わかってもらえないかもしれない。それでも、譲らない。
なぜって、それが、その人の尊厳であり「哲学」じゃないか、と思っているからだ。

私がもし、仕事で信頼されてるとしたなら圧倒的に自分が不利になっても、(ここだけは譲らない)という信念があることを皆が知っているからだと思う。


10月28日「核兵器禁止条約」に世界で唯一の被爆国である日本が「反対票」を投じた。
国連委決議、日本反対のニュースは世界をかけめぐった。



「核なき世界」は単なる理想だよ。
他の国がやってんだから、地下に潜るだけだよ。
それに賛成しても何の効力もない。
核廃絶を呼びかける決議はうまくいったじゃないか。
ロシア領土返還の交渉を有利にするため仕方がない。





それでも。
それでも、そう言ってしまったら、そういう色々な力に屈したら
そこに、国としての「尊厳」がなくなる。と思う。

たくさんの(大人の事情)があるのだろう。
譲ることが大事な時もあるだろう。


けれども。

これだけ、矛盾する苦しい世界で、それでも大人がまっすぐに理想を、尊厳を持っていないなら、子供たちは一体どこを向いて生きていけばいいのだろう。

心の奥底で静かに考えたら、これだけは、やってはいけない、と思うことは自然に見えてくる。

日本は、交渉相手に静かにこう言えばよかったと思う。

「私たちには広島と長崎があります。死者数は約34万人。その苦しみをまだ背負っています。申し訳ない。核兵器を禁止しようとする条約に日本は、反対はできない。棄権させてください」

その苦渋の「尊厳」は必ず相手に伝わったと思う。




IMG_7525


参考ニュース 東京新聞 核禁止条約 交渉開始へ  国連委決議、日本反対
  
Posted by tentenwang at 16:55Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月23日

完璧よりも美しい

編集を担当してくれた米田さんから連絡。
「結婚のずっと前、14版が決まりました!また増刷です。」
この本、5年前に出版したのですが、久しぶりに表紙見てたら、当時のこと思い出しました。

この表紙の花なのですが、近所の花屋さんに「枯れた花が欲しいんですけど〜」って買いに行き
「これ売り物にならないから差し上げますよ」ってもらったものなのです。

薔薇にこだわってたわけではなく、その日枯れかけてる花がたまたま薔薇だっただけ。(苦笑)

山のように頂いた枯れた花を選びながら家の床に並べて、写真家の野寺さんに撮ってもらいました。「女性誌とかたくさん撮ってるけど、洋子さんの使う色って大胆で、日本人ぽくないね」と指摘されたの覚えています。

表紙を開いて裏を見てもらったらわかるのだけど、花びらに穴が開いてたりするのもある。シワが寄ったり、形が崩れてたりしています。

「完璧でなくても美しい」っていうのが、意図でした。




だけど、ほんと、人との関係は、好きであればあるほど情けないほど完璧からほど遠〜い感じで、もがいてるって気がしません? 失敗したり、間違えたり、まわり道したり。

でもその(もがく感じ)って、実は(完璧な状態)より人生、美しいんじゃないかって。

だから、5年たった今、「完璧でなくても美しい」じゃなくて、なんだかなんでもパーフェクトじゃない方が(完璧よりも美しい)と、そんな感じで色々考えてました。

この本、大事に思ってくれてる人がたくさんいるの、嬉しいです。
ありがとうございます。


結婚のずっと前 [ 坂之上洋子 ]
結婚のずっと前 [ 坂之上洋子 ]






  
Posted by tentenwang at 22:50Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月18日

黒石写真コンの「波風を立てない方がいい」について

内定一転 最高賞取り消し/黒石写真コンテスト、被写体に自殺中学生
このニュースを見た時に、私、条件反射のように反応してしまいました。
「波風を立てない方がいい」ってなんなの。と。

撮影した人は被写体を全く知らず、最高賞になった後に分かったこと。
生きていた時の娘の写真が最高賞に選ばれたことをみんなで喜んだ家族。それなのに賞取り消しの知らせ。

家族は突き落とされた気がしただろうと安易に推測できます。それは、まるで、もう一度いじめに遭っているような。失礼すぎる。親の気持ちを考えるとやるせない気持ちになりました。

そうい親「個人」の痛みを優先せずに、「村」「社会」?を乱さないことを優先する風潮が嫌だ。そんな感じがこの記事からして身震いし、思わずSNSに、投稿しました。「これなんなの?」と。

