2006年02月19日

世界平和について考えていたら


米国の友人マクスウェルの友人が北京に来るというので行ってきました。
友人の友人の名前は、フェイドラ。彼女は超美人のキャリアウーマンでした。

で、国貿ホテルまで行って、彼女をタクシーに乗せて気がついた。

あ。今日は英語と中国語の通訳?(ーー;
でも、まぁ、なんとか〔笑〕

さて、彼女は、どんな人だったか。

超リッチな個人投資家の元に勤めている弁護士。
その投資家とは、ヒラリークリントンのプライベートパーティで知り合ったそう。

北京の投資先と新規投資先を見てリスク調査をしに来たそうです。
NYのブロードウェイ持ってくるらしいプロジェクトやとにかく色々面白い話に。

しかし一番の収穫は彼女のお母さんの話でした。

実は、彼女のお母さん、世界的に著名なNPOの活動家なのでした。

そして実は8月に広島で平和会議を主催しようとしているらしく、ノーベル平和賞を受賞しているスピーカー等も来る事になっているらしいのです。

そして、そのお母さんにの手伝いをしてくれないか頼まれてしまったのです!!

実は私かなり前から、「世界平和」について真剣に考えていたのです。「世界平和」なんていうとなんかスゴく仰々しくて恥ずかしいのですが。。。

よーするに、今後戦争が起こって自分や家族が巻き込まれないようにするには、自分が今何をすればいいか。ってことです。
アメリカに住んでいたので、戦争が非常に他人事じゃないんですよ。。。

そして北京で偶然ものすごく素敵な女の人に出会えて、二人でどうすれば平和について影響力のある事ができるか真剣に考え初めていた所だったのです。

つまり、とりあえず、何かやろう、と心に誓っていた、というわけです。

そこに、ひょっこりこんな話が飛び込んできたのって不思議なような気がしました。

でも、すごく驚いたか、と言えばそうでもないです。ビジネスをしてきて一番体得したことは、案外こういう事かもしれません。

「それがどんなに遠い目標でも、まずはやりたい、と思ったら、できる、と信じること」それからそれを「人に話す事」

自分の決心を人に話すことって大事。難しいし、勇気がいる。まぁ、10人中8人には無視される(笑)。でも、話すうちに、必ず何かが自分の回りで変わってくるのです。

そういうわけで、今回は、自分のライフワークになりそうな「平和に向かってのボランティア活動」の小さなステップが踏みだせそうです。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50410024
この記事へのコメント
よーこさま

素敵なチャンスが巡ってきましたね。
よーこさまなら、ご自身のパワーで貢献できるのと信じています。
「念ずれは通ず」という事はあると思うし、
人間を超えた意思のようなものは存在すると思っています。
ただ、そういったものを引き寄せるのも人間自身であると思います。
強い意志を持った人間には必ず、実行可能な条件が揃うはず…。

と思いたい私です。
期待しています。
Posted by bigtreemam at 2006年02月20日 11:49
よーこさん、
私も平和であることを願っています。
北京に戻ってますよ!!
Posted by ぺきんのぐっち at 2006年02月20日 19:56
がんばってください!
まさに「念ずれば通ず」ですね。

そういうオーラってやっぱりあるんだなぁと、思います。
Posted by りんこ at 2006年02月23日 13:02