2009年04月29日

どちらがワイセツか

マーケティングの中に大事な要素として【危機管理】がある。
日頃から、万一何かが起こった時に、そなえるのも大事だけれども、その何かが起こった際に、迅速に最小限に被害をくい止めなくてはならない。

そこらへんの市場の勘の読みに、私はかなり強い。とマーケPR業界の友人たちは思ってくれている。

まぁ、これができるかできないか、は【勘】ですから、正解はないのですが。。。


さて、今回の草なぎ剛君の件、いろんなところで、『よーこさんなら、どうする?』と聞かれました。


もし、私が地デジOR自民党のPR担当者だったら、そのまま彼を使う決断をしたと思います。

1.ドラッグをやってない。
2、被害者がでていない。

 とわかった時点で2週間、謹慎。よ〜く反省してもらってその後復帰。一生懸命働いてもらう。

この線が一番いい。

鳩山氏には、

『小さいお子さん含め中学生高校生には、こういうことは決してしてはいけないことだ。と教えなくてはいけない。ただし失敗しても、深く反省し、それ以上に働くことを決意、まじめに仕事をする。

そういう態度を子供にみせることで、失敗はとり返すことができる、ということを子供たちにも教えればいい』

というような趣旨の発言を真摯に語ってもらう。

有権者も、草なぎ君のメディアバッシングには可哀想と思う人が優勢なのだから、その勢いを自民党側に流せばいいだけ。

加えて、草なぎ君交代でかかる費用は携帯の電波料等なのでほぼ、税金みたいなもの。ポスターの貼り替え等で無駄なお金は使いたくない、と言いきれば。。

自民党の支持率も上がったかもしれない。w



地デジカ君を見た時『こ、これはないだろう』と思いました。
着てるのなに?レオタード?水着? 
そしてこのキャラの前で微笑む鳩山氏。

受けを狙った?と一瞬疑いました。そして至極まじめだとわかった時、ものすごく脱力しました。

地デジカくんの黄色い水着姿が、草なぎくんよりも10倍くらいワイセツに見えた。。のは私だけ?

裸も悪いが、水着もいかんだろう。。苦笑

はとやまはとやま2








  

Posted by tentenwang at 17:52Comments(5)TrackBack(0)

2009年04月26日

老いるということ

父が年をとっていく。

母は早くに亡くなったので父は一人暮らし。兄弟3人で再婚していいよ、と何度も言ってあげたのに、とうとう再婚しなかった。
若いうちはそれで、良かったけれど、一人なので、だんだん心配になってくる。

昨日実家に帰ったのですが、携帯にもでないし、ドアは開けっ放し。
テレビはついたままで本人行方不明。

どうして私が帰るの知っているのにいない?
どっかで倒れているんじゃないか、と、ものすごくあせりました。
なにせ、糖尿病,心臓病を抱えている。それなのに、全然食生活も改善しない。アルコールも沢山飲む。

結局、近所で飲んでたのを発見。。(私が帰ってくるのも忘れてた)


川 ̄_ゝ ̄)ノ


今回は、父が相当額のお金を引きおろしていて、大騒ぎになった。

どこにやったの、そのお金?
父の不可解な行動に、何かあったのかと心配になった。

父に詰め寄り、わかったこと。

そのお金、つぶれて夜逃げした会社の社長(父の長年の友人)に渡したらしい。


兄弟みんなで苦笑。。
父らしい。破産した人に渡してあげる、ところが。

夜逃げした人の生活の足しになってるなら、それでいいか、ということで話は終わった。



しかし、それだけでなく、あれだけ優秀で有能だった父の判断力が年々低下していく。父はまだ何社かの経営権を持っているので、判断を間違えると大変なことになる。


老いた親とどう接していくか・・。



難しいですね。

  
Posted by tentenwang at 14:55Comments(2)TrackBack(0)

2009年04月24日

ピアニスト吉川隆弘さんの手

昨夜は前にも一度紹介しましたミラノのピアニストの吉川隆弘さんのコンサートに行ってきました。

今回のコンサートは手が見える位置に座りました。
でも、彼の手の動きがあまりに早くて見えない。
本当に見えないんです。速過ぎて。そんなことあるんだ。。とただ、ただ圧倒されました。

音も本当にセンスがいいです。


その後、少人数で我が家で打ち上げパーティをしました。
面白くて感じの良い方ばかりがいらしてくれて、吉川さんのおかげで一期一会の出会いができて、しみじみ良かったです。

