2009年05月31日

感動した話とスイカ マヨネーズ

中国から要人がいらしていて接待している。

その人は、政府から賞をうけたお金をすべて使って田舎の貧しい中国の子供が大学に行ける寄金を最近創立したそうだ。

『自分は決してお金持ちではないけど、夫婦が食べていけるには充分なので、そうすることにしたんだ』

それだけでも、結構いい話なのですが、もっと感動したのは、彼が息子にファンド設立の話をした時のこと。

『君の留学のためとか、結婚資金にもらったお金を使いたいけど、いろいろ考えた末、すごく貧しい他人の子供たちの為に使いたいんだ』

それを聞いた息子は、躊躇もせず

『お父さん、心配いらないよ。僕がお父さんの寄付基金の運用資金の桁をゼロふたつ増やしてあげるから』と言ったそうだ。

この息子、今18歳。
かっこよくない?

それができるか、できないかとかは、問題ではなく、そういうことが、言える子供を育てた彼が素晴らしいと思う。



さて、話変わって、その夜の食事。
日本の食材を使った中華料理の後のデザートにこんなのがでてきた。


スイカ、キウィ、さくらんぼの マヨネーズあえ
suika












わたし、吐くか、と思った。

でも、私以外その場の中国人4人は平気そうに、食べている。
『フルーツサラダ』と言うそうだ。

中国ではふつーの食べもの、と言いきる。

いや、ふつーじゃない。

『中国人はマヨネーズ好きだからねぇ』

いや、そーゆう問題じゃない。

私はどんな中華料理でも大好きなのだが、このスイカのマヨネーズあえだけは、やっぱりありえない、と思う。







  

Posted by tentenwang at 20:23Comments(2)TrackBack(0)

2009年05月29日

もてると得か?

ある男の友人は、私のことを
『俺の女だ』とか『俺の女に手を出すな』と人に言ってるらしい。

はい????いつ私があんたの女になったんだよ〜苦笑、と思うんだけど、そういう事実はないし、もちろん冗談なので別に気にもならないし好きにさせていた。

でも、段々その友人が偉くなり権力を持つようになってきて、本当にびびっている人がいると知って
v( ̄∇ ̄)v。。。。

しかし、言ったもの勝ちというのは、こういうことを言うんだなぁ〜。と笑い飛ばしてた。



その続きの話っていうのでもないんだけど、昨夜、ある男の友人から、

『飲み会でね、AさんとBさんが出あって
よーこさんが素晴らしいということで盛り上がったんです』

という電話があった

『あら〜もててるねぇーわたし あはははは』

と、いい気分で反応すると、彼は小声になり

『でもあの二人、世間的にはかなり有名じゃないですか。それなのに独身でしょ?もてる。女たちはマジで結婚したいんですよ。でものらりくらり結婚しない。その二人が俺よーこさんとなら明日結婚するって言いきったんですよ』

『いやはや、もてちゃってるね〜 自慢〜』
とただ喜ぶ私に、

『そしたらね、傍にいた、美女たちが、そのよーこさんって一体誰よ?と僕にまで追及しはじめて。。。最後にはそのよーこさんとやらは色気で彼らをだましているに違いない。と相当な剣幕になったんですよ。』

『け、剣幕?』

『僕はね、たぶん、よーこさんの方が近寄ってるわけじゃないと思います。って言ったんだけど信じてくれなくて、彼等もいや、よーこさんは君たちとは全然違うタイプだよ、と言えば言うほど状況は悪くなり』

『じ、状況が悪い?』


『僕、よーこさんは、あんまし色気ないし、若くもないし、そんな美人でもないと言っておきました』


あんたうるさいよ

『そしたら、それが余計気に障ったらしく。酒飲んでたし、その二人は、あいかわらず、よーこさんがいいんだよモード全開だし』


これ、私に100パーセント関係ないしの展開


『よーこさん、そのうちに、そういう取り巻きの馬鹿な女に刺されるかもしれません


Σヾ( ̄0 ̄;ノはい?は?は???はっぁ〜〜〜????




