2014年07月31日

ハフィントンポストにでました

最近取材とかうけてなかったの。やっぱり、表でるの苦手だし。
で、2度断ったのだけど、じゃNPOチャリティだけ行きますって、私が応援してるチャリティにきてくれたので。。つい取材うけてしまったという。。ハフィントンポストの記事掲載されました。

なんか、読むと自分の話すこと、まぁ、やっぱり、ど〜〜でもいい気がする。



実際より10倍ぐらい可愛いので写真もOKだと思ったんだけど。娘ちゃんに、どこ向いてんの〜〜超へんだし〜とつっこまれたし ↓ 〜


ハフィントンポスト 与えたことは財産になる

h-YOKO-488x239



すみません。。。とりあえず、調子にのってる感じ。苦笑  

Posted by tentenwang at 09:56Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月23日

女性自身に村田さん川口さん森山さん登場!

今週号の女性自身で、NPO若手女性3人が特集さえています。

かものはしの村田 早耶香さんハブチャリの 川口加奈さん、そして3keysの森山誉恵さん

なんと、7ページのドキュメントページです!

記者の方に、NPOで若手女性で頑張ってる人を
推薦してくれないかお願いされ、私がこれぞ!と思う
NPO若手女子を紹介しました。

この3人の女子は
「頭おかしい」
わたしが勝手に認定している3人なんですw

ふつ〜はみんな、問題を見たら
「あぁ、かわいそう」とか
「なんとかしてあげたい」とまでは
思うんですよ。

でも、でも(やる)、と(思う)の間にはものすごい隔たりがあると思うのです。

どうやったら
大学生が
カンボジアで売春宿に
売られる子どもを救おうとできるのか

どうやったら
14歳の女の子が
ホームレスのおじちゃんたちに
働いてもらおうと思えるのか。

どうやったら
貧困家庭の教育格差を
なくそうなんて
面倒で考えるだけでも
気の遠くなりそうな
時間のかかることに
自分の時間を費やせるのか。

できないですよ。ほんとうにできない。

それをたぶん悩みながら
くじけながら
苦しみながら
聖人君子じゃあるまいし
普通の若い女性と同じ悩みだって
抱えているだろうに、
それでも、こういうことをやり続けてる。

すごいことだと思う。

ほんとうに。


女性自身やHP見て彼女達の
なにかの役にたちたいな、と
思われた方、

是非寄付やボランティア
なんでもいいので
参加してみてくださいね!






是非読んでみて下さい。53
28
  
Posted by tentenwang at 22:51Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月17日

愛とお金の関係

たとえば、二人で一生懸命ためた貯金があるとします。

突然、どちらかの親族が困って、急にそのお金が必要になる

その時にあなたならどう反応するか。

理由はなんでもいいです。事業の失敗でも病気でも。
わかっているのは、あなたのパートナーはお金をあげないといけないと思っている。



躊躇する?
喧嘩にする?
黙ってあげる?

あげるなら、半分あげるのか、全部あげるのか?

苦労して貯めた貯金です。
自分の欲しかったものも買えなくなる。


泣く?
嫌み言う?
微笑んで、いいよ?
しょうがない、と笑う?
また稼ぐぞ〜?
いやいや、こういうのおかしいって
自分の親や友人に泣きついて説得してもらう?


黙ってそのまま別れるって人もいるかもしれない

そう、この場合、それはもう、千差万別の反応があると思います。

あなたなら、一体どうするでしょう?


