2006年04月28日

私の昨日はこんな感じ

私の昨日の一日

朝5時頃起きてメールのチェック。

7時頃娘が起きてくるので、色々とつまらないお話をする。

8時、雑穀のお粥、ザーサイ、うめぼしの朝ごはん。

8時30分、娘を幼稚園へ。歩いて5分。近いの。ありがたい。

8時45分、新会社の設立に向けての準備。色々な雑用、決定事項が山積み。。

9時、2泊3日で、東京出張決まる。アジアを仕切る(?)の大物との会見が設定されていて緊張ぎみ。日本のメディアの取材等も受ける予定。

10時、新会社の中国人社長から電話。高級会員制ワインバーのチャンスがあるので、その話し合いもしよう、とか。

それ、かなり面白いけど、私関わらないからね、もう忙しすぎるもんと釘をさす。とりあえず、新会社のためには、裕福層会員リストや場所があるのはいいことだけど。しかしこのバー、やるんなら私がインテリアやんなきゃなんないんだろーなぁ。

11時、デュロイト(会計の会社)から米国の追加税金の正式なメールが来る。

その額が半端じゃなかった。(−−;
日本の新入社員の年収じゃないか。。。

「ありえんー」と旦那に泣きをいれる、と、
「まぁ、家も売ったしねー」と、旦那は、けろり。

私たちは、3カ国で税金を払っているので、税金ばっかり払っている気がする。。気がするじゃなくて払っている。
今私、無収入.....。その上、会社に投資を決定いるので、キャッシュフローにため息。

11時15分、急遽個人名刺をつくる。今晩の会合の為。

12時、家から5分の青鳥スポーツクラブで中国語のテレビを見ながら25分だけ走る。〔中国語勉強&運動の一石二鳥ね〕

この青鳥健身、見た目、私がニューヨークで通っていたNYスポーツクラブよりカッコイイ。

私も旦那も個人トレーナーがついているのだけど、時間がなくてなかなかいけない。出来たばかりの時は、こんなジム流行るんかいな、外国人専用かな?と思っていた。しかし実は裕福層の中国人で一杯だ。。。この国の消費能力は益々凄くなっている、と実感。

12時45分、 きたむとサンドイッチ食べながらランチミーティング。色々考えているようだけど、がんばってもらいたい逸材の1人。

1時45分、帰りがけ偶然、スクエアユニックスの方々とToshi、DNAの方とばったり。立ち話に花が咲く。

2時、その帰り、乞食の女の子を見かける。

「おなかすいてない?」
と声をかけてみる。

無視しない私を不思議そうにみている子。
どう答えていいかわからないでいる。北京語も話せないのかもしれない。当然マフィアとかに裏でこうやって乞食をさせられているのだろうけど。

それにしても4歳くらいの子が乞食をさせられるのは不憫以外何でもない。

彼女の親が彼女を売ったとしても彼女には何の罪もないのだ。

きたむに会ったパン屋に戻って大きなパンを買って、彼女にあげた。

何もできないけれど、同じくらいの年の子供を持つ母として、通り過ぎる事もできなかった。

2時15分 仕事

3時20分 「今日は久しぶりに天気が良くて気持ちがいいから、散歩デートしようよ」

と旦那から電話。

「行くーーーっ」

と飛び出て散歩する。ついでに服を買ってもらう。

4時、仕事に戻る。上海への出張も決まる。

4時半、アメリカ時代の大学の同級生から電話。やっと連絡がとれた。10年?ぶり。。。の再会を果たせそう。

5時、仕事仕事仕事。NPOの手続きのため、住民票のコピーを送る。コンテンツ会議&夕食の為、家を出る。

7時うろうろ、迷った末にコンテンツ会議に到着。あれ、ぐっちさんじゃない?!!やはり世の中は狭い。

しかしコンテンツ会議のメンバーの方々がすごかった。日本ではこんな人達にに簡単に会えないです、という感じのメンバーだった。。。

だいたい、こういう企業の代表ばかり集まると、たいていは女は、私だけ、という事になる。今回も12人男、女は私だけ。(^^;でも私全然女らしくないのでその場に馴染んでる。。。(笑)

10時 で、2次会にもちゃんと出席する。。。

娘寝てるから、今急いで帰っても同じだもん。


12時30分、帰宅。はれ、鍵ない。鍵を忘れてしまっていたので旦那に電話入れて開けて貰う。起こされたのに、嫌な顔ひとつせず、「楽しかった?」と迎えてくれる。

12時45分、PCをみると11時ごろ、百式の田口さんからメッセンジャーが入ってる。し、しまった。今日尾関くんと山口もえちゃんの結婚式の催しのアイディアを二人でブレーンストーミングする予定だった。。。あぁ、ごめんなさい。