なんで、私が刺されないといけないのだ!!?????ぁーーー


それに、せめて、そこに秘かに恋があったとか、何か深いわけとかドラマがあって刺されるならまだしも。

なーーーーーーーーーーーーーんにも、ないのに刺されるって、どーよ?それ。
( ;д;)ノ
私その二人と恋愛の話さえしたことない。
ふつーの話したことあるだけ。娘の話とか。仕事の話とか。

逆にあやしい関係なら、公の話に出てくるはずもなく。
ただの酒のさかなにされてるだけだし。
私の話でその美女たちを嫉妬させて楽しんでただけの気がする。



まったく。
刺される可能性があるとは思わんかった。苦笑


そーゆーわけで、女性のみなさん、もしそんなことがあり、よーこさんを検索して私を見つけても、わたし無実。む、じ、つ。

声がでかくて、色気なし、あははあ、と大声でわらう。。
男の人達が私が好きなのは、仕事の話が対等にできるからじゃないかとおもう。

女としてもててるんじゃなく男の友人と同じ感覚でね。


わたし無害。
それどころか、会ったら、話あって友達になるかもしれん。



だから、決して誤解して刺さないよーにねw

  
Posted by tentenwang at 20:56Comments(4)TrackBack(0)

2009年05月28日

エジプトとベリーダンス

もう、かれこれ6年以上も私のファンだったという方から、お茶を頂きました。



tea












エジプトの有機ティで、蜂蜜とあわせて飲むと美味!


彼女が私のメールマガジンを見つけたのは、エジプト滞在中だったみたいです。

今は東京に戻られたらしい。
先日エジプトに戻ったので、お茶はそのお土産ということで、私がよく行くとブログに書いた鍼の先生にことづけて下さったのです。

こういう長年のファンって、本当に嬉しいものです。
ありがたいです。お会いしたことないのに親近感がわきます。

彼女はエジプトでベリーダンスを習っていらしたとのこと。


実は、私の最初の海外一人旅は、エジプト。
あぁいう感じのエキゾチックな異国、もともと好きなのです。
昔から気になっていたんですよね〜、ベリーダンスも。


その方のメールに刺激されて、今日ついに私1回で終了するコースにいってみました。
1時間半

ヨガとも走るのとも違う。

相当むつかしかった〜〜〜です!!!

(T_T)

色っぽいダンスなんですが、実際は。。

全然踊りになってなかったです。






  
Posted by tentenwang at 23:10Comments(2)TrackBack(0)

2009年05月27日

ソフトバンクの名前がへん

iphoneのおまけでソフトバンクの おとうさんってしゃべるんだー!ストラップを貰った。


娘にあげたら、目を輝かせて、喜んでいた。

そこまでは良かった。。

softbank















その後5歳の娘の質問攻めにあう。

犬のタグをみて
娘『soft bank? ね、この犬の名前soft bank?』

私『違うよ』

娘『じゃなんでsoft bank?』

私『それは携帯電話の会社の名前で、その犬が電話の会社のおまけだから』

娘『電話会社?でも、やわらかい 銀行って書いてるよ?』

私『う、うん、でも電話会社だよ』


娘『でもテレホーンじゃなくてバンクってかいてある』




私『だ、か、ら、携帯電話会社の名前がソフトバンクというの』


娘『電話の会社が、やわらかい銀行って名前、へんじゃないですかぁ〜?』

私『う、うん。へ、へんかもしれないわね、たしかに』

娘『電話の会社の名前がやわらかい銀行だとみんな混乱だよね』


ま、まぁ、そーかもしれんね。
し、しかし、あやつ、一体いつ【混乱】なんてムツカシー日本語覚えたんだろう。。


娘質問攻め終わらず

娘『どうしてそんな名前つけたのかな』


私『。。。。しらん』


娘驚きの様子『えっ、ママ、知らないの?』


知るわけないし





娘『こんな名前でみんなこまってるとおもう』




いや、誰も困ってないし






まだ、まだ、しつこい質問攻めにとうとう私が相手にしたくなくなって

『そんなのは、その会社の社長の孫さんにきいておくれよ』

と言うと娘あっさり
『わかった。そうするわ』

と言って、行ってしまった。


私思わず、苦笑。




『わかった、そうするわ』って。。一体どーやって。w
5歳といるとホントに癒されます。苦笑




名前の由来、調べてみた↓

ソフトバンクは、1981年、パーソナルコンピュータのソフトウエアの流通事業会社からスタートしています。「ソフトバンク」という社名は、文字通り「ソフトウエアの銀行」。情報化社会のインフラストラクチャー(社会的な基盤)の役割を担う存在になる、という大きな決意をこめて、「バンク」という言葉を用いました。

でも、どう考えても、5歳に説明できません。。。



  
Posted by tentenwang at 22:54Comments(7)TrackBack(0)

2009年05月25日

ネットがないと、大変だぁ

大変なーことが


ああ



家のインターネットの接続が突然初期化





いまiphoneで書いてますが仕事にならー


なーいわぁ





メールとか滞ると思います
ごめんなさい  
Posted by tentenwang at 22:56Comments(1)TrackBack(0)

2009年05月24日

アシスタント的な能力が著しく欠けている

外国人と大阪へ出張してきた。


そのガイジンは約束の待ち合わせ時間に10分も遅れてきた。
(`Д´) ムキー!

