2015年09月29日

嫌なメール

一通のメールで、ズタズタに傷ついてる友人がいた。
それは彼女を打ちのめすには十分な内容だ、という。
どう相手を打ちのめしてやろうかというところで私に偶然駅で出会った。

たいていは、そういうメールは、出した人はたいして(受け取った人がこんなに苦しむとまで)考えてないことがよくある。または、逆にわざと傷つけてコントロールしたいのかもしれない。

言葉ってすごい威力。
たったひと言で、人生が全てかわるぐらい救われたことがある。
それと同じように、大切と思う人からの言葉はナイフのように人を切り刻む。

昔、義理の母が私の悪口を言っているのを聞いた。
それは、それは、ひどい言い分だった。
そんなこと私言ってない〜、という話まであった。汗
でも、私は隣の部屋でまだ寝てるふりをした。


その時、私はこの義理の母を(愛すると決めた)んだから、細かいことはどうでもいいや、と思った。

なぜその時に、そう思えたのかよくわからない。そのくらい傷つきそうな言葉が沢山並んでた。
たぶん、その時に、私に心の余裕があったからかもしれない。よく寝たしw


そして私は彼女の言葉を忘れた。
喧嘩もせず。

そして、今でもわたしは義母と仲良しだ。

あの時に言い返したらどうなっていたんだろう。旅行中だったのでそれが傷となり二度と一緒に旅行できなくなってたかもしれない。途中で旅が終わっていたかもしれない。
我慢したわけじゃない。
言葉をただ聞き流した、だけだ。笑

IMG_1493




何かもやもやとしたメールを受け取ったら、人はその(言葉)にとっさに、そのまま、リアクションしてしまうことが多い。



でも、ほおっておけば時間が解決する時もある。
(物事は複雑で、それは、相手のそのときの状態や寂しさや体調に関係したりもしてる)
言葉は忘れることも、流すこともできる。
もちろん、きちんと向き合って喧嘩してもいい。
そのまま関係を切ってもいい。


どちらにしても、どうしたいかは、(自分)が決めれる。
だから、とっさに、リアクションするのだけはやめたほうがいい。



とくに喧嘩は、ちゃんと(どこに最終的に到着したいのか)心で決めてからやるもんだ。




  

Posted by tentenwang at 12:32Comments(2)TrackBack(0)

2015年09月20日

許すことは苦しい

私のfacebookのエントリにパレスチナ大使のワリード氏がこの言葉を貼ってくれました。



williamson


許すことは
いつだって簡単ではない。

許そうとする時、うけた傷よりも
もっとひどい苦しみを感じる。

それでもなお
許しなしに
やすらかな平安はない。



  
Posted by tentenwang at 21:53Comments(4)TrackBack(0)

2015年09月17日

一般公開向け対談します

来週日本に帰ります。
今回の滞在の中での講演で一般公開向けの対談はJIGHセミナーひとつだけ。
それも少人数なので、興味あったらすぐに申し込んで下さいませ。先着順です。


会費は3000円で全額、癌患者と家族のための場所マギーズ東京に寄付されます。(今回は席数がとても少ないので万一急遽キャンセルされる場合もご寄付頂ける方限定で)