13時 残りの仕事をこなす。


13時半

もうダメ。寝たい。

TAFIのオーナーの渡辺さんと子供同士を会わせましょう、というお誘い。もちろん!とメールに答えてシャワー浴びる。


14時 こてんと眠る。


んーーー。こんな感じかな。毎日こんな感じであっ、という間に一日が過ぎてしまう。

自分で書いてても、その慌しさと長さに驚いた。。実はあんまり長いのでこれでもだいぶ削除したの。仕事の話は読んでも面白くないだろうし(笑)

しかし書いてみて、こんなの全然つまんないエントリーだな、と思う。。しかしあまりに長い文を書いたのでもったいないのでアップしてみる。

長文につきあわせてしまってゴメンナサイ。。。。









  

Posted by tentenwang at 18:41Comments(3)TrackBack(0)

2006年04月27日

人との比較

私の友人「がんばれ社長」の武沢さんのメールマガジン、今日もはっ、とさせられる良い内容でしたので引用してみます。(読みやすくする為に私が部分変更しています)

*********************************
宮廷に国中の賢人を集め、壁に一本の線を引いて皇帝はこう言った。

「誰か、この線に触れることなく、それを短くできる者はいないか?」

賢人たちは皆押し黙ったまま誰もできないでいた。
あなたならどうするか?

その難問に答えた人がいる。
彼は、皇帝が書いた線の横にもっと長い線を引いたのだ。

他との比較だけの基準に生きていては、いつまでも不安や恐怖から逃れることができない。


*********************************


いくら持てば、お金持ちなんだろう。
どのくらい努力すれば、人より秀でる事ができるんだろう。

例えば、有名か無名か、美人かブスか、金持ちか貧乏か、語学が上手いか下手かすべて相対的なものでしょう?

そういう事に惑わされてあせったり、比較して悲しくなるの、本当に時間の無駄ですよね。

こつこつ、自分らしく。

他人に惑わされず、自分が一番ハッピーな状態を作り出していくこと。


この話を読んで、あらためて心がすっ、と落ち着いたような気がしました。


  
Posted by tentenwang at 10:15Comments(3)TrackBack(0)

2006年04月20日

上海の若いハンサムな起業家にアドバイスする

上海の24歳の起業家の男性に会いました。すごく素直で、若いのになかなかのやり手です。

でも彼、ドクロの指輪してるの。ブレスレッドも。


背広着てるのにアクセサリーしているから、なんかホストみたいに見えるんです。

髪も長いし、ハンサムだからそれが逆に余計堅気に見えないわけ。

いつものように何でもストレートに言っちゃう私は、初対面の本人を目の前に、

「なんか怪しい雰囲気だしてますねー」

と、つい言ってしまいました。

彼、面食らってました。。(^^;

でも話すととても感じの良い子なんです。日中間の役にたつビジネスもしようとしているし。

だから、アクセサリーとか長い髪が惜しい。

正直これじゃ、ビジネスを任せよう、って気にならないもの。

彼が今集めているセミナーの企画に広告主がついたか聞いてみる。
まぁ、儲かってはない感じ。

同じ方向なので帰りのタクシーが一緒になった彼に、つい言ってしまいました。

「あのね。もし本気で一流企業から仕事受注したいなら、そのドクロの指輪とか、ブレスレッド取った方がいいよ」

「そ、そんなにダメですかぁー?」
彼は真剣に聞いています。

「君の狙うビジネスがもし、一流企業なら、まず同じ雰囲気を醸し出さなければ、同じ土俵にさえ立てないんじゃないかな」

彼はとても感謝してくれました。普通はそんなこと言ってくれない、って。でも私タクシーから降りて、ひとり自分自身にかなりつっこみを入れました。

いやだーっ。私ってジジくさくないか???

