2007年10月23日

インフルエンザ接種、どうやら効かないらしい。。。

私は娘が熱が出たり、咳がひどくなると、一応病院に連れて行く。(つれていかないと旦那が発狂しそうになるので( -д-)ノ)

医者から風邪だと言われると薬はもらうけど、私はほぼその薬は捨てている。
風邪ぐらいは自分の力で治さないといけないと思っている。

娘は夜中ごほごほ苦しむので、こちらは眠れないししんどいけど。

でも抗体ができるし、この子の将来の健康のためには、それが正しい事だと信じてやっている。

それを教えてくれたのは、この本↓



定本育児の百科



古い本なのだけど、この先生、すごい。
こういう場合は、病院に行くな、こういう症状の時は、すぐに病院へ、とこまごまと指示されてある。子どもの様子をみず、すぐに病院に連れて行く病院依存の母親をもつ子供がたいてい体が弱くなると書かれているところが面白い。

この本のおかげで今までどんなに心強かったか。


しかし、新しい難題が。。。

それは予防接種。
この本でも予防接種は奨励されていた。なんといっても、1967年に出版され、延々と再版されている本なのだ。

私もインフルエンザの注射を毎年受けていた。娘にも受けさせることを信じてた疑わなかった。。

この本↓を読むまで、本当にまさかそれが効いていない可能性が高いなんて思ってもみなかった。



今年はどうする?インフルエンザ―疑問だらけの予防接種と特効薬



政府 製薬会社 医者が儲けていて、どうやって需要がつくられていくかが詳細に書いてある。。。
大きなお金が入れば、PRもうまくなる。PRは怖い。ブランディングも怖い。
人は簡単に騙される。例えば、大新聞の書くこと、有名な医師の話すこと、そういうブランドに人は弱い。そして信じてしまう。

読みながら何度も、まさか。。。。まさか。。。と思った。

病院で出される解熱剤で脳炎の副作用?
まさか。。。普通の健康な人に副作用?

私はこういうことを言う人は変わった偏屈なうるさい人たちだけだと思っていた。。。つまり日本政府やアメリカ政府、大手製薬会社、研究チームの言う話を信じていたのだ。

だ、だって、私ただの庶民だものーー。(TДT)

ウィルス学者でインフルエンザの予防接種が効くと信じている人は一人もいないらしい。。。400億円産業に騙されていた。


母親は自分の子供を守るために『自分で考える』能力を『自分で優良な情報源を探す』努力をしていかなくてはいけないのだと思う。

きっと私が知っている情報を知らない人から見ると、風邪をひいている娘に薬をやらない私は相当の変わり者に見えるんだろーなと思うけど。

でも娘、5日目に復活!咳も止まり元気にスヤスヤ寝てます。



参考ウェブサイト
http://www.kangaeroo.net/D-bbs-F-dview-bbsno-51515101.html


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50842627
この記事へのコメント
娘さん、治ってよかったですね。よーこさんの知っている情報を共有している人が、自分の子供に薬をあげるとその人も変わり者に見えるのかな?病気にならない為、治癒する為という親心は同じです。ですが、親の判断で子供の生活は変わります。医学も含め、親の責任の重さを感じますね。。。
Posted by チョビ at 2007年10月23日 04:56
風邪は高熱にさえ注意していれば、薬はなくても大丈夫(経験者は語る)
あと、インフルエンザの予防接種は私はもちろんのこと、子供もしたことないけど、一度もかかったことないの。本人が健康なら、ウイルスは寄ってこないし。体質によっては、予防接種でインフルエンザになる可能性もあるからね。

それにしても、元気になってよかったよかった。
Posted by YUMING@神戸 at 2007年10月23日 06:08
思えばここ数年、インフルエンザの予防接種は受けたことないですが、家族がインフルエンザで倒れてる&残業でいっつも深夜帰りでも、一人ピンピンしてたことがありました。
気がはってたんだろうな〜と。

確かに私の友人(医療事務)も、予防接種は一応うけるけど、あたるかどうかはわからんとのこと。
うーむ。。。。。
Posted by りんこ at 2007年10月23日 08:44
予防接種は(特にインフルエンザは)私にとっては
お守り代わりのようなものです。
病は気から。

流行の型が一緒でありますように・・・っていうのだから
半分たからくじでしょうか。

このごろの日本人は抵抗力がめっきり低くなりました。
だから食べ物を含め、しっかりと鍛錬しなければ
すぐ風邪です。

よーこさんは素敵なお母様ですね。
こどもはきちんと育ちますね。
Posted by ちゅる at 2007年10月23日 21:00
一本目にご紹介の本。。。
昭和&高度成長時代の匂いがぶんぶんしますね

ちなみにもりこの祖父さんは医者なんだけど、その医者が言うには自然治癒力ほど効能があるものはないそうです。

よってわたしも超野生児で育ちましたので。今のところ、全く何も問題なしでみんなが風邪ひーてよーが、インフルエンザが流行ろーが毎日たくましく無欠勤してます(笑)
Posted by もりこ at 2007年10月23日 21:59
うちの娘、今週生まれて初めて予防接種を受けてきました。定期接種を同じ日にいきなり3本(ほんとは4本できると言われたけど、怖いので止めました)日本とは種類も時期も違う。よーこさんの仰るように、親は子供の為にいろいろ勉強せんといけませんよね〜。
Posted by ハルエボ at 2007年10月23日 22:11
チョビさん
自分の子供に薬をあげるとその人も変わり者に見えるのかな?って
そんなことないない。わたしも、風邪でもあんまりにひどい時は薬とかあげますよ。他の病気のときはもちろんだし。

ただ、むやみにはしちゃいけないな、と思ってるの。抗生物質沢山飲ませて自分の娘を病気をさせなかった病院の医師から話を聞いたことも大きかったのね。
その娘さん30歳の今すごい身体弱いの。自分で戦う抗体をもってないって怖いと思う。

YUMINGさん

一度もかかったことないってすごいですね!何か他にも身体に良いことをしてるのだと思う。


りんこさん
まじであたらないらしいよ。。私も信じられないけど。統計的にも。

ちゅるさん
そう、免疫力低いの駄目ですね。鳥インフルエンザ。。これからいろいろありそうだし。強くならねばー。





Posted by よーこ at 2007年10月25日 23:43
もりこ さん
げんきって人を幸せにしますよね。
もりこさんの笑顔が風邪をやっつけてるとおもう。

ハルエボさん
あれには私も泣けたよ。一番泣けたのは生まれた次の日の血液検査の血をとるやつだけど。
アメリカ人の医者は自分の子供には数回に分けて予防接種するらしいよ。。1回ではしない。。
Posted by よーこ at 2007年10月25日 23:46
1
倥竏髓鞐 粮跂邇 芬辣 RU 闔 115 頌瘠繪 艢 竡,
闔粽釶邇髓 轢 騾蜥 - www.rusureg.ru, icq - 575225
Posted by UtiseeMoutt at 2008年05月13日 15:23