私は彼に『むっ』とした顔のまま、席についたら説教してやろう、と思っていた。こういう遠方の電車の待ち合わせで遅れるのは社会人としていかがなものか?と。

しかし、とりあえずは、ミーティングに遅れないように、わたしは走って品川駅の新幹線へ飛び乗った。彼も半歩後を一緒に走った。

1分もしないうちに新幹線はドアを閉じ

ぎりぎり間に合ったね〜〜。

といいながら、一息。

切符みたら、指定席は15号車

しかし乗った車両は1号車だった。

私たちは延々と車両を移動。

私は2泊、泊まる予定だったので結構な荷物があり、彼はそれをもってくれて、後からついてくる。

延々と歩く。

14車両。。。やっとあと1車両、のところで、わたし、ハタ、と気がついて切符をとり出してみる。

そこには

のぞみ15号
ヾ( ̄0 ̄;ノ

と書かれていた。


予約席は6号車だったのだ。。。。



も、戻るよ、という私に、彼は、ここらへんで座ろうよ〜と英語で一生懸命言うんだが、だって予約席だからしかたないの〜〜と言い返した、その時に車内アナウンスがあった。


もうすぐ東京駅に到着します。


私たちは、お互いの顔をみたまま、そのまま開いてた座席に座りこんでしまった。


彼はニヤニヤしながら言う

『つまりは僕たちは品川から東京駅までずーっと歩いていた、ということなんだね』


『うるさい』



『僕が10分遅れたの責められないからよかったぁ〜』


『ううううう』


その後、東京駅から、始発の新幹線に乗り換えて無事大阪へ。
でも、ミーティングには8分ほど遅れてしまいました。

昔会社の社長をしていた頃、

社員のひとりに
『よーこさん、もしよーこさんがうちの会社受けたら、落ちるかもしれないですよね』

と言われ、そこにいた社員全員が
『確かにね〜』

と同意していたことを思い出した。


私は、秘書的というかアシスタント的能力に著しく欠けている。

人にはそれぞれ不得意なところと得意なところがある。
不得意なことを直そうとしてもしかたがないので得意なところを伸ばすしかないとは、思うんだけど。。。






  
Posted by tentenwang at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月21日

今年のチャリティフリマは6月21日です

四川地震から1年たちました


6月21日日曜日

また明治公園でチャリティフリマします。

前回の寄付の使い道はこんな感じ


皆さん、いらっしゃいませんか?

ボランティア希望の場合はメール下さい。
メールアドレスは、右の欄にあります。

(*'-'*)結構楽しいですよ!  
Posted by tentenwang at 14:38Comments(2)TrackBack(0)

