2006年01月17日

私にとって友人とは

私の「友人」という定義は、どんな時にでも側にいる、という事。

私は親戚に政治家がいて中学生の頃から選挙活動を手伝ってきた。
当選すれば人は集まり、落選すれば、まるで潮が引くように誰もいなくなる。

それがどういう事なのか、身体のどこかに染みついたのだろうと思う。

だから私は自分が友人だと決めた人たちに対して、「どんな時にでもそばにいる」という存在になろうと決めている。

特に調子に乗ってうまくいっている時よりも、最悪な時にこそ側にいれる人でありたい。

そういう考え方にバイヤスがかかっているとか友人の定義が違うとか言う人も多いかもしれない。しかし私の友人に対する気持ちは、家族がどんな時にも家族を愛するのと似ている。たとえそれで自分が不利になっても構わない。

今までそういうスタンスで人と接しそういうつもりで友情を築いてきた。普段はそんなことは言わないけれど。

世間全部が敵になっても、私はいつものようにあなたの側にいます。
Posted by tentenwang at 18:05│Comments(5)
この記事へのコメント
よーこさん

僕も同感です。大学同期が未成年飲酒でマスコミに叩かれているときに僕も同じことを思いました。

でも、自分が経営者になってから、世の中の計るモノサシではなく、自分が良い、と思うことを自由に追求できるようになって、僕はとても気が楽になりました。全て自分の責任ですからね。人から批判されようと、自分が良いと思えばよいだけですからね(企業サイズにもよりますが)

僕もその友人を一緒に応援したいです。

Mune
Posted by Muneaki Goto at 2006年01月18日 13:00
むねちゃん

ありがとう。
Posted by よーこ at 2006年01月19日 01:56
よーこさん、こんにちは。
将来の日本のために頑張っている日本人のモチベーションを一気に冷やすような出来事でした。
猫も杓子もコンプライアンス・ブームですが、グレー・ゾーンってビジネスには必要だと思っています(とりわけ中国では....)。白黒ハッキリさせないほうが良いことだってある。なのに無理やり「審判」を呼んでくるなんて!!
よーこさんの友人ほどスケールはでかくないのですが、私自身もこんなメに遭ったりしています。「頑張って!!」と伝えて欲しいなぁ....
Posted by ぐっち at 2006年01月19日 10:21
ぐっちさん

グレー・ゾーンってビジネスには必要、って本当にそうですよね。中国ってそれを知らないと仕事できない人ですよね。

でも日本ってまだ捜査段階なのにもう犯罪者扱い。米国から来た身からしたら驚きます。もっと内容がはっきり立証されてから、皆コメントすべきじゃないかと思いました。。




Posted by よーこ at 2006年01月20日 01:49
私も友達にも家族にもそう思ってもらいたくて
行動したけど
私の番になると誰もいなくて寂しい
何でこうなちゃったんだろう
私は何をしても足りない
Posted by ペッパー at 2019年08月20日 19:14