でも、なぜか私はこの記事のことが頭から離れず、夜遅くまで考え込んでしまいました。

石黒市は3万人少しぐらいしかいない地域のようです。そういう中で、中学生が自殺する。きっと地域で、かなり大きな事件です。

近所でも学校でも職場でも、それこそ、あることないこと全て語り尽くされているでしょう。

そういう中で、自殺した女の子の近くにいた同級生たちの何人かは
「どうしてあの時に、自分は一言、声をかけられなかったんだろう」「自分はどうしていじめている子にやめようと言えなかったんだろう」いう罪悪感でさいなまされているかも知れません。

いじめの言葉を発した子に至っては、きっと一生忘れることができない何かを背負ってしまっていると思います。そんなつもりはなかった、とか、あなたは悪くないと言われても、自分たちの言葉で人を死なせてしまった事実は消えません。


どう気丈に振る舞っていても、11歳、12歳、13歳。。。です。


私は、祖母が自殺しているので、自殺した人がいる家族の気持ちが痛いほどわかります。その悲しみは世代を超えて伝わります。

同時に、自殺の原因になった可能性があると思われている人が、人生が狂うほど、きつい思いをするのもわかります。。裁判で裁かれないかもしれないけれども、罪は消えない。制裁はもう受けていると思う。そしてこれからも受け続けるのだと思う。

その写真は、撮影者の男性は生徒と面識はなく、偶然8月15日に撮影。生徒は同25日に亡くなったそうです。写真も亡くなる前に応募したんだそうです。そしてそれが最高賞。まるでドラマのような奇跡のような偶然です。

それが奇跡であるほど、もう一度街の大きなイベントの最高賞という形で、騒ぎになると、なぜ死んでしまったの?なぜ止められなかった?と先生や学生、周りの人たちも、精神的に追い詰められてしまうかもしれない。


私自身も反射的に、取り消しは変でしょうと思ったからこそ、伝えたかったのです。

自殺した人は苦しい。そして残った家族はもっと苦しいです。そして同時にまわりにいた人も苦しいんです。そして最後の苦しみは、限りなく見えにくい。

だから今回の判断、考えれば考えるほど私にはわからなくなりました。

(追記*市の記者会見見ました。なんだか色々ため息でますね。。)

ただ、それでも、私はまるで審判員のように正義を振りかざしSNSで、波風を立ててはいけなかったんだと思う。

反射神経で何かを言うことは、いじめをする子と同じだと思った。
短くても言葉は暴力になるから。


6067C30C-0A5B-44C1-AEFC-F1FE1A54D5CB
  
Posted by tentenwang at 09:22Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月13日

イベントのお誘い!世界ポリオデー・アート・フォーラム

毎年10月24日の「世界ポリオデー」を記念して「世界ポリオデー・アート・フォーラム 2016」を開催。

アートとファンドレイジングについて。ソニー・デジタルエンタテインメントの福田社長と私の対談予定です。アットホームにやろうとの企画でレセプションもあるので和やかな感じになるんじゃないかなぁと思います。

また水墨画家 土屋秋恆氏によるワクチン即興水墨画作品生制作!福山雅治さんのアサヒビールCMや安室奈美恵さんのPVなんかもやってた大人気墨絵師が目の前で書いてくれるですよ〜。
SDP201502


【世界ポリオデー・アート・フォーラム 2016】
◇日時:2016年10月25日(火)19:00〜21:00
◇会場:アンカースター株式会社ラウンジ
(東京都港区西新橋2-21-2 第一南桜ビル6階)
◇主催:一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)
◇協力:ビル&メリンダ・ゲイツ財団
世界の子どもたちのためにポリオ根絶を目指す議員連盟
日本リザルツ
◇言語:進行は日本語です
◇イベントプログラム:
・福田淳氏と坂之上洋子によるトークセッション
“アートとワクチンの力、ファンドレイジングの歴史”
・水墨画家 土屋秋恆氏によるワクチン即興水墨画作品制作
・レセプション

14657708_10211224775118994_1416529536_n


まぁ、なんか私が出るとゆるく(誰でもわかりやすい話にw)なるのはみなさんご存知の通り。
実はソニー・デジタルエンタテインメントの福田社長は私よりも輪をかけてゆるいので、楽しい会になるかと思います。気軽にいらしてください。

