2007年07月03日

七夕のお願い事

図書館に七夕の飾りつけがありました。
子供たちが短冊に願い事を書くことができます。

娘はまだ3歳で字が名前くらいしか書けません。
でもいろいろとミミズ文字を真剣に書いています。

『なんて書いたの?』

『ママとパパが、わたしになりたいと言うので、わたしみたいになれますよーに』


Σ(´д`;)なんか。。。女の子はいろいろ言うなぁ。 ははは。


私は田舎の普通の家庭の子で、海外なんてオトナになるまで行った事なかったし。

旦那は子供の時、ひどく貧しかった。靴下が1枚しかなくて、冬洗うと乾かなくて履くのが辛かった、という記憶を今でも笑って話すくらい。


世界中の人に出会い話を聞く機会が小さい時からある環境とか。
食べるもの、着るもので苦労していないとか。
ありえないくらい、あなたがうらやましいわぁ。。ってそういえば言ったことがあるわ。笑


与えすぎず。(私たちは本以外のおもちゃは、ほぼ買いません。最近は汚さなくなったので本もほぼ図書館から。笑)

何でもありがたいと手をあわせて心から感謝できるような子になって欲しいです。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50722043
この記事へのコメント
会社で七夕イベントするんです。笹に短冊、浴衣にかき氷まで準備してます(笑)ハワイの七夕、どうなることやら…
与えすぎず、、という教育方針に納得させられました。
Posted by ちぐりん at 2007年07月03日 16:53
ちぐりんさん

七夕イベントいいですねぇ。私はフランス人のパーティで七夕のたの字もでなかったので、日曜は七夕モードにするつもりですー。
Posted by よーこ at 2007年07月08日 01:06