2006年01月13日

2歳の娘の保育園


現在私の娘は2歳半。中国の保育園に朝の8時半頃から5時半まで通っています。
普段は、保育園側に引き渡す時に
「ままぁー、やだやだ。いっしょ。がっこ いくのやだ。ままぁ」
と泣き叫んでいました。

まだ2歳5ヶ月だものね。
丸一日の保育園は辛いよね。。。
泣かれると私も泣きたくなります。

でも、今日、なんと、
「じゃねー ばいばいー」
とさっさと教室に行ってしまいました.....。

残された私は、「え?」

「えーー?」


「えーーーーっ???」






泣かれるのも辛いけど、そんなあっさり、「ばいばい」と言われるのも、なんか。寂しい。
親の心理は難しい(笑)

しかしこの娘の通う保育園が素晴らしいの。

まず先生がプロだし、人数が多い。
6人のクラスで先生が3人。
ご飯が3食おやつが2回でる。(その内容はすべて栄養士によって作られていて充実。果汁まで手作り)
週に3回英語のクラスがある(アメリカ人ネイティブ)
日本人の工作指導の先生がいる(日本人の親は私だけなので、日本人の先生がいるのは偶然だけど)

この保育園・幼稚園で圧巻なのは、教室だけでなく遊び場、入り口の飾りつけが毎週変わる。これはもう人件費の安さがなければできないでしょう。それがもうびっくりするくらい素敵な手作りの飾りつけなのです。

ようちえん2


ようちえん1



例えば、12月のカリキュラム(星組-2歳のクラス)

【語学発達】 
中国お正月爆竹を鳴らす習慣はなぜ?故事を教える。
遊戯 ウサギ Apple (英語の歌と踊り)
【音楽】 歌  1ヶ月で4曲くらい
【自然観察知能】 新年の習慣を教えるために飾り物の創作
室内に飾られた新年の飾りを見る事で色の認識を深める。
【空間知能能力】福文字の制作 子犬の貼り絵
点画を描く手を使ったお花の絵
【数】2006 を認識させる。
12345の順序を変えてもわかるようにする
【リズム】違った民族の楽器を使ってみる。リズムに合わせて打つことを覚える
【体育】 先月の遊戯の復習

はじめは詰め込み教育じゃない?かと心配したがそういう感じは全くしないです。

なにせ2歳というのは、「アテンションくれーーー」全開の時期。5分もほっておいて静かだったら何か悪いことをしていると考えた方がいい。このくらい色々ある方が子供たちだって楽しいのだろうなぁと思う。

でもちょっとだけ親離れされて寂しかった朝でした。



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
よーこさま

そうなんですよね。
泣かれると引き裂かれる思いになるけど、
簡単に「ばいばい」とか、「まだ帰りたくない」などと言われると、
えー???
それは何?いつもと違うの?
親離れは中学とは違うの?
などと戸惑います。

でも、「泣き」と「あっさり」の比が変わっていき、だんだん成長していくのですよね。
親も少しずつ子離れの準備をしていくのだと思います。
Posted by bigtreemam at 2006年01月16日 10:56
bigtreemam さん

本当に子供は段々少しづつ、そして確実に成長していくのですねぇ。なんかそういうのの連続なんですよね。親になって初めて、母親に「ありがとう」と言いたい気持ちで一杯なんですけど、親孝行したいときに親はいない。というのは本当で私の母はもう亡くなってしまったの。父親孝行しなくちゃ。


Posted by よーこ at 2006年01月16日 21:57