2006年02月10日

堀江さんのことを思う

私はもう何日も殆ど寝れていない。眠れても、うなされて起きてしまう。これが一時的な現象なのだろうということも、睡眠薬を飲めば多分眠れることもわかっている。

眠れない原因は、堀江貴文さんのこと、だと思う。

彼は私の友人である。彼とはオンザエッジの時からの付き合いだ。

オンザエッジはエッジになり、そしてライブドア、になった。

私はNYにいたので、彼がNYに来る時は必ず会っていたように思う。

ビジネスの話の時もあったし、気晴らしに自由の女神に行ったりしたこともあった。私が住んでいたコネチカットにも来た事もある。

正直に言って、私にとって堀江さんは本当に普通の友人だった。少なくとも私の前では、彼は普通の人だった。

特に私はアメリカにいたので、彼がでるテレビ番組は見れないし、書く本やブログも殆ど見ていなかった。しかし彼は私が日本に帰ると必ずお寿司を食べに連れていってくれた。カウンターで延々と二人で4時間くらい話し込む。

内容は、たいした話ではない。それこそ、あまり思い出せないから本当にたいした話ではなかったのだろうと思う。

ある時、彼といると回りからの視線をかなり感じた事があった。その時初めてこの人ってそんなに有名なの?と驚いた。

正直なところ、彼だって、私と会う時にはオフ状態だったのだと思う。私は彼と直接ビジネスにも関係ないし恋愛の対象でもないから気楽な仲間という感じだったのだと思う。

選挙の時も会う約束をしていた。さすがに選挙の為に会えなかったがその時初めて日本で彼をテレビでみた。
この人こんな無茶苦茶やる人だったんだ、画面で見る彼は、別の人のようだった。

それからも何度かメールでやり取りをした。それも取り立てて別になんといった話でもない。つまらない冗談とか。たわいのない内容だ。

それから2週間後、北京で取り付けたんばかりの衛星放送で、彼の家に家宅捜索が入ったというニュースが入った。驚いて彼にメールした。そうしたら、

「がんばります」

と一言だけメールが返って来た。

彼が拘置所に入ってから、少しの間は冷静に久しぶりの日本語放送を見ていた。映像の影響って大きいかもしれない。

少しして私は全く眠れなくなった。体のどこかが冷たくなっている感じ。昼間は普通に仕事をしていて頭は冴えている。全く疲れた感じはしない。それなのに夜もどこか切れたように全く眠れない。

「堀江さんとは、数ヶ月、話をしない事だってあるし、たいした友人じゃなかった。そう思えばいいよ。私がそんなに気になってもしょうがじゃない」
眠れない布団の中で何度も自分に言い聞かせた。その度にしょうもない事を話して過ごした時間を思い出した。
私にとってはやっぱりいい奴、だったのだ。

今回友人というのは何もできない存在なのだと痛切に感じた。恋人でも家族でもないわけだし出すぎた事もできない。

その上私はIT企業の役員なのだ。今、堀江さんと仲が良いというだけでどんなに立場が悪いか。

旦那が一緒になって心配してくれる。他の友人も心配してくれる。
大丈夫だから。彼なら復活するから。と応援のメールもあった。

私は、復活して欲しいのじゃない、と思う。彼がメディアで騒がれようが人気があろうが、なかろうがどうでもいい。

元気なんだろうか。病気になってないだろうか。孤独で精神的に追い詰められているんじゃないだろうか。何か必要なものはないだろうか。
しかし今日も単なる友人の私には、何の情報も得られない。

そして、私はまた今夜も眠れないのだろう、と思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50402333
この記事へのコメント
よーこさま、こんにちは、心中穏やかではないようですね。私も離婚騒動の時に親友から「何もしてやれないのが一番辛い」と告白されました。そして何も出来ないからと一度だけギューッとハグしてくれました。多分友達は「頑張れ」と言う思いを伝えたかったのだと思います。友達だけど自分は何も出来ないのが物凄く辛いんだなぁと思い知らされました。それから少しして親友が脳内出血で倒れました。ICUに居る友達にずっと生きていて欲しいと言う想いエネルギーを送り続けました。一番辛かったです。何も出来ない事が。現実という目に見える表面上は。だから少しだけよーこさんの気持が分ります。何も出来ないから友の親友達と乗り切って欲しいと言う「想い」を心から病室に居る友に毎日送り続けました。あれから2年たった今、友は奇跡的にわずかな後遺症を残し社会復帰しています。皆の頑張れエネルギーが伝わったんだって今でもそう思っています。
Posted by yu at 2006年02月10日 09:59
よーこさま
大丈夫でしょうか?

お嫌でなかったら、とりあえず、飲んで寝る事をお勧めします。

なぜかというと、妻と母そして仕事をしていらっしゃるからです。そのポジションが揺らいでしまっては、生活基盤しいては人生の基盤も揺らいでしまうかもしれないないからです。

友人としてのポジション、これも大事だと思います。
何も出来なくても、思いというものは伝わると思います。
今、彼に対しては実際のアクションは取れないと思いますし、彼を非難・中傷・誹謗する人は多いかと思います。
でも、そういう人ばかりではないと彼自身も気づいているはずです。たとえ少数でも、よーこさまみたいに彼の事を思っている人は必ずいるのです。
彼は大丈夫ですよ。
普通の人だとは思いますが、彼の強さを信じましょう。

よーこさま、
何より、睡眠をとって、気持ちがリラックスできるよう祈っています。

Posted by bigtreemam at 2006年02月10日 10:06
ウォーレン・バフェットさんがホリエモンのことを聞いたらどう思うだろうか?
きっと投資家の金をくすねる詐欺師、恥知らずだと言うだろう。
あなたの食べたお寿司には、名もない投資家の涙が混じっていませんでしたか?
Posted by バフェット at 2006年02月10日 14:00
いろいろブログを読みますが、彼の実際の友人のような方々は、あんまり否定していないような気がします。

ある意味失敗をしてしまったのですが、彼はまた成長して変えてくるような気がします。

今は試練だと思って、また一回り大きくなって帰ってくるんじゃないかと思います。

堀江さんの未来までが汚れてしまったわけではないと思います。

彼は負けないと思います、少なくとも応援しているひとが、ココにも一人いるわけだし。
Posted by よしすけ at 2006年02月10日 18:20
皆さん

コメントありがとうございます。
この件については、やはり色々思うところあり、あたたかいコメントすごく有難いです。
心が癒されました。

また、厳しいコメントを読むと、被害にあったり、被害にあってなくとも、単に不愉快に感じる方も多くいらっしゃる事も本当によく理解できます。

多分、私は書く事で、自分の友人たちにSOSを発信したんじゃないかと思うんです。すごく勝手で自己中心的なんですが、もしかしたら、私が助けてもらいたかった、のかもしれません。。。

なんか申し訳ないです。






Posted by よーこ at 2006年02月11日 01:33
ホリエモン情報

伝えられるところによれば、最近は拘置所で百科事典を読んで健康だそうです。しかし容疑の否認は続けているとのこと。
検察は13日に起訴する方針を固めたらしい。
99.9%の有罪率をほこる日本の検察が起訴するということは何を意味するかお分かりでしょう。
これから長い裁判が始まります。
この事件ではすでに自殺者(エイチ・エス証券副社長だった野口英昭氏)も出ており、ライブドア株で損失をこうむった投資家(投機家)は数知れず。
ホリエモンに対する風当たりはキビシイものがあります。
客観的にみて日本でのホリエモン復活は極めて困難な状況です。

Posted by 静香亀井 at 2006年02月11日 15:29