2013年02月28日

スゴい会議 @ 観光庁

昨日の会議がちょっと感動的でした。

それは、観光庁の有識者会議。同じメンバーで何度も行われたなのですが、なんと委員11人のうち8人が外国人だったのです。(韓国 中国 オーストラリア 英国 フランス ベルギー 等)
で、毎回、同時通訳、資料もすべて日英用意されていました。

このメンバーで、今年で10周年を迎える観光政策において初めて、「日本の魅力とは何か?」について、4回に分けて正面から議論しあったのでした。

(いままでは、富士山とか芸者、新幹線とか温泉とか。。だったらしいです)


霞が関の会議にありがちな、あらかじめのシナリオありの感じでは全くなく、毎回毎回、議論が白熱。他の委員への気遣いなく、前の発言の全否定も。

私得意の「それ、ありえなくないですか〜?(笑顔で)」を全員がやる感じです。
もうこの時点で霞ヶ関の会議とは思えない混乱ぶりです。笑

委員間の直接の意見交換も当たり前。

嫌みあるわ、駄目だしあるわ、批判もあるわ、もうたいへん!

私なんか、広告代理店が一生懸命つくったものに、
「愛を感じない」と、バッサリ 苦笑


そして、外国人委員が、最後、全員一致したのが、日本の一番の観光資源のひとつは、もしかしたら、景色ではなく「日本人」じゃないか、ってこと。
彼等から、日本人の姿で驚いたことは、いくらでもでてきます。

一見無愛想なのに、道を聞いたらものすごく親切にしてくれた。
財布を落として困っていたら、一緒に探してくれて、ちゃんと見つかって中身もはいっていた。
駅で誰にも言われないのに、片方にきちんと列になって並んでいる。
新幹線の清掃員の掃除が早い。そして全員で深々とお辞儀をする姿が美しい。
乗車客数が世界でもトップクラスの駅なのにゴミが落ちていない。

などなど。

そのほかにも盛りだくさんの、日本の良さ、についての本当に議論に議論を重ねた、実りある会議でした。

そして最後の最後の終了の発言の時です。事務局の方が、最後感極まって男泣きしてしまい、一瞬、一同 みんな、し〜ん、となりました。


毎回、皆が大ブーイングをし、そのブーイングから、問題を洗い出し、なんとか、改善を試みた事務局の努力を一瞬かいま見たのでした。
(文句だけ言うのは楽よねw)


委員の一人が私に英語でささやきました。「ほら、こういう日本人が一番、日本の財産だよね」って




緑の派手な服を来てるのが私 ↓ 

P1020296  

Posted by tentenwang at 22:39Comments(1)TrackBack(0)

2013年02月27日

違和感がある人へ

もし、あなたが


他の人となんだか
とっても、あわなくて、ぎこちなくて

辛い思いをしているならば

それはあなたが、ものすごく
感性が強くて才能があるってことなんだと思います。


その(違和感)を自分でちゃんと
つつんであげて
大事に大事に育てていけば
それはいつかすごい価値になるの
そんなこと私に言われても信じられないかもしれないけど。。。
あなたと同じように、焦って、悩んで、苦しんできた人は

世の中に、沢山いると思います



してはいけないことは、絶対に、外に向かって、針で突き刺さすみたいに
その(違和感)を使わないこと



ちゃんと(違和感)を大事にできた人は
違和感がある方が、どんなに人生が素敵になるか、わかっているの


あなたも、絶対に、あとで、そのことが、わかるから
焦らなくていいのよ



  
Posted by tentenwang at 23:16Comments(11)TrackBack(0)

2013年02月21日

ミラノの王子さま 吉川隆弘氏のショパン

ミラノのピアノ王子さま 吉川隆弘さんがまた5月に来日するそうです。

今度のは、

「オール ショパン リサイタル」

それもね、英雄ポロネースじゃない、情念のどろどろのショパン、ひいてくれるそうで。。。
どんだけセクシーにすればいいんだ。。この人は。って。。。思うよね笑

心がすさんでたりしてて、む〜となってきた頃にいつも、ちょうどミラノから声がかかるのよ。

「よーこさん、どうしてます?」って。

ん?、そうだ、って思いたって、彼のCDを夜中に聞いたら、なんかね〜心が洗い流されるような感じなん。すごくいいです。友達だからいいっていうんじゃなくて。ほんと。


皆リサイタルいってね〜と言いたいとこだけど、5月に来日って先のことなのに、チケット完売してしまってて、もうこの二つの場所しか席が残ってないらしいです。直接聞きたい人は是非