2009年05月19日

なりたくないんですっ

うちの娘5歳は

日本テレビ系列で日曜8時に放送されている世界の果てまでイッテQ!というバラエティー 番組がだーーいすきなのです。


その中でも、イモトさんの大大大ファン。





彼女の笑いのセンスが娘にとってはものすごーーくツボにハマるらしく、1週間、この番組だけを楽しみにしている。


幼稚園で一人の先生もイモトファンということがわかり、毎週月曜は日曜に出てきた動物の話題で盛り上がる。

きのう、私が、娘に『そーんなにイモトが好きなら、ハロウィーンはイモトになればいいじゃない?』と言うと
幼稚園の先生が喜んで、

『イメージとぜんぜん違うから、うけるわぁ〜』

と。

『お化粧で眉毛ふとーーくして』『黒のアイシャドーでね、ね』

と私と先生で、もりあがっていたら

娘『あ、あんなふく持ってないもん』
というので


私『セーラー服、ぬってあげる、縫ってあげるー』

先生『きゃぁーーー、楽しみーーーーーーー』

私と先生が盛り上がった横で娘の顔に青い縦線が。。



帰ろうとする私を捕まえて、小さな声でいう

『ママぁ、あのね、わたしはハロウィーンは、プリンセスになりたいの』


私は、
『あのねー、かわいい、とかうつくしーだけで、女は生きていけないのよ、今年はイモトよ、イモト。あなた大好きじゃない?先生も喜んでたし』

と笑いながら、じゃあーーーーね。と幼稚園を後にした。





昨夜、娘は夜中に、何度も何度も寝返りをうちながらうなされていた。
そして時々

『なりたくないんですっ』

と叫んでいた。大笑




彼女はママから勉強のプレッシャーは、一度もかけられたことはないが、こーゆー無駄なプレッシャーを沢山うけている。






  
Posted by tentenwang at 10:18Comments(7)TrackBack(0)

2009年05月18日

抱く言葉

ダライラマの抱くことば

を買いました。





『もし私があなたを叩いて、あなたが穏やかなまま私を叩き返さなかったら
結果的に居心地悪く感じるのは私の方です。


でも、叩き返されていたら、もっと叩きたい気持ちになります。
暴力と暴力は連鎖し、さらなる暴力を呼びます』


世界中を旅して、私が感じたジレンマはこの言葉に集約されていると思いました。


暴力は決して真の力にはならない。



抱くことば
抱くことば
クチコミを見る






たいていの軍事行動は、平和を目的としています。
しかし現実の戦争は、まるで人間を燃料とした火事のようです。




  
Posted by tentenwang at 09:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月14日

きれいになるぞ

夏が近づいてきたことですし、おもいっきり美しくなってみることにした。


わははは。←この笑いかたどうか。。





わたしはうら若き乙女でもないので、ただ痩せてもしかたがない。
というわけで明日から食べたものを記録して良いものを食べるように気をつけようとおもう。

それから11時から夜中の2時はなるべく寝る。



あとは、ビタミンCとコラーゲンを飲むとか、かなぁ。


プロジェクトみたいに、ゴールを決めるとかしたほうがいいかな。

で、ゴールが『マイナス5キロ』とかじゃなく『健康』と言ってしまうところに自分の年を感じるわ。。あはは

  
Posted by tentenwang at 20:50Comments(4)TrackBack(0)

2009年05月12日

素敵なサイト

ものすごく癒されるサイトを見つけた。


子供は褒めて育てるものだ、ってよく聞くけど
たぶんオトナも言葉に飢えてる。  
Posted by tentenwang at 14:25Comments(7)TrackBack(0)

2009年05月11日

そーじゃないから

友人の恋愛の話をグループで聞いていた。。

『長年つきあってまして.....。あまり、関係は上手く行ってなくて.....。

よく喧嘩もしますし....。でもいいところも、もちろんある人で....。でも根本的に大事にしている所が違うので、あわないのです。


それはわかっているのですが.....。本当に長い間一緒にいますので今の状態が続いていて。』


彼がまじめに話していて重苦しい空気の中

私が

『それって、かわいいなぁーとおもって柴犬を飼ったんだけど、時々噛むし、キャンキャン泣くので、自分のペットとしては違うな〜と思うんだけど、長いこと育てたので、情も移ってて捨てられないってこと?』

と言うと

私の両隣に座っていたアート系の土屋君と理数系の龍成が私の腕をがしっ、と同時に掴んで、

『ねーさん、違うからっ』
『ねーさん、し、し、柴犬の話じゃないからっ』

と倒れこんで叫んでいました。

まじめに話していた友人は、ただ、ただ苦笑。


私的にはわかりやすく、いい換えてみただけなんですが。。


彼等は、よーこさんはアート系でも理数系でもなく、全然違う世界で生きている人だ。と言われた。

ふむ。
  
Posted by tentenwang at 21:04Comments(6)TrackBack(0)

中国の子供たちに超人気の劇

北京では、5歳の娘が日頃から大好きなアニメの劇場版を見に行きました。
『喜羊羊与灰太狼』
shiyanyan
















狼の奥さんが羊を食べたいので旦那に羊を捕まえにいけというのですが、羊たちはいつも知恵を絞って狼をやっつける、という吉本新喜劇と同じくらい、いっつも同じ落ちで終わる漫画・アニメです。