これ、正しい答えはないですよね。
家庭環境、背景、それまでの関係、いろんなことが関係してきますし。

でも、こういう場合こそ、ちゃんとかっこつけず
心の底から、ちゃんと目を見て全部話し合えるのが
(恋)じゃなくて(愛)なんじゃないかとおもいます

そして、愛している人とのお金のからむ話は、
自分も見えてなかった自分の性格とか度量が透けてみえるんです。

いやおうなしに、ね。


自分の器の小ささが目の前につきつけられる。
お金のことって、実はとても人と人との関係や心にからまっている。

だからね、自分の大事な人とは、避けずに、たくさんした方がいいよ。お金のはなし。


IMG_1342
  
Posted by tentenwang at 21:10Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月15日

医療用ウィッグを低価格にすることに挑むNPO

私の母は癌で亡くなりました。抗がん剤で髪もなくなりました。
その時に病院でウィッグを買ったのですが、それが似合わなくて余計かなしくなったことを覚えています。

もうひとつ似合うウィッグを母の為に買いたかったけど、とても高くて買えないなぁ、と思ったの覚えています。

NPO全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)では、今、15万円から60万円で売られている、医療用ウィッグを6万円で販売。それもこのウィッグは、人の毛でつくられているので、染める事もカットすることも可能だそうです。

そして、ウィッグを患者さんに自然にあうようにカットを手伝ってくれる一流の美容師さんたちも記載された本をつくって、全国の病院に配布する。という大きな挑戦をはじめました。


癌闘病中の髪


もしも、病気で髪をなくした知人がいれば、これが精神的にどんなに大きなサポートになるか、きっとわかってもらえると思います。

この分野を大きく変えてくれそうな挑戦だと思います。

まずは、これを全国に広めるために ふくりびの理事長の赤木さんと事務局長の岩岡さんがクラウドファンディングをはじめました。個人的に、母のことを思いだしました。頑張って欲しいです。

医療用ウィッグの写真集を発行し、全国の病院へ寄贈したい。

  
Posted by tentenwang at 14:53Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月11日

執念の google/youtube 社会貢献 OPEN

忘れてました。ほんとうに。

娘の幼稚園の時の同級生のパパのSean さん
たぶん誕生日会か何かのパーティで会って
Googleのアジア太平洋の統括って聞いたので

「日本でもGoogle社会貢献しようよ〜」
という感じのノリで。。話して。
彼もOKって。

で、ファンドレイジング協会の代表の鵜尾さんを
紹介しようとしたんですけど
なぜか彼は日にち間違えてて
ミーティングに現れなくて

私真っ青になって
で、1時間後に汗だらけで走って来たって感じで現れた
鵜尾さんとミーティングした。(笑)


その時に、Sean さん、Google for Nonprofitsを
鵜尾さんに教えたんだよね。


それから、鵜尾さん
「アメリカで使えるGoogle for Nonprofitsなんとか日本で使えるようにしてほしい!」
って、ずっと言い続けていて、それ

今日 OPEN したそうです。

日本側は、googleソーシャル男子の
三好くん、がんばったそうです。

今日鵜尾さんが、北京に死ぬほど何度も電話してきて
「なにごと?」
と思ったら、悲願かなった、と。

「よ〜こさん、大事なきっかけに、いつもあなたがいる」

と言ってくれたのだけど
いや、わたしなんもしてないしw(忘れてるし)

ただね、

わたしみたいに、小さいきっかけをつくる人がいて
それで、火がつく執念の人がいて。


賛同する情熱的な人に出会い
内部で本気で交渉する人がいて
それを受け止めてくれる人
事務してくれる人
書類つくる人
マネージしてくれる人


たぶん、もう数限りなく、いろんな人が関わって


で、それ、たぶん、ひとりも欠けちゃいけなくて。

そこで、やっと何かが起こるのかな。。。って思いました。

IMG_7853


これ、アメリカ、カナダ、英国だけという中で
日本に上陸する可能性は低かったんだそうです

NPO法人、公益法人、社会福祉法人は活用できます
凄いよ。サイトつくれる!


↓  ↓  ↓


1. YouTubeの画像にあなたの団体へのリンクを自由に貼れる
2. YouTube上にあなたの団体のための特設ページが作れる
3. キャンペーンで盛り上げる
4. YouTube Space Tokyoを活用する
5. ビジネス向けGoogle Appsが無料で使える



  
Posted by tentenwang at 00:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月09日

面白い、って、どういうこと?

