2010年01月20日

明治大学と東京工業大学での講演おわりました

おとといと昨日、二日連続で大学で講義をしてきました。

1時間あまり。


明治大学はMBAでしたので、プロジェクトマネージ系の話をしました。

東京工業大学のほうは、大学院生、大学生中心でしたので、社会で成功する人たちの共通点、みたいなトピック。


どちらも昔全然ビジネスなんかやれるとも、できるとも思ってなかった私が、いつのまにか一流とか言われてしまうようになって(苦笑)それはなんでやねん?

と思った点。米国でビジネスやるうえで苦しみながら、失敗しながら、その時々に気づきがあり。。
実行してきた点、それをまとめました。


and

私今、成功してる社長とか作家とかコンサルタントの人たちを新入社員とか全然無名の時期から知ってる、ということが多いのね。

なぜだか、友達がみんな成功してしまう。。感じ。どの分野の人も本だしてる。

で、その人たちの共通点、みてたら、やっぱりあるのね。






で。





そんなことをまとめてみました。
そしたら思いがけず相当内容の濃いものになり。

うう、自分が聞きたかったわ。昔にっ 笑 

と思ったのでした。とりあえず、twitter やメールで感激したというコメントがはいってて、ほっ、としているところです。


   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;追記☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;





twitterでも相当の数の人が聞きたがって下さったので、ひとつのスライドの内容ご紹介しますね。
(実は講義の内容的には本筋の話ではないのだけど、大事な話)

それは、

(`-´メ) 怒ってるメールに決してメールで返信しないこと。です。笑

これはどこの会社でもどこかで、いつも、もめてる話。

でね、たちの悪いことにw 怒ってる人はあなたがどんなに悪いか論理的に書いてきてることが多い。それもCCつきで。

そういうときは、必ず、すぐ電話して。電話で収まらないときは会いにいく。
会わないと言われたら、外で待つ。会ってくれるまで。
ポイントは、
絶対に、メールで返信しちゃいけない。


そんなメールきたら、まずコーヒー買いにいってください。ついでにチョコレート食べて、血糖値あげて。
コンピューターや携帯からいったん離れるんです。

そして対策は必ず直接話をする。電話とか会って。

どんなにもめていても、誤解があるからちゃんと会って誠実に話をする。すると、とたんに溝がとれるもんです。


それで解決したら、解決した旨をCCすればいい。CCされた人はあなたの人間力を評価するはずです。

自分は間違ってないとか、言い訳をメールで返信して、相手がそうですか、わかりました。と引き下がる事例は聞いたことないよ-----


ちゃんと解決する。それがあなたの人間力のみせどころ。
だから悪いメールにCCついていたら、ありがたい試練、と思えばいい。


ま、これ、自分も失敗して痛いめにあってる。ふふふ。
(´−д−;`)

実は今回の講義は結構深い話で、あまり関係ない具体的なトピックなんだけど、ビジネスやる時に必ず知っておかねばならないことだと思っているの、だから両方の大学で話した。
知ってたら、対応が違うでしょ?

私も誰かに教えてもらいたかったよ   

Posted by tentenwang at 04:45Comments(7)TrackBack(0)

2010年01月15日

某有名社長のエピソード

私には社長やってる友人が多い。

それもなんかカッコいい人が多い。みんな本出してる。

(私あえて友人の本は読まないようにしてる。。なんか友人の本って気恥かしい笑)

まぁ、カッコいいというのはいろんな定義があるかと思うけど。苦笑

たぶん社長業してる中でも、私がカッコいいな、いいな、と思う人はあんまり既成概念にとらわれていないタイプ。

今回は某有名社長の話。
この人日本のリーダーと言われている人なんだけど。

こんなことがあったのよ。

ある時、我家の夕食に彼がきてたのね。

で、貝の壺焼きをしたのよ。
すると、貝の蓋がしまってびくともしなくなった状態開かないっ!!
それ、ものすごい堅い貝なのよ。見た目どうしても開けられそうもないし割れそうもない。

