2007年03月07日

中国語だけを話すベビーシッター

やっと見つけたベビーシッターさん。

我家はね、条件が難しかったの。


1子供が好きで
2中国語しか出来ない人。


2がムツカシイ(笑)


しかし、どんぴしゃのしっかりとした中国人の方を見つけました。

とっても、いい人なので満足。

あーーー、これで思う存分、夜遊びできる。ち、違うか。(笑)

また、娘は昨日から、近所のインターナショナル幼稚園に通い始めました。ここは完全に英語だけの幼稚園。

日本語は全く教えていない学校なので日本人はあまりいない。
クラスにひとり、かな。あとは世界中からきた子どもたち。


で、娘はこんな感じですごしている。

朝7時ー9時 日本語
9時ー3時 幼稚園 英語
3時ー7時 ベビーシッターさん 中国語
7時ー9時 日本語か中国語か英語


3ヶ国語一緒にというのは、いかがなもんだろう、と少しは心配だったのだけど、結構、平気みたいで、ちゃんと3ヶ国語をきちんと使い分けている。

3歳ってたぶん脳みそがやわらかいのね。







この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50641798
この記事へのコメント
て、てんちゃん、すごい・・・。
将来が楽しみだね。
Posted by xiaomi at 2007年03月07日 01:17
日本語の普通のベビーシッターさんも日本にはあまりいないようですよね?
そういう習慣が根付いて価格も手ごろになって母親の負担が減ると良いと思いますよ。
私もそのパーターンの変形で現地のスペイン語の保育園、英語しか話さないベビーシッター、自分は日本語で話しかける。。。を検討してみます。
幼児の脳ミソは驚異的に賢いようですから3ヶ国語教育はチャレンジする価値大いにありますよね。
Posted by やえみ@執筆中 at 2007年03月07日 04:33
我が家の場合、これは経済的に無理なような気がする...
日本人のいないインターナショナルスクールって、高そうだし!
いやいや、目標が高くなって良いです^^;
Posted by ケリー at 2007年03月07日 05:37
xiaomiちゃん

まったく、ど、どもるよね。将来結婚相手の国籍の幅がひろがっていいよね。(笑)

やえみさん

ぜんぜん平気で使えてますよ。3つ。
ぺらぺらです。おかしいのは、中国人が下手な日本語で話しかけても中国語で返します。日本人が下手な英語で話しかけても、無視して日本語で返事します。彼女はネイティブかどうかとっさにわかるらしい。(笑)
チャレンジしてみてください。


ケリーさん
ムリって言ってはだめなのよ。無理じゃなくてよしとくわ、
ならいいけど。(笑)
言葉って潜在意識のもとだから。
わたしは決して、ふけたー、おばさんだから、とか言わないように気をつけてます。言葉って怖いもの。あはは。




Posted by よーこ at 2007年03月07日 21:35
よーこさん、ありがとう!
ちょうど昨晩、J.マーフィーの「眠りながら成功する」を読んだんです。
潜在意識の重要性に気づかされました。
ポジティブな言葉をどんどん使って、潜在意識を味方に付けて、パワーアップしていきます!
Posted by ケリー at 2007年03月08日 02:45
はじめまして。
古いエントリーにコメントで恐縮ですが、ちょうど今日ジム・ロジャースの中国人ベビーシッターの話をブログに書いたところだったので、初コメントさせて頂きます。
http://www.ladolcevita.jp/blog/global/

日本語、中国語、英語の3ヵ国語教育、勇気づけられます!
シンガポールに住んでいるので中国語のベビーシッターさんは見つかるような気がします(子どもがいないのに気が早い)。

ブログ、楽しみに拝見しています。
Posted by la dolce vita at 2008年10月20日 23:27
la dolce vita さん
初コメントありがとうございます!
la dolce vita さんのブログ、知的で素敵ですね。
シンガポールだと日本語、中国語、英語やるインターナショナルスクールあるみたいです。
でもどこに重きをおくかといえば英語みたいですが。。

3カ国語きちんと読むことができるようになればなぁ、と思うのですが、中国語が難関ですよね。なにせ必須漢字8千。。苦笑
Posted by よーこ at 2008年10月22日 00:52
おー、ご本人からお返事頂き感激しています

うちは夫(オーストラリア人)が中国に住みたいらしく、「キミさえよければ、僕はいつでもready」と言われています。
そんなこと言われても、わたし恥ずかしながら中国本国行ったことないんですよねー

さすがにこれはいかん、と思い、今度、北京と上海を回って友人に話を聞きまくるつもりです。
Posted by la dolce vita at 2008年10月22日 12:10