2009年07月31日

山あり谷ありです

なんだかメールが山ほどで。。処理しきれていません。
コメントもまだ返事できずごめんなさい。

今日は、人生辛いなぁと思う出来事があり。
本当に涙も溜息も鼻水もでるわで。
こんなこと何年ぶりだろう。。

何時間も何時間も涙が止まらなくて困る。
  

Posted by tentenwang at 23:54Comments(6)TrackBack(0)

2009年07月30日

今年のミスユニバース日本代表の衣装

まだ出張中であまりPCをみる時間がないのでささっと。
気になった件だけ。


今年のミスユニバースの日本代表の衣装
宮坂さんは着物を大胆にアレンジした衣装を着る。黒い牛革の生地に金ぱくを施し、帯は西陣織、着物のえりはシカ革に漆で模様を描いた「甲州印伝」にするなど、日本の伝統工芸を取り入れながら、ミニ丈にショッキングピンクのインナーボディースーツとタイツ、それにハイヒールをあしらった。手には能面の若手作家、叶隆史さんが制作したオリジナルの般若の能面を持つ。


これです


みす




























大胆なのはOK,着物をショートにしてもいい。でもこれはさすがに品がないかな。w

私は日本人の女性の良い点は、気品であり奥ゆかしさの中の強さであり、決してストレートな色気じゃないと思う。(男性にはうけてるのかもしれないけどね 笑)

あとは、ブランドとか、有名な人とかの意見を信じないこと。

よーくみると、高級になればなるほど、あんた、それ違うだろう、と突っ込みいれたくなるモノが増える。
違うよ、と思えば違うわけ。

それは大学生の時にシカゴ美術館で、美術の講義を受けた時。
教授がふと言ったのね。

ね、これゴッホの駄作。これはモネの失敗作だよね。


衝撃だった。

それが見えてきた時に、いろんなことがストンと落ちた。
名前やブランド、権威というものにまどわされないこと。






  
Posted by tentenwang at 09:51Comments(12)TrackBack(0)

2009年07月28日

池内博之さんの9時間!舞台

俳優の池内博之くん。
池内











実は、北京でTVを見てたら、彼が映画の宣伝にば〜〜〜んと出ていたので、え?え?え?

今の池内君?

そういえば、香港映画とか言ってたなぁ。しかし外国で突然予期しないところで友人を見るとうれしくなり、北京から携帯メールを打ったら、返事が来ました。

その映画は日本で上演されていないそうです。香港映画で葉問(ウィルソン・イップ監督)で故ブルース・リーの師匠の半生を描いたカンフーアクション。日本人で唯一出演。
結構いい役です。

本当にいろいろ挑戦してて頼もしいです。

そして、数日前に、彼からメールがきたんですが。

よーこさん、おはようございます。9月上旬から舞台をやります。、9時間の上演時間です。「コースト・オブ・ユートピア―ユートピアの岸へ」です。かくかくしかじか。。省略


わたし携帯画面を見ながら、上演時間9時間の部分に絶句。。。。
(; ̄Д ̄)

東京・渋谷区のBunkamuraシアターコクーンで行われ、演出は蜷川幸雄さん、阿部寛さんなど実力派俳優揃い。行ってみたい気もするが。。

あの。。。やる方も、覚えるのとか演技するの大変だと思うのですけれど
観るほうも拷問じゃないですかぁ〜〜?9時間坐りつづけるの?!!(←ストレートにびびるわたし)


そして、池内君のメールに返事できてない。。苦笑 

無視しちゃいかんだろう、と思いながらも返事をせずに3日すぎてしもた。。

あぁ。でもでも、9時間の舞台を見る自信がまだわかない。笑

誰か一緒に行く? w

  
Posted by tentenwang at 01:33Comments(6)TrackBack(0)

