2009年09月29日

顔が大変だ

明日、TVのインタビューがある。
私の話はただの添えモノぐらいで、TVのメインストーリーは出版社の社長の話だ。

しかし、昨夜私思いっきり顔面をぶつけてしまった。


電気をつけずに娘の布団を直そうとしたの。
ベッドのヘッドボードに左顔面 目も含めて直撃


顔、赤あおく直線に腫れてて。。殴られたみたい(TДT)


なして私はこうなんだろう。。いつも大事な時にこんな感じになる。
『こんな顔でテレビでたくないーよーやめていい?』と出版社社長に電話で嘆願するも『だいじょうぶ、だいじょうぶ』とあしらわれる。

見てないくせにーーーーー。

しょうがないので、氷で顔を冷やし中。。


  

Posted by tentenwang at 22:57Comments(4)TrackBack(0)

2009年09月28日

65歳の恋

65歳の知り合いがいて、彼女はもちろん65歳には、とても見えないのですが、最近年上の彼氏ができたんです。

初恋の人のことを語るように頬を染めて教えてくれた。
趣味のサークルで出会ったそうです。(*´∇`*)

彼女は離婚してとっても苦労して子どもを育てられた方なので、とっても幸せそうな顔を拝見して、こちらまでHAPPYな気持ちになりました。

相手の方も奥さんを亡くされて何年もたってらして、子どもたちも自立し、今はおひとりで生活されているそうです。

二人で毎日電話。ランチに行ったり、旅行に行ったり
いいですね〜。


でもお互いの子どもには、二人の仲は内緒なんだそうです。

結婚するつもりもないそうで今の関係で満足なので、余計な波風をたてたくないそうです。

『別に両方とも、独身なんだから、いいじゃないですか?
それに子どもたちも大人なんだから喜ぶと思うけど。』
と私はついそう言ってしまったのですけど。

『いろいろあるのよ』
そう言った彼女の横顔がとても美しかったです。

『いろいろあるのよ』
そう、オトナの恋はいろんな形があるのよね。


  
Posted by tentenwang at 23:38Comments(3)TrackBack(0)

2009年09月25日

九州旅行で思ったこと 1.

冒険家に旅のプランを全て任せた九州。。。私たちは、福岡に降り立つことを前の日に聞いた以外何も知らされていなかった。(というか、私の方が忙しくて聞かなかったんだけどね

しかしこの旅。。いろいろと学ぶことが多かった。

冒険家のフィリップ氏は今では某企業の日本支社長。

でも、昔2年かけて、フランスから中国まで大陸を自分の足で歩いた人なのだ。1万キロにおよぶ、未開の山野を踏破した人物は後にも先にも彼ただ一人であろう。と言われている。

それも自動車はもちろん動物をふくむあらゆる乗り物を拒んでひたすらに歩き続けた。入院のための一度の帰国を挟みはしたがその2ヶ月を含めて総所要時間は2年に及んだ。

彼の本は多くの国で翻訳され発売されている。


で、そんな彼と一緒に旅してわかったこと。


この人、方向音痴〜〜〜〜〜〜〜〜〜なんだよ〜〜〜。爆笑


まったく。ほんとに( -д-)ノ


そこ、迷うか?というほど、迷う。

私、本当にあっけにとられたのです。

「い、一体もって、ど、どうやって、この人たどりついたん?。。中国まで」

奥さんのメルバが私にこっそり教えてくれた。
『磁石よ。磁石。あと、彼は人に道を聞くのよ』

九州の旅も、彼はしょっちゅう人に道を聞いていた。

私は、「あら、また間違ってる〜」と思いながらも、黙って後ろについていくことにしていました。

だって、彼は迷いながらも、道を発見しながら歩むことが楽しいの。


で、すごく勉強になったこと。

彼は、大企業の出世街道を捨てて、冒険しよう、という勇気をもっつたの、そして本当に決断した。

それからずっと2年間 歩き続ける信念と情熱
方向音痴は、磁石でカバーできるw




何かを成しとげるに、必要なもの。それは実は信念 情熱 勇気 決断で、あって才能じゃない。


それさえあれば、才能はなくても、何かできっと補える。

何かを成し遂げる人は、才能じゃないんだよ。





  
Posted by tentenwang at 23:02Comments(2)TrackBack(0)

