2006年11月30日

ありえない事件@北京空港

昨日香港から北京に戻ったばかりなのに、今日は朝6時にまた北京国際空港。
ニューヨークJFKと成田と北京国際空港は目を閉じても歩ける自信がある。

って、だから、どーなんだ?と突っ込まれそうだけど(笑)
まぁ、飛行機に乗るのはプロに近いと思っていた。

しかし今回はちょっと勝手が違った。

なぜなら今回私は北京からはじめてノースウェスト航空を使ったからだ。まず、米国系航空会社を使う場合、セキュリティチェックインの窓口が違う。

それでも、もちろん私は知っていた。


水などのボトル類は持ち込み禁止よね。もち、小さな化粧バサミや顔そりの安全カミソリもダメ。最近は、化粧水ボトル、乳液、ハンドクリームも禁止された。 それからヘアスプレーも子供のミルクも。

私はとりあえず、そんなものは手荷物で何も持っていない。

空港プロだもーん。

ニコニコ通り過ぎようとした私に、ちょっと待った!が!!


今回のセキュリティは、まるで解放軍のようだった。。。。

私の化粧ポーチのすべてチェックするの。リップクリーム、口紅。全部を開けるわけ。

そして私の携帯用の歯磨きセットのビニールを開け、3CMくらいの小さい歯磨き粉を取り出した。


そして言う。

これは液体だから没収。

私の目は点。。。この人正気??? 

私が口をあけている間、次はマスカラを見つけ、これも液体だから没収と言った。


どうやれば、資生堂のマスカラと歯磨き粉を武器に飛行機をのっとれるのか教えてくれ!

ライターだとか、ボトルならわかる。しかし。。。私が、皆さんご存知の通り(笑)ここで引き下がるわけがない。

マスカラだよーー。マスカラ取り上げるなんてーーーありえないーーーーー

大声で叫んでいると隣にいたアメリカ人の女の人がビニールのサンドイッチバッグをくれた。


これに入れたら大丈夫よ、と。

実は、透明バックにいれると、ある程度の小さなものは持ち込めるらしい。


じゃビニール袋用意しろよ!ノースウェスト!!!1000枚用意しろ!北京なら絶対千円かからないぞ!

この地上戦のせいで多くの顧客は時間に乗り遅れるためにノースウェストの地上乗務員はそこでいつも隣に困った顔をして立っているのだ。ノースウェストがチェックイン90分前にしないと自動キャンセルすると言うのはこのせいだったのね。

なんか。。。。


そして今東京。今日4時にホテルについて、電話したらそのままコンサルしている会社の社長が迎えに来て、仕事がはじまった。

仕事のスケジュールは、朝から夜まで帰る日の1時間前まできっちりつまっている。(笑)今回はまったくプライベートなさそう。会いたい人も沢山いるんだけどなぁー
  

Posted by tentenwang at 01:49Comments(4)TrackBack(0)

2006年11月26日

マンションが買える時計

実は今香港です。

私は、ある時計の会社に投資そしてアドバイザーをしていて、その関係で今日は高級時計のオークションを見に行きました。

会場は、香港のリッツカールトンの3階。香港のリッツカールトンって、初めて行ったのですが、こじんまりとしてていい味出していますね。改装後のマンダリンオリエンタルよりずっと素敵かも。

さて、オークションの話に戻しましょう。今日はかなり盛り上がりましたよ。予想の3倍を超える値段がつく品も。

北京語での電話入札も多かったので中国マネーが流れてきているのが、感じられました。

そして、これらの懐中時計。。。一個いくらだと思いますか?
日本円で、2500万円とか3000万円とかで次々と落札されていきました。
大きさは10CMあるかないか。とっても小さいです。

kaichu












kaijyo














落札後の興奮冷めやらぬ会場。

何千万円もする時計を沢山眺めるなんていうとても貴重な経験をさせて頂けて感謝、感謝の一日でした。何でも経験ってすごく大事ですよね。


しかし、もし私がすごくお金持ちだと仮定したら、この懐中時計を買うか?と聞かれたら、やっぱ、買わないかも。。。。。(笑)

