2009年12月29日

素敵な偶然

twiter では書きましたが、19日から仕事関係、ビザもろもろで10日間ハワイでした。
今日で終わり。

(今回はビザや仕事の事情で本当に正直大変でした  海につかってないし。プールで泳いだの1回かなぁ。。事務作業ばかりしてた気がします。苦笑)



でも素敵な偶然がふたつ。。


ひとつは、地元のマーケットで娘の幼稚園の同級生のママにばったり!!
娘さんは前の学年で違う幼稚園に変わったので、ハワイにいることさえ知りませんでした。


そのマーケットはあんまり観光客が来る場所ではないので、声をかけられた時は茫然!!

Σ(=゚ω゚=;)
ほんと〜びっくりした。


もうひとつの偶然は、昔からの友人でgoogleにつとめてる廣島直己家族もまったく同じ週に同じオアフにいることが数週間前にわかったのです!


そしてハワイに引っ越した娘の前のクラスメートの家族と4家族集まって、クリスマスパーティをホテルの部屋でしました。ワインとか食べ物をいろいろ持ち寄って


そこでわかったのは、旦那たち4人全員バリバリ天才肌の理系だった、ということ。苦笑

桁違いの天才投資家、googleに中卒という学歴で入った天才プログラマー、その分野の学会のチアマンでもある天才応用数学学者、米国で6年間No.1のチェスの記録をもつ天才COO。

このメンバーたぶん普通会わない。
偶然の神様に感謝ですね。

皆違う分野なのに、相当論理的に、話がもりあがってました。


そして奥さんたちの会話も楽しかった。
全員まったく理系ではない感じ。。苦笑


天才と暮らす苦労話で盛り上がりました


例えば、『出かける準備がすべて終わって、さぁ出かけるよ、って言ったら、うちの旦那突然シャワー浴びはじめるんだよ。まったく、なぜに今?と思うんだけど!!』と一人が言いだすと


『あ、それうちも〜』『え〜うちも。うちだけかと思ってた』『うちもだよ』

という感じ。苦笑


でも、これは天才に共通することなのか、男がみんなそうなのかはわかんない。w






皆さんの年末年始、素敵な偶然が沢山ありますように!










  

Posted by tentenwang at 19:06Comments(1)TrackBack(0)

2009年12月22日

社会起業家叩きの続き

やっぱりね。

昨夜のエントリの続きです

社会起業家を叩いたといわれる側の

成毛眞さんのブログ

ほら〜

だから、有名経済雑誌の記事でも斜めに読まないといけない。
そのまま編集の意図を信じては駄目。

ただ、こういうことがすぐに個々が意見を発信できるというのは
いい社会だなぁ、と思いません?


この騒ぎはある意味とても前向きで有意義
  
Posted by tentenwang at 18:08Comments(1)TrackBack(0)

2009年12月21日

駒崎弘樹 という生き方


先週、社会起業家として、活躍している駒崎弘樹くんに会いました。

今回は、twitterで、知り合った渋谷の区会議員の鈴木けんぽうさんと最年少区議?豊島区議会議員の永野ひろ子さんとご一緒に。(このお二人のお話もしたいのですが、長くなりそうなので、別のエントリで!)

私が駒崎くんと会ったのは、もう2年くらい前。
彼の最初の本がものすごく面白くて、この人面白い!面白すぎる!と連呼してたら
「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
クチコミを見る

英治出版の社長の原田さんがひきあわせてくれましたw。(←自分で強引に縁をつくる例 苦笑)

駒崎君は、社会に役にたつことを仕事にする、という姿勢で会社を立ち上げ、病児保育のNPOフローレンスを経営されています。

このNPOのお陰でどんなに多くの働くママが助かっていることか。。
でも今回、久しぶりに家にやってきた、彼が『ボクよく叩かれますよ』というのを聞いて、私耳を疑いました。。

『は?は?はぁ〜?どうして?どうして?
どうしてあなたが叩かれないといけないのよ????』
というのが私の率直な反応

社会の為にがんばって貢献してなんで叩かれるの?


