2006年07月29日

各国の客室乗務員の違いは?

東京経由でニューヨークにきました。
北京から東京までは全日空で、東京からニューヨークまではユナイティド航空でした。いわゆるコードシェア便ってやつですね。

興味深かったのが、そのサービスの違いです。
どちらもビジネスクラスだったので客室乗務員は多分経験のある良質な人たち。


全日空は美人揃いで、若い。
ユナイティドは全員50歳くらい。。。若い人は一人もいないのです。リタイヤ前の超ベテラン揃いという感じ。

全日空は完全にお客様は神様です、的な接客態度。
それに対してユナイティドは、接し方も、上下関係ではなく、同等。

数時間内に違う飛行機に乗ったので、その差をすごく感じました。

非常に違うのはユナイティドの客室乗務員たちが、皆お客相手に気がるに冗談を言うところ。

日本の客室乗務員がお客にあんな軽口たたいたら、絶対に怒られると思います。
ところが、アメリカでは、ユーモアを通じてお客をリラックスさせたという評価になるわけなのです。

つまり、考え方の根本が違うんですね。

そういえば、アメリカで働いていた時にこんなことがありました。

会議に遅れてきたアメリカ人男性が、超VIPの顧客(それも初対面)に冗談を言って会議に遅れたことを謝ったことがありました。

彼はその中で一番低いランクのマネージャだったので私は、「ありえんー。遅れてきたんだから、平謝りするべきところじゃない?こんな時にジョークいうなんて不謹慎じゃないかー」と思いました。
しかし、後で数人の他の幹部が、怒るどころか彼のジョークを褒めたんです。

その時にも文化の差というか、考え方の差にすごく驚いたことを覚えています。

さて、客室乗務員の話に戻りますが.....。

先月東京に行った時に乗ったのはチャイナエアでした。

そこで中国人の客室乗務員が自分のお友達らしき人をこっそり開いているビジネスクラスの席に乗せてました。

これもなんというか、なんとも中国らしい、というか。(笑)

客室乗務員の態度ひとつひとつもそれぞれ各国のカルチャーが表れていて面白いなぁと思いました。
  

Posted by tentenwang at 21:34Comments(0)TrackBack(0)

2006年07月25日

日本人が準ミスユニバースに?

2006年ミス・ユニバース世界大会の最終選考で日本代表の知花くららさんが86カ国代表の中から準ミスに選ばれたそうです。

これってすごいこと。


準ミスってアジア人は、なかなかなれないのです。断然白人系が強い。


なんだかすごく嬉しくなりました。

知花さんは準ミスのほか、最優秀民族衣装賞にも選ばれたそうです。

「彼女は赤忍者になった」と記事に書いてあったので、???と思い思わず画像検索してしまいました。
 

 
そ、そうか。に、忍者って  これ?


ninja


忍者って日本の民族衣装だったんだ。。(−−;

画像を見つけた時に、どっ、と疲れたのは私だけでしょうか。。。

最優秀民族衣装賞ですからね、世界の日本の認識はこの程度、っていうか、審査員の日本のイメージどんぴしゃ、だったってことですよね。

この人、日本の国際化に貢献しているのか壊しているのか全然わかりません。(苦笑)

これから日本はアニメおたくという文化で生きていくしかないんでしょうか。
(来年の日本代表の民族衣装はメイド嬢になるのではないかとふと思いました。。。意味不明)

日ごろから、国際化とは何ぞや?と考察している私にとって、つっこみどころ満載のニュースでした。(^^;

  
Posted by tentenwang at 01:06Comments(4)TrackBack(0)

2006年07月24日

年下の男友達

私には年下の超素敵な男友達が沢山いるのだけれど、中に二人だけ、一緒にいて私のことを「姉さん」ではなくちゃんと「女性」として扱ってくれる友人がいます。

いやらしい意味じゃ全然なくて。(笑)

例えば、レストランで絶対私に払わせない。私が今回は払わせてーって何度言っても相手にしない。(年下の男の人が当然のように奢ってくれるの素敵でしょう?)
パーティの時に、他の人と話しているのに、飲み物を取って来てくれて私に渡してすぐその場から消えたりするとか。

なんかいいでしょ?