2009年07月27日

はてブで人気になっちゃった

昨日夜中になにげに書いたエントリが、はてなにブックマークされて、今日のだけの訪問者3万4千人。。。

すごいなぁ。。それも今の時点で、はてなのブックマークのトップだよ。苦笑


それも2番目のカイ士伝のカイくんに初めてアクセス量で勝ってるじゃないか。いやん〜〜〜。(゚∀゚)アヒャヒャ 悔しがってるだろうな、私に負けたら。笑

ところで、昨夜からのアクセスのきっかけは百式の田口元氏のtwitter発言から。
一言の威力。すごいですね。


ところで、全然関係ない話なんですが、今日は友人が『よーこさんって、カッコいい女性なんですよ』と言いながら、初めて会う方に紹介してくれたんです。

その時に(カッコよさげに)名刺入れを出そうとしたら、ぼとっ、と(娘が勝手にいれたらしい折り紙の)手裏剣が落ちてしまいました。
( ̄∇ ̄;)
真にカッコいい女性はたぶん、しゅりけん、持ちあるいてないだろうし
それを名刺交換の時に、ぼとっ、とも落とさない、と思う。うん。苦笑




  
Posted by tentenwang at 21:20Comments(5)TrackBack(0)

オバマの問題解決能力 追記


オバマのことに対するアクセス数や反応が異常に 多いので、追加の説明。


この問題を知る為には、米国で実際に暮らして肌で感じないとわからない事も多く含まれているのです。

実は米国では、黒人男性である、というだけで、警察から尋問を受けたり、突然銃を向けられたりすることが今でも多くあるんです。

本当にものすごい差別なんですよ。日本でいると信じられないと思う。

エリートの黒人の友人も言ってました。僕はいわゆる黒人のヒップなファッションなんてできない。黒人だからね。いつ犯人に間違われ逮捕されるかわからないんだ、と。

だからハーバードの大学教授が自分のIDカードを持っていながら、それも自宅で、『手錠をかけられる』というのは異常、といえば異常なんです。考えても見て下さい。あなたが自宅で鍵を忘れて鍵を開けようとしたら、突然警察がきて、自宅だ!とID見せても、聞きいれられず手錠かけらたらどう思います?

オバマも黒人として、そういう差別を受けながら育ったわけです。



そして大統領が酒を飲んで3人で話そう、という解決法は、確かに日本的でもありますね。日本の総理がそうしても誰も驚かないかもしれない。

でもね。米国ではありえないことなんです。大統領がそういうの。

それも肌感覚の違いなんだな、と思いました。
ありえない、だから凄いんですよ〜〜。

皆で飲んでうやむやに水に流しましょうね、というんじゃない。

そこで話し合う、そしてこの黒人と白人が仲良くなる、という (舞台=たぶん白人警官と黒人教授が笑っている写真が新聞1面に載るはず)がですね。

その点が大事なんです。
斜め読みする人が政治的だとかなんと言おうと。。こういうポジティブな考え方や行動を示唆することが米国の国民の『今』にとても必要なことなんです。

それを見た、白人や黒人の何十万人の子供たちが、あぁ、揉めたときは、冷静に、仲良く話し合うことをするんだ。そうすれば道があるんだ、ということを学ぶきっかけになる。


子供は大人の行動を見ている。

私は、この事件は、後で振り返ると、歴史的に米国の差別問題の一つのターニングポイントになりうるんじゃないかと思うんだけどね。

  
Posted by tentenwang at 11:17Comments(12)TrackBack(2)

2009年07月26日

オバマの問題解決能力

自分の家の鍵を忘れ、鍵を開けようとしていた黒人の教授を逮捕。
手錠をかけた白人の警察官を『愚かな行動をした』stupidと発言し、白人コミュニティーから猛反発を受けたオバマ大統領。

この事件、もうカンカンガクガク米国中、ふたつに割れて大騒ぎでした。

私が初めて、白人と黒人の隔てる壁の深さをみたのは、O・J・シンプソン事の判決の時。
無罪の判決時に、黒人たちは狂喜して喜び、白人コミュニティは茫然としていた。
あまりにもはっきりと別れた二つの表情が今でも忘れられない。

