2006年05月25日

上海で恋に落ちてしまった-


実はこの間の上海出張中に私、恋に落ちてしまいました。
と、言っても、相手は人間ではなく。。。(笑)
今度上海に設置する「オフィス」に、です。

実は、上海のフランス租界地区に「老房子」借りる契約してしまいました。

それもほぼ衝動的に。〔苦笑〕

だから一目ぼれ、だってーーー!!(><)

私は普通は、どちらかといえば、色々考えて悩む方なのです。だけど、「これだ」と思ったには決断能力めっちゃ早いです。

「老房子」というのは上海の古い建物で、まぁ、見る人が見たらボロボロなわけです。両隣の建物なんか、物干し竿を道に突き出して洗濯物を干しています。

その、パンツとかですね。干してるわけです。近所が。(−−;
でも、それも愛嬌。上海ぽいと言えば、かなり上海でしょ。
これって、ものすごいポジティブ思考?(笑)

借りた建物は、3階建て。

インテリアはもちろん、私がするわけですが、デザインの基本は、西洋風アンティークっぽい雰囲気+アジアにしようと思っています。

1階は座り心地の良いソファや椅子を置いてミーティングやブレーンストーミングが、できる場所にします。

それに15人くらいのパーティなら、充分開けるくらいの大きさなので、夜は、地元のデザイナーや雑誌関係者を呼んでだり、大事なお客様を呼んだりもできる。

ワインセーラーも置くつもり。(って飲めないんですが....。私)

2階の2部屋はオフィスね。
家具は中国のアンティークの机を選ぶつもり。
3階の2部屋はゲストルーム。トイレバスも二つあるのです。

それから、4階に小さなかわいいテラスがあるというオマケつき。

ここがまた素敵なの。

いれたてのコーヒーを持ってそこで瞑想すれば、新しいアイディアがどんどん浮かびそうな感じ。

北京に帰って、フィガロという雑誌を頂いたのですが、偶然に I love 上海特集でした。そこで今回借りた場所、フランス租界はオシャレな外国人が集まってきている地区として紹介されていました。

でも、今のところは、まだまだ落ち着いていて静か。古き良き時代って感じ。例えていえば、人が沢山やって来る前の麻布とか、アーティストが集まっていた時代のNYの昔のSOHOって感じかなぁ。

とりあえず、壁を塗ったり色々準備します。一応インテリアデザイナーとして米国で賞総なめした時期もあるし、まぁ、見てて。
私が本気だせば、結構素敵になるはず。

しかし当初は、IT優遇策もある浦東地区【北京でいう中関村みたいな特別地域】でのオフィス進出を考えて動いていた私のビジネスパートナーは、私の「恋」のせいで大慌て。登記とか、色々。

地区が違うので今までの優遇も受けられないかと思ったら、さすがに彼、昨日ちゃんと優遇税金率をもらう約束を上海市から取り付けてきてくれました。

そういえば、この人とビジネスする事も会ったその日に即断したの。スゴイ人と物は逃がさないって自分結構怖い性格かもって思いました(苦笑)

それにしても、上海には出張ベース。実際は住まないのに、よくこんなもの借りちゃったなぁ、と。我ながら大胆さに驚きます。
経費面で言えばありえない。だから「恋」なんですよ。

「恋」すると綺麗になるっていうし。(^^)でしょ?
ちょっとドキドキしています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50514483
この記事へのコメント
この間はお世話になりました〜。全身按摩は腰が涙が出そうなくらい痛かった。。。

をを、結局事務所のことは「告白」してしまったんですね。お互い胃腸は大事にしましょうね(笑)。
Posted by xiaomi at 2006年05月25日 10:16
ぼくも気に入ったときの決断は早いです。
新しい部屋もひと目で気に入ったので決めちゃいました。

それで昨日引越しが終わりました。
まだ片付けなどばたばたしてますが、来週あたり落ち着くので遊びにきてくださーい!

インテリアのセンスが結構気に入ったんです。プロのよーこさんにも見て欲しいです。

ぼくは自分がいいと思うセンスがあまり一般受けしない傾向にあるので、すでにできているのがあるとそれを全部買ったりします。今回の部屋もモデルルームをそのまま借りたようなものだし、洋服もマネキンが着ているのを全部買ったりします。プロがやってるんだからきっと間違いないだろう、みたいな感覚ですね。

なにはともあれ遊びにきてくださいね。
Posted by じゃんす@北京 at 2006年05月25日 12:03
なんか上のコメント、コメントというより個人的なメールになっちゃってますね。また改めてご連絡しますねー。
Posted by じゃんす@北京 at 2006年05月25日 12:04
5
上海のオフィス写真素敵でしたね。
いつかお伺いしたいです!


あーそれにしても、
今回完全に直るまでお手伝いしきれ無かった事が少々心残りです。

何かあればいつでも呼んでください。
私が役に立つことであれば^^;
Posted by じょんつんがん。 at 2006年05月27日 23:36
xiaomiさん

痛いということは弱っているっーことですよ!
またきてください。

じゃんすさん

新居素敵そうですね。
中国は家具がついているところが
多いので自分が好きなところを見つけるのなかなかむつかしですよね。わたしは目をつむって今のところに入ったのですが、なんかもー慣れてきちゃいました。(笑)

じょんつんがんさん

本当にお世話になりました!
すごくいろいろいやな顔ひとつせず、付き合ってくださり、ホントうれしかったです。
なんか二日でかなり仲良くなりましたよね?(笑)



Posted by よーこ at 2006年05月29日 00:28
3
自分の目の前では、いつもそこに一人で、場所を保存する必要があります。次に好きに始める。私は愛することができますどのくらいかわからない、私は愛する方法を知っていないか分からないのか、わかりません。ひとつの愛を待ちません。たぶん、誰も。しかし、待っているこの種のは愛そのものです。
Posted by グッチ トートバッグ at 2013年07月06日 17:45