本にもサインするので遠慮なく声かけてね。

◇ 参加申込:こちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。(申し込み人数が多い場合は抽選になります)




  
Posted by tentenwang at 13:07Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月05日

ゲイやレズビアンの人たちの苦しみ

NYで建築の仕事をしていた頃、同僚にレンというゲイのデザイナーがいました。レンはハンサムで身体も鍛え上げていたので、超かっこいい。

ある時に2人で残業してたレンに、私つい「ねー、女じゃだめなの?」って聞いてしまった事がありました。

その時にいつも明るい彼が一瞬とても苦しそうな顔をしたのです。
それから、ぽつり、ぽつりとこんな話をしてくれました。

僕は南部出身でしょう?子どもの時から男らしく見えるように努力してたんだ。
ティーンエイジャーの時、ゲイじゃないかと言われてね、違うと言わなかった事が原因で袋叩きになってね。気持ち悪いと殴られたんだ。彼らの仲間の誰かをを好きなわけでもないのにさ。

20歳で、親に正直にゲイだと言ったらさ、母親からやめてくれと泣かれてね。

好きな相手が同性だった。それだけで、まるで犯罪者かというような目で見られてきたんだ。ニューヨークに来るまで地獄だった。

「ゲイってことやめれるなら、俺が一番最初にやめてる」

15年くらい前の出来事です。でも本当にその時のこと鮮明に覚えてます。
レンがじっと床見てて。私も彼の悲しみを共有しました。友情が深まった瞬間でもあったんだと思います。

人を好きになる。その自由で尊重されるべきことで苦しんできた人がいる。そういう苦しみを、ゲイの人に差別はなかったつもりだったけどやっぱり全然わかってなかったんだな、とその時、心から反省しました。

レンは長年連れ添った人今も幸せに暮らしています。


日本にも(最低限の)LGBT法案を通したい、とゲイの友人からお願いされて、私も賛同して発起人になりました。今、理解されず反対されてる人も多くいるのが実情です。法案も通るか通らないかぎりぎりのところだそうです。

一人でも多くの署名があれば、法案ができること、後押しされると思います。

LGBT

世界に誇れる日本へ!LGBTへの差別をなくして、「ありのままの自分」で生きやすい社会を実現する、法律をつくってほしい!

苦しんで自殺するような人がもう出ませんように。
  
Posted by tentenwang at 19:37Comments(1)TrackBack(0)

2016年09月29日

ベッキーさんのヌードに対する圧倒的な違和感

ベッキーさんの背中裸写真の広告が日本経済新聞に出されました。
それを見ながら、圧倒的な違和感に戸惑っています。
なんなんだろう、この、もやもや感。

original
ベッキー、新聞広告に登場 「背中ヌード」で示した覚悟



私は、女性の裸はそもそも美しいと思うし、ヌード写真を否定するタイプでもないです。
これもとても綺麗な写真だと思う。
あえて「日本経済新聞」という媒体を選んだのも間違ってないと思うんです。
コピーも悪くない。

じゃ、なんで?

なんで、嫌な感じ。するんだろう....。


その自分の気持ちがよくわからず、いろいろと考え込んでしまいました。

私は恋愛はどういう形であれ、恋に落ちたんだからしょうがないと思う派です。それで傷ついたり傷つけられたり、それもしょうがない。でもそれはその関係の中にいる人たちにとっての問題で。

関係がない人たちが、あそこまで激しく批判したり裁く必要はないと思っていました。(芸能人だから当然という人も多いようですが。。)
ベッキーさんは、毎日これでもか、これでもかというくらい叩かれました。
そして恋を失い、仕事も失いました。

あの連日のバッシングすごかったですよね。あの頃、日本が初めて武器輸出するっていうニュースが1分しか取り上げられてなくて、ベッキーさんのニュースが20分以上で、ひぇ〜とのけぞったの、よく覚えています。

そういう激しい人格攻撃の後、

彼女をもう使わない会社
彼女を使わないTV局
制裁を受けない男

そういう全体の社会の流れを、沈黙のまま横目で見ていた人は多いと思う。
「好きになってはいけない人を好きになった女性はこういう目にあうのだ」と。


私はベッキーさんはいつか立ち直って欲しいと思っていました。
ゼロになった人がまっすぐに立ち上がる時に、(その凛とした強さとか、苦しんだぶんだけ、何かそういう優しいもの)を身につけてるのを見て、励まされる人たちがたくさんいるんじゃないかと思ったからです。