この事件、また、あの時のような、見えざる壁がまた始まるのかと思い憂鬱になっていた。


私は米国の双方の意見をぶつけあう、トークラジオ番組が大好きなのだけれど、もちろん今回もトークラジオの中でも、蜂の巣つついたような大騒ぎ。

収集つかない状態。
どっちがいいともどっちが悪いとも言えない。

警察にしてみれば、あやしい人物が家の鍵を開けようとしていたので逮捕した、と職務の正当性を主張する。

黒人教授は、自分の家に入りたかっただけ。もしも自分が白人なら、手錠までかけ逮捕しただろうか、と疑問を投げかける。黒人はいつも犯罪者として扱われるのだ、と。


どちらにも言い分がある。むつかしいと思った。


そこでオバマ大統領がとった行動。
報道官の定例会見を待っていた報道陣の前にオバマが突然現れた

驚く記者たちに、座るよう促し説明をはじめた。

「わたしの言葉の選び方が、啓発よりむしろ騒動を呼んでしまい、残念だ」


そして直接、オバマ大統領が教授と警察官のそれぞれに電話をかけたこと。
この人種の問題は、地方の問題ではないこと。
未だに決して無視できない問題であるということ。


そして、オバマ大統領は続ける。

「これはよい機会なんだよ。お互いネガティブに騒ぐのではなくお互いの言い分に耳を傾けることにしよう。」と。

そして最後に、教授と警察官をホワイトハウスに招いて、3人でビールでも飲みながら話そうと提案したことを明かした。

記者たちは一瞬あっけにとられた。
その次の瞬間破裂するような笑い声。

「そーくるか???」と、皆が思った。

まるで武術で正面から戦いあう相手に間をはずしたような行動だった。



この事件、成り行きをどうなるのか、たぶん解決は無理だろうと思っていた人がほとんどだったと思う。

もちろん解決することはできない深い問題だけれど、まぁ、叫び罵りあわずに、ビールでも飲んで話そうよ、ということを提案したことで、議論がとたんにポジティブになった

問題の行先を180度転換したのだ。


1、行動が迅速
2、直接に話をし、徹底的に説明する
3、自分の悪かった点についての反省
4、ネガティブな事件をポジティブなことに変える
5、まぁ、飲んで話そうよ、という落とし所

う〜ん。拍手したくなる。

グーグルしてみたけど、日本語では、この、オバマの解決方法すごいぞ、とどこにも報道されていないので書いてみた。

私は、米国で『政治家と大衆とのコミュニケーション』をかなり詳細にフォローしてきたので多くの政治家の問題解決方法をみてきた。でも今回の問題の解決の仕方、コミュニケーションの仕方、私的には今までで1,2番目に高く評価してる。






  
Posted by tentenwang at 23:54Comments(31)TrackBack(10)

久しぶりの浴衣

楽天の三木谷家のお誘いで隅田川花火。

それで、勢いで、笑 何十年ぶりかに浴衣着てみました。
海外生活が長いので、着物、浴衣、全然着ていないのです。

娘はまだ5歳なので短くくるぶしが見える感じで、田舎の子みたくに。

kimono1


















kimono5






















川の船の場所どりの為に、2時頃から出かけたのですが、浴衣は着崩れないし、思ったより楽でした。
実家に母の形見の着物が山ほどあるので、それを取ってこようかしらん。とかも、思ったんですが、最近着物着て出かけられる場所って、なかなか少ないですよね。

日本人がもっと普段着に着物着るようにならないかな。


屋形船からの花火、コトバでは言い表せないくらい素晴らしかったです。

でもなによりも人数も少なかったこともあり、アットホーム的で、最近は義理の母の病気で緊張気味でしたので、なんだか本当に久しぶりに心からのんびりできてありがたかったです。


  
Posted by tentenwang at 01:16Comments(6)TrackBack(0)

2009年07月25日

脱力系 ポスター

原宿の駅でこんなのみつけた


子供に シメジがつきません

BlogPaint




















マナーをちゃんと守りヤサイ
20090618110133






















誰がつくったんだろう。。

このポスターを作成する時の、マーケティングの会議に出てみたかった。









  
Posted by tentenwang at 13:55Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月24日