だって趣味悪いもん。あはは。

ちなみに、今日の私の時計は時計的には全然価値のない安いもの。バレニア。NYのエルメス本店で何にも買うつもりなかったのに、つい衝動買いしてしまったもの。16万円くらいだったかな。

でも皮のベルトをとって、いつも違うエルメスの一番小さいスカーフを巻いて使っています。

エルメスの一番小さいスカーフは何百種類もあるので、服装にあわせることもできるし、同じスカーフと時計をしている人に会う可能性ってかなり低いでしょ?スカーフも巻き方が色々できるし結構、自己流。お気に入りなのです。

何百万円、何千万円の時計をしている人達の横で、堂々とこの時計。(笑)
ま、going my way ってとこです。うふふ。






















































































































































































































  
Posted by tentenwang at 03:44Comments(5)TrackBack(0)

2006年11月24日

もて期が到来か?

最近、もてる。
 
私よーこさん、だい好き、とか会いたーーいと言ってくれる人が、まして急増中。

ただし女性ばっかしだけど。(笑)

りりちゃんもこんな風に書いてくれてるし

風邪といえば、すぐに、まやちゃんが仕事抜け出してケーキ持ってきてくれて、よーこさん大好きですから、と言ってくれるし。

例えば、全く知らない港区ではたらく女社長のブログの清水さんからもメールを頂いて。。。。

http://ameblo.jp/bbj-inc/entry-10020345503.html

彼女のブログにこんな風に書いてもらって素直にウレシかったー。

でも。。。会っていない人は多分に誤解が入ってると思う。はっきり言うけど、実際会うと全然素敵でもなく。かっこよくもなく。


ま、自分でわざわざ説明せんでもいいか。(−−;(苦笑)


今日、娘になんとはなしに、ママのスゴイところってどこ?と聞いてみた。
娘は言った。


ママにはー虫歯がたくさーーん。ある。


なんか.....。娘よ。。。それは、確かにスゴイ。。。かも。やっぱし。

(全部治療済みです。笑)


  
Posted by tentenwang at 01:05Comments(10)TrackBack(0)

2006年11月22日

初体験!北京で治療


私はチャレンジャーである。自分でも、つくづくそう、思う。

昨日は、はじめてあることに挑戦した。

中国のプールや温泉で、背中にまるい青あざが沢山ある人を見かけたことはないだろうか?

そう、あれ。

★ 拔罐子(ba2 guan4 zi0)、一般的には 拔罐,拔罐 と呼ばれている。
辞書によると、、、、、
 〈医〉吸いふくべ,吸い玉(をかける).
 『参考』 吸引療法の一種.円筒形の容器の中でアルコールを含ませた綿球を
燃やし,体の局部にすぐにかぶせると中の空気が希薄になって皮膚によく吸いつく.
 それによって皮膚にうっ血を起こし病気を治す方法。
 
私はこの数週間咳が止まらずダウン気味。するとまわりの中国人たちがこぞって、コレがお薦めだ、と言う。

実は、私は明日から香港なのだ。せっかくの香港で咳なんてして苦しんでいる場合じゃない!できるだけ早く調子悪いの治さなくては!と怖さ半分、挑戦半分。

しかし写真を撮ってもらった私の背中。これ見るだけで痛そうーーじゃない?皮膚が盛り上がっているーーーぞーーー↓自分でみえないから良いけど、見えてたら絶対怖くてできないよね。
tama












さて、背中の青あざ。色気なーいっ!!。っていうかー色気ないどころか、これ、アメリカ人に見せたら、ホラー映画状態です…..。まるまるの青あざが背中いっぱい。
自分の写真とったけどあんまりみっともないのでアップしないことにする.....。(−−;


