2006年03月22日

がんばれ社長!の武沢さんとの再会

経営コンサルタントの武沢氏が北京にいらっしゃいました。
彼は多くの著作があり、大変人気のあるコンサルタントです。

考えてみれば、彼と私は、いつも違う場所でお会いしています。東京、名古屋、コネチカット、そして今回は、北京。

次回は上海で会いましょう!という約束をしました。ご縁がある人とは、距離が遠くなっても会えるものなのだなぁ、とつくづく思いました。

彼のメールマガジン「がんばれ社長」は多くの経営者に読まれている人気メールマガジンです。

なんと中国語版もあるそうです。国も越え、それだけ多くの経営者から愛されるメールマガジンはなかなかないんじゃないでしょうか。

内容も濃く、毎日送られてくるのですが、1週間に1回くらいは、結構ぐっ、ときたり、はっ、とくる話に出会えます。

最近私が気に入っているのは、

「美味しい柿の実は傷ついた枝になる」

というお話。

ベテラン農家ではそれを知っていて、故意に枝に傷をつけるなどして活用しているのだそうです。

でもなぜ枝が傷ついたら、美味しい柿ができるのでしょうか?

たぶん、弱っていると、根っこや幹が必死になってその枝を救おうと養分を送るからだろう、というのが憶測だそうです。

武沢さんは言います。

厳しい環境にあることそのものが成功の条件だ、と。

北京でビジネスをしていると「何にもない」「困難ばかり」と思ってしまいがちですけれど、そんな時、この柿の話を思い起こすことにしています。

傷ついた枝が美味しい柿の実を実らせる。
厳しい環境にあることそのものが成功の条件だ。

今の私にはとっても沁みてくる言葉です。

とてもいい再会でした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50446348
この記事へのトラックバック
昨日は、最近よくつるんでいるよーこさんの家で、 がんばれ社長!という巨大メルマガ...
ツッコミどころは魅力である【Toshi's weblog】at 2006年03月23日 03:12
この記事へのコメント
 はじめまして。当方もダンナが事業家です。
 よーこさんのような方やブログ中の方などの記事を読むと“私にはどんなことが出来るか?”と思うことしきりです。中国語にて失礼いたします。請多指点!!
Posted by lijuan5483 at 2006年03月25日 19:09
lijuuan5483さん

この間は楽しかったですね。こちらこそよろしくお願いしますー。
Posted by よーこ at 2006年03月30日 08:26
5
あなたは、各縫い針が痛みを経験するので、私を慰めていない、私を残して。
Posted by グッチ 店舗 at 2013年07月06日 17:45