そしたら、数日後、東洋経済で社会起業家が叩かれている記事が。。皆さん読みました?
およよよよん。ですよ。


それに返信した形で駒崎くんが書いたブログがとてもいいので読んでみて下さい。

東洋経済でサイバーエージェント社長らに社会起業家がおおいに叩かれている件について



***個人的には、社長たちが言った内容を実は意図的に東洋経済が、かいつまんだのかな〜と疑っている。(だって、まぁ、まさかそんなこと言うか?というような内容なので 苦笑)






そして昨日、飛行機の中で読んだ、駒崎君の新刊本にちょっと頭ぶち抜かれたような気がしてます。苦笑

働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)
働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)
クチコミを見る



私は彼の生き方がものすごくカッコいいと思う。
こういう人たちが将来の日本を支えてくれるなら、日本の将来も悪くないな、と思ってます。

2010年これから自分がどう生きようか、ちょっと迷っているので考えさせられる良い機会になりました。

(表紙が堅そうだけど、1冊目に負けない面白い本です。上から目線の本ではないです。彼の悩み、戸惑い、成長が書かれている。笑える。でも同時に深く考えさせられます)

  
Posted by tentenwang at 19:10Comments(2)TrackBack(0)

2009年12月18日

愛は覚悟よ

友人からこんなメールが届きました。
いわゆる恋愛相談ですね。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


真剣交際?1年あまりふつうの恋人のようにケンカも時々しながらもなんとかお互い自分にないものに惹かれあっていると思いますが。。。。

どちらかというと恋愛体質の私は好きになれば出来る限りいっしょの時間を持てるようにしたいし
自分を求められることを求めるタイプみたいです。

でも相手はそうではないみたい。

1年もこれを繰り返してると【どうなの?これ】って思う部分もある。

あまりに一緒に居られる時間が少ないのです。うかうかすると1ヶ月に1、2度しか逢えないことも。。

好きならばそばにいたい一緒に暮らしたい、と私は考えてるけれど、どうやら相手はそうではないらしい。会える時に会えたら満足らしいのです。

バランスだと思うんですが相手が望む居心地のいいところで私がいるということは私の望むものは手にはいらないということ。

誰かに言われてやめるとか続けるとかってもんでもないですが、自分も苦しいし相手も苦しめてるのでどうすればいいか。。悩んでいます



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


皆さん、彼女どうすればいいと思います?
難しいですよね?

私にアドバイスしてほしいということなので。。想像してみました。

もし、私だったら。。

とりあえず別れます。(キッパリ)


この場合、お互い好きで、いざこざ起こさなければ続けられる関係かもしれないですよね?
それにこの人と別れたら、次の人は一生現れないかもしれないですよ。
単に寂しい。冬だしね〜。クリスマスも来るし。
自分の年も計算しちゃうかもしれません。。。


でもね。。。たぶん、いえ、きっと私は一人になる。



どうしてって? だって相手を苦しめてるから。

苦しめちゃいけないでしょ? 自分が愛してる人を。笑


一人になる。 。。。なれる潔さ。一人で生きていける強さ。
それが女として一番大事だと(私は)思う。




それに一緒にいる時に、幸せを感じたい人が、一緒にいる時に相手を苦しめてる
すごく矛盾してる。

結婚というルールとか、一緒に住むこととか、それを(ゴール)にしてはいけない気がする。


愛は、一緒にいて、二人で幸せな時間を共有できた、というたったそれだけの、その一瞬一瞬の積み重ね、でしかない。人は人を所有できない。


とっても不安定で微妙よね?
だから、愛することは孤独で覚悟がいる。


だから、とても愛していても一人になるな。私なら。










  
Posted by tentenwang at 00:29Comments(10)TrackBack(0)

2009年12月11日

許す、というプレゼント

年末になると親との関係の話が増えてきますね。

私は早くに母を亡くしたので今は父がいるだけ。
母が亡くなった後、父とよく口げんかしたことあったんですけど...