それが二人ともいつのまにか各業界でえらい有名人になってしまいました。すごい尊敬されててファンも多い。
二人とも外見もカッコいいしまだ独身なので、できれば私の女友達と結ばれてほしいと密かに思っているんですが......。
北京に来ないかなぁ。

その一人に、来週から行くNY出張の話をすると、
「大丈夫なの?一緒に行くクライアント男でしょ?絶対夜二人で飲んじゃ駄目だよ」
と言われました。

それって旦那が心配すべき事項じゃないか?(−−; (苦笑)

こういう心配をしてくれる男友達というのは貴重だなぁ、となんか本気で思う今日この頃。



追記

私が米国にいた頃、アメリカ人の副社長(男性)と海外出張する機会があり、
米国の友人から旦那に
「心配じゃない?奥さん男性と長期出張で?」
と聞かれた時、旦那はこう答えてました。

「あぁ。心配なんだよ。 ほんと。よーこが出張中、相手を殴ったりしないかなぁ、って」

その時は、「ひどいよーっ」て笑ってたんだけど、
この副社長が全然仕事のできない奴だと出張中に判明し、私が出張後に彼を辞任に追いやったんで(笑)旦那の指摘はある意味鋭かった、という事件がありました。。。。(^^;  
Posted by tentenwang at 01:25Comments(0)TrackBack(0)

2006年07月21日

お祝いパーティをしてもらって

昨夜、私がNewsweekの世界が認めた日本女性100人に選出されたお祝いパーティをして頂きました。

実は、このパーティ、「オシャレして来て」というドレスコードがあったので、皆さんかなーりレベルが高かったです。

その中でも、江川さんの蝶ネクタイ、泉さんと山口さんのオーダーメイドのチャイナ服、斉藤さんの手づくりのイヤリング、朱さんのジャケットとジーンズ姿とかが、印象的で素敵でした。


こういうドレスコードのあるパーティも面白いと思うのですが、どのくらいオシャレにすべきか、かなり悩んだ、というお話が沢山でてきました。。。
緊張させてしまったみたいで、ごめんなさい。(笑)


お忙しい中、参加して下さった皆さん、本当に素敵な時間をありがとうございました!

  
Posted by tentenwang at 02:48Comments(8)TrackBack(4)

2006年07月18日

夜中の You Tube

ビデオ共有サイトYouTubeは日曜に一日の視聴数が一億を超えたことを発表しました。

以前から注目していたこのサイト。
私はここら辺が業界の地図を塗り替えるポイントなんじゃないかと思っています。
まぁ、そんな専門的は話は横に置いといて.....。

その中で、私がはまっているのが、
Cambry plays Rachmaninoff Moment Musical No. 4


黒人の男性Cambryさんの弾くピアノ。
なぜか惹かれて疲れた時、夜中眠れなくなった時なんかに、時々聞いています。
彼のピアノは心を浄化してくれるのです。

彼の経歴をひっぱってみたのですが、やはりそんなに有名な人じゃない。
こういう埋もれる才能を新しいメディアがカバーするっていわゆるIT用語でいうロングテールの発見ですよね。

彼がイリノイの自宅で自分のビデオをアップロードする。
それが北京の眠れない私の部屋に届く。

なんか、すごく素敵と思わない?