そもそも私がレシピも見ずに焼いたのが悪かったんだけど。苦笑

それで料理人に電話したら

『それは生の時に取り出して焼くものでもう焼いちゃったら蓋はとれない。あきらめてください』
って言われたわけ。

それで、皆で『あーぁ』

私(TДT)『前菜なくなった。がーん』w


それで、笑って、あきらようとしてたところ


彼が『道具箱貸して』って言うわけ。
その中からスクリュードライバー出して貝と格闘はじめた。


もちろん、とれれない。
料亭の料理人がその貝はどうやっても熱をいれてたらびくともしない。
無理って電話で何回も言ったのにだよ。


だから、皆、スクリュードライバーで蓋を開けようと格闘してる彼をキッチンに残し。。
リビングでワイン飲んでた。


すると、だいぶ時間がたってキッチンで『やった〜』という声。

彼とうとう開けたのよね。

どうしたと思う?
蓋をとったんじゃなくて金槌で貝自体を無理やりわったわけ。苦笑
かたくて割れるような貝がらじゃないんだけど、ガンガンやって弱い部分の一部を割ったのよ。



些細な話なんだけど。。



1.あきらめない。
2.プロからダメだと言われても、そうかな、と疑う。
3.既成概念を覆す方法


という点で、彼をまじまじと見ながら、ふむ〜と思った。
普段はふつーにいい人って感じなんだけど。


だから彼は日本を代表する、と言われるようになれるんだなぁ。と思った。

その日、貝に殻が突き刺さってているのをよけながら食べたんだけど
なんだか美味しかったわw




  
Posted by tentenwang at 05:09Comments(4)TrackBack(0)

2010年01月11日

あなたならどうする?

時々読者の方からの相談メッセージをいただくのですが。。普段はあまりブログに書きませんが。。
今回は皆さんの意見も聞きたいので載せますね。


あるきっかけで、外国の会ったことのない人とメールのやりとりがをはじまったA子さん。
その人は昔お世話になった日本人のI氏のお墓を探していました。

お世話になったのでお墓参りをしたい、ということでした。

A子さんは、親切心から気軽に探してあげることにしました。
結構有名な方で、本も出されていたし、ある組織の長でもあったのでお墓ぐらい簡単にみつかるだろう。。と

ところが、本人が亡くなられているので思ったよりも難しい。

その方が長をされていた組織に連絡すると、どういう身元なのか?と言われてしまいます。

そんなこんなをメールしあっているうちにA子さんのもとに真実のメールが!

A子さんのメール抜粋


実はが探していた日本人のお墓の人とは、実は彼の実父だったんです!
戦時中、外国に単身赴任していたI氏と出会った彼の母が恋に落ち、彼が生まれたそうです。が、I氏には日本で待っている家族がおり、終戦と同時に日本に帰国。その後連絡も取れず・・・しかし、数年前より彼なりに父のリサーチを始めたそうです。
戦争を知らずに育った私ですが、とても切ない気持ちでいっぱいになりました。

彼は、I氏の家族には迷惑をかけたくない。お墓の場所さえわかればいい。金銭目的ではない・・・と繰り返し繰り返し・・・
メールにはI氏の写真なども添付され、こんな重大な問題に関わっている自分が今後どうしていけばよいのか・・・
友人は、『あなたは出来る限りのことは協力したんだから、もう手を引いたほうがいい』
・・・と。
私もそう思いました。
しかし、添付されてきた写真の1枚に彼と彼の奥様のものがありました。とても裕福とはいいがたい外観で、幼少時も母と2人で苦労されてきた様子。
真実を聞いたとたんに、あとはあなた自身で・・・とも伝えられず。。。

よーこさんが私の立場だったら、どのように対処されますか・・・?
とてもスマートで真っ直ぐな考え方をとても尊敬しています。是非、よーこさんの考えを教えて頂きたいです。




私なら。。ふむ。


たぶんI氏の家族に言いますね。できれば子供さんの方探して子供さんに言う。
残された年をとった奥さんにに言うかどうかは子供さんが決めたらいい。

だって異母兄弟だもの。血がつながってるもん。
実はいい関係が育つかもしれないし。
会うだけで、涙ながらに抱き合う仲になるかもしれない。


で、もしかしたら、もめるかもしれない、でも、もめてもそれはそれでいいのよ。
実はね、金銭的保証もすべきぐらいの問題ですよ。これ。
そうでしょ?
もしこの人が外国人じゃなかったら?
どう思う?