娘はこの漫画がお気に入りで本を渡しておけば1時間くらいじっ〜〜と読んでいて そのおかげで、相当数の漢字を読むことができるようになったんですが。。。

今回は北京にせっかくいるので、『劇をみた〜〜〜い』と言われ、旦那がチケットを4枚買いました。

超人気で一番いい席しか残っていなかったんだよ。
というわけで、1枚チケット380元。(約5483円)

はい?汗

そ、それ高くないか? 苦笑

4枚買ったので、2万円以上って。。ありえんな〜。

その上、娘のおばあちゃんは、そんな子供の劇なんか、行かない!といい、結局3人で出かけることに。。

まぁ、こんなに高いんだもの、相当なレベルのものだろう、と期待して。。

開幕








約10分後に旦那と私顔を見合せて、苦笑
旦那は、これに2万円払ったことに、ただ、ただ、うなだれていた。

娘はもちろんHAPPYで、かぶりつきで観てました。

しかし。。こんなもんに、こんな高いお金払うような中国人の親が沢山いることに驚きました。

だってまだまだ、日本に比べたら物価が全然違うのですから。

中国の6ポケット(一人っ子政策なので、親以外に両方の祖父母の支援があることが多い)の深さかなぁ。

それにしても......。


  
Posted by tentenwang at 00:58Comments(2)TrackBack(0)

2009年05月07日

SEX and the CITY 的な友人

あっという間の7日間だった。
私はミーティングがあるので、娘と旦那をおいてひとまず先に帰国。

今回の旅で、何が印象に残ったか。。といえば、わたしの中国人の親友の話。衝撃的にSEX and the CITY的だった。というかそれ以上かもw

彼女14歳年下の彼氏ができていたんです。それも超ハンサムで。。プロのXXXXさん(話すと問題なので内緒です)
あんたデミ・ムーアですか(*゚∀゚)って感じ。

内緒の話が山ほど。ここではとても書けないわ。。
BlogPaint













書ける部分だけ、ちらり。。

彼女と私はシカゴの大学で知り合ったのね。彼女はもともとは、北京で看護婦だったのです。
そして、好きになった人ができて。。その人はすでに結婚してたのです。まぁ、つまりその人の愛人になったというわけ。

それでその彼が当時シカゴで駐在をすることになり、一緒に米国に連れてきてもらったんですね。


で、その時に彼女が入った建築デザイン科で私と一緒だった。
でも、彼女は1学期が終わると、すぐに退学してしまった。

私、その時絶対卒業した方がいいって反対したんですけど。

『私皆より年上だし、こんなコツコツ勉強してるヒマない』って言って。

彼女はシカゴでソファを沢山買って船便で北京にもって帰ったの。そして当時まだ貧しかった北京で高級家具屋を始めるのです。

米国で買ってきたソファの中を破って、中身を研究してまねてつくって、布は米国とかヨーロッパの本物の布を貼って家具屋さんをはじめたんです。


そんな高級ソファは、当時大使館関係者や駐在の人たちの間でものすごく売れたそうです。だって、そんな、欧米風のソファを買おうと思っても北京の15年前はどこにもそんなもの売ってなかったのですもの。

彼女の偉いところは、それで得たお金を使って当時ぼろぼろだった北京の土地をどんどん買っていくのですね。

F3のレース場(市街から北京空港途中にある、あの大きなレース場です)歴史的価値のある四合院だけでなく多くの不動産。今は何十億円もするでしょうが、その頃はタダみたいなものです。


そして今は彼女は、家具も含めた雑貨屋を中国全土に持っています。

そして、経済紙の中国のすごい経営者のリストで上位10位内にラクインされるような人になってしまいました。
中国の財界で彼女のことを知らない人はいないと思う。


さて、彼女の私生活はといえば?

いつのまにか彼女自身が愛人の彼氏よりも全然お金持ちになってしまうんですよ。で、その人の子供を3人産むの。

とうとう奥さんと別れさせて彼と結婚もするんだけど、その後、その旦那が全然働かなくなってしまうんですよね。
そして離婚。

子供3人を自分一人で育てて、その後BFもできるんだけど、みんな、彼女の傍にいるうちに働かなくなるんですよ。苦笑


で、この間私が『絶対やめときーーー』と言った元彼にはマンションとポルシェをあげて無事別れたらしい。


それ、おっさんが愛人と別れるのと同じじゃんか。苦笑

私は、その14歳年下に今度は、絶対に何も買い与えたりしたらいけない。と言っておいた。

突っ込みどころ満載の彼女に、フツーに、それあんた馬鹿でしょ、と突っ込むことができる友人は少ないようです。

本当は豚インフルエンザ騒動がなければ、マリブに別荘を買いに行ってた予定だったのだけど、逆に私に会えてほんとに嬉しかったと何度も言ってました。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