西水美恵子さんからのメール

私たちが泊まる北京の5つ星ホテルの道路はさんだ、脇細道に親子が寝ていた。
乞食ではない。村からの労働者だ。

昼38度を超す、蒸し暑さは夜になっても変わらず、そのたぶん父であろう男の人が息子の背中をトントンとさすりながら寝ていた。

7歳か8歳。子供の腕の細さが痛々しかった。

どうしたらいいんだろう、どうしたらいいんだろう、私はパニックに陥ってしまった。娘の手を握りしめて歩いた。

その後、部屋に戻ってアイスクリームが食べたいという娘にあたった。
あなたは何にもわかっていない、と。


自分が何もできずにいることを5歳の子にあたってもしかたがないのに。。


ホテルの贅沢な部屋の中で、そのぎこちない違和感と無力感とで、ベットの中で涙が止まらなかった。

どんなことがあろうと子供が、道で寝るようなことがあってはいけない。
背中をさする父親の愛と私が娘を愛する気持ちとどのくらいの差があるというのか。


どうしようもない格差は、本人の努力だけでは埋まらない。

夜中にPCを開けると、西水美恵子さんからのメールがあった。
先日読んだ本でいろいろと考えさせられた、国をつくるという仕事、の著者である。

日本人で女性で世界銀行の副総裁であった人。そして世界の貧困に真っ向から挑んだ人。


国をつくるという仕事国をつくるという仕事
著者:西水 美恵子
販売元:英治出版
発売日:2009-04-07
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



はじめまして、で始まるメールに目を疑った。

私がブログに本のことを書いたことに対するお礼が書いてあった。

西水さんもNewsweekの世界が認めた日本女性100人の中に選ばれていて、ご縁を感じて下さったようだが、私と彼女の場合とではやったことの功績が違いすぎる。。

メールの最後にこう書いてあった。
━─━─━─━─━─

貧困に関しての「罪悪感」のことを書かれましたが、とても貴重な感情ですので、大切になさってください。貧困は、日本にもご主人の母国中国にもあります。放っておけばいつか必ず国家に何らかの不安定と危機をもたらします。寄附やスポンサーをすることを、絶対軽く見ないでください。It is not what you do, but how you think about what you do, that changes the world.


━─━─━─━─━─
たまたま同じことに悩んでいたその日に来たメールだったので
言葉がまるで降って下りてくるように、体の中にズシンと落ちた。


特に英語の部分が深い。

It is not what you do, but how you think about what you do, that changes the world.

ありがたかったです。

  
Posted by tentenwang at 15:48Comments(7)TrackBack(1)

2009年07月23日

あぁ、大失敗

日本に帰ってきました。

帰った早々、今日はベビーシッターさんとのミスコミュニケーション。
いつもの通りと思いこんでいた私が悪い。

会議が終わったら、携帯に20件の電話が。。
ベビーシッターさん、娘を迎えに行ってない!!!


旦那も重要会議だったらしく、両親二人とも連絡付かずで延々幼稚園が閉まるまで親と連絡とれず。。
そんなことは、幼稚園始まって以来の事件、らしい。(−−;


娘は泣きもせずに待っていた。


結局、同じクラスのママが助けてくれて


持つべきものは友

AND

親がなくとも子は育つ


という2文が目の前を通りぬけていく。。






  
Posted by tentenwang at 22:01Comments(3)TrackBack(0)

2009年07月22日

北京での食事

義理の母のお見舞いというわけで北京にいるのだけれど。
実際病院の消灯がくると家族は病院から出される。
そして。。

食べる。。。。



あまい+油 +炭水化物 とか
20090720134532













中国語で、麻 まー。山椒、口がぴりぴりするのとか

20090719202443














モンゴルの農村系とか。。

20090718214516
















今夜は、手術をしてくれた先生をお招きして、日本円でいっても、私がビビるくらい高いレストランにいった。。。

小平も来たという有名レストランです。
20090721192547 (1)
















中国人的にはお世話になった人に対しては、自分たちが痛いくらいの出費をしてもてなすのが大事であり、そうするのが常識らしい。

そんな出費する必要ないと考える私。。。しかし3男の嫁が口出しできる場面ではない。。

カンカンガクガク大騒ぎして義理の兄が選んだ超高級レストラン。


でも、そのレストラン。。ま、まずかったよ〜〜。 苦笑


前の日に4人でお腹いっぱい食べて1000円という水餃子の店の方がよっぽど美味しかった。。

私は素朴な素材を生かした料理が好きで、なまことかフカヒレとか、アワビとか別に美味しいと思わないんだなぁ。。





20090721203829

















  
Posted by tentenwang at 01:38Comments(2)TrackBack(0)

