2007年04月25日

娘に教えたいこと

今日は、コマースの女王様(?)である、らむねさんとランチ。
娘さんが小学生なので働くママとしての経験は先輩。いろんなお話が勉強になる。彼女はいつも自分のことを反省しながら前向きな方。ママとしてちゃんとやってない、とか言ってらしたけど、全然そんなことない。

素敵なママだと思います。しかし考えさせられたなぁ。。。

子供育てるって大変よね。

そこで私がママとして娘の教育で大事なんじゃないかなぁ、と考えていることを少し書きたいと思います。

大人になったら、働かなくてはいけないじゃないですか?
お金を稼がなければならないよね?生活のため。

ところが、働く基本って、ってあんまり教えてもらえない。

私たちは、娘に財産を残すつもりはこれっぽっちもない。笑
自分達で稼いだものは自分達で使いきるんだもんね。あはは。
大学費用くらい、行きたいならば出してもいいけれど、大学院費用は出さないつもり。行きたければ、自分で稼ぐか奨学金をもらえばいい。

つまり、大学入ったら、自分のことは自分でやれーと追い出すつもりなの。

でもそれまでに、何を教えておくかって大事だと思う。


どこの会社に入っても、かわいがられる OR 自分で会社をしても、役にたつ基本知識。

PLだとかバランスシートの読み方。 
マーケティング能力。
コミュニケーション力。
マナー。
それから、お金の稼ぎ方、お金との距離のとり方、お金の使い方を教える事って、とっても大切だと思う。

例えば、マクドナルドにアルバイトで勤めても、なぜそういうシステムで動いているのか自分がどこの駒として動いているのか把握できる能力。
レストランで食べている時に、席が何回回転しているか。仕入れはどのくらいなんだろう?と考える力。


NYの超高級フレンチレストランでも、上海の場末のBARでも、東京の安い居酒屋でも、どこでも浮かないって事も非常に大事な開発しなくてはならない能力のひとつだと思う。

どこでも自然に普通に振舞える力。

曽野綾子さんが自分の子育てに話されていたエッセイの中で、子供の頃から、年に1回は、超豪華なレストランに子供を連れて行っていたそう。

たかが豪華というような事くらいでビビるような子になって欲しくない、というような事が書かれていた。

本当に同感。

同時に貧乏な国であったり、非常に苦しい境遇であったりする状況の人に対してにも敏感であって欲しい。

大統領に会っても、日雇い労働者に会っても平然と、しかし相手に同じリスペクトを持って、普通に話ができること。

そんな、偏差値で計れないことばかりが、実は生きていくうえで大切なんじゃないか、って思う。


なんか。熱いですね。教育ママだな。わたし。。。苦笑

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50658738
この記事へのコメント
>自分達で稼いだものは自分達で使いきるんだもんね。あはは。
私もここの部分笑っちゃった。でも、よーこさんの場合、使いきれないのでは・・・^^;

よーこさんんが書かれているように、何事にも臆することなく、そして同じようにリスペクトできるということは非常に大切だと私も思います。

子育てまだまだ先は長いし、お互い気を張らずに、でも緩急つけて、やっていきましょう。
Posted by YUMING@神戸 at 2007年04月25日 06:50
はい、熱い教育ママです(笑)!
でも、よーこさんならあくまで自然にさらりと教育されていくんでしょうね。
ところで、よーこさんはご両親からどのような教育をされたのですか?
印象に残っているエピソードなど、ありますか??
Posted by ケリー at 2007年04月25日 06:50
ケリーさん

私の母は挨拶とかの躾に厳しかったです。
とても小さい時に、挨拶ができなくて叩かれたことがある。叩いちゃ駄目だよねぇ。笑

YUMINGさん
子育てまだまだ先は長いし、気を張らずにというのは大事ですよねー。ほんとうに。
Posted by よーこ at 2007年04月29日 23:18