しかし私は基本的には年上の男の人が好きなので、そんな年下の人を恋愛対象に見れる彼女は本当にすごいなぁーと思う。

そう言ったら『あんたは、年下の良さがわかってないのだ。一度つき合ってみれば絶対わかる』だって。ははは。。苦笑

笑いが絶えないガールズトークナイトin Beijing なのでした。

  
Posted by tentenwang at 23:27Comments(1)TrackBack(0)

中国の競争

娘のプチ留学中の中国の幼稚園。

インフルエンザの警戒のため、入口で全員が空港並みの検査を受ける。
kensa














ここの幼稚園は、大学が勢ぞろいする五道口にあります。
90パーセントが中国人 10パーセントが外国人という感じでしょうか。

↓驚いたのが、朝、アメリカ人の先生が玄関にいて、幼児が各自コミュニケーションする。話ができたらシールをもらえるコーナー。

この幼稚園はインターナショナルではないので、お遊びみたいなものだろう、とたかをくくっていたら、5歳がフツーに英語を話している。単語数もかなりある。
eigo












この国の子供たちは、とにかくとにかくとにかーーく、勉強させられる。
勉強して大学いかないと、そして英語くらい話せないと一生貧乏だ、ということを親が身にしみて知っているからだ。
教育がないと給料が10倍も20倍違う。だから皆必死。

今回の20日間中国の幼稚園に留学した娘。
親戚に言わせれば、娘の中国語はほぼ問題なしなのに。

でも彼女は言う。
『あのね、わたし、せんせいが言っていることが全くわからない時があるの。でもね、恥ずかしいからじっとしてるの』

単語の数が少ないんだろうなぁ、と思っていた。普通に話していることが聴き取れないんだろう。。と。

先生に聞いたら、娘は別に普通に話していることは全然理解していて。。
問題だったのは、漢詩の暗記の授業であった。。

(; ̄Д ̄)



私の方は今回は、何度もFMラジオのディレクターや、ユニバーサルレコードのディレクターとミーティングを繰り返している。

もちろん、全員中国人。ミーティングは英語半分中国語半分という感じで進められていく。

しかし皆があまりに英語が上手いので、どこに留学したの?
と聞いたら誰も留学経験がなかった。。。汗

詰め込み授業や、勉強させすぎというのがいいかどうかは別として、とにかくこの国で生き残るには、熾烈な競争で生き残っていくしかないんだろうなぁ。

ここで生まれなくてよかった。。というのが正直なところ
  
Posted by tentenwang at 08:49Comments(2)TrackBack(0)

2009年05月06日

中国の頭脳

旦那の友人の清華大学の教授の別荘に遊びに行きました。
北京郊外です


別荘1jpg
















池には鯉が、庭にはあひるが。。w
別荘
















郊外に別荘というのが流行っているみたいでここらあたりは別荘地帯になっていました。

隣の土地を買って、別荘を建てたら?日本よりずっと安いよ
と提案されたのですが。。

う〜〜ん 苦笑
全然趣味じゃない。ここも14くらい部屋がある。
誰が使うんだろう?

私は元々大きな家は好きじゃないのです。鳥もクマもそれぞれ本能で巣とか穴をつくるじゃない?その大きさって本能で決まっている。

人間も住む家は本能で決まっていると思うの。私はこじんまりして家族が話している声がいつもきこえるくらいの大きさのものにしか住みたくないし、住めないって思う。。。

それで、ここどのくらいの頻度で使うの?と今回呼んでくれた教授に聞いたら、

今年になって1回しか来てないらしい。掃除も大変だし〜って。(大笑)


今回、呼んでくれたのは、清華大学の工学学部長。一緒にお邪魔したのは生物学の方の学部長
私から見たら、ただの中国人(苦笑)ですが、この二人は、中国の科学の方向性を決めるv( ̄∇ ̄)vサイエンスアカデミーなんとかのメンバーらしいです。

