2006年11月22日

初体験!北京で治療


私はチャレンジャーである。自分でも、つくづくそう、思う。

昨日は、はじめてあることに挑戦した。

中国のプールや温泉で、背中にまるい青あざが沢山ある人を見かけたことはないだろうか?

そう、あれ。

★ 拔罐子(ba2 guan4 zi0)、一般的には 拔罐,拔罐 と呼ばれている。
辞書によると、、、、、
 〈医〉吸いふくべ,吸い玉(をかける).
 『参考』 吸引療法の一種.円筒形の容器の中でアルコールを含ませた綿球を
燃やし,体の局部にすぐにかぶせると中の空気が希薄になって皮膚によく吸いつく.
 それによって皮膚にうっ血を起こし病気を治す方法。
 
私はこの数週間咳が止まらずダウン気味。するとまわりの中国人たちがこぞって、コレがお薦めだ、と言う。

実は、私は明日から香港なのだ。せっかくの香港で咳なんてして苦しんでいる場合じゃない!できるだけ早く調子悪いの治さなくては!と怖さ半分、挑戦半分。

しかし写真を撮ってもらった私の背中。これ見るだけで痛そうーーじゃない?皮膚が盛り上がっているーーーぞーーー↓自分でみえないから良いけど、見えてたら絶対怖くてできないよね。
tama












さて、背中の青あざ。色気なーいっ!!。っていうかー色気ないどころか、これ、アメリカ人に見せたら、ホラー映画状態です…..。まるまるの青あざが背中いっぱい。
自分の写真とったけどあんまりみっともないのでアップしないことにする.....。(−−;


出来上がりの感じがどんな感じか見たい人は新聞のニュースで見てください

近日中に会う人には生で見せてあげる。見たくないか。あははは。。

で、実際の効果は??咳はというとなんだか確かに今日は収まってます。
じんわり背中があたたかい感じで、気持ちがいい。このまま治るといいなぁ。











この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50602112
この記事へのトラックバック
LA日記、ランダムになります。すいません。 今日はLAでもお世話になった現在帰国中のTさんから、おみやげを頂きました。 うーん、もうクリスマス。帰路、ヒルズのけやき坂を通ったけれど、イルミネーションまぶしかったです。 でもヒルズのイルミネーションより、...
もうすぐクリスマス【港区ではたらく女社長のブログ】at 2006年11月28日 01:53
この記事へのコメント
よーこさん、何はともあれ堰が少しひいた様でよかったですね。でもこれかなり痛そうですが大丈夫でしたか?
早くよくなります様に&お大事にされてくださいね。

あとアメブロのバグなのか、トラバがうまくいかないので、こちらに貼り付けさせて頂きましたm(__)m
Posted by Miho at 2006年11月23日 00:11
実は私、これやったことあります(笑)
しかも北京で。
具合が悪いところの痕は長く残り、そうでもないところはすぐ消えるよ、といわれましたが、そういえばどれくらい残ってたか忘れちゃいました〜。
Posted by ながさか at 2006年11月23日 08:46
MIHOさん

なんとなく無事香港入りできましたー。
咳はよくなりましたよ。


ながさかさん
あなたもチャレンジャーねーーー。

普通は20分なんだそうだか、私は10分くらいしかやらなかったと思う。痛くて。(笑)

Posted by よーこ at 2006年11月24日 01:10