若い男の子つかまえて身なりが悪いとお説教。(汗)


私、黒木瞳みたいになりたいのに、段々、細木和子みたいになってるじゃんか!! (><)
  
Posted by tentenwang at 01:11Comments(4)TrackBack(0)

2006年04月19日

上海 3日目

上海歩きまわってます。もう足がふらふら。

でも、今日はここで、やれるな、という直感がしました。これで北京、上海を押さえておけば比較的大きなプロジェクトができる予感。
ビジネス上でやはり上海、はずせない。


でもねーー。

本音はまだ2歳の娘との生活とのバランスを考えてしまいます。ここで男の人はあまり躊躇がないのかもしれませんが、働くママだと「うーーーん。長期出張は。。。」とうなってしまう。

昨夜も娘が猫のDVDを見ていたそうなんですが、突然泣き出して止まらなくなってしまったそうです。そのTV番組の内容は、猫のお母さんと赤ちゃんが別れ別れになってしまう話だったらしいのです。

それを見終わって娘が急に私のことが恋しくなり「ママはどこ?」「ママーー」と泣き出したというわけ。

私はその時、友人のだーれんさん宅でお食事をお呼ばれしていたのですが、娘からの突然の泣きながらの電話に皆さんを完全無視して、

「ママも辛いよー。チョコレート買って帰るから泣かないでーー」
とか叫んじゃいました。

↑これって完全に好物でつってるだけだし↑(−−;

「よりによってなんで今なんでそんなの見せるんだよー」
と半泣きで旦那に怒る私。

旦那笑いながら、「しらんかったもん。しかし2歳なのに中国語のテレビ内容をちゃんと把握してるってすごくない? 泣いたりして、かわゆいーねぇ。」

↑旦那、そーゆーリアクションか。。↑(−−;

私はご飯も作らないし、まず、出張多すぎ。この間日本だったじゃん。だから良い母とは、とても言えないです。。かなり深く反省のため息。

「すごいですねぇ」とか言ってもらえる事もあるけど、私の働く事って、位置づけは、偉くもスゴクもなんともなくて、、、性分だから仕方がない、というか。。。もごもご。家事がちゃんとできて、子供の面倒もちゃんと見れる性分だったら、喜んで家にいると思うよ。


さて、ここから北京ブロガー身内ネタですが。

今日は、だーれんさんの奥様とタカさんの奥様にお会いしました!お二人とも美人で性格もかなり良いという理想系タイプでした。超素敵な女性が側にいると男の人は格が上がる、お二人ともそんなレベルの女性。だから昨夜は、だーれんさんもタカさんも(一段といつも以上に(笑))かっこよく見えましたよ。

それからだーれんさんのお宅、超豪邸なの。奥様の手料理も最高で、だーれんさんかなり満足ハッピーそうでしたよ。独身の人がこのお宅をお邪魔するときっと結婚したくなるんじゃないかなぁって思います。


  
Posted by tentenwang at 10:59Comments(3)TrackBack(0)

2006年04月18日

上海一日目

上海一日目。

世界一速いといわれている400キロ以上のスピードが出るリニアカーに乗せてもらって上海入り。

今日は3つのミーティングをこなしました。

何にもないところから何かを生み出すのってすごいエネルギーがいるでしょう?

それって実はものすごくしんどい事だと思います。

でも、私のビジネスのパートナーでもあり、師匠でもあるお方は、どんな大変な時も、いつもニコニコされていて前向きなんです。

この方といると「何でもできちゃうかなー」って自然に思える感じがします。今日は、やはりどんな時でも(←ここがポイント)いつもポジティブで笑顔の人と一緒に仕事するのはいいなぁ、としみじみ思いました。



さてさて、そして夜は上海のお昼ご飯の藤本君に会いました!なんと彼と会うのは4年ぶり!です。

しかし、お互いのブログのおかげでお互いの状況をすべて把握しあっている、という状況。4年ぶりなのに、何でも知っている。何か変!!(笑)

近況報告なんかは少しでいいわけで、なんだかまるで、数ヶ月ぶりに会ったかのよう。。これって新しい感覚のコミュニケーションですね。

藤本君は中国の美味しいお茶を売っています。
彼の上海のお昼ご飯はお料理好きにはかなり知られている有名ブログ。

私は最初からつっこみました。
「ねぇ、最近のブログの料理ってえぐくない?」

「えっ、そ、そうですか?」

かなりあわてる藤本君。

何でもストレートに話すぎ?(^^;......。

そして彼のお宅で、今回私は、な、な、な、なんと12万円するプーアル茶をご馳走になりました。これは、かなりの希少価値のものらしいです。
↓これが12万円のお茶!
ocha1


otya2


私、どきどきしながら飲みましたよ。そして一言感想。




「これ腐ってない?」

藤本君、顔に縦線入ってソファに倒れこんでました。。。


彼の部屋はモダンアジアンでかなりオシャレ。その上ものすごく色っぽい香りがします。なんだろう?と思ったら、ウーロン茶をアロマセラピーの壺で暖めているそう。

思いがけないんだけど、下手な香水よりよっぽどいい香りなんです。艶があるというか。

私はコーヒー派で、貴重なプーアル茶の味、わかんなかったのですが、きっとわかる人にはきっとすごいんだと思います。。。お茶派の人はぜひ!

