2007年06月08日

娘のことで、涙がでてしまった。

今日は娘の幼稚園の卒園式。

もちろん娘は卒園しませんが、各クラスでの歌とダンスが披露された日でもあったのです。

昨日幼稚園の先生から、実は娘は決して歌とダンスの練習をしないのだ、と言うことを聞かされていました。

私は『え???』と言うしかありません。

だって家では歌うし、ダンスもするし。

それに中国の幼稚園にいた頃は、真ん中で歌って踊ってをしていましたから。そう言われても、どの程度かあんまり理解できていなかったのです。

そして今日はオリンピックセンターの会場で200人くらいいる前での発表会。
ちょっと心配でしたが、あんまり気にもせず父兄席で見ていました。

そして娘のクラス。

10人くらいいるクラスメートは、楽しそうに歌って踊っている中で、娘は、ひとりまったく動かず。


まったく、ですよ。微動もせず。


それも恥ずかしがっているというより、私は絶対にやらない。という意思の元動いていない感じ。

あの状況で動かないでいるほうがムツカシイ、と思う。

歌が覚えられなくてできてないというのでは絶対ないの。実は彼女は同じ歌を1年前に聞いて覚えている。家では歌うし同じ振り付けもしているのを見たことがある。
あがって緊張している、というのでもなく。

かたくなに体を硬くしてまっすぐ立ち尽くしているわけ。

そんな彼女を見ていたら、私どうしても涙が止まらなくなって泣けてきてしまいました。

娘の幼稚園の学芸会で涙だしてる親というのも相当、外から見たら情けない、というか、馬鹿というか。昔の自分だったら、そんなことで泣くなんてありえないと思うんだけど。苦笑

でも3歳の娘が今まで何も言わず、でもずっと抱えていた大きなストレスを急に見せ付けられたような。

涙が止まらなくなって、スカーフで顔を半分隠して見てました。

中国語もさせて、日本語も使わせて、その上学校は英語のインターに通わせるなんて、やっぱり無理させすぎかな。

本当は中国の幼稚園ではリーダーだったのに、突然日本で完全英語の幼稚園に行かされて、コトバができない為に自分の性格が発揮できなくて。
そんなことがたぶんかなりショックだったのかな。。

まぁ、オトナでも留学すれば、どんな人でも3ヶ月ぐらいは、おとなしくなるわよね。

私が涙ぐんでいるのに気がついたのか、隣に座ったクラスメートのアメリカ人のママが

うちの子なんかワンセメスターずっと泣き続けだったんだから、と慰めてくれました。

やさしい言葉が身にしみたん。









この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50703664
この記事へのコメント
ようこさんのお嬢さんと同じ(?)こと、昔私もしました(笑)
幼稚園では、クラスのリーダー&ガキ大将でした。
ところが、小学生になって、授業中に先生に指されても絶対何も言わない(答えは分かっているのに)ような子になったの。
授業参観でその様子を見て、母はかなり驚き&悲しんだようですけど。。。
その時の私の気持ちは「なんでみんなの前で答えを言わないといけないの!」だったんです。
発表しないことが悪い事なんて全然思わなかったです。
すっごい単純な理由でしょ?だって子供ですもん♪
当時の事は、笑い話になってます。
こんな話でようこさんの不安が拭えるのか分からないけど、一時的なものだと思いますよ。
お嬢さんいい子だし、大丈夫です♪



Posted by ハルエボ at 2007年06月08日 22:22
ご無沙汰してます。

Tちゃんと僕とでは全然レベルが違う話しかもしれませんが、僕は7歳〜10歳で小学校を4つ転校しました。
特に関西圏から静岡に転校した際に言葉の違いにかなり戸惑いを感じた事を記憶しています。
でも後々そういった経験が新しい環境に馴染んでいける能力としてとても役立ってきたなと実感しています。

きっと国際人Tちゃんなら環境適応していけると思いますよー。
Posted by じょんつんがん。 at 2007年06月08日 23:38
なぜ踊らなかったのか聞いてあげて。
必ず理由はあるから。
そしてその理由は理解できるはず。
まず、理解したうえで、
○それが解決できる問題なのか
○できないとしたら、よーこさんとして、どういう理由でそうしているのか説明する。
すぐにはわからなくても、何度も何度も話していくうちにわかるようになりますよ。

Posted by YUMING@神戸 at 2007年06月09日 09:32
3歳のお嬢さんの宇宙ってどんななんでしょうね。私達大人にはうまく想像できないですね。お嬢さんが日本に慣れて日本の生活を心から楽しめるようになれるようお祈りしてます。
よ-こさんのお嬢さんは、夫婦関係がきわめて良好な両親に愛されながら共に暮らしているんですから、それはすごいことですよ。そういう環境をお嬢さんに与えているよ-こさんは本当に素晴らしいんですから自信を持ってください!
Posted by やえみ@執筆中 at 2007年06月09日 16:02
↑にも書かれてるけど、そう、まず聞いてあげるのが最初だね。
上手く説明できないかもしれないけど、もう立派に理由がある年齢だから。それを聞いたら、そこから先はよーこさんとご主人の方針だよ。
二人の子なんだから、大丈夫。
Posted by ritsuko@CA at 2007年06月09日 16:18
やっぱりよーこさんの娘さんだけあって、強固な意志をお持ちです。
そんな幼少時から、思ったことを揺るぎなく貫き通せることに感服しました!
すでに大物の片鱗が垣間見れます。

抱きしめてあげて、沢山会話をして、暖かく見守るだけでいいような気がします。
うちの娘には、到底できないことです。
普通の子どもだから、周りに合わせてしまうと思うのです。

母としては「他人から見たら、変なところがたくさんある人物に育って欲しいです。
そのうえで、自分に変なところがあることを認識していて、普通の話ができる大人に育って欲しい。」と思ってます。

そうそう、娘の帰国が来月の7日に決まりました。
翌週は家族旅行で香港ディズニーに行きます。
それ以降でしたら、お嬢さんの予定に出来るだけ合わせますので、娘同士遊ばせましょうね。
メールお待ちしております。
Posted by 由由 at 2007年06月09日 20:11
ハルエボさん

このメールでどんなに励まされたか。。。ううう。ありがとう。あんまり気にしなくてもいいのかなぁ。

じょんつんがんさん
順応性も大切よね。そういう風に捉えてもらえるようになればいいんだけど。
そういえばお話したいことがちょうどあり。直メールください。

YUMINGさん
理由は、笑われるから。笑われるのがとっても嫌なんだそうです。うーーーん。相手は誰にしても悪気ないと思うんですよ。だからどう対処すればいいかわかんないです。。




Posted by よーこ at 2007年06月12日 07:11
やえみさん
ありがとうございます。ほんとうに。
私も旦那も娘になりたいとよく冗談を言います。でも親になるってむつかしいですね......。

ritsukoさん
笑われるのが嫌と言われても、どうすればいいのかわからないん。戸惑うばかりです。

由由さん
しかし頑固というか。頑固すぎる性格にほんとうに驚いています。。。娘さんが帰ってくるの楽しみですね。連絡しますー。
Posted by よーこ at 2007年06月12日 07:19