出来上がりの感じがどんな感じか見たい人は新聞のニュースで見てください

近日中に会う人には生で見せてあげる。見たくないか。あははは。。

で、実際の効果は??咳はというとなんだか確かに今日は収まってます。
じんわり背中があたたかい感じで、気持ちがいい。このまま治るといいなぁ。










  
Posted by tentenwang at 13:38Comments(3)TrackBack(1)

2006年11月21日

こんなもの送られてきた。。。

昨日、北京のあまりの空気の悪さに、めげて、北京きらい、と書いた。
そうしたら友人から、ハワイの夕焼け最高でした。と、こんな写真が送られてきた。

この人、ぜったい私が北京の空気にめげてるの知ってるので、ストレートに嫌味である。(笑)


hawaii

  
Posted by tentenwang at 15:09Comments(4)TrackBack(0)

北京 きらい!

今日は初めて北京がきらいになった。


この空気の悪さ、なんとかしてくれ。

これ霧? スモッグ?






  
Posted by tentenwang at 01:04Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月18日

結婚がうまくいく条件

一緒にいるパートナーと、笑いのツボの瞬間が同じ、って大事じゃないかと思う。

この間旦那と一緒にDVDで始めて映画【失楽園】を見た。シリアスな映画として作られたようだけど、申し訳ないけど、二人でかなり笑わせてもらった。
最後なんか涙がでるくらい。。。ひぃーひぃーと笑いながら画面に向かって、つっこみをいれた。

こういう笑いの突っ込みのツボが似ていると、一緒にいて日常が楽しい。

もし失楽園みて、一人大笑いして、一人がうるうる感動してたら、二人の生活は、かなりしんどいのではないだろうか。

こういうつまんないことの感覚が似てることって、一緒に暮らす上で非常に大事じゃないかなぁ、と思う。

中国人の女性の友人から、結婚がうまくいく条件は何なのか?
と聞かれたので。。。

ちょっと考えてみた。

  
Posted by tentenwang at 15:04Comments(4)TrackBack(0)

2006年11月17日

ブランドの名前を考える + 濃い飲み会

あるブランドの名前を作ろうとしている。でも、ある限りの知恵を絞っても、しぼっても、シボッテモ、何にも出てこない。(泣)


そういうわけで、最近は甘―いものを食べながら、思考を回転中。
おなかも頭も過食症ぎみ。苦しい。。。

この仕事、机の前で一生懸命真面目にがんばってできるのなら良いのだけど、そうじゃない。

必要なのは、今までの経験と勘と、センスそして、その時代の情報収集力。

それを駆使しても、正しい答えは、商品が並ぶまで、誰にもわからない。
ものすごく面白いけれど、ものすごいストレス。


そんな苦痛をかかえながら、昨夜は、濃い飲み会、というのに誘われたので出かけてくる。女性6人で、焼肉。(うふふー)
皆さん、オトナでそれなりに色んな経験がある人ばかりで、話が濃い。
オトナの女性との会話、いいですねぇ。まったり。

ちょっとの間、頭の切り替えができたし、たぶんこういう素敵な人達との出会いや、会話の積み重ねが、私の実になっているのだと思う。


いいものを作りたい。心からそう、思う。




  
Posted by tentenwang at 12:43Comments(5)TrackBack(3)

2006年11月16日

チャイナモバイルで抗議だ!


今日、チャイナモバイルに携帯の請求の支払いに行く。そうしたら長いーーー長いー待ち時間。

私は忙しいのだ。

40分を過ぎたところで、私は、立ち上がって、叫んだ。
冗談じゃなくて、叫んだ(苦笑)


ここのシステムは間違っている、と。

新規加入や問題抱えた人とただ月の支払いに来ている人と並ぶラインを別に分けるべきだ。

論理的な改善主張でしょ?

でも、たぶん、私の中国語のレベルから言って実はこんな感じだった↓に違いない。

(あたらしー携帯ー はいる人のならぶとこ、ここー、しはらいの人のならぶところ、ここー、わけるべきでしょがーぁ?)