ある時、ぶつぶつ言ってる私の後ろで、旦那がこう、つぶやいたんです。

『あなたは、なんだかまだ精神的にお父さんに頼ってるんだね』

『はあ?』

本当にはぁ?って思いました。

私は私の得た知識や理論が正しいことを、父にわかってもらいたかったんです。それが喧嘩のもとだった。私は正しい、という前提だったので旦那の論理が意味不明でした。

彼は淡々とこう言ったの。

『ある時にね、変えなくちゃいけないんだよ。関係を。もう、精神的に頼るんじゃなくて、精神的に頼らせてあげないと』

私が沈黙していると彼は続けて言いました。

『わかってもらいたいっていうのは、甘えてるんだよ。何も親に証明して、認めてもらう必要はないんだよ』

私は彼の顔をまじまじと見ました。

旦那は満面の笑顔で
『だって、あなたはもう大人なんだから』
と。



もう随分前の話なんですけど。
それから、父が訳の分かんないことを言いだす度に、自分の子どもと同じだと思って。まぁ、いいよ。いいよ。と守ってあげるくらいのつもりで接しているので。。お陰さまで、家の親子関係は良好


実はこのエントリを書こうと思ったきっかけは、友人から母親にこう言われたことが許せない、というような内容のメールがあったからなんです。。

【許せない】っていうのも、もしかしたら、甘えなのかな。と。

その人の詳しい親子関係のことを知らない私がアドバイス言うのもなんだか差し出がましいなとは、思うんですが。。。


彼女がネガティブな感情を捨てられたら、2010年は新しいいい年になれるのかな、と。。。思った。

許せないって感情は、結構ネガティブでしょ? パワーがいる。
パワーがネガティブな方向に向かってたら、顔に出ちゃう。
美しくない。



Forgive

それは相手に対してじゃなくて、何よりも自分に対するプレゼントになるかもしれない

なんか。。。うまくまとめられないけど。


  
Posted by tentenwang at 10:00Comments(14)TrackBack(0)

2009年12月07日

三遊亭楽麻呂さんの落語いきませんか?


三遊亭楽麻呂さんから落語のお誘いが。。でもね、私その日は海外。

場所・日本橋劇場(半蔵門線水天宮前駅下車)
12月22日(火)
18時30分開場、19時開演
出演者 楽麻呂、楽の介、金太郎



師走の落語なんてなんだか粋でしょ?
本当に行きたかったんです。。

出し物は、

楽麻呂「豆や」
楽之介「竹の水仙」
金太郎「芝浜」


楽麻呂さん曰く、こ金太郎さんの「芝浜」が必見だそうです。
これは、落語の第九とも言われていて暮にはこの噺を聴かないと新年が迎えられないという方も多いのだそう。


ヒミツ?(違うかw)な感じの会ですので、よーこさんから聞いたと言って予約して下さい。

チケットは予約2000円です。
早いもの。。勝ちということで。

予約先は直接楽麻呂さんに。。いいのかなぁ。。(だって本人がいいっていうんだもん)笑

rakumaro(AT)nifty.com

AT部分を@に変えてメールしてね。(スパム対策です)
行ける人は行ってみて。それでどうだったか教えて下さいね〜!

うん〜〜〜(。・ω・)ノ゙行きたかった。。


  
Posted by tentenwang at 22:29Comments(5)TrackBack(0)

2009年12月04日

言霊

言霊って信じます?

声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与える。
良い言葉を発すると良い事が起こり、逆に不吉な言葉を発すると凶事が起こる。

ってこと。

娘さんの教育について何を気をつけていますか?

と聞かれたので、言霊かなぁって答えました。

言葉には力がある、ってこと。



ネガティブなことを言うことほんとうにそうなっちゃう。

『わたしなんか』

とか。

『無理に違いない』

とか。

『できるはずがない』
なんていう言葉もそうですね。




そう言うとそうなっちゃうんですよ。

私は娘の勉強がとか、語学とかほぼ重要視してない。

(幼稚園で宿題をちゃんとやらせない。。ママのブラックリストに載ってると思う。。苦笑)


言葉の使い方の威力を知ること。

私はかなり年をとるまでそのことに気がついていませんでした。

それを知っているか知らないかで人生にどんなに差がつくか。
娘にはそれをいつも言うようにしています。




  
Posted by tentenwang at 17:59Comments(4)TrackBack(0)