  
Posted by tentenwang at 17:17Comments(3)TrackBack(0)

2006年07月16日

5千万円の腕時計

rolex



幻のローレックスで、世界に数個しかないそうです。
香港の投資家の友人がオークションで競り落としたそうです。

で、現在の値段が、5000万円くらいらしい。


マンション買えるじゃん。。。
時計に何千万って本当にありえるのかなぁ。

嘘じゃないと思うけど、なかなか信じられない私。

触ってみたけど、あんましふつーのローレックスと変わんなかった。(笑)

どっかのアラブの王子様が売らないか、と狙っているらしい。。。です。



  
Posted by tentenwang at 15:11Comments(3)TrackBack(0)

2006年07月10日

なぜ北京でオシャレになれないか?

今回の出張の宿泊先は六本木ヒルズのグランドハイアットなの。

かーなーりー贅沢です。

5星ホテルって、滅茶苦茶お洒落しても恥かしくない場所を提供してくれるじゃないですか。超素敵なレストランやカフェも回りに沢山あってどーんなにお洒落しても、恥かしくないし目立たない。

雰囲気代ですよね。

そういうわけで、北京ではなかなかできないオシャレな服を着て楽しんでいます。
透ける素材の黒ドレスとか、光沢のある素材のカーディガンだとか。

それにしても、北京にいると段々オシャレ心がしぼんでくるのはなぜ?

もちろん北京にもオシャレして出かける事ができる場所も沢山あるのです。

でも、白い服を着るとすぐうす黒くなるし、夏は死ぬほど暑いし、冬は死にたくなるほど寒い。その上黄砂も降るし(−−;それぞれの対策に追われるわけです。(笑)


おしゃれどころじゃないのは、この激しい天候のせいじゃないかと思うんですがどうでしょう?


  
Posted by tentenwang at 01:19Comments(1)TrackBack(0)

2006年07月09日

生まれて初めて成功したダイエット


今日、やせて綺麗になったんじゃないか?と言われました。


そう。


キレイにはなってないかもしれないけど、(笑)確かにわたし痩せて理想体型に近づきつつあるのです。


どんなダイエットも2日もできない私が初めてダイエットに成功したんだから
結構スゴイ・・・


方法は、洗脳系のダイエット。(笑)
ダイエット・セラピー―読むだけで絶対やせられる


ダイエット・セラピー―読むだけで絶対やせられる (単行本(ソフトカバー))
アレン カー


超、お勧めです。
  
Posted by tentenwang at 01:31Comments(4)TrackBack(0)

2006年07月07日

中国人VIPと行く東京

日本に出張中。

今回は中国のVIPと一緒。

当日飛行機チケットを受け取ったら、ビジネスクラスでした。
3時間なのにー。

私も仕事で米国行ってくれと言われたら、13時間の後にすぐに仕事開始はきついのでビジネスクラスでお願いしますと要求するけど、中国日本間はエコノミーでしょ。ふつーの感覚で。。。3時間だもん。

その上彼女は、北京空港国際便出発出口付近で

「あ、来月ここに店を出すの。ここの場所、どうよ?」
とふと想いだしたように話すのです。

空港に店出すんだって。。。それも首都国際空港に。

「だってここ、お土産になりそうな良い物何ーも売ってないから、出店すれば、いいんじゃないかと思ったら、すぐに場所が見つかったのよ」
だって。




そういうわけで、彼女はVIPなんで東京でも当然5つ星ホテルに宿泊してます。

その後、銀座に行ったんだけど、な、なんとこの人、服を試着せずに買うんですよ。。。平気で買う買う。


唖然としている私に、にこにこ顔で彼女は言います。

「このくらいの中級のレベルの場所っていいわねー。北京より安いーしー」

中級って、ここ銀座三越なんですけど。。。
あんた北京でどーゆー生活をしてるんだーっ。(笑)

(まぁ、国貿とかたいした物でないのに高いのは確かだけどね)

彼女を横目で見ながら、日本のバブル時代に世界中に安い安いって買い物に出かけた日本人のことを想いだしました。


中国裕福層が、今後どのようになっていくのか、ちょっとだけ将来を覗いているような不思議な感じがした午後でした。



















  
Posted by tentenwang at 02:22Comments(2)TrackBack(0)