しかしそういう素敵な人が周りに集まるのも彼の才能だけでなく人間的な魅力のせいでもあるのだと思います。

彼は、ピアノ世界のプリンスと呼ばれていて、本当に王子様みたいにハンサムで長身で近寄りがたいぐらい、かっこいいのですが。。。

実際はかなりとぼけているのです。そのギャップが。



ほら、手を見せてもらいましたよ。↓
私は長身なので手が長いのですが、それでもこんなに違う。
触らせてもらったら(ファンの皆さんゴメンナサイ 汗)
豆は全然なく美しいのですが表面が硬いです。

手













音楽関係、アナウンサー、編集者、いろいろな職業の方々がいらしていたのですが、それぞれに手の表情が全然違う。
手だけでもこんなに違うんだ、と結構皆驚いてました。

te1
















しかし、吉川隆弘さんのピアノは本当にすごいんです。
うっとりする、というのはこういうことだと思う。

明日は第一生命ホールでロイヤルチェンバーオーケストラ


5月1日は カワイ表参道コンサートサロン『パウゼ』で
『川のほとり』
で生演奏がきくことができます。

本当に価値があるから、ぜひ聴いてみてね。
ヤマハからCDも出てます。

  
Posted by tentenwang at 18:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月22日

BOYZ僑唯釘里肇縫紂璽茵璽シンフォニックアンサンブル共演決定

私が関わってるプロジェクトとうとう実現となりました。

2008年のグラミー賞ノミネートされたボーイズトゥーメンが、また日本に来日します!

なんと今年は、ニューヨークシンフォニックアンサンブルとのコラボなんです!!

Boyz 僑enは世界中でコンサートをしているのですが、ニューヨークシンフォニックアンサンブルとのコラボは日本初。
本人たちも、ものすごくエキサイトしているようです。

boyztomen



















大阪公演
梅田芸術劇場メインホール
2009年7月28日(火)、7月29日(水)


名古屋公演 2009年8月1日
名古屋国際会議場・センチュリーホール
2009年8月1日(土)


横浜公演 2009年8月4日
横浜公演
パシフィコ横浜国立大ホール








コンサート情報はこちらから↓

PCサイト

モバイルサイト


いろんな分野に顔突っ込んでますねー。わたしも。苦笑
ではでは、コンサート会場で会いましょう!

boyz












  
Posted by tentenwang at 00:31Comments(3)TrackBack(0)

2009年04月20日

ドキュメンタリー賞受賞作 とうとう本に!

このブログで四川の孤児院寄付先を探してくれた田中奈美さんの本がでましたー!
北京陳情村
北京陳情村
クチコミを見る



私が知らない北京がそこにありました。

奈美さんのすごいところは、どこにでも取材に行ってしまうところなんです。
イラクにも、北朝鮮にもチベットにも。。陳情村にも。
こんなに体当たりなジャーナリストあんまりいない。
寄付先を探して、と頼んだ時には、四川から8時間もかけて車も通っていないような道をすすんで、一番困っている孤児院を探し出してくれました。

美人でかわいいのに、どこにこんなパワーがあるのか。

もう一つお薦めなのが彼女の出すメルマガ。
ニュースで読むちょっと笑えてタメになる日中文化考メルマガ
「中国ガオガオブー」

月に500円なので彼女のフリーのジャーナリストとしての活動を支えるための、ささやかなサポートと思い買いはじめたのですが、このメルマガがかなり楽しみな私。内容が面白すぎる。

中国の雰囲気がちゃんとわかる。東京に住んで2年たった私にも、とってその空気感が伝わるところがとてもいいです。

中国の事を全然知らない人が彼女のメルマガと本を読んだら、突然中国通になれるかも、です〜。


【追記】

奈美さんが手伝ってくれて、本500冊 TVコンピュター等を孤児院に寄付できた過去のエントリー

寄付前の記事『写真付き』

寄付後の記事です『写真付き』寄付前と寄付後の写真比べてみてください。

奈美さんの行動力のおかげです。
  
Posted by tentenwang at 23:23Comments(2)TrackBack(1)

