2015年04月28日

ネパール地震 アジアパシフィックアライアンス始動

ネパール地震への寄付を考えているのだけどと友人の山岸広太郎さんから連絡がありました。
そこでぜひアジアパシフィック アライアンスへお願いと伝えました。

彼は、寄付先がどこがいいかは、結局、知り合いの信頼できる人に相談するしかないんだ、と言ってくれて嬉しかったです。

アジアパシフィック アライアンスは、大規模災害が起きたとき、国・地域の「企業」「NGO」「行政」が各組織の壁を越えて連携することをあらかじめ【取り決めをしておこう】という組織です。

実は今まで、外国で災害が起きると、国やNGOや企業がそれぞれバラバラに助けに行っていました。
まず状況把握だけでも、バラバラにいくと相手の国にとっても迷惑です。また、そもそも、国は「助けに行っていいか?」と各政府に聞いてから助けに行くというタイムラグもありました。


各国で「企業」「NGO」「行政」がひとつにまとまり アライアンスを組み、各国のアライアンス同士が連携して動くという規模の集まりで、そしてこれは日本主導で始まった画期的な仕組みです。

今もメンバーに連絡したところ、カトマンズに向かっていました。

ネパール地震




私はこの組織2012年から手伝っています。
もしも、寄付したいという方いらっしゃるなら寄付先はこちらです。
よろしくお願いします。

アジアパシフィックアライアンス寄付

ジャパンギビング



過去の実績
201412.05台風ハグピートに対する緊急支援
201311.11台風ハイエンの被災者に対する緊急支援
201302.26インドネシア・ジャカルタにおける洪水支援
201301.22インドネシア洪水支援
201212.25フィリピン台風支援
  

Posted by tentenwang at 13:23Comments(1)TrackBack(0)

2015年04月26日

LGBT法連合会のサイトできました

私には、米国のデザイナー時代にLENという親友がいました。
彼はゲイでした。
一度、「ゲイであることをやめられない?」とわたし無邪気に彼に聞いた事があるのです。

その時に彼は、苦しかった子供時代の話をしてくれました。

「まわりの子からいじめられ、殴られ、好きになった人からも気持ち悪いと言われた。
そして実の母親にも嫌われた」と。

彼は言いました。
ゲイであることをやめられるなら、僕が一番にやめる、と。

私はその彼の横顔が忘れられません。

今回、初めて日本でLTBT法連合会が結成されました。
そしてLTBT法連合会のウェブサイトできました!
私は統括ディレクションしました。
デザインはサイカンパニーです。

LGBT法連合会のサイト


59


彼らが目指しているのはいじめられ自殺に
追い込まれている子供がでないように
差別を禁止する法律を先進国並に
してほしいということです。


もちろん米国でもゲイに対する
差別は今でもたくさんあります。
州によっても法律は随分違います。
でも差別をなくす法律が制定される度に
人々の意識が確実に変わっていくのを
目の当たりにしてきました。


日本でも理解の流れが加速していきますように。


ーーーLGBT法連合会のサイトからーーー

日本では、LGBTであるだけで
いじめられ追い詰められます。

LGBTは生まれた時からの状態であり
自分で選ぶことはできません。

まわりの理解がなく悩みあぐね
自殺を選んでしまう子ども達も多くいます。

LGBTの差別を禁止する法律は、
EU加盟国全て、オーストラリア
米国(州別)等の先進国で制定されています。

国連でも同じような動きがあり
こうした法律はグローバルスタンダードになっています。

多様性をみとめる環境づくりは課題を抱える
子供を支えになるだけではなく
周りにいるLGBTでない子どもたちも
強くやさしくします。

日本でも先進国と同等のLGBT差別禁止法を。  
Posted by tentenwang at 19:26Comments(1)TrackBack(0)

2015年04月22日

イメージだけで気分が良くなる方法

ある方に衝撃的な素敵なアドバイスを頂きました。

「これから、堂々と大輪の花が咲くようにいきなさい」

2014-09-13-16-00-27

ちょっとびっくりしました。

なぜかというと、そう言われてはじめてどこかで自分はもう枯れる前の花のような気分でいた(笑)、ということに気がついたから、です。

それから、時々、落ち込みそうな時には、お腹の中から、花が咲くようなイメージをうかべたりするんですけど。それがなかなか良いですよ〜。

自分のことを肯定するとか、好きになるとかって、なかなかできないじゃないですか。
でも、自分が花と思い込むのは、案外カンタンです。勝手にイメージするだけですから。笑

好きな花のイメージで色で花びらで、香りで、そういうの思いこむと自分がなんだか素敵なものになるような錯覚になる。そして優雅な気分になります。細胞がそんな綺麗なものに変わっていくみたいで、調子いい。(単純です。すみません。。。)

わたしも意識する、頭の中で感じるってことが、大事なのはわかっていたのですが・・・
考えてみれば、年とってカラダがどこもかしも調子悪い。枯れそうって思ってるより、自分の好きな花で咲くイメージで生きてる方が、明るい気分になれます。

咲いてる花なので、卑屈になったり、どよ〜んと暗くできません。咲く花は、枯れる花じゃないので、これから、です、食べ過ぎとか夜更かしとかしません。たぶん。。。(苦笑)潜在意識レベルで相当影響するって思いましたw




  
Posted by tentenwang at 08:50Comments(1)TrackBack(0)

2015年04月13日

親の本棚

娘ちゃんが静かになってるな〜と思ったら、私の本棚から松本春野さんの絵本 LIFE取り出して読んでました。


image


そういえば、私も親の本棚から本を抜き出して読んだよねって思い出した。

小学生なのに父が読んでた経営哲学の本も読んでた気がする。
そういえば、プレジデントって雑誌の歴史連載が好きだったな 苦笑

自分は親から見たら、どんな子供に見えていたんだろう。

なんでも大雑把なのを母からものすごく注意されてた。
怒られ続けたけど、大雑把なの結局なおってないんで、性格はなおんないかもね。苦笑

でも、本棚の本は影響するかもしれない、って思った。  
Posted by tentenwang at 07:03Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月01日

桜のけじめ

久しぶりに桜見て、あ、終わりにしようって思いました。

image



こだわってた、こと。


そうしようと決めた。
そう決めたと自分の心に向かってつぶやいたら、とたんに涙がぽろっとでてきました。
からだがついていけない。苦笑



それに、変化っていつでも起こってるのにそれを認めたくない。
変化はあたらしい出会いに繋がる。
目の前にドアがあるのに、後ろの閉まったドアばかり見て、
あたらしいドアを開けてなかった。

仕事にしても人間関係にしても、趣味でも、なんでも人は一度コミットしたものをなかなか終わりにできない。
目の前に新しいドアは無数にあるのに。

そう思いながら歩いていると
桜月夜、今宵会う人みな美しき、って感じがしました。



心透き通るように、前に向いて生きていきたいです。  
Posted by tentenwang at 09:11Comments(1)TrackBack(0)