「よ〜こさんみたいに、話が、面白い人になるにはどうすればいいですか?」
って、20代の女の子に聞かれました。

そんな質問され
「面白い、って、どういうことなんだ?」とはたと考えこんでしまいました。

わたしは自分が面白いとは思ったことないです。
正直なところ、本当に全くわからないので、昨夜、サイカンパニーの平田社長と偶然チャットしてたので
「私のどこが面白い?」と聞いてみました。

客観的意見大事ですから。。。

そしたら
「よ〜こさんは、アナとエルサを足して2で割らない感じですよ」というコメントをもらいました。
( ̄ー ̄)。。。意味がぜんぜんわかりません。

たぶん、めちゃくちゃ周辺かき回し系と言いたかったのだと思います

hanga


話変わりますが、最近、俳優の松峰莉璃ちゃんとよく一緒に遊んでいるのですけど。
私、彼女が命がけで好きな舞台とか演劇、ちっとも興味ないんですよね。苦笑 でも、彼女はそれが大好きだから、目をキラキラさせて一生懸命、私に興味もたせるように話をしてくれるんです。だから、ちょっと聞いてて面白いかもって思う時があります。


また、男の友人で、とにかく野球が大好きな人がいるのですが。でも、私野球も興味ゼロなんですよね。本当に本当に面白いと思わない。笑。。。だけど、その人、あんまりに嬉しそうに説明してくれるんで、時々「へぇ」と思って、思わず聞いてしまったりすることあります。


やっぱり、自分が好きなことを嬉しそうにしてる人は、最強なんじゃないかと思います

そして、もうひとつ、ここが大事なんじゃないかな、と思うのですけど。。。

そういう自分が好きなこと(コスプレでも、プラモデルづくりでも、経済批評でもなんでもいいんですけど)を認めてくれ自然に心地よく受け入れてくれる人が集まっている場所を常に探しに行く努力をするのが、実は最も大事なんじゃないかな、と思います。

だって、もし、私、野球や舞台大好きな人たちの中に毎日いたら、つまんない人になると思うし、たぶんそのうちに苦しくなると思います。

でも、私は、NPOや社会の枠組み変えたいって人達のまわりにいると水を与えた魚みたいになる。
好きだから一生懸命するし、それを見てよ〜こさんいいなぁ、と思ってくれる人が褒めてくれたりするw
するともっと調子にのって、楽しくなるわけです。

大学のクラスが一緒、会社が一緒、そういう仲間もいいですけど、自分がより、心地よく面白くなるには、ちょびっと癖があってへんなところがある自分(みんな誰でもそんな風だとおもいます)をそのままOKって言ってくれる人がたくさんいる場所をみつけるの、重要だと思うんですよね。

それで、やっと見つけたその居場所も、つねに、自分も人も変化するので、少しづつ変わるという事実を受け入れて、依存しないこと。

私は面白い人じゃないけど、心地よく楽しそうにしてるから、面白そう、って伝わってるのかな?と思います。

アナとエルサを足して2で割らない感じでw  
Posted by tentenwang at 11:23Comments(1)TrackBack(0)

2014年07月08日

なんで脱ぐのw

日本に出張した時の飲み会で。
最初はめちゃくちゃシリアスな話だったのですが。皆盛り上がりこんな感じに。苦笑

BlogPaint



この写真を旦那に見せたら、苦笑して「楽しそうだね〜」と。
奥さんが出張中、夜中までこんな調子でいたというに、ぜんぜん平気でスルーな感じの旦那w

実は、反対側に女性もいるのですけど、この、ひとり囲まれている図の写真がなんだか凄いので載せてみましたw


最後まで全然いやらしくない明るい会でしたが、なんで脱いだのか意味不明。でも、たしかクレヨンしんちゃんもよく脱ぐよね....。苦笑 男の人は大人になっても、小学校5年生ぐらいからぜんぜん中身変わらないんじゃないか、と思いました。

私はお酒が飲めないので、一滴も飲んでなくて、この人たちとしらふで夜中遅くまでつきあいました。それが一番凄いことなんじゃないかと思います。。苦笑  
Posted by tentenwang at 17:38Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月07日