2009年04月16日

結婚記念日

今日は、結婚記念日なのです

実は、私たちは学生結婚なので、
かなり、ながーーーーーーい結婚生活です。Σヾ( ̄0 ̄;ノ

空気みたいに、なくなると生きていけないけど、普段はあるのが当然と思ってる。そんな関係でしょうか。笑。

旦那はアメリカで過ごした時期が長いので日本男児に比べるとかなりロマンチックでやさしいです。ナナメなユーモアがあるので、私のアメリカ人やフランス人の女性友達の間でも人気もの、です。


結婚記念に何したい?何か欲しい?と聞かれて話し合ってたら、二人とも何も欲しいものがなかった。。

私宝石に興味ないし。
美味しい食事でもいこーか、と思ったけど、なんか。。レストランなら週末にいっておるしー。


ふむ。

何もしなくても満ちたりているということ。
贅沢すぎです。ばちがあたりそうです。

ということで、アニバーサリー記念に二人で美味しいご馳走食べて、プレゼント渡したこと、にしよーということにした。(わかる意味?)


つまり、ふつーに仕事して、家でご飯食べプレゼントもなし。

それで浮いたと思われる5万円を、いろいろなNPOに寄付しました。


結婚記念日に、寄付するの、いいアイディアだね。と。

実はその5万円を寄付に使ったおかげで、わたしの2009年の目標も達成してしまったのです。

目標100人の子供の命を助ける。

寄付先のひとつ。世界の子どもにワクチンを日本委員会

WHO/UNICEFによると、世界中で、ワクチンが無いために、予防可能な感染症で命を落とす子どもの数は、現在一日約4000人なのだそうです。

ポリオ(小児マヒ) MMR(はしか、おたふくかぜ、三日ばしか) BCG(結核) はしか DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)
上記全部のワクチンを100人分

しめて、2万5千円。

たった2万5千円で100人の子供の命を守れるなんて。
それが少しショックだったりもします。。

友人のイノウエさんがボランティアで実際にミャンマーに行かれた様子を写真でみて、この団体なら、私達の善意をちゃんと届けてくれる気がしたのです。

その他にもファンドレイジング協会にお金をいれ、ホームレス支援に寄付して5万円。

すごく小さいことなのだけど、自分たちが幸福を感じる時はその気持ちをパスしてトスして、どんどんわたしていくこといいなぁ、と思った。

これからのアニバーサリーの習慣にしたいです。
  
Posted by tentenwang at 22:33Comments(6)TrackBack(0)

2009年04月15日

ある政治家からの携帯メール

某衆議院議員の先生から携帯にメールがきた。

かなり面白い話だったので、『じゃ写真送って下さい』と返事したら、
『えっとー写真の送り方がわからない』と返事がきた。

お、おじさん。。。






実は、私は今まで6人くらいの衆議院議員の先生方に携帯の使い方を伝授してきました。内容は、赤外線送信の方法とか、絵文字の使い方とかですけど。

そうそう、♡♡マークをそんなに意味なくむやみに人に送るもんじゃない、とか、というマナーも、ね(爆)

しかし、この人たちこそお財布携帯を使えるようにしないとですよね。

まぁ、日本に戻った2年前携帯の使い方をぜーーんぜん知らなかった私が偉そうに言うのもなんか笑えるけど。

私の携帯進化は、最新の携帯を2種類もくださった富士通さんのおかげですが、最近やっと、携帯をふつーに使いこなせるようになった気がします。

日本に戻って2年になりました。。なんだか早いですね。  続きを読む
Posted by tentenwang at 21:22Comments(2)TrackBack(0)

2009年04月13日

都会のかぶとむし


家の借りているアパートは古くて築30年以上?
でも1階なので、庭がある。それも年期のはいった木も多い。

実は、この庭に一目ぼれしてここを借りることにしたのです。

私は手のこんだ、いかにも見せるために作られた庭が苦手。いいかげんで、緑がわさわさ、って自然な感じがいい。

niwa











で、週末に娘とだんご虫を探そうと思って土を掘ってたらこんなのでてきた

niwa2












カブトムシ??
カブトムシかなぁ。。ウェブで調べたらカブトムシみたいだった。

『飼おう、飼おう』とはしゃぐ娘。
『駄目駄目、育て方、わかんないもん。もし死んだらかわいそうだから、戻してあげようね』

それでも、珍しくって、娘はまだ見ていたかったのでそのままにして、手を洗って、テラスでお茶して。。
戻ってみたら、いつのまにか自分で土に潜ってたの。

こんなもこもこした、鈍そうな生きものが、とにかく、日のないところに?逃げようと動いて土掘っちゃうの。


当たり前なんだけど、その本能のすごさ、なんだかわかんないけど感動しました。

ただ、本能としてやるべきことをやって生きてる。

夏になったら元気なカブトムシになりますように。

  
Posted by tentenwang at 23:58Comments(2)TrackBack(0)