ところが、その主張後、その場にいた中国人が沸きあがってしまった。。。口々に、そーだ、そーだ、と言い出し、その場が全員抗議集会状態に。

今までしーん、としてたのに。(苦笑)

窓口の人に叫んでも仕方がないからマネージャに言いましょう。

私は、あわてて言った。実際はたぶんこんな感じ↓だろうけど。。。

(この、ひとにいっても、しょーがないからー、社長だしてもらおう)


責任者という単語がとっさにでなかったので、社長と言ってしまったのだ。チャイナモバイルの社長がでてくるわけないだろーが。あはは。

しかし一応はその場オフィスのマネージャが出てきて色々対応はし始めた。

速度は倍になった。

この程度の中国語でも、ちゃんと抗議できた、とわたくし嬉しくなる。

私は語学学校に行っていないので中国語がまだまだ。でも、もうこんな4歳児のような中国語で抗議したくない。もっと言葉うまくなりたい!

勉強しなくては。。


しかし旦那に今日の出来事を話したら、

あなた、そこにいた中国人を扇動してきたたわけ?


と、あきれられ、


それでもっとうまく喧嘩するために、中国語勉強を真剣に決意したわけ?

と白い目で見られました。。。

あはは。

英語を必ずものにする、と決意した時は、会社の会議の時に洒落たジョークを言って、皆を笑わせたい、だった。。。

中国語は、喧嘩よ。喧嘩。(笑)
















  
Posted by tentenwang at 00:45Comments(11)TrackBack(0)

2006年11月14日

時々思い出してしまうニューイングランド

heya















↑ニューイングランド地方の家のインテリアはこんな雰囲気が多いです。

私はシカゴの郊外のエバンストンとNY郊外のニューイングランドに住んでいました。
どちらも緑が美しく空気が綺麗なところでした。

最近、時々思い出すんです。

今北京の空気がねぇ。。。そうとー悪いんです。。。

部屋がねぇ。。かなり、庶民なんです。。。(苦笑)
中国で借りているアパートは家具付。

自分達の物と言えば、好きな絵と4点のアンティーク家具だけ。

最初、その部屋のダサさにあ、り、え、んーーだろーー。私は一応インテリアデザイナーだったのにーー。

と思ったけど、すぐ慣れました。(笑)

あんまり綺麗過ぎる家は居心地悪いから、この程度でいいか、と。
順応力、ありすぎ、か。(--;







  
Posted by tentenwang at 21:41Comments(4)TrackBack(0)

2006年11月12日

中国では、歯茎が痛くなっても、歯茎の病気のせいじゃないかも?


数日前、全体的に歯がうくような痛みに悩まされました。歯茎を触ると非常に痛いのです。鎮痛剤を飲まないと耐えられないくらい。
歯槽膿漏とか??歯茎の病気かもと歯医者に行こうとしたら、義理の母が、「上火」!!と言うのです。
正直日本語で何て言ったら良いか分かりません。
この「上火」を、ものすごく簡単に言うと、空気の乾燥とかにより、身体がオーバーヒートしている状態のことを言います。

身体が熱くなりすぎだから歯茎が痛くなる。。。???????

こういう話は中国人家庭の中では普通に日常で話されています。そこで家に帰って旦那が中医マッサージ師を呼んでくれました。

私としては、まぁ、さすがに歯痛がマッサージで治るか?とひとり突っ込み状態でしたがとりあえず、マッサージされるのは好きなので黙って従います。

するとやってきた中医マッサージ師も、同じく一目で、「上火」だ!と。
顎に吹き出物がある、辛いものも食べすぎだよ。水も飲まなきゃ。

そう言えば、最近超激辛の物食べた。。。


でもでも、歯茎の痛さ関係あるのかな。


なんと次の日は、痛みがだいぶ和らいで。。。もう一度マッサージをしてもらって、水分も沢山取ったら、歯茎の痛みは消えました。。。スゴイ。しーん。半信半疑だったので、様子を見ていたのですが、薬使わないといけないくらい痛かったのに、今は痛みが、全くないです。