2009年07月18日

場所はどこでもだいじょうぶ

北京でも、仕事してます。

ワシントンDCにいる人と埼玉にいる人と北京にいる私とで仕上げないといけないプロジェクト。

どうしよう、これ。みんな違うことを違う場所でやってて、締切間に合わせるの大変かも(泣)。と思ったら、けっこうへっちゃらで、一瞬にしてできあがってしまった。笑

東京とのやりとりも、スムース。

大阪の仕事の資料を読んだ後に、和歌山の仕事してたら、上海からスカイプがはいる。

北京にいるの?
知らなかったよ。


そう。ネットさえ繋がっていたら、ほとんどの仕事がどこにいても、こなせる。
いるのは高速ネット回線だけだ。

しみじみ働き方が変わったのだなぁ。と思う。





  
Posted by tentenwang at 20:13Comments(4)TrackBack(0)

2009年07月16日

義母の手術

無事義母の手術終わりました。

後は、検査して今後放射線治療を続けるかどうか。
とりあえず、ひとつひとつ乗り越えていくしかないですね。

しかし、中国の病院も劇的に改善されつつあり、今回義母の病院は日本と全然変わらないレベルです。

義父は7年前、ボロボロの病室で闘病。でも、他に病院がないんだからしょうがない。。でも、可哀想で申し訳くてという経験がありました。

今回はその点、病院をみてまずは、ほっ、としました。


北京に戻って1日め。
タクシーの窓からみただけだけど、また、北京が変わっている気がしました。。  
Posted by tentenwang at 10:11Comments(5)TrackBack(0)

2009年07月14日

明日から北京

義理の母が明日手術です。

急なことなので、2日前にあわてて飛行機チケットを買いました。
明日から北京に行ってきます。


どうしても、日本の精米したばかりのお米でお粥をつくってあげたくてこっそりお米をもっていくつもり。農産物持ち込みで捕まるかな(−−;



それから、焼塩。

硬くならないジェル状の氷枕。
ブルーベリー蜂蜜。

馬油のクリームでマッサージしてあげようと思う。
でも、馬油って中国にあった気がする。。
ま、いいか。

それでも、とりあえず、一番役にたつのは、孫だろう。と思うので娘をつれてく。


kome




















  
Posted by tentenwang at 23:46Comments(2)TrackBack(0)

国をつくるという仕事



国をつくるという仕事国をつくるという仕事
著者:西水 美恵子
販売元:英治出版
発売日:2009-04-07
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


世界銀行の副総裁だった西水 美恵子さんの話。
ものすごくダイナミックな話。
だけど外交の実務書というよりも、彼女のやることのすごさが詩的に書かれてあり、一気に読んでしまう感じ。


実は、週末は米国のシカゴ時代の親友、やすよちゃんが帰国中で、彼女に会いに仙台まで行ってました。

偶然なんだけど、彼女は経済学者から世界銀行で働いた経験の持ち主。


今サンフランシスコで政府系のプロジェクトをリードする研究員。
非常に才能ある人なんだが、超気さく。

今回はこの本持っていろいろ話を聞いたの。西水さんとは同時期に働いていたそうです。

やすよはタンザニア担当。
どうやったら貧困がなくせるか、その中でのジレンマ。葛藤。
松島の浜辺で久しぶりに色々と話しこみました。


海辺ではしゃいで遊ぶ子供たち。
その海のずっと向こうに、餓えている子どもがいる。
たまたま日本に生まれたことで享受していること。


あたりまえに使っている水。
強い円。
白いごはん。

とか。

私はいつも、平等に配分されない富を、自分は、たまたま日本に生まれただけの理由で受けていることに罪悪感があるのです。

寄付をしたり、とか発展途上国の子供をスポンサーしたりとかしても、その罪悪感は消えないです。たぶんもっともっと目を開いて、現実を見ないといけないのでしょうね。

久しぶりの再会。深い話や浅い話 苦笑
仙台で久々に癒されました。



  
Posted by tentenwang at 02:43Comments(4)TrackBack(0)