2006年07月04日

暑かったね@上海

先週は上海でした。

中国GREE総会。これは皆が書いているから様子わかると思うので多くは書きませんが、白酒のかけあいもなかったし。ケーキのぶつけ合いもなくかなりまともな会でした(笑)

こういう集まりって素敵よね。偶然4年ぶりに再会できた人もいて、その人はNYや日本に沢山の共通の友人がいての縁の深さを感じました。

素敵だったのは2次会のTATAMIで偶然(GREEの参加者の友人の友人のお母さんで上海旅行中)で出会った方が、実は私のブログのファンだったとこと。私のブログなんて自分の友人以外はたいして読んでないと固く信じていたので驚いてしまいました。だからほんとに感激したのでした。

次の日の朝はタカさん、とし、じゃんすさん、晋さんがオフィスに遊びにきてくれました。たまたま来た中国人の不動産屋さんが、日曜に4人の(素敵な?(笑))男の人が来ているので、ぎょっ、としたようでしたが。。。
週末は中国では家族単位で動くからね。

しかし今週はもりだくさん、縁を感じた上海でした。
妹分のかえも偶然上海出張中。一緒にご飯食べることができました。

それから偶然出張上海にいらしていた「ティファニー」の戦略たててる友人とも遊んできました。彼がベンツ借り切るというのを

「あなたね、上海暑い、熱い、死にそうといいながら歩くから、上海の思い出になるんでしょ、歩きなさい」

となだめながら(笑)いろいろ見て回りました。
5スターホテルでベンツ借り切ったら、NYでもドイツでも上海でも同じでしょ?
それじゃ全然面白くないじゃん。という私の論理で。

でも、相当暑かったみたいで。(笑)へたばってたので最後はマッサージに行く事になりました。そこで上海通の藤本くんの紹介の店に行ったのですが、思わず、ここは連れ込みホテルじゃないか、と思わせる外観で思いっきり、引いてしまいました。

連れて行っている人はマンダリンホテルNYとか超高級スパ常連です。

この雰囲気ダメだろうなぁ、と思いましたが、そのころには、私にいろいろ歩きまわされてたりして彼も、なんでもOK気分になっていたのか(笑)平気で入っていってました。(〜〜;

確かに腕は良くて、うっとり。

そんなこんなで、私も一杯楽しんだ上海でした。








  
Posted by tentenwang at 12:59Comments(0)TrackBack(0)

2006年07月01日

作家の桶本乃梨子さんとランチ

作家の桶本乃梨子さんとランチをしました。そしてサイン入りのご本を頂くという光栄に恵まれました。

トラムロードを駆け抜けて。
帯が渡辺淳一と宮尾登美子ですよ…..。すごーーい。


軒尼詩道(トラム・ロード)を駆け抜けて


あなたが怖い―Cyber mysterious world



実は桶本乃梨子さんとは作家としてではなく北京で私が主催する全然関係のない会合で偶然知り合ったのです。

ですから私は、彼女が小説家だという事も知らずにお付き合いさせて頂いていました。

ある時一度彼女がすごく悩んでいらした時、五道口のイタリアンレストランで、私がアドバイスした事がありました。
「うーーーん。わたしならこーするよ。自分の本当の心の思うとおりにしたらいいんじゃない?」とかとか。


こんな心理学に長けた小説家の先生とはつゆ知らず、まぁ、えらそーに色々話したわけです。。。。(〜〜;とほほ。

無知というのはある種なんでもできますよね。(笑)


そういうわけで私は彼女の小説を読むのは今回が初めてだったのですが……。もう、息もつけない。面白い。出張の飛行機の中で読みきってしまいました。

彼女はもう書いたくない、なんてこと言っていたけど、この才能もったいないです。次の作品、ぜひ書いてほしいです。



  
Posted by tentenwang at 11:48Comments(0)TrackBack(0)