まさに中国の頭脳。
一人は、清華大学のポスターにもなってました。

中国は文化大革命という歴史的背景があり、40代前半で、重要なポストにどんどんついている感じです。

そのうちに、今回お会いした二人は、将来中国の科学庁長官とかになるんじゃないかいう噂で、本当に中国の学者として頂点にたつ人達なのだそうです。

でも、私はガイジンだし、学者でもないので遠慮がないしへっちゃらです。延々とくだらない話をして笑って楽しみました。

後で、旦那に、あれだけの人相手に、あんなに下手な中国語で、あれだけ話をまとめることができるお前は天才だ、と妙な褒められ方をされました......。苦笑



  
Posted by tentenwang at 11:39Comments(3)TrackBack(0)

2009年05月05日

北京つれづれ写真日記

中国の家庭料理はこういう感じ↓

ママがつくるジャージャー麺です。
野菜がたっぷりで麺が見えない。右手にあるのが、新にんにく。
まっしろで、これを生のまま、沢山食べます。
辛いけど、美味しいの。

家ごはんjpg













今日夜に人にあうのに〜と言ったら、中国では、みんなにんにく食べてるから誰も気にしないよ、大丈夫、とママに言われ。。
それもそーだなぁ、と思って食べました。w

他にも、あわのお饅頭。中にお漬物。
私は農村の人、と家族から言われるくらい、素朴なものが好き。

いなかごはん3














レストランの田舎風豆腐料理も美味しい

いなかごはん2












そんなこんなで、少々食べ過ぎ気味。
義理のお姉さんが通っているジムのパーソナルトレーナーがすごく良いらしく、彼女について運動してみた
ジム2













ここのスポーツジムは、外国人向けではなくほぼ中国人向け。
1階にはスタバがある。でも超裕福層向けというわけではなく、中のちょっと上くらいの層をターゲットしてる感じ。

ジム














それから中国の五道口から乗った電車の中の様子。
ここは新しい路線です。なんだか日本と雰囲気もあんまり変わらなくなったなぁ。。と思いました。

電車














貧富の差は相変らずひどいですが、それでもまだ他の国の経済と比べて元気な感じがします。

今日銀行に行って、円を元変えたら、涙がでそうになりました。。円弱っ。。。
ドルも円も貯金は全部元にしとくべきか。。。

しかし、我家の貯金全部ドル株なので、経済危機直撃。今89パーセント目減りしてるので動かそーにも動かせないけど。あはは。笑
  
Posted by tentenwang at 18:18Comments(2)TrackBack(0)

北京の友人たち

北京に行っから、お帰り会をしてくれるとメールが。
わーい

『いつがいい?』

と聞かれ
『う〜〜ん。じゃ、明日の夜は?』
とメールしたら
『ありえんな〜』
苦笑されながらも、12名も集まってくれました。

歓迎会













幻想的でフュージョンチックなレストランを見つけてくれたグランドスラム・コンサルティング平田佳寿雄さん 今は中国人向けにセレクト雑貨屋「ARUYO」も開いているそうです。


幹事してくれたxiaomiさん。日本でキャスター・ニュースリーダーを経て、04年より北京在住。日中間のコミュニケーションのリーダー。

本格的なドキュメンタリーをとっている中国歴12年の斉藤恵美さん

最近の話題の中国の本はすべて彼女が翻訳してる。売れっ子翻訳家の泉京鹿さん

メディアプロデューサーの駒崎 絵美さん

資生堂の研究所の社長の石館 周三さん

イギリスの新聞のGuardianの支局長のワッツさんと日本で私が仕事で知り合ってそれから、北京に引っ越され、そのままおつき合いが家族で続いています。かよこさん、EmmaとAmy

女優の武藤美幸さん
前回映画でそれも中国人役で、主役をやった。。そう。
外国人が中国人役で主役ってすごくない。。?

映画「時の香り〜リメンバー・ミー〜」で映画デビュー。04年から北京在住。中央電視台のドラマ「記憶的証明」で準主役。以降「張伯苓」「鉄道遊撃隊」「大舞台」など数々の人気中国ドラマに出演。「天地民心」(楊陽監督)では清朝の皇后「東太后」役。