また連れて行って下さったポルトガル料理も最高でした。その後の夜のお散歩も情緒のある感じのところに連れて行って下さいました。なんかね、この人、女の子の好きそうなこと何でも知ってるのだけど、恥ずかしがり屋、って感じの素敵な方です。

上海のBF募集中の皆さん、彼、独身よーっ!!(笑)




  
Posted by tentenwang at 08:04Comments(4)TrackBack(0)

2006年04月16日

4月からの事業計画

プー太郎生活..えんじょーぃ!しようかと思ってたのだけど....。

な、なんか。思いがけず忙しい毎日です。


実は、ある大物二人と
。裡丕亘/佑領ち上げが着々進行中。

中身はドキュメンタリー番組の制作。平和の為に良い番組を制作。世界中のTVで流そう、という壮大な計画。


∨無のローカル広告マーケティング会社に投資する。
董事長に着任予定。
このパートナー二人がかなりの大物....。
もう中国メディア2社から取材したいとの事何を話そうか、ちょっと緊張してます。


社会科学院〔中国のシンクタンク〕の下に設立されるアジア産業学術文化センターの理事就任予定。

これは結構すごい事で、要請されてちょっと驚いています。。
(^^;

に無投資研究会 幹事
この顔ぶれも凄く面白いです。中身を充実させながら、続ける予定。

でも、私、妻であり、ママでもあるので、これ以上はできないと思う。。。

北京に来て3ヶ月過ぎました。すごい勢いでネットワークが広がっていてたぶん私はここに水があうんだなぁーと思います。
ニューヨークでも同じ事言ってたような気がしますが。。。
(苦笑)

そんなわけで明日から仕事で、上海に行ってまいります。

  
Posted by tentenwang at 09:30Comments(8)TrackBack(0)

2006年04月11日

東京タワー 年下の男性との恋

プー太郎。。。生活?(^^;

というわけでもないんですが
『東京タワー』という映画、やっと見れました。

ずっと見たかったのです。なぜなら私は常日頃から女優の黒木瞳さんがとても素敵だと思っているので。

彼女主演のこの映画は見逃せない、と。

しかし。。。はっきり言ってこの映画、私的には「最低ランキング」でした。


かなり年上の女性と若い大学生の恋の話なのですが、あんまり映画が最悪だったので、江國香織さんがこんなレベルの小説を書くか?という勢いで、思わず小説を買って読んでしまいました。〔苦笑〕

そうしたら、やはり小説は少しはマトモでした。映画はかなり台本が滅茶苦茶で、内容も付けたした部分が多かった、と言う感じ。
映画は、小説をズタズタにした感じ、ですね。

小説の方は、年上の女の『切なさ』と『馬鹿さ』加減がちゃんとうまく出てましたから。

しかし映画は、私的には、とにかくひどかったです。
例えば、最後に主人公の透は、黒木瞳役の詩史とうまくいかなくて、フランスかどこか欧州に行くんですが。。。

そこで彼は、自分の母親のご用意した素敵なアパートに住んでいるわけ。

私思わず、画面に向かってつっこんでしまいましたよ。

「なさけなーーーい。留学先のアパートぐらい自分で探せよ」

それも、彼はなぜか『美大学生』になっています。。。それで毎日詩史の絵ばっかり描いている、という設定。

「おいおい、おまえ、勉強もまともにしてないのかよ。。。」

これをロマンチックと受け取る女性っているのかなぁ。この映画見た方の率直な御意見伺いたいです。

私的には、この青年、腑抜け野郎100%全開、って感じでしたね。(笑)

才能ない、努力しない、生活能力ない、顔だけの男。。。


私だったら、浮気どころかこんな奴は友達にもしたくないです。


(^^;この話はそーゆう論点の映画じゃないとか逆に突っ込まれそうですが。。。



  
Posted by tentenwang at 16:27Comments(1)TrackBack(0)