2009年09月24日

マスコミ解禁


九州でいろいろと今度のことを考えていたんですが、(冒険家と一緒に行った九州の旅の総括は明日w)


私いつも自分を裏方としてみていて、それに徹してきたんです。
今までも雑誌の取材など、表ににでることはなるべく避けてきました。

でも、考えてみれば、何もそんなにマスコミ避けることもないか、と。苦笑


先週、偶然、某雑誌で、KDDIの広告にでてくれないかという話があったんです。でも、私、富士通のドコモのことブログ会議に参加してるので、ザンネンながら出演資格なかったんですけどね。w


今までは来る話は基本的にお断りしてきました。
だいたいデキルいい女性系の話で、自分全然カッコよくないし。。

でも、これからは、来る話は選別して受けても、いいかなと。そういう姿勢でやってみようかな、と。

そう思っていたら、不思議なことに、今日TVのインタビュー依頼がありました。ものすごく短い秒数のものだろうし、社会貢献の話だしOKしてみたりしてみました。

最初なんでどこに出るかは内緒。自分でこっそり、ひっそり見たいと思います。大笑


P.S

そういえば、と言いながら、全然関係ない話で、なんなんですが。。
ニューヨーク時代の私の会社の顧問弁護士は八代 英輝氏でした。

その頃は、彼がテレビにこんなにコメンテーターとして活躍されるとは。。日本に帰ってきてTVつけた時は、ちょっとだけ驚きましたよ。。。



  
Posted by tentenwang at 21:30Comments(4)TrackBack(0)

2009年09月19日

シルバーウィークに冒険家といく九州

今日は夜サッカーチームのオーナーが試合見た後で、家にごはん食べにくる。彼の気分が相当左右されるので(苦笑)今日は彼のチームが勝ちますようにw

夜には旦那がボストンから帰ってくる
明日は朝5時から出発して九州に旅行に行く。
どこに行くかの詳細は知らない。苦笑
どうやら福岡に降りて長崎に行くらしい。。ということは昨日聞いたんだけど。。それ以外の情報はない。
実は今回はフランス人の冒険家フィリップさん一家と一緒なのです。

シルクロード紀行 いくつもの夜を越えて―絹の道に暮らす人々との出会いと別れシルクロード紀行 いくつもの夜を越えて―絹の道に暮らす人々との出会いと別れ
著者:フィリップ ヴァレリー
販売元:西東社
発売日:2005-07
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



彼が全ての計画をたてた。。旦那にいたっては、どの県に行くかも知らないと思う。wどこに泊まるかも知らない。

冒険家がたてる日本国内旅行。。。
楽しげでないですか? ドキドキ。
ま、何かあっても、日本人ネィティブな私がいるわけですし。
漢字読める!標識読める!メニュー読める!(そんなこと頼りになるんだろうか)

でも海外出張で時差をこえてくる旦那が少し心配。。
彼ドバイ出張でイカスミにあたって倒れたんだよね。(−−;

彼はこの旅行から戻ってきた次の日の朝、今度は中国へ出張。汗

今回は私も一緒に行かない?と誘われたのだけど、飛行機チケットが取れなかった。中国は国慶節だし。

なのでシルバーウィーク後半は私は日本にいる予定です。



  
Posted by tentenwang at 10:53Comments(3)TrackBack(0)

ウェディングドレスを着ての10周年結婚記念日

友人夫婦が10周年目の結婚記念日を表参道のレストランでしました
彼らは3人の子持ちなので、もちろん子どもも、一緒にお呼ばれ。

あいにく家の旦那はまだボストンに海外出張中なので、私と娘だけ参加。

10周年の結婚記念日

彼女は結婚式で着たウェディングドレス。旦那様は、タキシード。
3人の子供たちもおめかししてて。
10年を節目に、お互いの愛を皆の前できちんと誓う。
お互いの良いところを言い合い、感謝し、kiss