そして、今回初めてお会いした日本のTV局のプロデューサーの丸山さん

なんだか、ニューヨークもそうだったけど、北京にもパワフルな日本人が多いですねぇ。。

外国で外国人が仕事して食べていくのは大変なの。だから、ここで生きていること自体がすごくパワーのいることなのだと思うのです。

会えて沢山元気をもらいました。

あ、そうそう、ひとつまだ残る、私といると運が良くなる、という女神さま神話。

『よーこさん、さわらせて。さわったら私も幸せになれる気がする』と皆にベタベタさわられたのでした。苦笑

ニューヨーク時代から、私が友人として仲良くする人が、出世したり有名になったり、成功したりする確率が異常に高いのでそーゆー神話ができたんだと思うのだけど。

前にも書いたけど、それは私が発しているんじゃなくて、私が異常に才能のある人を無名の時に見つけるのが上手いだけ。苦笑

それでプラス性格の良い人としかつき合わないから、そーゆー人が成功するのは当たり前なだけ。

当たり前のことなので私のパワーじゃ全然ないですって。


  
Posted by tentenwang at 08:58Comments(8)TrackBack(1)

2009年05月04日

北京で贅沢

北京では、金融街の中にあるインターコンチネンタルに泊まっています。
今北京も、GWなので、ファイナンシャルエリアのこのあたりは、お休みだから、人がいません。

金融街














人がいないので、部屋もアップグレードしてくれました。

コーナースィート!!!!

ありえない。。くらい贅沢です。おふろとシャワーエリアがひとつの部屋あるくらい広い。ホテルのプールもひとり占め状態。苦笑

スタンダードの部屋も悪くないので、北京に慣れている人なら、金融街が休みの日にこのエリアは穴場かも。


でも、さすがにもともとは、少なくとも7,8万円くらいはする部屋なので、部屋の中の飲み物がとっても高い。。
市価の10倍くらいする。

ひぇ〜〜〜〜。み、水がよ、45元

冷蔵庫の中のものを絶対飲まないように。と娘に言う、わたし。。。苦笑


  
Posted by tentenwang at 08:10Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月01日

今日から北京です

これから北京。

でも締切の仕事があったので昨夜も10時までオフィスにいた。
今日は、海外から偶然戻ってる藤本君に来てもらって、荷物を空港行きのホテルまで持ってってもらって、成田行きのバスがでるギリギリまでオフィスで仕事する予定。
藤本君、荷物持ちするために、新幹線で京都から朝から来る、って。。
ごめん。私は人使いが荒すぎる。。ヾ( ̄0 ̄;ノ

あぁ、なしてこんなに仕事してるんだろうか。。。私。

ただ、好きだから、だけど。
3割の仕事はプロフェッショナルボランティアだしね。

実は先週、旦那が先に娘を連れてすでに北京に帰ってる。
独身だぁ〜やった〜と思ったんだけど、いくつかの締切のせいで、ほぼ仕事してた。

数人の男友達からデートに誘われたのに、それどころじゃなかったよ。
夜中に本屋でコーヒーを飲む、という久々の独身らし〜い行動をしようともくろんでいたにも関わらず、ホトホト疲れてできなかった。

娘の方は20日間だけの北京の幼稚園にプチ留学中。2年前に行っていた幼稚園に入れてもらえた。出発前に本人はものすごく緊張していたので心配してた。

『自分は中国語を毎日勉強していないので、わからないことがあると思います。でも日本語と英語をみんなに教えるので中国語を助けて下さい』

と完璧な中国語で皆の前で言ったそうだ。。。

先生もクラスメートも皆娘のことを覚えていて、大歓迎だったそう。もうそれは毎日ものすごく楽しんでいるのが電話の声でわかる。

5歳の娘がママと離れて、毎日寂しいだろうと心配してたら、全然反対で寂しかったのは私のほう。

なんかなぁ。。私が幼稚園の時は、キツネとタヌキの区別がつかず、おねしょしてた気がする。。皆の前でまともに話すことなんか絶対できなかった。(今でも苦手w)

確か自分で産んだんだが。。トンビが鷹を産んだよーな別人感が。。時々する。苦笑

まぁ、彼女が通うインターナショナル幼稚園では毎週1回、皆の前で一人で自分で選んで持ってきたモノの説明話をする、というShow and tell という発表のクラスがあるので、その教育の影響もあると思う。

さて私は、6日までいます、北京のみなさん、もし時間があれば会いませんかー?誰か北京ダック会とかしてくれないかしらん〜?
連絡くださいね!左側の欄にメールアドレスが書いてあります。

あぁ、荷物詰めないと、パスポートどこだっけ。



  
Posted by tentenwang at 08:18Comments(5)TrackBack(0)