2007年03月20日

プロポーズのことば

それってありえんやろ、という私の叔父の結婚式に出席してきた。
前編はこちら。

というわけで。。。24歳年の差のある結婚だけでも、親戚一同ひっくりかえるくらい驚いているというのに


驚くことに叔父はいつのまにかクリスチャンになっていた。。。。

彼女がクリスチャンだったらしい。


で、式は教会であげられたのでした。

牧師さんがとっても良いお話をされて、ちょっと感動してうるうるしてしまいました。でも本当にクリスチャンだからこそできる、素朴でしっかりとした素敵な式でした。

初めて新婦をみた私のいとこたちは彼女のあまりの美しさにびびりまくっていました。

そりゃ、驚くわな。ほんと綺麗なんだもん

結婚













いとこが、つぶやいていた。

叔父さん、昔エンヤが好きって言ってた。わたし、たぶん演歌と言ってたんだと思ってたんだけど、本当にエンヤだったのね。。


2次会で私たちは新婦に詰問しました。

『本当にいいんですか?』

結婚式の2次会でこんな質問をするほうもするほうだが。。

『えぇ、とてもやさしいので。。。』

『プロポーズのコトバなんだったの?』

『え。あの。僕の年金の受取人にならんか?、でした』


一同絶句。。。。で、爆笑

だから世の中、現実は小説よりすごいことがおきる、と言われているんだわなぁ。

しかし、人と違うことをするの、まぁ私も同じだし。それを誰が、とやかくいうことが必要だろうか。


だってそこに愛がある。そーゆーうことが一番大事なのよね。

しかし、年金の受取人にならんか?というプロポーズは、ある意味すごい。
叔父さん。えらい。

叔父様、もうお酒もやめ!大事にして差し上げて下さいませ!!!!!!!!






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50646707
この記事へのコメント
前回の日記といい、今回の日記もしみじみ、いい話ですね...

しかし、いとこさんのつぶやき、
「叔父さん、昔エンヤが好きって言ってた。たぶん演歌と言ってたんだと思ってたんだけど、本当にエンヤだったのね...」
笑えるーーー(爆)!!

伯父さま、お嫁さま、どうぞお幸せに!!
Posted by ケリー at 2007年03月21日 05:11
おめでとうございます。
実家に帰省されていたのは、
そういうわけだったのですね♪
幸せな話はいつ聞いてもいいものです。
ハッピーな気持ちをシェアさせていただきました!
ありがとう
Posted by YUMING@神戸 at 2007年03月21日 10:11
5
センスありますね、叔父様。
そういうの、大好き☆
Posted by 大田朋子 at 2007年03月22日 11:30
ケリーさん
ありがとう。ほんと心あたたまる結婚式でした。
でもエンヤの話は笑えた。。。

YUMINGさん
はい。シアワセの伝染をしていきたいと思います。

大田さん
せ、センスあるってゆーんでしょうか。こーうーの。。
(−−;あはは。
Posted by よーこ at 2007年03月22日 20:55