5月17日 兵庫 西宮プレラホール「オールショパンリサイタル」
5月24日 東京 HAKUJU HALL「オールショパンリサイタル」

吉川隆弘オフィシャルサイト



吉川隆弘





















  
Posted by tentenwang at 23:38Comments(1)TrackBack(0)

2013年02月20日

湯浅誠さんとの誤解事件

昨日NHKハートネットTVでも活躍してる湯浅誠さんとお茶してました。

彼はね、まぁ、言うなればほんと凄い人です。大阪で橋下徹に勝てるのは湯浅誠だけと週刊誌に書かれてましたけど 笑

まったく話してて激高したりしないの、性格が穏やかだから、やさしく話すのね。
そしてじわじわと一歩一歩きっちりと行動する人

20万部を売ったという
反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


↑この本は本当におすすめなので,是非読んでみて下さい。




最近出版された、この本も現代社会をよく言い表してると思います。ヒーロー政治家やリーダーを待ってても社会は、変わんないってこと。一人一人の個人の小さな力をもっと引出そうという話です。

ヒーローを待っていても世界は変わらない
ヒーローを待っていても世界は変わらない



さて、昨日面白いことがあったので。。そのエピソード。

実はね、彼のメールの名前の部分が、ローマ字でAoisoraになってるので、「それ、どうなんだろう」と指摘しました。


彼は、?????

「蒼井そらってAV女優!でしょう。そういうの自分の携帯の名前に使うのへんだと思う」


完全非難モードの私

湯浅さんは、

「え?え?え?なんのこと??」

aoisora」だよ。

青い空?まぁ、そんなこと昔、書いたような気もうっすらあるような、ないような??


「自分のメールの名前が、蒼井そらってそれ、めちゃまずいでしょう!!」

........

この時点で湯浅さん私に何を怒られているのか全くわかっていない。。。。


ということで、同じワードで、「青い空」でなく、AV女優の名前、をなんの疑いもなく思い浮かべてしまった私って。。どうよ?そんな自分自身に非常に困惑しておるところでございます。

でも、名前のところに「青い空」って打ち込む湯浅さんも。。。あんたどんだけ少年よっ?!!!
とツッコみたくもなりました。苦笑

  
Posted by tentenwang at 09:07Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月19日

緊急の時の電話番号

昨夜、旦那が帰ってお酒飲んでのんびりしてて、

「実はさぁ、今までと違う鋭い後頭部の頭痛があったんだよ。
でもなおったけどね」

と言うので

「そ、それは、なに?よ(ー ー;)」

と思い検索したら、

やっぱり、ちょうやばそうなので東京救急センターにどうしたらいいか、電話して相談しました。



で、その途中で激痛がまたおこり、その場所が危ないってことで
本人は、タクシーで大丈夫と何度も言ったのだけど、救急車の方に電話まわり、私達も一緒に乗って今緊急外来に行きました。

怖かった〜〜です。

でも、CTスキャンしたら、何事もないようで、無事リリースされました。


めちゃ大変でしたけど、まぁ、無事で良かったです。
(旦那は今日はなんだったのか脳外科医のところで調べてもらってたのですが、大丈夫みたいです!)

しかし、すごく良かったのが、緊急センターの電話番号!!覚えていたこと。

東京のみなさんは緊急事態かどうか迷ったらこの番号は控えておいたらいいと思います。救急車呼ぶよりも。。。まず相談してみたら安心すると思います。


急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口として、「東京消防庁救急相談センター」を開設しています。
東京消防庁救急相談センターでは、これらの相談に相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応しています。


♯7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)ダイヤル回線電話やつながらない地域からは23区:03−3212−2323多摩地区:042−521−2323  
Posted by tentenwang at 13:37Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月18日

腕時計と大型テレビ

ある時に、ふと、大きなテレビがど〜ん、とリビングルームの真ん中に位置するのは、ないな、と思った。
(今でも置いてあるけどw)

で、小さい画面の動かせるテレビで、キッチンとか、必要な場所でどうしても見たい番組あれば、見てる、という感じ。

そうなると大きなテレビはアップルTVか映画用としてしかつけなくなった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日出かける時に、お気に入りだった腕時計を久々につけたら、

昭和の人?Σ( ̄ロ ̄|||)

みたいにみえた。

(腕時計そういえば、ここ数年全くつけてなかったよ。。だって携帯あれば用がたりる)
あわてて、違うもの、シルバーものだったり、アンティークのものだったり、皮のものだったり、
おもちゃみたいな可愛いものだったりをつけかえてみた。

いや、別に昭和でもいいんだけど。。。。苦笑
そんな時計を粋に着こなせない自分がいた。



なんかね、腕時計と大型テレビが、自分の中では、終わったのかもしれない。って思った。
別にたいした話じゃないんだけど。

不思議よね。


おいとけば、レトロでまたおしゃれになる日が来るかしらん。
  
Posted by tentenwang at 09:26Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月14日

私の書いた3冊の本

今出版社から電話あり「プレゼント」早々と3刷り目の増刷決まったとのこと!!