それに、つまりの元は、I氏の責任でしょうが!おっさん!外国で好きな人ができて子供までつくったんなら、死ぬ前に遺言ぐらい残せよっ。まったくーーなんなんだよ。と思うよ。苦笑


で、家族はI氏から愛を受けて生活したなら、その人に対して寛大であるべき。
その人が父親なく辛い時を過ごした間I氏から幸せな時間をもらったんだから。

その人はお墓参りだけできたらいいと言ってる。
それくらいかなえてあげるべきだし、その権利はある。
そしてI氏の子供も兄弟がいることを知る権利がある。

そこでもめるかも?とか何があるかとかは、A子さんには何の責任もないわ。
私なら、全部教える。

雨降って地固まる、よ。

その人を一生、日陰にしておくべきではないと思うんだけど。。

さばさばしすぎかな?苦笑

皆さんならどうする?








  
Posted by tentenwang at 20:27Comments(3)TrackBack(0)

2010年01月10日

ツィッターのせいでブログが書けない件 苦笑

まぁ。。そんな感じなんであまり更新してないです。苦笑

知らない人はここへ。。
ツィッター

私のアカウント名は sakanoueです。

そこで毎日何か書いてます。
このツィッターの面白さとか醍醐味はやってる人しかわかんない。

簡単に利点を説明すると
1.長いこと会ってない友人(わざわざ電話したりメールするほどじゃない)とゆるく繋がれる

2.その人たちに、一言、お、元気?って声かけたりできる

3.自分の意見を直接に本人に届けられる。(政治家でも作家でも歌手でも自分のファンの方を探してみて下さい。10回くらいつぶやきつづけると、返事もらえるかもしれない 笑)

4.知らない人で同じことに興味のある人に出会えることができる

5.情報が早い。返事も早い。反応も速い。w

そんな感じかなぁ。
ブログみたいにあんまり考えて書かなくていいので気軽、というのが正直なところ。苦笑


でも、ツィッター見れない中国からのファンの皆さんごめんなさい。。(。・ω・)ノ゙
ちょこちょこ書くようにしますね!




  
Posted by tentenwang at 23:54Comments(4)TrackBack(0)

2010年01月05日

こんな人が好き

お正月に岡山に帰り昔からお世話になっているひろこさんに会いました


彼女はクリスマスにヨーロッパのプラハに行ったそうです。
なんと10万円で行けるコースらしい。。

彼女はそこでのクリスマスミサのパイプオルガンのコンサートを聴きにいくことを楽しみにしていました。
そこでのお話。

たまたま同じツアーに居合わせた日本人の親子の方とタクシーを乗り合いしてコンサート会場に行こうという計画にしていたそうです。
そして待ち合わせの場所にいくと。。。。

突然娘さんの方が血相抱えて走りよってきて叫んできたそうです。

た、大変なんです。助けて
母が救急車にのせられてるんです!!!!!



息絶え絶えに説明する娘さんに事情を聞くと、

お母さんがトイレに行きたくなって、公衆トイレに駆け込んだんだけど
トイレには鍵がかかっていた。

お母さんは、おしっこがもれそうなのでおなかかかえていたら、誰かがどうしたの?ときいているようなので
手振りでおなかを押さえてかがみ込むと。。。

腹痛と間違えられて突然、救急車を呼ばれた。

母は今救急車にのせられている。

母はただ、おしっこ行きたいだけなのに。どう身振り手振りで話しても降ろしてもらえない。


という状況。
ひろこさんは笑うにも笑えず、急いで救急車のところに。。
その場で英語をはなせるのは、ひろこさんだけ。ひろこさん救急隊員で英語のわかる人を見つけて話をする

向こうもやっと事情がわかって苦笑

とにかくもれそうなのでホテルまでつれていってくれと交渉するものの、救急車では、病院以外には連れて行けない、と。w

そこで、みんなでとぼとぼとホテルまで歩くことに。
ところが、雨が降り始め、全員びしょぬれ。

おしっこもれそうなお母さんはがんばってホテルまで歩いたらしい。
v( ̄∇ ̄)v




じゃ、結局クリスマスコンサートは? 私が聞くと


ひろこさんは、笑いながら
もちろん行けなかったわ。。

残念だったわね、と言う私にひろこさんは

でもね、ホテルに帰る途中の石畳が雨にぬれて、街灯に照らされて、それはそれは綺麗だったのよ。
と言いました。

そんな光景、あのハプニングがなければみれなかったもの。すごくよい想い出になったわ



私は彼女の横顔をみながら、こんな人だから私この人が好きなんだなって、としみじみ思ったのでした
同じ状況で怒る人も沢山いると思うのね。
その時その時の状況を楽しめる人は強いし、幸せだと思うんだw




  
Posted by tentenwang at 19:03Comments(1)TrackBack(0)