ちなみに「上火」言われた時の体温は36.9℃私は日頃から低体温なので確かに高い。。。

中国人は、人間の身体は、太極の図のように、陰と陽のバランスが取れているのが理想の状態。と言います。
そのバランスが崩れると身体に異変が生じるというわけですね。


陰






皆さんも乾燥する時期は、水を沢山飲んで、「上火」に気をつけてね。
  
Posted by tentenwang at 04:03Comments(11)TrackBack(0)

2006年11月10日

なんか深い話

最近思うんだけど、仕事で成功しても、本当に幸せでない人って寂しいと思う。本当の意味で幸せってなんだろうか、と。

私が思うに、つきつめると、結婚してるとかしてないとか、離婚したとか、してないとか、仕事が順調とか、そうでないとか、学歴とか子供があるとかないとか、お金あるとかないとか。。。


そんなこととは、幸せの尺度と全く関係ない、と思う。


じゃ、何か?


たぶん、自分のことが素直に好きだと自分で思えるか、どうか。じゃないか、と。

心が今の状態で満足しているかどうか。

駄目なまま、不完全のままの自分をそのまま肯定できるか?

何もかも、もちろん、悪いことも、佇んでいることも、人よりも駄目なことも、嫉妬も、あせらずに何もかも含めて自分のことを愛せたら、すごく幸せなことだと思う。

そして自分のことを愛せないと、まわりにいる他人を幸せにしようと思っても、できないんじゃないかな。

ぶかっこうでも、何にもできなくても、うまくいってもうまくいかなくても、そのままでそこにいるだけの自分でいい。と自分に言えるような。

自分が満足する。今のままで、ありがたい、と思う。

それが幸せになる、第一歩、じゃないか、と。



  
Posted by tentenwang at 20:25Comments(7)TrackBack(0)

2006年11月08日

素敵なパパ

tennnabf













最近娘のクラスに入ってきたマイケル。とりあえず、娘のことが大好きなんである。
一方的にとにかくひっつきまわっている。

この間も、抱きつくわ、キスするわ、運動クラスでも娘の横にひっついてならんで、他の親からも失笑をかっていた。

娘は嫌がっているので、オトナなら、マイケル、ほぼストーカー状態である(笑)

ところが、私この間マイケルのお父さんにはじめて幼稚園で遭遇。

なんか素敵そうなんであるー(笑)


ママは、娘に聞く

ねぇー。マイケルと遊ぼうよー。


娘、一言

やだ。


そういうわけで、ママは娘に遠慮してマイケルのお父さんと立ち話もできないのである。

残念ー。あはは。













  
Posted by tentenwang at 17:19Comments(4)TrackBack(0)

2006年11月06日

手塚治虫さん


偶然NHKスペシャルの手塚治虫特集を見ました。

なんだか、私も旦那もダウン気味の日だったので、偶然この番組がみれて本当に良かったです。

一番驚いたのが、彼の漫画は全国中で非買運動が広がったことがあったそうです。

動物がしゃべるとか空飛ぶロボットなんかありえない。
青少年にこんなウソを教えてけしからん、と。

そして彼の本が山になって焼かれているシーンが。。。

そんな事が日本であったなんて想像がつきません。

次に驚いたのは、手塚の時代はもう終わり、と言われ、ブラックジャックは人気が出なければ、4回で打ち切り、ということだった、という話。

巨匠と崇められている手塚さんも本当に辛い思いをされた時期があったのですね。

私達が米国に住んでいた頃、『ライオンキング』は手塚治虫の『ジャングル大帝』の盗作ではないか、という抗議があり、それが米マスコミでも大きく報道されたことがありました。

 確かに『ライオンキング』は『ジャングル大帝』に酷似しています。悪役が顔に傷のある黒髪の叔父ライオンである点、その配下がハイエナ二人組である点、主人公に忠告するのがオウムである点、王に仕える家老的役が猿である点などなど。。。


ジャングル大帝レオ (2)