2009年07月11日

娘の恋物語 2歳から5歳まで

なんか記憶をたどると、娘は2歳の時からおませだった。。。


私は正直いって、中学生になっても頭のセンも繋がってないオクテな感じだったので確かに自分が産んだんだけど。。正直別の生きモノ、という感じがしてる。

その後、ファーストキス事件、をへて

2歳の時の恋人ユーセイと再会


そして最近のクラスメートのプロポーズ

プロポーズしてくれたレオ君、返事を聞かせてよ、と今日娘に迫ったらしい。レオのママが電話してきて教えてくれた。w

娘は、『わたしユーセイが好きだから、あなたと結婚できない』と断ったらしい。



娘とユーセイとは、中国から引っ越して、もう2年に数回しか会っていないの。それなのに、まだユーセイが好き、という娘。

それを聞いて、がっくり、とくるレオ。。その姿を見て可哀想に思った娘は
『あなたとけっこん、できないけど、一緒にしごと するのはどう?』
と提案したらしい。


彼は目を輝かせて答えた。
『ビジネスパートナー!いいね』


レオのママは二人とも5歳なのに笑ったわ、と教えてくれた。

そして『じゃ、あんたたち一緒に何の仕事したいの?』と聞くと
おもちゃの博物館の館長とクッキー屋さんらしく。

『それじゃ一緒の会社じゃないね』と言ったら、ふたりは、考え込んで、こう答えたらしい。

同じビルの別のフロアにへやを借りる

つまり、二人とも起業するつもりで、企業に勤める気はないってことですね。。苦笑


私が5歳の時は、きつねとたぬきが区別つかずに悩んだ、という記憶しかないんですが。。。。(; ̄Д ̄)最近の5歳って、こんな感じなんでしょうか。。?



娘のクラスメート↓
フランス人が多いからおませなのかなぁ。。
tenna5saijpg











  
Posted by tentenwang at 00:33Comments(5)TrackBack(0)

2009年07月10日

ステラおばさんのアイスクリーム登場〜

企画したティーンエイジャー向けのクッキーアイスクリーム
(まだ池袋駅他4店舗でしか展開していないのですが)
名前は、

. クッキー クラッシュ クリーム


3回続く『ク』の音がかわいくない?w


この企画、実はドキドキしてました。

1.時間足りない
2.ターゲット層を低く設定してみた

その上、良いアイディアがなかなか浮かばない。。の3重苦

でも、OPENしてみると、予測を上回る売上です。


やばい、やばい、これ、まじヤバくね〜〜〜〜?


ice



















と叫ぶ女の子たちが並んでいて。。。
すっごい年齢差のあるターゲットの心も一応、掴めたかな、と、ほっ、としているところです。

商品をヒットさせるには、アイスクリームの名前、表現法、デザインももちろん大事ですが。。。

実は、これ商品が美味しいんですよ。ステラおばさんのクッキーを2枚割ってそのまま入れてその場でつくるんだもの。美味しくないはずがない。笑

近くにいらしたときは、ぜひ試してみて感想下さい〜。

確かティーンエージャじゃなくても 笑 売ってくれるはずです!


ice2


















ice3


















  
Posted by tentenwang at 07:17Comments(4)TrackBack(0)

2009年07月08日

きっと会えるよ

娘の添い寝をしている時に、急に死んだ母のことを想い出しました。

『ママもママのおかあさんに会いたいなぁ』

私は、ふと隣で寝ている娘にそう言ってしまいました。

『あえるよ』

何でもないことのように、5歳の娘がすぐにそう答えました。

あぁ、わかってないなぁ、私は心の中で溜息をつきました。彼女はもう5歳。自分の母方のおばあちゃんはいないことを言っておかなければなぁ。。

『会えないよ、だってママのお母さんは死んじゃったんだもん』


私がそう言うと、娘は、こちらに寝返りをうって私の顔をのぞきこむようにして黒い目でまっすぐに私を見ます。

『こんど、ママのおかーさんのおはかにいこう? おかやまにあるでしょう?』


ちょっとびっくりしました。娘をお墓参りに連れていったことがありますが、そんなこと覚えていないと思っていました。


何も言えずにいる私に、娘が静かに言いました。

『こんどそこにいこーね』

そしてゆったりとした口調でつけ足しました。
『おはかにいけば、きっとママ、ママのおかーさんにあえるよ』

急に鼻の奥のほうが、ツーンとして涙がでそうになりました。


『そうだね、きっと会えるね』

  
Posted by tentenwang at 00:07Comments(5)TrackBack(0)