2009年04月11日

香港科技大学MBA学生の来日

数ヶ月前に、香港科技大学MBAに在籍中のタカさんからメールがあった。


『香港科技大学は、世界のTOPビジネススクールなのに圧倒的に日本の存在感がないんです。
日本企業のケースは少ないし、学生の就職希望先にも出てこない。
出てくるのは、欧米系企業ばっかり!

なんでだろう・・・と思ってみれば、日本は、バブル崩壊後、内向きの事ばっかりに必死で、戦略的に自己をPRすることを怠ってきたんですね。

まぁ国のPRは、国の問題だけれども、米国は、商工会議所が戦略的にMBA学生を在学中から、イベントなどに組み込んで活動してます。こういった学生は、卒業して米系企業に進むのが自然だろうし。

欧州の商工会もそういったことをやってるんです。
けど、日本は・・・・・・・日本企業は、目の前の短期利益で必死だし。

せっかく、個人レベルでは、素晴らしい文化やコンテンツをもってるのに、それをゲートウェイにして、知日派作りをしてないなんてもったいない!
ということで、より良い世界を作ろうプロジェクトの第一弾として、MBA学生を親日派にしよう!って考えてみた』


そんなメールが資料添付付きのメールで送られてきました。


それから、あっ、という間に。。なんと彼は、この不景気時なのに、賛同した企業から150万円近く寄付をもらいMBAの学生29人を連れて来日したでした。

すごくない? この行動力。

私は、こういう大きなビジョンをもって、世の中を良くしよう、という『公』の為に動く人が好きです。


そのパーティに私も参加してきました。

中国人だけでなく、フランス人、カナダ人、シンガポール、タイ、インド人。。。今後アジアのビジネス界を背負っていくって感じの明るくできそうな人ばかりでした。日本のこと大好きになっていっている感じがとてもあってタカさんの意図は大成功しそうな感じでした。


しかし、本当にこのタカさんって。。すごいのよ。
(右から3番目がタカさん)
taka











皆からものすごく信頼されていて、頼りにされてて。。英語のスピーチもなかなか貫禄あり。

日本生まれで、日本で育って、こんな風に世界中の人相手にリーダー的な存在になれる人ってあんまり見たことないです。

それは日本人が劣っているわけでは全然なくて、日本の教育が問題だと思う。


日本では、よき、ワーカー『働く人』になる教育は素晴らしいのだけど、リーダーになる為の教育が抜け落ちている気がするんだなぁ。。

だけど、彼を見てて、すごく頼もしくてかっこいいなぁ、と思いました。
こういう堂々とした日本人リーダーがもっともっと増えてほしいです。

私はそのパーティで、インド系でタイで育ったsunainaさんと意気投合しました。

彼女は米国向けの雑貨の会社を立ちあげ、それを昨年売却して、今は次の仕事を考えて学生中なのだそうです。

タカさんが、絶対私に紹介したいと言った友人のひとり。それでやっぱり話があって盛り上がった。w

気があう友人は国を超えても、繋がっていくのね、と思いました。

  
Posted by tentenwang at 15:41Comments(1)TrackBack(1)

2009年04月08日

娘の答え

ママってどんな人?
と聞かれて
娘は

わたしのママは、
はたらきすぎ
あそび 好き
食べすぎ

と言った。

図星だし 苦笑

なぜだか、韻までふんでるし〜。
  
Posted by tentenwang at 20:24Comments(4)TrackBack(0)