それに対してディズニー側のコメントは「単なる偶然の一致」

でもこれだけ似ていたら、訴訟すれば絶対に勝てるはず、でした。

米国では当然、国際的訴訟事件に発展するのではと予想していました。それに反して、手塚治虫の遺族側から出されたコメントはこうでした。

「もし本当にディズニーに影響を与えたのなら父も本望でしょう」

日本でも話題になったので覚えてらっしゃる方も多いかもしれないですが、このニュースのショックの大きさは米国に住んでいないとわからないと思います。

米国では、毎日毎日訴訟の話が聞かされます。タバコを吸って癌になったらタバコを売った企業へ訴訟、太ったら、マクドナルド相手に訴訟、コーヒーこぼして焼けどして、企業を訴えたら、何億も手にはいった。。。というような話が連日のニュースで騒がれます。

手塚治虫側が訴えない、というニュースは、あまりにも【違う世界】でした。CNNその他のキャスターも戸惑いをもってその事を伝えていたのをよく覚えています。


そして今日彼のドキュメンタリーを見て、その理由がよくわかりました。すごい人だったんですね。

http://www.tezuka.co.jp/


手塚治虫は子供たちに命を大事にしなさい、とメッセージを送り続けてきました。
世界中の人が彼の作品に触れることができますように。

しかし久々ものすごく感動してしまいました。


とりあえず、イヤな目にあっても、わかってもらえなくても、人から何を言われても、どんなことがあっても、前を向いてやっていくことだよ。って、なんかそんな力づけられたような気分です。




  
Posted by tentenwang at 01:31Comments(10)TrackBack(0)

2006年11月04日

ビジネスのプロセスって恋愛と似てる

ビジネスのプロセスって恋愛のプロセスと似てる、と思う。

会社に必要な人を口説き落として来て貰い、どうやって一生懸命に働か会社に尽くさせるか、それで社長の器量が決まるといってもいい。


相手を口説くプロセスや、夢中にさせる、という点が恋愛と酷似してる。

だから、特に起業家タイプの社長には、恋多き人が沢山いるのだと思う。
たぶん、彼等はそういう口説き落とすとか夢中にさせる【プロセス】が好きなのだ。


さて、昨日は、某企業の社長から電話がある。
ビジネスの中核の仕事をしてくれないか、と言う話。


その口説き方が上手いわけ。甘い。甘い(笑)


口が上手いなぁ、と思うけど、色んな角度からあなたが大事、あなたが大事と言われると、なんだか。。。。。

そう? そうなん。。。?。(#^_^#)ポッ、、、と急に私も神妙になってくる。

実は、今私には4つ真剣に関わってくれないか、と言われている仕事があるのだ。
どれに関わるか迷いに迷っていたところ。なかには、NYストックエクスチェンジに1年半後上場予定の企業もある。

でも、この社長全然負けない。

まずは、この3ヶ月だけ僕の会社のことを本気で考えてくれないか。
決してあなたの100%の時間をくれなくてもいいから




俺これに賭けているんだよ。
あなたとやって失敗するなら心残りはない。

とか、まぁ、いろいろ。


そのうちに、わたしもここまで言われるなら、と涙がでるくらい感情が高まってくる。。


わかったわ。私がんばる。

と、私が電話を切ったとたんに、彼の部下から、メールあり。
仕事の山のような責任分担。


その差10分。。。

なんだ。最初からわたしのこと口説けると思ってたんじゃんか。。
( ̄□ ̄;(笑)

まんまと愛人にされた気分だよー。



  
Posted by tentenwang at 11:42Comments(3)TrackBack(0)

2006年11月03日

日本のAV女優中国の国際会議の広告に!

どうでもいいけど、あんまり可笑しかったので、やっぱり紹介します。
1週間のうち2回もぐっちさんのブログから。↓↓


日本のAV女優が中国で開かれた国際会議の屋外広告に登場!!