BlogPaint















旦那様はドイツ人、こういうパーティはヨーロッパの習慣なのだそうです。

彼女は、お母様に、10年たって、やっと少し成長できました。
本当にありがとう。という手紙を読み私感動してしまい目頭が熱くなりました。

友人皆の前で夫婦の愛をお互いへの感謝をもう一度再確認する。
こういうの、日本男性で、やる人少人数派だろうな〜〜というか聞いたことない〜〜〜苦笑
中国人もしないよな〜〜〜〜〜〜〜
韓国人のママも横で、絶対ありえないわよ!!!と言う。w
うちの旦那はアメリカ人だけど、剥いだら大阪人になるねん、と言うママもいて。

ヨーロッパ人男性全員がそんなロマンチックな感じなのか?って言えば、そういうわけじゃないと思うのですが皆でふむ〜〜〜と唸った夜だったのでした。笑 


  
Posted by tentenwang at 01:10Comments(3)TrackBack(0)

2009年09月18日

岸本周平氏と選挙戦をふり返って

今日は、衆議院議員に無事就任された岸本周平さんと霞が関でお茶を飲みました。
私は1年半くらい戦略のお手伝いをしたんです。ボランティアとして、ね。

選挙戦中は、あぁ、だった、こうだった。そういえば、あの事件、大変だったよね等、想い出話に花が咲きました。

多くの方から、非常に尊敬されている岸本氏に、今考えれば、随分失礼なことをズケズケと言ってしまいました。
まわりにいた人たちが、よーこさんありえない、怖い、と思っていたに違いないです。苦笑



でも、選挙の戦略というのは究極のマーケティングなんです
その点は私はプロですから、私の視点は役にたつはずだと思い、ついつい。。。結構、きつい突っ込みを入れまくってしまいました。w 

私は、今まで色々なモノ、コトをプロデュースしてきました。

大阪市・シカゴ市50周年記念、フィールド博物館イベント メインディレクター
ニューヨーク5番街 トランプタワーのGMショールーム コンセプター
ユニバーサルスタジオ モータウンカフェ コンセプター
ニューヨーク州 ニューロシェール街全体
ヒルトン等5つ星ホテル
IT系に移ってからは、米国企業のEコマースの日本進出のコンサルティング
日本企業では、ドコモの米国新規事業立ち上げ事業から始まって、住友商事の新規事業、日経BPのウェブ戦略。。
フリーになってからは、主に焼き菓子、デパ地下、駅中、パルコ、高島屋、渋谷駅何軒も新店舗をたちあげました。



実は、こんなに並べて書くつもりなかったんですが、自分で想い出しながら書いていくと。
。。長くなってしまいました。

しかも、あまりに長いので上の記載から半分くらい消したんです。
このプロジェクト量みて、わたし初めて、自分の年を感じました。
涙。。〜〜〜(; ̄Д ̄)




さて、本題に戻ります。 
自分が、色々プロデュースの経験があるといっても、『人』をプロデュースするのは初めての経験でした。

結局今回わかったのは、ヒトでもコトでもモノでも、同じなんです。

ブランディングやマーケで大事な点は、果たしてその商品が本当に良いものかどうか、という点です。

商品が良くなければ、どんなにPRして戦略を立てて、マーケにどんなにお金を投下しても、最終的には決して成功しません。(。。。と私は信じています)

同時に、反対のことも言えます。
どんなに良い商品を作っていても、誰も知らない、見た目がおいしそうでないと、売れない。という場合もある。


岸本周平は人物として日本の将来に必要な人材なのに、それを皆に知らせる手段をあまり持ち合わせていなかった。人物の本当の良さを和歌山の人が知らなければ票を入れるはずないでしょう?