ゲストは、マギーズ東京共同代表の鈴木美穂 さん


~~~~~~

「24歳でがん宣告困難から夢を描く生き方」

講師:maggie’s tokyoマギーズ東京 共同代表 鈴木美穂 氏
聞き手:坂之上洋子

■日時:2015年9月25日(金)19:30−21:00
■場所:JIGHオフィス(東京都港区赤坂6-14-2 赤坂倉橋ビル3階)
■定員:30名
■参加費:3,000円(JIGH会員は無料
全額マギーズ東京に寄付予定です。
■お申込方法: info@jigh.org までご参加希望とお名前・ご連絡先をお送りください。
担当よりご連絡いたします。

がんに直面し悩む本人、家族、友人らのための空間と専門家のいる場所をつくりたいと、鈴木さんが立ち上がりました。癌になり、そしてそこからどう人々を巻き込んで、マギーズ東京を実際に形に変えていけるのか、鈴木さんのお話は、たくさんの生きるヒントが詰まっています。
癌に関係ある方もない方も、勇気が出るお話になるのではないかと思います。

セミナー終わったあとにわたしで良ければ、本のサインもしますよ〜!遠慮なくです。
今回は、JIGH会員以外にも開放してますので気軽にいらしてくださいね!


2015-02-22-17-14-41
  
Posted by tentenwang at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月15日

中国で人気の日本人女優さん

ニュースです!!!!!ニュース! 大ニュース。
大親友で女優の松峰莉璃(りり)ちゃんが中国でまた君臨!!!!だよ。


莉璃(りり)ちゃんは尖閣問題の前は、助演女優賞をとったりエミー賞の審査員をしていたりという、実力派女優さんです。

私との対談はここ
yoko&Lili


しかし日中間が冷え込む中、彼女も大変な思いをしてきました。。。。
政治的にいろいろあると中国に住む日本人で仕事するの、まじで大変なんだから。ましてや表に出る仕事なんて本当に難しい。

今回、冬に撮影されてたドラマ<偽装者>では、日本人兵士の悪役をしたんですよね。
本当はこういう役は嫌なんですよね。。と言いながら。
そこで監督に、日本人の名前だから自分の好きなの選んでいいよと言われたので、私の名前にしたってw
「悪役かい!」と突っ込んだんですけど。
「まぁ、気分あげるために、よ〜こさんになっちゃいました」と。

しかし、なんとなんとその「洋子」さんが悪役なのにテレビドラマ見てた中国人の中で大人気!!!急上昇しちゃったのです。

変な前髪がかわいいと、日本の漫画のちびまるこ(中国語では小丸子)みたいって。
Weibo(日本でいえばtwitterみたいなSNS)上で、ついたニックネームが「チビ丸洋子」(小丸洋子)
12021759_10153097669775814_1813750250_n



そしてその洋子が昨日のテレビドラマの中で撃たれて殺されてしまったのです!!
そして、もちろんWeibo(微博・ウェイボー)上では大騒ぎ。
「洋子死なないで〜〜〜〜〜!!」「死ぬな〜〜〜」「殺さないで〜」
莉璃ちゃんのWeibo携帯が爆発しちゃった感じぐらい鳴り続けてるらしいです。

すごいです。莉璃(りり)ちゃん。
悪役なのに、こんなに中国人の心つかむって。

ほんと政治的な全然本人に関係ないことで翻弄されて、でも中国でけなげにがんばってる人です。

日本で全然知られてないのですが、この間、中国映画で浅野忠信さんの奥さん役したって話なので、日本でも上映されることになったら、莉璃(りり)ちゃんブレイクするかな〜。
ぜひ応援してあげて下さいませ。



lili
  
Posted by tentenwang at 23:06Comments(2)TrackBack(0)

2015年09月13日

結婚14年目で気持ちが戻ったって。

「結婚のずっと前」は、結婚する前の人の本ではなくて、長く結婚してて(そろそろ離婚って感じのカップルの危機を回避)してる、そんな話を何人かから聞いたことがあるのですが。

この方も結婚14年目でこの本で気持ちが戻った、なんて。
なんだか朝からメール見てテンション上がってしまいました。

==========================

はじめてメールさせていただきます。
洋子さんの書かれた「結婚のずっと前」と出会ってから洋子さんの大ファンになりました。
我が家では、「結婚のずっと前」をトイレに置いています。
そうすると主人が私に読んでほしいページを開いて、置いてあります。
直接夫婦で話すよりも、本を通して伝えるほうが何故かずっと心に響き、結婚して14年でだんだん相手への思いやりが薄れていましたが、この本のお陰でもっともっと良い夫婦になれました。