2006年04月06日

会社を辞めました


実は私3月31日で会社を辞職しました。

そして、今日は、会社へ行く最終日。

北京から辞職届を送付して、このまま、会社の人に会わずに終わりと思っていたら「来て下さい」って言われてそれで日本に。

私は辞職届出した人。

さすがにいくら私でも辞めた会社に行くのは勇気がいりました。
結構気が重かったのは事実。

でも、色々挨拶して、話し合いして、自分の気持ちとかちゃんと話す事ができてケジメがついたというか、呼び出してもらって本当に有り難かったです。

最後には、
「今後も仲良くしていきましょう」とか。
「あなたならきっと中国で何かやると信じてますよ」とか。色々もったいないくらいの励ましのお言葉を沢山頂きました。


そして、なんと驚いた事に送別会の会食が設定されていました。


その参加メンバー

社長
専務
常務
取締役、営業部長
相談役
総務部長 執行役員
国際室室長
国際室マネージャ

わたくし。。。。


あ、あの私、この会社辞めるんですけど。。。汗。。

この会社東証上場企業です。何百億円稼いでるトップがこれだけ勢揃いで出てくるかって?(−−;

かなり恐縮。。。

それも川が見える料亭で、懐石フルコース。

料亭の女将さんも、8人の男の人に囲まれてひとり大事にされている真ん中の女性、一体何者なん?という目で見てました。(笑)


この会社にお世話になった2004年4月から丸2年間。
今の私には『感謝』という言葉しか出てきません。

そして、中国人のように長いスパンで考え、自分のビジネスを始め、精進していく事をもう一度心で強く決めました。

将来この会社のお役にたてるような位置にいる事が恩返しになるのだろうと思っています。

身を引き締めて0からの出発。

でも、今は途方もなく真っ暗な海に1人で小さな船を漕ぎ出したような感じ(笑)

応援してね。

  
Posted by tentenwang at 09:29Comments(11)TrackBack(0)

2006年04月05日

北京空港で

突然ですが今、大坂に着きました。急に日本出張。

今日は、北京空港で、迷って困っていた日本人親子を助けました。もちろん「日本語」で。しかしその親子に「日本人じゃないですよね?」と言われてしまいました。(−−;

「どうして? わたし日本語で、話してるじゃないですかー?」
と笑いながら聞き返すと、

「なんかぁ、雰囲気が国際的すぎるんで」

あの、おばちゃん、私日本語しかしゃべってないんですけどー。
なにが国際的なのか意味全然不明。〔苦笑〕

もぅ。。普通の日本人よりも「大きい」と素直に言っていいよ。
私身長172センチ。今日はプラス5センチヒール履いてましたから。アジアではやっぱり目立つんですよ。急な出張なので何も考えず、米国で使っていたヒールの靴履いてきてしまった。。。

さて、さて、気を取り直してお土産に、GODIVAのチョコレート、7個買いました。その店、表示が米ドルなのです。中国元の表示なし。

40ドルとか、50ドルとか色々。まぁ、いつものように1ドル100円計算して5千円ならいいか、などと適当に籠に入れて買ったら、レジでの表示が1530になりました。

私はあせって
「ありえないでしょ。1530ドルも買ってないよ」
と勢いづいて言いました。

すると店員さん

「え?中国元ですよ」

私「あ。」('<>')


そーか。そーか。元か。そーか。

で、その後、もう一度、レシートを見ながら

1530元ーーーっっつてか?


チョコレートだけで1500元以上使ってしまった。。。私。

がーーん。


それって中国のブルーワーカーの月給じゃんか。出稼ぎの人が家族とも離れて一ヶ月一生懸命汗流して稼ぐ給料と同じ額をチョコレート7個に使ってしまった私。

結局なんだかモヤモヤ気分、2回も焦ってしまったのでした。

次回はGODIVAやめて「パンダチョコ」とか思わず買ってしまいそう、です。(^^;

そーゆう中国元に馴染んでいく私って、も、もしかしたら国際的?(笑)


  
Posted by tentenwang at 00:03Comments(6)TrackBack(0)

2006年04月04日

旦那、病気じゃなかった

心配して下さった皆様。


精密検査の結果、旦那は病気ではありませんでした。
何を調べても何も悪いところが出ず、

この検査の後でお医者さんも悩んで

もう一度最初の検査をしたら、


数値が元にもどってたの。(−−;


つまり春節の時に白酒の飲みすぎ、食べすぎ、プラスインフルエンザで、体調崩しただけだった、との事です。

もーーーーーーーーっ。

とりあえず、ご報告まで。ご心配かけて本当にゴメンナサイ。

  
Posted by tentenwang at 10:30Comments(2)TrackBack(0)