2007年04月03日

それ、頼めるか?

昨日北京の義理の母から電話あり。

『そうそう、あなたたちが作ったソファのカバーできてたから、4月11日に日本に行く人がいるから、その人に預けたから。(´▽`)』


『ソファのカバーといっても荷物になるから、今度北京に帰った時に自分達で持って帰りますよー』

『いいの、いいの、もう頼んだから』

わたし。ううううう。と思う。
もう中国人との結婚も長いので慣れているけど。

中国人本土の人たちは、一般に海外にお金を払って物を郵送するという観念は薄いらしく。かなりの部分、海外出張する友人による手渡しとなる。

だから、外国を飛び回っている私たちが中国に帰る時には、中国人の友人達からその家族への贈り物の山を運ばなくてはいけなかったりする。


その他人から他人への贈り物が自分のスーツケース一杯になって、日本人の私はキレそうになった経験もある。

どーして私があんまり知らない友人の親戚への贈り物で自分の荷物で自分のスーツケース一杯にして重い荷物を運ばないといかんの!!
中国人って、ほんと遠慮しないよなー。とか。

でも、箱をひとつ海外へ送れば1万円くらいはすぐにかかる。とても貧しい国であった中国にそんなに贈り物を届けることもできなかったのよね。でも遠く離れた家族に何か届けたい。だから飛行機に乗って帰ることのできる友人に頼む、という構図は普通に出来上がっていったのだと思う。

中国人は、そういうのって、昔から、たすけあってきたから、華僑とかあるし、支えあって海外でコミュニティが形成されていくのよね。


そんなモノを運ぶか運ばないかくらいでキレるガイジンの奥さんがいるのも旦那にとって可哀想なので、ある時から観念して荷物運びを受け入れることにした。
今では何か持っていこうか?と聞いてしまうほど中国人化した私。

それでも自分がしてもらうのはやっぱり気が引ける。


私は義理の母に聞いた。
『それ、いつ届くんでしょうか?』


『11日よ。温家宝首相の来日同行する人にあずけたから』

『..........』


そんな国家の大事な飛行機に乗せちゃいかんだろーが。いくらなんでも。
ただのソファカバーだし。

フツー日本人だったら頼まないと思う。
わたし総理の海外外交に随行する人に荷物渡せないもん。(笑)





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50651645
この記事へのコメント
ヒューストンはメキシコ人が多いですが、このエピソード、彼らに通じるものがあるなあ...メキシコ人も、家族とか友人の結びつきが強いですよね。総理の海外外交に随行する人に荷物を渡すかは分かりませんけど(笑)
Posted by ケリー at 2007年04月04日 02:58
次回はぜひ首相にお願いしてほしいデス。
Posted by りんこ at 2007年04月04日 12:56
5
はじめまして、いつもRomさせていただいてました。
思わず(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウンとうなづいてしまいました。

私も荷物運び屋として用事を言付かることしばしば。
別に私は中国人の夫も親戚もありませんが。。。
なぜかあまりよく知らないの爺さまに富有柿を1ダース持って香港人に届けたことがあります。
食べさせたかったんだろうと思うんだけど。。。
めちゃ重〜かったです。

今回は日本人の友達から御使いを頼まれました。
今回も重い荷物で香港入りとなります。
とほほ〜
Posted by 黎英 at 2007年04月04日 21:48
ケリーさん

メキシコ人、とかイタリア人とか近いかもー。

りんこさん
言わないで。やりそうだから。旦那の家族。笑)汗

黎英さん
柿ですかー。笑
日本人でもするんですねー。重い荷物お疲れ様です。でも運ぶ度に友情が深まりますよー。
Posted by よーこ at 2007年04月06日 01:51
うぇんじあーばおの飛行機によーさんのソファカバー!!
爆笑!!爆笑!!わたしも温家宝こっちに戻ってくるときに暮らしの手帖買ってきてほしいくらいだ!!
Posted by 5! at 2007年04月06日 02:10