ささいなことで喧嘩が多かったのですが、喧嘩がなくなり、毎日厳しい顔をしていた主人の顔が本当にやさしい結婚した当時の顔にもどりました。

昨日も洋子さんのFACEBOOKから「犬も歩けば...」に書いてある記事をよんで、救われましたところなんですよ。
とっても辛いことがあって、今の自分の気持ちをどう処理したらいいかわからず。かといって誰にも相談できず、毎日泣いてばかりだったけれど、洋子さんの言葉で少し楽になりました。

なにか心に傷ができるたびに洋子さんを頼ってFACEBOOKをのぞいて、元気をもらっています。
洋子さんに、洋子さんの知らない誰かが洋子さんのお陰で幸せ、元気に生きていけれることを知ってもらいたくてメールしました。

==========================


結婚のずっと前

この本は、友人たちがすごく悩んでてその人たちに向けて書いた言葉をまとめたもの。
なので多くの人に何かを物申すつもりは全くありませんでした。(今もないです)
本になった経緯も写真家の野寺さんの企画でしたし。


なんだかこの本は、もう自分から離れてる。
独立して、ひとりで旅してるような気がしてます。

IMG_3214







  
Posted by tentenwang at 09:09Comments(2)TrackBack(0)

2015年09月11日

傷つくことから逃げない

ある人の傷が、ふと会話の間に少しだけ見えた時に、まるで自分の痛みのように感じられ「あぁ、」と思いました。

人が背負っている傷は、様々で、友情の亀裂かもしれないし、親や兄弟とのこともあれば、仕事の中のイザコザであったり。愛した人の事かもしれないけれど。

それぞれ、その痛みを(どう処理したのか)で、人の顔ってだんだん変わっていくのだと思う。

ちゃんと処理できたこと。
できなかったこと。
忘れたいこと。
忘れたくないこと。

全部、顔にでるよね。
傷ついて癒えない部分も含めて。


そして、苦しいことは、なぜだか人をとても魅力的にする。
思考が深くなるんだと思う。そして他人にもやさしくなれる。

FullSizeRender 7


だから逃げないで
ちゃんと傷ついていいんだと思う。
  
Posted by tentenwang at 13:09Comments(9)TrackBack(0)

2015年09月09日

10の鉄則がものすごく冴えてる


 
稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)

稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則を読みおえて、唸りました。

別にまちとか地方とかに関係なくて、起業したい人、仕事したい人、全員におすすめするなぁ。
娘が大きくなったら、あげよ、と思ったもん。



私は小さなNPOから東証上場企業の顧問まで、色んな形態の仕事のアドバイザーをしてますが、そこでも、たぶんこれととても似ているようなことを形変えて言っている気がします。

特に、第二章の まちづくりを成功させる「10の鉄則」が素晴らし〜です。

 鉄則 ‐さく始めよ →なんでも。

 鉄則◆(篏金を当てにするな →本当に「お金の扱い方」何事にも、これが肝です。お金は、その扱い方が未熟な場合、やりたいことが腐ってしまうと私も思う。

起業する人も、なにかやりたい人も、学生さんも覚えておいてください。最初潤沢な資金あるの、かなりの確率でうまくいかない。


 鉄則 「一生托生」のパートナーを見つけよう

 鉄則ぁ 崛完の合意」は必要ない

 鉄則ァ 崟莢鵑蟇超函廚燃亮造鵬鷦

 鉄則Α 嵳益率」にとことんこだわれ

 鉄則А 峅圓」を流出させるな

 鉄則─ 崚餌爛薀ぅ鵝廚郎能蕕坊茲瓩討け→ここの木下さんの話が本当に素晴らしい。淡々と撤退する。そして淡々とまたやる。だから、何度でも挑戦できる。

ここに成功するためのルールがさらっとですが、書いてある気がします。

 鉄則 最初から専従者を雇うな→まぁ、本物の商売人はみんな知ってることです。

 鉄則 「お金」のルールは厳格に→本当にそう。利益が出る前に、お金の配分を決めること。


私もたくさん失敗したり、回り道したり、うまくやれなかった経験が糧になって今の自分があります。でも、たぶんこのような鉄則を体で覚えているから、今、全ての貯金がなくなっても、すぐに立ち上がれる自信がある。


これ、サバイバル本ですよ。きっと。

  
Posted by tentenwang at 20:27Comments(0)TrackBack(0)