2009年07月07日

田原ちゃんの小説 日本デビュー

中国人の女優であり歌手であり作家でもある田原ちゃん。
彼女の本が日本でも出版されました。


水の彼方 ~Double Mono~水の彼方 ~Double Mono~
著者:田原 (Tian Yuan)
販売元:講談社
発売日:2009-06-26
クチコミを見る



この本を翻訳した泉京鹿さんも親しい。

。。というご縁で、日曜は家で出版のパーティを開きました


しかし、私は、前の日の寿町が衝撃で、NPOのボランティア作業に没頭してしまい( ̄∠  ̄; )。。朝なんと、田原ちゃん現れた時には、まだ箒もって掃除してたという、ていたらく。

とりあえず、パーティ前に取材がひとつ入っていたので、産経新聞の記者さんのインタビューは外にでてね、、とテラスに追いだし。。なんとか部屋の掃除終えたのでした。あはは。苦笑

今回は、持ちよりにしてもらったのです、ほら、豪華でしょ?


gotisou












ものすごい豪華メンバーが集まりましたので、某大手化粧品メーカーのマーケティングをしている女の子が、

『よーこさん、わたし、実は、普段かなり目立つんですが、このパーティで、私が一番地味だった気がするんですが。。』

というコメントが可愛かったです。

私も結局、その後、すぐにお客様が沢山お見えになったので、自分のお化粧するのさえすっかり忘れてて最後まですっぴんで、あっち、バタバタ、こっちバタバタ。。。

田原ちゃん、泉さんのおかげで、私も楽しい日曜を過ごさせて頂いたのですが、ホストとしてなんだか。。イマイチだったような気がします。

いらして下さった方々が楽しんで頂けたか。。あんまり、ちゃんとできなくて、ホントごめなさいっ。って感じです。


中国語会話でもおなじみの女優の前田知恵ちゃんと田原ちゃん
tienyuen2














本まだ読んでないので書評は後で!  
Posted by tentenwang at 00:27Comments(3)TrackBack(1)

2009年07月05日

横浜 寿町 岡部さん

土曜日は横浜寿町に行きました。
友人の龍成が行こう、ってファンドレックスの鵜尾さんと出かけました。

建築家の岡部さんに出会う。

寿町ってドヤ街、怖いというイメージでしたが、ん?
別にそんな変な怖さ感じない。町中に緑のプラントが沢山ある。


それは岡部さんら仲間がこの町を変えようと、本気で努力した結果だそうです。

人が一人、
信念を持てば、街が変わっていく。

それってすごくないですか?



岡部さんは言います。

『負の町で、日雇い労働者の町で、高齢者の町で、ゴミの不法投棄とか廃車が有る町。みなとみらいが光なら、ここは影です。

それを旅行者をはじめ、いろんな人たちが行き交う町にかえるとか、ゴミだけじゃなく緑を増やすような町とか。ようは、マイナス要因をプラスに変えていくことを目標としてやっています』



1寿に若者をとりもどす
2緑を取り戻す
3雇用を増やす
4イメージを変える


ひとりの情熱とゴールのある人が動く。

たったそれだけで、それに賛同する、人が集まる。
そして少しづつ町が変わっていく。

都市計画、ブランディング、それは気が遠くなるほどの時間がかかります。また自分だけではどうしようもない【人の動き】が関係してきます。
それを実際の目で目撃し衝撃的な経験でした。


日雇い労働者にも選挙権がある。寿町の投票率を画期的に上げたマーケティングキャンペーンの説明をして下さる岡部さん


okabe















偶然出会ったKOTOBUKIクリエイティブアクションのアートプロジェクトのアーティスト

okabe2


















岡部さんが運営されている「ヨコハマホステルビレッジ」の緑化された屋上

『寿町のドヤ街をゲストハウス村に』と始められたこのプロジェクト国内や海外から月に約1000人の宿泊者が訪れているそうです。

okabe3















岡部さんと話していて印象に残ったこと。
彼は、負の部分を、悪いってことだと思ってないふしがある。

負の部分があるからこそ、逆にそれを直そうという原動力に繋がっていく、というような趣旨の発言あり。
目からうろこ、でした。





  
Posted by tentenwang at 23:43Comments(1)TrackBack(0)