そしてその良さを、前面に引き出す、というのが私の役割でした。

元々あったのに、ダウンロードしないと見れなくて、ダウンロード率がほぼゼロであった、鳩山総理大臣が、『岸本周平、総理大臣まったく夢ではありません。充分に可能性がある』と言っているビデオをyou tubeに入れ替える。。




なんていう初級テクなことから、まぁとにかく色々なことをしてきました。
その中で和歌山の沢山の素敵な方々とお知り合いになることができました。

本当に今回は、私にとっても、非常に良い経験させてもらったと思います。


  
Posted by tentenwang at 01:34Comments(6)TrackBack(0)

2009年09月16日

恋をしないと

恋をしないといかん

それも今すぐ



コンセプトをつくる仕事の締め切りが迫っている。
ウェディングの新ラインとバレンタイン、ホワイトディが続く。

全部恋に関係する


コンセプトなんて、机に座って真剣にやってて、できるもんじゃないんだにゃぁ。

う〜〜〜〜と唸っていると、に全然別のプロジェクトの収支計算表が送られてくる。経常利益欄の数字違う、とこれとこれの数字直して、と指示してたら、気分は『恋』から、また離れる。

ティーン向けのアイスクリームコンセプトはある意味、感情輸入できたのに。。

やっぱり、愛に関係する商品は、ホルモンの関係があるのでムツカシイのですよ。(*^・ェ・)ノ

結婚前のホルモン値上がってる人達が皆に配りたい商品は、やはり普段買うものとは違うんです。根本的に。

それからバレンタインも。
恋して、チョコレート渡したい人のウキウキ気分で欲しいもの。


そんなん仕事と子育てで精一杯の私がプロデュースするのは、いかがなもんだろう。。苦笑

辛いなぁ。

てなこと言ってたら、友人がおもむろに、この本をくれた。


欲情の作法
欲情の作法
クチコミを見る


全然違うから。。( ̄∠  ̄ )ノ



パラパラめくって、第1章しか読んでないけど相変わらず、渡辺淳一先生おかしい。苦笑

実はね、私2年前渡辺淳一さんの忘年会に参加させていただいたことがあるのです。
お友達の作家さんに連れられて。
でも、なんか私だけ場違いだったことをふいに想い出してしまいました。苦笑
皆さん濃厚で、色っぽい感じで。。ノ( ̄0 ̄;)\私一人オロオロ

後で、渡辺先生とは対極にいる某大作家の先生にその話をすると

『君はハンサムだからなぁ、そこでかなり浮いてたでしょう。はっはははは〜』と思いっきり笑われたこともついでに想い出してしまった。

まったくもって私は、ハンサムとかパワフルとか男に使う形容詞で形容されることが多くて、本当に頭にくる。

と、頭にきてたら、恋心とかの淡い心情からまた遠ざかってしまった。。涙
あぁ、前途多難、コンセプト産むの難産中


  
Posted by tentenwang at 00:51Comments(7)TrackBack(0)

2009年09月15日

いつか晴れるね。Blue Bottom Record

和歌山に行ってた時に、岸本周平後援会の人がBlue Bottom Record というインディーズのCDをくれてたんです。
私はこのメンバーには会ったことない。google っても出てこないので、まだそんなメジャーじゃないんだと思う。(メジャーだったらごめんなさい






歌詞の中で


少しづつ積もる願いの地図の
描きなおしては、丸めて捨てた。
その紙屑が肥料になって
やがてむくわれ花が咲く


全てむくわれ、きっと晴れるや。


というのがあってね。そうだね〜と思った。

まわりに悩んでいる女の友人が沢山いて。
彼女たちの、失敗とか、恥をかいたこととか、やり直ししてまた失敗したとか 泣いたこととか 落ち込んだこととか、人と折り合いがうまくあわないとか。とか。

それ、全部が全然無駄じゃないんだよ、って、言ってあげたい。

私はね、人は二つに分かれると思うの。

辛い思いを、ポジティブに消化できる力がある人と、出来ない人。
出来ない人は、人や周りの環境を恨んだり責めたりするだけ。ぐるぐる悪いサークルに入ってしまう。

すくんではだめだよ。
必ず花が咲くんだから。
卑屈になっちゃダメだよ。
必ずダイジョウブになるから。
前に向かないといけない。


私も同じ時期があったからよくわかる。
辛かったもん。

この歌、ハラハイホー、ハレルヤ というサビの部分がかわいいよね。

  
Posted by tentenwang at 00:50Comments(2)TrackBack(0)