とりあえず、読んで。


もうかなり笑える。なんかずーーーーっと昔、中国の軍隊が、マドンナのライク ア バージン の曲に合わせて行進してたのを目撃した時と同じくらいの衝撃的内容。

だんだん中国もまともになってきて、こういうおかしなことも少なくなってきたので。。。久々の大ヒット。


中国(人)は著作権や版権に無頓着と思われがちですが、実はそうでも無いのです。中国(人)が権利を侵害されたとしたら、えらい剣幕で抗議されますし、訴えられたりします。ですから、中国国内に著作権者が存在するようなモノは使わない、ということなんですね。中国(人)に権利を侵害された外国の著作権者が、中国(人)みたいに間髪を容れずどんどん抗議すれば事情も変わるのかもしれませんが、手間やコストとそれに対する見返りなどを考えた場合、侵害されっぱなしになっている、と言うのが現状でしょう。

ぐっちさん、まとめ方が知的でナイス。(≧∇≦) !




  
Posted by tentenwang at 00:34Comments(3)TrackBack(1)

2006年11月01日

北京で資生堂新ブランド発売記念パーティに行く

SUPREME AUPRESのブランドの発売パーティにお呼ばれしてきました。有名人ゲストも一杯の中国のセレブな集まり。

まず一般受付のところで、じーっと並んでいたのに、なぜかわたし名前がないわけ。ない。ないっ!!
え。やはり補欠?かなんかで名前ないとか?忘れられた?とか 弱気になってたところ、なんとわたしの名前はVIP名簿の中にありました。。。。しーん。

わたしなんかをVIPで呼ぶなよー。(―v―;なんかなぁ。ありがたいけど。恐縮でした。持つべきものは友、ですねぇ。(笑)


そんなこんなしてると女優の莉璃ちゃんと遭遇。
莉璃ちゃんは正統派女優さん風なのに、微妙なつっこみどころのツボが似ていて気が合う友人です。

彼女とおしゃべりしていたら、化粧品のイメージにあわせた中国人デザイナーによるファッションショーが始まった。

しかし資生堂さん、中国でも、いろんなブランド展開してますねー。

今回はAUPRESがちゃんとあるのに、その上でそれの上を行くブランドをつくるのかぁ。AUPRESの名前を引っ張ること自体はどーなんだろーか、と個人的には悩む。

他の欧米ライバルと戦うとか、万一のAUPRESブランドの危機がある時とか、そんなことを考えあわせても、まったく違う別名ブランドを作ったほうが便利そうじゃないかなぁ、とか勝手に思いながら。。。

それとも、SUPREME AUPRES がいずれAUPRESを飲み込んじゃうのかな。

ま、いいや。


オプレ















しかしパーティ自体は素敵にまとまってキメてたと思う。ボードに名前サインして、とかいうのもセレブ気分にさせてくれるし入り口で迎えてくれる男性黒服6人が185CMくらいあるハンサムでちょっと、普通の北京の女の子だったらびびったんじゃないかと思う。

パーティはカッコつけてる人達をどのくらい、びびらせるか、が成功の尺度だからねー。(笑)


カクテルも美味しいのかどうかは別として(笑)イメージカラーの紫で。

このパーティの裏方仕掛け人の友人が途中からそばに来てくれて色々話をしてくれました。このパーティすると決まってから開催まで1ヶ月間切っていたんだそう。

それでここまで、まとめたんならかなりスゴイです。

そんな話をしていたらNYから呼んだ中国人のジャズトリオの演奏が始まる。
すばやく私、彼女に聞く。

多少銭? 
いくらお金をだしてゲストをNYから呼んだのかあからさまに次々聞くわたしに
あんた中国人か!!??と突っ込む友人。(−−;


しかしこのパーティのことで滅茶苦茶働いていた友人、オードリーヘップバーンが着るような仕立ての良いドレスを着ててニコニコしてたが、これを仕掛けるの、どんなに大変だったか。徹夜も続いただろうなぁ。

それなのに疲れたそぶりもみせない彼女。

どんなセレブなゲストよりも一番カッコいいと思いました。




  
Posted by tentenwang at 19:50Comments(3)TrackBack(0)