2006年11月01日

北京で資生堂新ブランド発売記念パーティに行く

SUPREME AUPRESのブランドの発売パーティにお呼ばれしてきました。有名人ゲストも一杯の中国のセレブな集まり。

まず一般受付のところで、じーっと並んでいたのに、なぜかわたし名前がないわけ。ない。ないっ!!
え。やはり補欠?かなんかで名前ないとか?忘れられた?とか 弱気になってたところ、なんとわたしの名前はVIP名簿の中にありました。。。。しーん。

わたしなんかをVIPで呼ぶなよー。(―v―;なんかなぁ。ありがたいけど。恐縮でした。持つべきものは友、ですねぇ。(笑)


そんなこんなしてると女優の莉璃ちゃんと遭遇。
莉璃ちゃんは正統派女優さん風なのに、微妙なつっこみどころのツボが似ていて気が合う友人です。

彼女とおしゃべりしていたら、化粧品のイメージにあわせた中国人デザイナーによるファッションショーが始まった。

しかし資生堂さん、中国でも、いろんなブランド展開してますねー。

今回はAUPRESがちゃんとあるのに、その上でそれの上を行くブランドをつくるのかぁ。AUPRESの名前を引っ張ること自体はどーなんだろーか、と個人的には悩む。

他の欧米ライバルと戦うとか、万一のAUPRESブランドの危機がある時とか、そんなことを考えあわせても、まったく違う別名ブランドを作ったほうが便利そうじゃないかなぁ、とか勝手に思いながら。。。

それとも、SUPREME AUPRES がいずれAUPRESを飲み込んじゃうのかな。

ま、いいや。


オプレ















しかしパーティ自体は素敵にまとまってキメてたと思う。ボードに名前サインして、とかいうのもセレブ気分にさせてくれるし入り口で迎えてくれる男性黒服6人が185CMくらいあるハンサムでちょっと、普通の北京の女の子だったらびびったんじゃないかと思う。

パーティはカッコつけてる人達をどのくらい、びびらせるか、が成功の尺度だからねー。(笑)


カクテルも美味しいのかどうかは別として(笑)イメージカラーの紫で。

このパーティの裏方仕掛け人の友人が途中からそばに来てくれて色々話をしてくれました。このパーティすると決まってから開催まで1ヶ月間切っていたんだそう。

それでここまで、まとめたんならかなりスゴイです。

そんな話をしていたらNYから呼んだ中国人のジャズトリオの演奏が始まる。
すばやく私、彼女に聞く。

多少銭? 
いくらお金をだしてゲストをNYから呼んだのかあからさまに次々聞くわたしに
あんた中国人か!!??と突っ込む友人。(−−;


しかしこのパーティのことで滅茶苦茶働いていた友人、オードリーヘップバーンが着るような仕立ての良いドレスを着ててニコニコしてたが、これを仕掛けるの、どんなに大変だったか。徹夜も続いただろうなぁ。

それなのに疲れたそぶりもみせない彼女。

どんなセレブなゲストよりも一番カッコいいと思いました。





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50593578
この記事へのコメント
すごいパーティーですね。
私はクラシックなのですがアンサンブルを組んでいて、どうやったらそういうすごいパーティーで演奏できるのかなと日々考えています(笑)宣伝活動もしようとHPを作りました。こんな感じです。http://homepages.nyu.edu/~mk2675/flute.html 何か他にもこういう風にしたら呼ぶ側からするととてもいいなどちょっとアドバイスがあれば教えて下さい。
Posted by mina at 2006年11月02日 00:58
minaさん
聞きました。いい音ですね。

演奏はやっぱり、コネです。名刺をつくってこまめにこまめに営業活動が大事。

それとターゲットをきめること!
もし結婚式で演奏したいなら、結婚しようとしてる人用に、ウェブサイトを徹底的につくってみたらどうでしょう?

自分がお嫁さんならどの演奏家を選ぶか。。このHPをみて、連絡したくなるかどうか。自分たちが行ったら、どんな点が他の演奏家よりもベターなのか。

アピールが大切と思う。参考になれば。
Posted by よーこ at 2006年11月04日 12:03
よーこさん、さっそくお返事ありがとうございます!

アピール方法をもっと練っていかないといけないですね。やっぱりコネが大事な世界ですよね。

ありがとうございます!!
Posted by mina at 2006年11月05日 09:56