2009年09月12日

5歳 初めての寄付

義理の母が放射線治療で髪の毛がなくなっている。
朝食の話題はそのことについて。

その時は何も言っていなかったのだけど、昼過ぎになって、娘が突然髪を切ると言い出した。

『ニュースであったでしょう?病気の人のために髪をあげるの』

長い髪はプリキュアとかプリンセスとかの影響で絶対切らないと言ってたのに。

たぶん、おばあちゃんにあげたいんだろうな。。幼稚園生でも年長さんになってくるといろいろ話を又聞きしてるなぁ。と驚く。


意思が強そうなので、さっそくウェブで調べてみたら、ありました。
寄付先。
じゃ、ということで、さっそく美容院へ。


元々はこの長さ。そろえる以外は人生5年、ほぼ髪を切ったことがないので、なんだか私のほうが緊張する。w
ほんとにいいの〜?ともう一度だけ聞く。


tennna1















『いいの』と言いきるので
規定は25CM以上だけど、30CMぐらい切っちゃってください!


tennna2












ほら。
tennna3
















ワンレングスボブで、なんだか大人っぽくなってしまった。今でさえ5歳に見えないのに。。どう見ても小学生。。w

tennna4


















寄付先はここ↓
18歳以下の子どもの癌患者などで髪がなくなっている子にかつらをつくってあげるNPO団体 Locks of Love



日本語説明ではこのリンク先がわかりやすい。

ひとつだけ情報誤りが。
Locks of Loveは引越したようなので最新の住所は以下の通り
234 Southern Blvd.
West Palm Beach, FL 33405



直接おばあちゃんのウィッグになるわけじゃないけど、こういう彼女の気持ちを実行してあげれて良かった。





  
Posted by tentenwang at 21:56Comments(7)TrackBack(0)

twitterを心から理解した日

今日は、東急エージェンシーで大柴ひさみ氏の講演があった。

YouTube 時代の大統領選挙 ( 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント)
YouTube 時代の大統領選挙 ( 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント)
クチコミを見る



よーこさん来てね、とご本人から直接呼んで頂いたので、感激してのこのこと出かける

今日はすごい収穫の日。今まで悶々としていた謎が解けた日でもあるの。

だってね、やっとわかったんだものーーーーー!!twitterの謎。

皆がはまる理由がやっと!!!体得できた日だったのです。

実は、朝に小澤総研のおざーんとマッチワールドの柳澤社長と朝カフェしてたんだけど、そこでもtwitterにはまってる、という話が出たのね。

『なんで?なんで?なんではまるの?』
と私が聞いたら、おざーんが
『そりゃ、なんとなくコミュニティ感というか』
『えーーーーーどこら辺がコミュニティ?
私にはただの掲示板にしか見えないんだけど、ライブ感はわかるけど、どーしてコミュニティ?』

『どーしてって言われても。。。そんな感じになるんですよ』

『????』
私は、twitterをやりながらも、200人以上のフォロワーがいながらも、twitterの魅力が意味が全然わからなくて困っていたの。

だからいつも人に聞いていた。なぜtwitterするの?
この朝の時点でも、私にはチンプンカンプンだったのだ。だいたい私みたいな別に情報をもってないたいしたことも書いてない人をフォローしたい人の気持ちもわからない


夜にこの講演を主宰した、菊井さんの横に座ってそんな話を、iphoneを見ながらしてたら、菊井さん。
『よーこさん、その画面全然だめじゃん。@見れないじゃん』
とおっしゃる。

は?

@なに?@ってリンクだよね?

『よーこさんに向かって皆がつぶやいてるはずだけど』

は?
は?

はぁ?


私のiphoneの画面ではtwitterを書き込むことぐらいしかできない原始的な画面になってる。

『よーこさん、iphoneにさっさとtwitter用のソフトダウンロードしてください』

Σ( ̄ロ ̄|||)がーん。

家に帰って、あわてて、PCで見たら、あるある右横に、@sakanoueが!!!そこクリックしてみたらびっくりした。

皆が、私に向かって、
つぶやいるじゃないか!!!!!!!!!!!!!!!!