ありがとうございます 涙

最初からかなりの数を刷ってくれているので、こんなに早い3刷り、ほんと驚きました。

PRESENT プレゼント 世界で1番大切なことの見つけかた
PRESENT プレゼント 世界で1番大切なことの見つけかた



結婚のずっと前も、ずっと平積みにして頂いていて、つまり、コーナーに、2冊も平積みで置いてもらっているという、すごいことに。。。
(; ̄Д ̄)(; ̄Д ̄)
結婚のずっと前
結婚のずっと前




それから、実は7年前に書いて、中古本で一時期、アマゾンで1万6千円ついてたエッセイの本というのも書いてます。「い、1万6千円って、一体なに?」って出版社の社長と私、のけぞって、調べてみたら、中古本がどれもこれも、1万円以上になってて急遽増刷された伝説?の本ですw

ウェブで書いていたのを朝日新聞の方が見つけてくれて、天声人語英語版のメールマガジンとともに掲載されていたものです。内容は、米国時代のいろいろ大変だった時期のエッセイ。(英語の勉強本じゃないです)

犬も歩けば英語にあたる
犬も歩けば英語にあたる



しかし、正直どうして自分の本が思いがけずこんなに支持してもらっているのが、どうしてなのか、いまいち自分では、わかんないです。ほんと。。。


本の人気がではじめたのは、結婚のずっと前が、TBSの王様のブランチのブックランキングで紹介して頂いた頃からでしょうか。

その頃から、色々な出版社の編集者さんの間では、この著者の坂之上洋子って誰?と、話題になったらしいです。しかし、調べてみても(有名でもなく)(作家でもなく)(社長とかでもなく)(なにやってんだかわからず)(宣伝ゼロで)普通は売れない詩のような本が、信じられないくらい売れていて、ほんと「意味不明」みたいな感じだったそうです。v( ̄∇ ̄)v

じゃ、可愛い感じの本を書く人なのか?と思いきや今年は、お正月元日のNHKスペシャルに出てしまったんで、それが、出版した本のイメージとも全然違って、意味不明人物感が巷で増強しているようです。。。ううう


でも、私ね、女は、その時々で(母)にも(妹)にも(姉)にも(子供)にも(悪女)にも(恋人)のようにも何にでもなれるというのと同じように。。。

人間、いろいろ、こだわらず、何の顔になってもいいから、カテゴリーにはまらなくても、やりたいこと何でもやればいいんじゃないかと思っているのです。


次に本を書くとしたら。。。また全然違う分野で書きたいです。。



  
Posted by tentenwang at 19:29Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月02日

最近読んだ本で20代にいいかもな、と思った2冊

最近の20代の賢い人たち向けに、面白いな、と思った本2冊紹介

田村耕太郎さんの
君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?
君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?


なかなかいいっすね。

国際社会で生きる基本がざくっ、と入っています。
というか、真にグローバル相手に活躍している人たちは、彼の話している事を、ほぼすでに肌身で知ってると思う。

まぁ、そうだよね。と思うんで、自分の将来をどう料理するか、自分がどのくらい国際社会でやれるか、わかっているのか確認するにはいい教科書なんじゃないだろうか。



もう1冊が 
20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)


古賀 史健さんは、フリーライターの中でも飛び抜けてすごい人なんですよと紹介されたのだけどこの本読んで、納得。

得に、私が、この人わかってるね〜と思ったところは、文をデザインでとらえろ、みたいな事が書かれていたから。

20代の人にいい本だとは思うけれど、私は自分の娘が中学生になった頃にはもう読ませたいなぁ、と思いました。


「文章を書く」というのはなんの職業につくにも、ラブレター書くのも携帯メールやLineやるにも、なんにでも応用できるしねw (小3の娘が大きくなった頃には何が流行ってるのかしらん


最近ね、本棚を整理してて、夜にぼつぼつ本を読み返したりしています。
夜に、あったかいハーブティ飲みながら、沢山の本の中で、娘に残すもの、寄付するもの、捨てるもの、友人にあげる本をわけています。

  
Posted by tentenwang at 23:15Comments(1)TrackBack(0)