2007年05月30日

コンセプター坂井直樹氏とフレンチ

今日はうっとりするようなランチでした。

と、言うのも仲良しの右脳の社長の進太郎くんが、日本を代表するブランドコンセプターの坂井直樹氏をご紹介下さったのでした。

私は坂井さんに会うことが決まって自分の名刺どうしようかうなされたの。(笑)
実は、私の名刺って簡易で文字の大きさとかフォントとか指定できなかったので滅茶苦茶なダサい仕上りだったのね。。。

そうなるかなぁ、と思ってはいたんだけど(汗)バックに入る絵が気に入って買ったわけ。でも、やっぱりフォントとか文字の指定ができなかったので、出来上がりが自分的には耐えれないものでした。


(私の昔の会社は名刺にかーなりお金をかけてたのです。名刺って第一印象でしょう?とっても大事だと思うの)

でも今もう会社じゃないし。数百枚も刷っちゃったし、とか。
『もったいないしー、ま、いいか』と使ってたわけ。(苦笑)

坂井氏は、私の中のこういう『ま、いいか』を一番見られたくなかった方でした。

ご存知の方も多いかもしれないですが、坂井直樹氏は、革新的なアイデアで知られる方。

カワイイ自動車のブームを作りだした、日産自動車の「Be-1」「パオ」「フィガロ」「ラシーン」スズキからオートバイ「SW-1」、トヨタからは「WILLコンセプトカー」を世に送り出し。。。。オリンパスの「O-product」というカメラで筺体をアルミで作るという、世界のカメラデザインの新しいスタンダードを作った人。


お話してみてつくづく思いました。滅茶苦茶カッコいい。この人。
なにがって?

今彼が考えているコンセプトが新しいの。常に挑戦してる。

そういう、さびないところが、すごいと思う。かっこいですー。

私はその後、オフィスに再び戻って坂井さんのマックで彼のポートフォリオを全部見せて頂きご本人にCD焼いてもらったりしたわけ。(ずうずうしいわよねー)苦笑

彼と自分では、全然レベルが違うけれど。。。

はちゃめちゃなところ、似てるところあるかも。なんておこがましいか。

とっても刺激的な日なのでした。





デザインのたくらみ


自分探しのブランドブック―エルメスなひとグッチなひと


エモーショナル・プログラムバイブル―市場分析、ブランド開発のためのマーケティング・メソッド


モノのカタチ―20世紀デザイン進化論

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50695055
この記事へのコメント
常に挑戦し続ける人=さびない人。。。
どこの世界においてもステキな人の共通点のひとつなのですね。
はちゃめちゃなところ、、おこがましいですが私もそこは当てはまります(笑)…失礼しましたー。
Posted by ちぐりん at 2007年05月31日 11:55
ちぐりんさん

はちゃめちゃって、最近すごく大事なことかなぁ、と思う。

え?そうくるか?と、思われるんだけれど常識はやぶっていかないとね。
Posted by よーこ at 2007年06月02日 01:04