あぁ。。。しらんもん。そんな機能。
誰も教えてくれなかったもん(←いや、クリックしろ、というだけの話なんですけどね 汗)

衝撃的事実。Σ(=゚ω゚=;)大笑

これ、結構、はまるよね。面白いよ。皆が私につぶやいてくれてるのを見てやっとわかったよ。

ひさみさんの講演の中でも、twittterの使い方の話が相当出ていて、見るべき価値のあるtwitterの黄金比率の話やtwitterを使ってのマーケティング例がかなり詳細にされていたんですが、魅力がやっと体得できて初めて、彼女の言っていたことがストンと落ちたのでした。

いやはや。なんというとぼけ方というか。

【追記】
私が今までフォローしてたのは、
オバマ大統領
米国グーグルの廣島直己
百式の田口元
ウノウの山田進太郎
スクウェア・エニックスの小林俊仁

オバマ大統領以外、全員有名なオタクじゃないか!苦笑

この人達、みんな脳が私とは全然違う理系。なのに、なぜだか気があう。
元々論理的思考が一ミリもない私は、自分のtwitterでこの人たちをフォローしてるもんだから、私のtwitterは何言ってんだか全然わかんないIT掲示板みたいだったんだよね。笑

それもtwitterは意味不明なんだなぁ、に拍車をかけていたのかもしれないです。

私にtwitterを始めさせた廣島が呆れてこのエントリを読んでいるのが手にとるように見える。。元ちゃんは、ま、よーこさんですから、まぁ、まぁ そんな感じで。と苦笑してるのも想像できるw



  
Posted by tentenwang at 01:39Comments(7)TrackBack(0)

2009年09月10日

娘の本好き

昨日大阪出張から夜11時頃帰ってきたら、5歳の娘がまだベットの上で起きて本を読んでいました。

旦那は横で爆睡中。

『あらら〜〜どうしたの』
『パパ寝ちゃった』
『寝てよぉ〜。明日幼稚園あるし〜〜』
嘆願する私の話全然きかない。

『ママ〜〜本読んでぇ〜〜〜お願いっ』

本といっても、どらえもんなんですけどね。w
私は少しだけ読んであげて、『あと、遅いから明日の朝ね』と無理やり電気を消しました。

ベットの中で、読みたかったのに〜としくしく泣く娘。
ね、わたし自分で読むから、電気つけてくれない?
だめ。朝になったら、ママが読んであげるから、寝なさい。

そんな会話。


それもう12時近く。罪悪感一杯。特に前の日は会合に出席次の日は出張だったのでやさしくしてあげたいけど、さすがに子供は睡眠させなくちゃ。

私は仕事が山積み。
やりかけの仕事いくつか仕上げて夜中2時。



そして朝、私は激しくゆり起されたのでした。

『ママ、朝だ、あさだよー。やくそくだよ。ほん 読んで』


時計みたら、5時20分

私3時間20分しか寝てないし〜〜〜〜。

どらえもんをひとつ読んだら、娘は満足してまた寝てしまいました。
私は、再度眠ることができず。。。睡眠不足( ̄∠  ̄ ;)


娘は毎日、英語、日本語、中国語を使いながら生活しているのだけど、最近は文字の読み書きに入ってきて、正直私の方がびびっている。
これは中国人のベビーシッターさんが教えてるノート。教科書は中国の幼稚園年長さん用。最近このノートを見つけたときには、あまりの難しさにひっくりかえった。



20090907213130










インターナショナルスクールでは毎日1冊本を朗読する宿題。
これ幼稚園年長さんのレベル?か?と思うんだけど。。

まぁ、『どらえもん』も英語にしてみればこれよりも難しいくらいだろうから、ネイティブにしてみれば、このくらいのレベルは読めないといけないのかなぁ。。

でも、ちゃんと読めるから勉強というのは怖いなぁ。。じゃなくすごいなぁ。。と思う。

20090910193517













私が5歳の時は、ひらがなが読めていたかどうか。。。あやしい(−−;