2009年07月03日

成功は細部にやどる

ブランディング、マーケ全般を指導している女の子に
『だから細かい部分がすべてなのーわかる?』
電話で叫んでしまった。



実は、提出するパワーポイントの出力の話。

フォントがインクジェットプリンターでは
0.1ミリくらいにじんでしまう。
ちゃんと、レーザープリンターで提出しろ、と言うと


『ここインクジェットプリンターしかないんです』とその子は言うのだ。

私小さくため息

『じゃ、外でレーザーがあるとこみつけてきたら?』

冷たく言う私に彼女は

『えー、でも、今のままで、そんなに変じゃないですが』

私沈黙  『。。。。。。。。。。』


そこで上記の発言になる。

言いたいことはこうだ。
Success lies in the details
(成功は細部に宿る)


素人にはわからないかもしれないが、私には、その0.1ミリくらいのにじみが許せない。



ブランディングの基礎を教えてあげる。

例えばこうよ。

あなたが、つきあって下さい、と知らない男性に申し込まれて
まぁ、全体的にいいかな、と思う。

YESと言おうとしたら

彼の小指の爪が長いことに気がついた。
その上、爪の先が汚れてた。


あなた、たとえその人の性格がどんなに良くても
その人とつきあうの、躊躇しない?

営業用資料のパワーポイントのにじみを許すなら、
男の小指の爪が長くて何かほじってるの許すのと同じ感覚よ。


彼女は電話口でひぃひぃ笑って倒れそうになっていた。

よーこさん話が著しく飛躍しているんですが、人生が変わるくらいよくわかります。
これから絶対に気をつけます。



そう。

今度は、気をつけて。
何事も、Success lies in the details
(成功は細部に宿る)と思う。


プリゼン資料は、彼氏を選ぶ時と同じくらい慎重にこだわりましょう。


  
Posted by tentenwang at 17:06Comments(3)TrackBack(0)

日本のテレビドラマのレベルの低さ

TVをつけたら、ドラマに友人が出てた。

で、3分ぐらい見てたら、でこのドラマの筋がだいたい読めた。。。。。






彼、いい俳優なんだよなぁ。。

しかし台本というか、、ディレクションが寒すぎる。
俳優が、かわいそうじゃないか。と思った。


日本のテレビドラマ大丈夫か?
バラエティ番組もありえないけど。ドラマ、さむすぎ。


じゃ、米国や中国が素晴らしいってわけでもないんだけどね。


でも、TVみたいに時間に追われて残らないものを作り続ける、っていうのはものすごく大変な作業なんだろうなぁ。。とも思う。


映画みたいに時間かけられないし、予算も限られているだろうからねぇ。。



ふむ。


  
Posted by tentenwang at 00:05Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月01日

三枝成彰氏のレクイエム

昨夜、六本木男性歌唱団倶楽部の定期演奏会を聴きに行きました。
出演していらした古河さんがご招待下さったのです。

私は、全然存じあげず、失礼だったのですが。。ヾ( ̄  ̄;ノ
す、すごいメンバーなのですね。
各界有名な方ばかり。

昨夜の題目は
モツレクかサエレクか

?????
なにそれ?

と思ったら、

モーツァルトのレクイエム
ニ短調 K.626  




三枝成彰氏のレクイエム〜曾野綾子のリブレット


か、という内容でした。

私は男性歌唱団というの初めてで、でも聴いて結構感動。
アマチュアにしては上手すぎるよ〜〜。この人達〜〜〜。
やっぱりそれぞれの分野でトップになるような人たちって何をやってもこなしてしまうんでしょうね。

で、どちらが良かったか?
といえば、断然2部の三枝成彰氏のレクイエムでした。

団員の人もやっぱり自分の国の言葉で歌う方が感情移入しやすいのじゃないかしら。迫力が全然違ったような。。。

三枝成彰氏の作曲の全体感が詩とものすごくマッチしていて、癒されました。


saegusa


















知らなかった世界を垣間見せて頂いたようなコンサートでした。
ROCKDAN、歌うのが趣味なんて男性の集まりって素敵ですね。  
Posted by tentenwang at 21:28Comments(4)TrackBack(0)