わたしの料理

わたしの、枝まめレシピ。山椒と唐辛子いれてゆでるの。

えだまめ


量とかは、てきと〜です。水は少なめにして、フライパンでふたして、山椒と唐辛子と塩いれて、蒸気で蒸す感じ。9分ぐらいかな。まぁ、それもまめの様子みながら、てきとうなんだけど。

この場合、辛くて山椒のしびれも効いているので、ゆであがった枝豆に、かける「塩」が大事です。

実は私『塩』集めることが趣味。常時10種類ぐらい違う種類の塩もってる 笑
塩はねぇ。。大事なんだよ。ぜんぜん味違うもの。

塩



枝豆は、少しだけマーラー状態なので、ちょっと、じょろって、舌にさわるような小さなロックみたいな、塩でもいいし。にがりがはいってて、細かくてとけるのもまろやかになって美味しいです。

まぁ、そういう微妙な舌ざわりの感じとか、味がどう舌の上で戦ってるかをいろいろ追求するのが好きなの。

あ、これ料理じゃない? う〜ん。。。たしかに。 苦笑

でも真夏にピリッとして、美味しいのでおすすめ。
  
Posted by tentenwang at 22:51Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月06日

本、好きになってくれて、ありがとう

チャリティイベントでは、数日の申し込み期間なのに定員の倍以上のの申し込みがあったことでした。それだけでも、びっくりしたのですが。。。。

更に驚いたことに、静岡県、石川県、京都からも来て頂いたということを当日知って驚きました。

初めて、お会いした人がほとんどでしたので、「私の会った印象ブログや本とイメージ違う?」
って聞いたら
思ったよりも豪快って。

なにそれ。可愛いブラウスで行ったのに。笑


その中で、ひとり、本の出版イベントの時にも来てくれた人がいました。
その時の彼女は心身ともに状態が最悪で仕事やめたって泣いていたのだけど。。

私の本をお守りみたいに、何度も読んで、今は転職もして新しいBFもできたって、うれしそうに報告してくれたのです。

でも、まぁ、それは私の本のおかげではなくて、彼女が最終的に強かったんだと思う。

結局ね、人は、自分以外は誰も自分を助けてあげられないんだと思う。
ほんとそう思う。


だけど、私の本とか、書くものとか、そんなに好きになってくれてるって、直接そういってくれる人に今回は会えて話ができてとても嬉しかったです。
ありがとう。



funletter  
Posted by tentenwang at 21:10Comments(1)TrackBack(0)

2014年07月04日

東洋経済オンラインでつっこみ過ぎてるって話

おかげさまで、政治家に私がインタビューしていく東洋経済オンラインでの連載が好評です。

地味なのであんまり読まれないよね、と心配していたのですが、第一回目で、いいね!が1万以上ついたエントリの総社市では、いまだに全国から問い合わせが相次いでいるそうです。
そして、実際に日本各地でその記事に刺激された人々が動きだし良い連鎖が沢山おこっていると伺いました。


この連鎖で、何かが変わって、どこかで恩恵をうける人がでてくるのなら本当に嬉しいなぁ、って思います。



友人の編集者が、「しかし、どうしてこんな、まぁ、言っちゃ悪いけど、この地味な連載が人気になるんだろう」って分析してて、「ママ目線、NPO目線なのがいいんじゃない?」って自分なりに答えたんですけれども。


「いやぁ、違うね。ふつうのインタビュアーは、県知事とか市長にむかって「おせっかいな感じですね〜」「あまり評価されそうにないですね〜」とか、言わないからさ。それがたぶん面白いんだよ」

と言われ。。。

私びっくりして
「そんな失礼なことわたし言わないですよ!」とキッパリと言い返したんですけれど。

後で、自分の記事を読み返してみたら、ちゃんと言ってました。苦笑


第三回目は、文京区長の成澤廣修さん。です。

離婚する前、「ちょっと待って」という区役所


文京区長
  
Posted by tentenwang at 09:05Comments(1)TrackBack(0)