  
Posted by tentenwang at 22:39Comments(2)TrackBack(0)

2009年09月08日

リセット

自分をリセットしようかと思っている。

器用貧乏というか、いろんな事ができるので、ある意味焦点があっていない。

次に何がやりたいのか。

次の5年に何をやればいいのか。
どうなりたいのか。


何を集中したいのか。


ちゃんと考えて、次にいきたいと思います。
まぁ、ちょっと休んで、ぼぉーっ、とするのもいいかな。w



  
Posted by tentenwang at 09:51Comments(4)TrackBack(0)

2009年09月06日

デート

今日は旦那とデート

パワーヨガ上級に二人で参加して、散歩する。
それからアフタヌーンティ。

afternoontea












それから陶器を見に行った。

彼は、理系の人。


元々は、米国のノースウェスタン大学の助教授してて、今は外資系の企業の駐在員。完全に理系の人。だけど芸術的な才能もかなり高い。

だから、陶器とか絵画とかは、一緒に探しに行くとものすごく面白いのです。でも二人ともこだわるので結局何も買えない。笑


。。と、まぁ、この辺まで優雅だったんですが。。。

旦那はアフタヌーンティでは量が足りなかったみたいで、突然
『寿司だ、すし!!!寿司いくぞ』
と言い出し、ここに入ってみたかった、と、突然回転寿司屋へ。

『え〜〜〜寿司???』
という私に

『嫌なら焼き肉でもいいよ』
と半ベジタリアンになりつつある私に脅しをかける。苦笑

『す、寿司でいいよ。。。。(−д−;)
でも、まだ午後の4時半なんだけど〜な〜〜』
という私の客観的意見も全く聞かず、隣でガンガン寿司食べてた。


私の女性の友人達はかなりの割合で、旦那のような人と結婚したいと言う。 

でも、実際のデートはこんな感じ。
午後4時半に回転寿司。。苦笑





【追記】

私の旦那はこ私のブログを見ていない。というか一度も見たことがない、と思う。。w
理由はプライバシーの侵害をしてる気がするから、だそうです。笑 


君は、好きなことしてていいけど、僕のことは書かないこと!と言われている。あはは






  
Posted by tentenwang at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月03日

ステラおばさんの秋クッキー

焼き菓子が、おいしくなる季節でしょ?
ステラおばさんの秋のクッキー限定発売です。
ポスターはクラッシックの絵ような雰囲気でまとめてみました。
どうでしょ?

aki1






















aki2




















最近は、ウェディング用の引き菓子のコンセプト企画に入っています。
でも問題はねぇ。。。自分が恋してウキウキしているわけでないので、花嫁の気分になれないんです。。。

何か浮かれたことでもないと、コンセプトがまとまりそうにないなぁ。笑


  
Posted by tentenwang at 22:30Comments(3)TrackBack(0)

2009年09月02日

土屋秋恆氏の個展

9月7日から12日まで、信濃町のギャラリー、アートコンプレックスホールにて友人のコンテンポラリーアーティストの土屋秋恆氏の個展がはじまります!

3




























Shukou Tsuchiya Art Exhibition
with TENKI
9/7−9/12

at

ART COMPLEX HALL

〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9
入場無料


開場時間
7日13:00〜20:00
8日〜11日10:00〜20:00
12日10:00〜21:00
12日全国水墨画研究会合同展 
大賞受賞記念ライブドローイング ー 墨昇 ー
夕方開始〜21:00完成予定



土屋秋恆さんは、ファッションとのコラボレーションなど幅広いジャンルで活動。安室奈美恵のPVへの作画提供やAudi、Christian Dior、などトップブランドのプロモーションアーティストとしても活躍中。
とにかくカッコイイ作品が多いです。

彼と一緒に仕事をしようと米国に一緒にいったことがあったのね。オーナーの事業売却の為、プロジェクト自体がなくなってしまい完成しなかったんだけど。
その時に米国の美術館が購入したいとかという話もあったので、土屋くんのアーティストとしての将来は明るい。