間違っても大丈夫。
傷ついても大丈夫。
ちゃんと立ち直れる。
そして人生はもっと豊かになる

そんな感じ、かな。

勝手だけど、私は、たぶん、その(内面的な美しさで)みんなを圧倒して欲しかったんだと思う。
そんな新しい彼女を見たかった。

そして、その時に(恋に落ちたことで女が罰せられる時代が終わる)そう期待してた。



もちろん、この広告は、わたしの考える同じ意図もあったのかもしれない。
再起を目指してる人にチャンスをあげよう、と。

でも、それには「裸」がちょっと、余計だったんじゃないかと思う。

女が生き残るのに「裸」を使わないと戻れないのか、という違和感が。
そこまでやって初めてよくやった「覚悟できたんだな」と言われておるような違和感が。

いや、ごめん。考えすぎか。


  
Posted by tentenwang at 16:09Comments(10)TrackBack(0)

2016年08月17日

テンションアガる〜DMM.make AKIBA

DMM.make AKIBAに行ってきました。

延べ床面積は約2000平方メートル。3Dプリンターで有名ですが、日本にこれほどまでに高額な機材がぞろぞろと揃っているのは珍しいのだということで、モノ作りの聖地のようなとこみたいです。

相当にプロが悶絶しそうな感じなんですが、実は、デザインが好きな女子が仰け反りそうなるとこでもあります。

今回は、私と中学1年生の娘と一緒に体験してきました。DMM.make AKIBA機械さわったことない素人体験談です。あんまり素敵なんで、つい書きたくなったんですが、実は教えたくないような(笑)

うちの内気なオタク娘ちゃん、この夏休みLife is Techのアニメーションのキャンプにいってきました。

そこで描いた絵でなにかオリジナルものをつくってみたいっ。
しかし作り方とかもちろん全然知らない。笑

という状況できました。

そこでまず、携帯ケースにオリジナルの絵を転写してもらおう、と。

2016-08-12-14-34-03



でも、娘ちゃん実は、まだまだイラストレータの使い方とかよくわかってないので、とまどって緊張して固まってしまいました。でもテックスタッフさんが超親切なの〜。


2016-08-12-14-58-46

2016-08-12-15-08-09


2016-08-12-14-56-32


超たのしい。私もやりたいw 

そしてこんな感じのものが完成しました。


2016-08-12-15-10-28


機械によってはプリントでなく削ってデザインいれたりもできるそうです。
これで無印の300円ぐらいの名刺入れケースが超かっこよくなったりするそうです。

D5224059-7F69-4962-A419-19F20A730E21


次は、娘ちゃんPCで描いたデザインをコンピュタミシンでハンカチに刺繍してもらいます。
シャンデリア描いたのだそうです。

一色で良いとのことで紺の糸を選んでる娘ちゃん、わたし心の中で「地味でないか?」とつっこみいれてました。せっかくこんなたくさんの色あるのに〜コンピュタでなんでもできるのに〜派手派手にたくさんの色でつくればいいのに〜って。


2016-08-14-10-01-52




あれ
2016-08-12-15-38-27



結構かっこいい(笑)

2016-08-12-15-48-58



できました!
2016-08-12-15-59-41




ここを使ってる人は、ドレスの中に光る糸縫い込んだりって新しいアイディア試したりなどもしてるらしいです。

形が複雑な指輪を3Dプリンタでつくるとかね。

もの作るの大好きなデザイン系女子には、たまんないでしょ?
あと、以前にお菓子の会社のブランディング戦略を担当してて、デザインしたパッケージを大量発注するんだけど、サンプルがあがってくるの遅くてね。ここがあればサンプル自分たちで、すぐにつくれて便利だっただろうな〜と思いました。


DMM.make AKIBAは技術とかできることがあんまりにもすごいので、そこが目立って、ふつうの人にとっては敷居高い感じする。なのでこういうエントリ読むと機械音痴な人でも勇気でるかな、と思って書きました。
子供も保護者と一緒ならいけるので夏休みの宿題提出物につかえるw


2CB6FD9F-FFDD-4F30-93FE-A8DE64EB7C48


娘と私が今回使ったのは Drop in という一日使えるコースなのですが、私自身がここにいりびたりたい!!会員になりたいぞ!と本気で思いましたw。

カフェもあるし他の会員との交流会もあるしなんだか楽しそうだもん。



テックスタッフおふたりです。やさしいありがとうございました!