2009年04月07日

ささいなこと

幸せってなんだろうね、って時々思う。

母との想い出。

母が片付けを手伝わない私と妹と弟にすごく怒って
『さっさと、汚い服冷蔵庫にいれなさい!!!』
って怒鳴ったことがある。

それは、もちろん冷蔵庫じゃなくて洗濯機って母は言いたかったわけなのですけど。

すごい剣幕で怒っていた母が、突然滑稽ないい間違いをしたことに、妹と弟と私はころげまわって笑ったのね。
たしか7歳、5歳、2歳の頃かな。

それにつられて怒っていた母も笑いだしたの。
それで、皆でまた笑った。

そんなつまんないこと、なんだけど。
そのことを時々思い出すのね。

でも、そんなつまんない瞬間が、想い出すと、あったかくて。

私は米国で名誉な賞をとった時よりも、このことを想い出す時の方が幸せな気持ちになる。

つまり、幸せっていうのは、そんなつまんないようなことを重ねあわせたところにあるんじゃないか。って気がする。


  
Posted by tentenwang at 22:44Comments(4)TrackBack(0)

2009年04月06日

冒険家のフィリップさんとの土曜日

土曜日にフランス人の冒険家のPhilippe Valery氏をお呼びしてランチ。


シルクロード紀行 いくつもの夜を越えて―絹の道に暮らす人々との出会いと別れ
シルクロード紀行 いくつもの夜を越えて―絹の道に暮らす人々との出会いと別れ
クチコミを見る




彼の本は何ヶ国語にも翻訳されていて大人気
大企業の人が羨むような仕事を辞め、シルクロード1万キロを2年がかりで歩いた人。

本がものすごく面白いので、いろいろ話をするの、とっても楽しみにしていたのでした。

彼の家族以外に、フランス人のカップルと日本人の友人の8人。

どういうメニューにしようか、いろいろ悩む。
でも、今回はやっぱり『シルクロードテーマ』でしょ、ということで。
中華家庭料理のフルコースを作ることにしました。


フランス人ゲストが多かったので、フランスの地方のワインを選ぶ。
テーブルの花は、朝から娘と庭で摘んだ花を活けてみる。

tankenka2















Mariage Freresのマルコポーロお茶も準備。
tea












私が外国人のお客様をお招きする時に、いつも心がけていることがあるのね。

それは↓
『いらっしゃる国の人の好きそうなものとその人が食べたことのないのもを上手く混ぜる』

今回のテーマは、『シルクロード』と決めたんですが、中華なんだけど、全部中華にしない、ところがコツ。

ワインは(私が飲めないので、ワイン店で信用してるソムリエに選んでもらい)フランスワインに。お茶もマルコポーロという名前のフランス産。
食後は、フランスで修行したパテシェがいる店のチョコレートケーキ。
とフランスのチーズとドライフルーツ

って感じでメニューに沢山のフランスからのものを混ぜました。

そういうものと、エキセントリックな食べたことのないものとを上手く混ぜると、今までの経験からゲストの満足感が非常に上がるのです。 

食事が美味しいと会話も盛り上がります

tannkjenka














フィリップ氏は、フランスから中国まで歩いたのですが、彼の本の中でものすごく考えさせられるのは、隣国と仲が悪い国が多いということ。苦笑

本からの抜粋。。
『何日か前、私はクロアチア側にいてセルビア人を疑わしく思っていた。今はセルビア側にいてこの人たちの大部分を襲った不正義について考えている』

彼が出あう人々は、それぞれに家族があり、親切で、旅人のフィリップさんに誠意をもって接するのですが、その隣人同士が忌み嫌い戦う。
多くの中にはただの誤解もあるだろうし、メディア操作を含む政治的情報操作もあると思います。

隣国を理解するには,彼のように、ただ実際に会ってコミュニケーションすること、そしてお互いのバックグランドを理解しあおうとすること。それしかないんでしょうね。

またバックパックで歩く旅行がしたくなりました。
モロッコ、インド、チベットあたりが行ってみたい地域です。

  
Posted by tentenwang at 08:06Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月02日

月の満ち欠けとからだの関係

私はgoogleカレンダーで、スケジュールを管理してる。
仕事関係は赤
私用は青
身体に関することは緑


それに、月の満ち欠けのカレンダーを追加してみた。

それがね、すごい面白いんだよ。('◇'*)
自分の体のリズムと月が密接に関係している。
周期表を見るとちょっと感動する。
マクロビオティックでは、新月で排卵、満月で生理が理想的だそうです。
科学的に立証されているわけではないのだろうけど。。



月の引力が、潮の満ち引きを起こすように、人の体や心に影響を与えている。

この大きな宇宙の中で、自分はこんなにちっぽけなのに、何かの影響を受けて生きているって考えたら、とても不思議な感じ。


  
Posted by tentenwang at 23:56Comments(3)TrackBack(0)