今度、彼の作品の失敗作とかゴミ箱の中から、とっとこうか。あはは 


  
Posted by tentenwang at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

民主1番目の薔薇の花 岸本周平

今回私が真剣に関わって戦略をたてていたのは
和歌山1区の岸本周平氏でした。

私がヘルプに入る1年半前は、週刊誌予測でも負けている状態。
最近の予測も△程度でしたので、今回の大差での勝利は嬉しかったです

当確がでた時、周平さん秘書の末次さん、私は車の中で待機中でした。出口調査で当確でるという話は聞いていたので事務所近くの某レストランの裏の薄暗い駐車場にいたんです。苦笑


本当に当確でるのかなぁ。。と苦笑しながら言ってる周平さん↓

kishimoto2




そして車のGPSのテレビ見てたら、
8時1分、いきなり当確。

しかも、全国で1番最初薔薇の花だったそうですね。
鳩山さん、小沢さんがつけてくれたそうですが、わたし見てない。
残念〜〜〜

その映像が全国に何回も流れたようで、私が周平さんを手伝っているのを知っていた友人たちは大喜びしてくれました


この日、日曜は朝から会議室があるホテルに戦略室をつくりました。
最後の調整。
私の作った書類のファイルを周平さんがめくっていて、それがかなりの厚さになっていました。私のは全部電子ファイルなので、その紙の厚みを見て、時間の長さを感じました。

私があいかわらず無理難題を言うので、選挙対策本部長の山下さん、
『よ、よーこさん、それ無理です。ここ和歌山ですよ、無茶です
と、汗はでるわ、まっ青になるわで、本当に大変そうでした。苦笑

でも、すごいのは、山下さん結局全部その通りに押し通して実行して下さったのです。さすが!(⌒-⌒)

米国選挙では私のように選挙の全体にかかわるアドバイザーは必ずいます。でも日本の選挙ではあんまりいないみたいです。
どぶ板選挙アドバイザーのおじ様は沢山いるようですが。。
私のやり方とは全然違う。苦笑



ただ、和歌山のような保守が強い、都会ではないところでは私が言うことは全然通用しないという話もありました。アメリカ帰りの選挙のやり方が通用するわけない、と。

でも、候補者と選対本部長が最後まで信じてくれたから、できたんだと思います。なんでも信頼関係ですよね。

こんな保守的な場所で圧勝できたのは、まず、岸本周平氏があきらめなかったこと。コツコツ4年間一日も休まず訴え続けてきたこと。
そして、利益誘導もないのに、手伝ってくれた人たちの真剣さ。
周平さんの周りは、ものすごく感じのよい人が多いんです。

ボランティアしたいという人をあれだけ沢山集めることができた彼の人望が大きい、と思う。

私も時々どーして、こんなに本気で手伝ってるんだろうか? 苦笑
と自問する時もあったんですが。。まぁ、日本の将来のために、この人が必要でしょう、とやっぱり思わせる力が岸本周平にはあるのよね。

これからスタート。この国のために頑張って欲しいです。


↓選挙事務所で、思いがけず私のブログファンという皆さんに囲まれて、感激!

kishimoto10














↓岸本周平、当選後はすぐにTVの生出演。

kishimoto3















↓ラジオ出演
kishimoto4













↓大阪へ移動
読売テレビの生出演で控え室でお化粧させられてる周平さん 笑
この番組では前原副代表に、民主党には新人でも岸本周平のような人がいるから大丈夫だと言われてました。
kishimoto5
















次の日の番組のディレクターと打ち合わせして夜中3時すぎ長い一日が終わりました。

和歌山に帰る周平さんと末次さんと別れて携帯開けたら、
『よーこさん天才!!!!!これから政治家の間でひっぱりだこだよねー』と某有名人からメールが入ってました。w

いや、もう選挙いいから。。。これで終わり。と携帯に向かって、つぶやいた私でした。苦笑


(せっかくなので、朝からtwitterしようと思っていたんですが、和歌山のホテル内、事務所、読売テレビ控え室など、どこもなぜかiphoneの電波な弱くてあんまりエントリできなかった)

  
Posted by tentenwang at 00:32Comments(12)TrackBack(0)