2016-08-12-16-00-15




060AD952-FBC9-4BC5-870C-ACA64DCA2D79

  
Posted by tentenwang at 09:48Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月14日

東京か大阪マラソン走りませんか?

えっと。
マラソン.........

数年前に42.195キロを完走したことがあります。その時の「達成感」「やればできるじゃん感の気持ち良さ」はやはり一度やったことのある人にしか味わないと思います。

それにマラソンは年を重ねてる方が向いています。完走する確率が高いです。

だって、準備や経験、そして勉強が必要です。(アミノ酸サプリ等、良いサプリをたくさんもって走ること 笑)などでかなり差がつきます。


若いんで運動得意だから、走れるとか根性だけじゃなかなか完走できないところがミソです。

30キロ時点で、最初飛ばしすぎたたくさんの20代の男の人たちが道端で倒れているのを見ながら、追い越して走る、優越感といったら、そんな気持ちいいことってないです


ぜひ一度は経験してみてください。

今日は、なかなか当選しない東京マラソン、大阪マラソンを走ることができるすごい方法をお教えします。

それは、「チャリティ枠」。10万円を指定のNPOに寄付すれば、必ず走れます。(枠が埋まった時点で締め切り)


もちろんご自分で寄付額を全額払うのも構いませんが、是非まわりの友人に応援寄付してもらってください。

みんなに挑戦をいうことを宣伝することで、ひっこみがつかなくなるんで、練習せざるをえない。それでNPOの名前も知ってもらえます。ぜひここから詳細をみてください。07

今回私が応援しているのは、認定NPO法人育て上げネット。虐待、いじめ、孤食のような、子どもの生きづらさを改善する活動に使われます。

走って応援する。それもなんだか素敵な大人な方法って感じでしょ?

わたしは顔まで出して応援コメントだしているにもかかわらず
えっと、あの、走りません。すみません。。すみません。。すみません

マラソンは一度完走したときに一生分ぐらい満喫してしまいました。なのでわたしは全力応援にまわりたいと思います。

でも、チヤリティ枠ももう半分ぐらいは埋まってるらしいので、オリンピックのマラソン熱ですぐにうまってしまうかも。ぜひ急いでエントリくださいませ。


  
Posted by tentenwang at 09:16Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月20日

夏にお会いしましょう。

大好評だった第6回JIGH勉強会「医療×コミュニケーションで、どこまで自分を変えることができるのか」の第2弾を開催することとなりました!!!

行動科学、計算創造学、マーケティング、データ解析を専門とする予防医学研究者 また、ベストセラー「最後のダイエット」の著者でもある石川善樹さん。

前回のダイエットについてものすごく深いお話のおかげで、わたしも痩せました!(ほんとう)
「ぜ、贅沢すぎる。。。」と言われた内容でそのままテレビで放送できそうなくらいの内容と盛り上がりでした。医療系でご活躍されてる方にも満足していただけるレベルの内容でありながらとにかく面白い石川さん、ほんと面白すぎです。
今回もゆるく楽しく笑いが絶えないセミナーにしたいと思いますので是非。

「医療×コミュニケーションで、どこまで自分を変えることができるのか 第2弾!」
講師: 株式会社キャンサースキャン・株式会社Campus for H共同創業者 予防医学研究者 石川善樹氏

石川さん


聞き手:坂之上洋子

■日時:2016年8月2日(火)19:30−21:00(開場:19:00)
■場所:JIGHオフィス(東京都港区赤坂6-14-2 赤坂倉橋ビル3階
■主催:一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)
■定員:20名 (抽選)
■参加費:3,000円(JIGH会員は無料)
JIGH会員ではない方も、特別に参加が可能なセミナーとなっております。
■お申込方法: 以下のフォームよりお申し込みください。


ありがとうございました。満席になりました

----------------------------------------------------------------------


あと、FBでは告知しましたが、アフリカのプラ子ちゃん、アシャンテママ応援のためのよ〜こさんとのゆるいお茶会@恵比寿。

これはわたしと話してみたいとか、プラ子応援の横つながりの友人欲しいとか、そういうゆる〜い午後の茶会です。今まで一人参加の方も多いですよ。もしご都合つけば是非。

ありがとうございました。満席になりました

  
Posted by tentenwang at 18:27Comments(1)TrackBack(0)