2007年04月06日

眠れない

友人がきっと悩んでいる。そう思ったら眠れなくなった。

友人というのはムツカシイ距離だよね。親族でもなし。恋人でもない。
まして愛人でもない。(笑)


だから、友人がどん底にいるのを知っていて、でも。

一体何をしてあげられるんだろう。

そう。何もしてあげられない、ですね。結局。


なんだか、眠れなくなりました。
で、だから、って誰も良くなる訳でもなし。。。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50652459
この記事へのコメント
難しいですね。
今日(昨日)、知り合いの社長が廃業をされました。
年齢的には大先輩ですが、よき仲間でした。
何もしてあげることはできませんでした。
Posted by ハリー堀 at 2007年04月06日 03:37
そのお友達の問題が解決されてそのお友達が最高の笑顔でいる姿をイメージしてあげること、そのお友達にはそういう笑顔が値するのでその状態が必ずやってくると信じてあげることがよーこさんのしてあげられる、とても価値があって効果があることかと思います。
そういう風にそのお友達のことを信じていることやそのお友達の笑顔をイメージしていることを言葉で伝えるのも更に良いと思います!!
Posted by やえみ@執筆中 at 2007年04月06日 03:39
以前と全く変わらずに接するのが、良いのではないのかな...例えば、食事に行ったり電話で話したり。私だったら、変に慰められたりしたら、逆に落ち込んでしまうこともあります。
Posted by ケリー at 2007年04月06日 05:51
「なにもしてあげない、」ということも

「なにかしている」ことの一つかもしれませんね。
Posted by よしすけ at 2007年04月06日 07:55
ハリーさん

本当にムツカシイですね。。。

やえみさん、ケリーさん

ありがとうございます。そう、何か伝える手段があれば、もっと楽かもしれません。今は顔も見れない状況なんですよね。


よしすけさん

そう、ですね。それも友情ですよね。






Posted by よーこ at 2007年04月10日 00:10
「いつも心では寄り添っているよ」って、
一言伝えてもらえるだけで
元気がでることもあります。

窮地に陥ったとき、心は弱くなっていることが多いので
急にみんなに声を掛けられなくなると
いつもなら友人は見守ってくれていると思うところでも
悲観的になることもあると思います。
Posted by ちゅる at 2007年04月10日 23:10
ちゅるさん

そうですね。なんか、わかります。うん。なんとかします。ありがとう。
Posted by よーこ at 2007年04月12日 00:03