2008年02月03日

社会を変えるを仕事にする

「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方



「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方


この本を書いた駒崎さんにいつかお会いしたいと思っていました。
本を読んでその作者に会いたくなるという経験はほぼ初めて。

そのくらいこの本面白いです。

内容は、駒崎さんがITベンチャーの社長から、社会企業家になるまでの葛藤、経験なんですが。。。。
決して固い内容じゃないです。本当に面白い。文章がいいですね。
かなり笑える。そして、考えさせられる。
映画化もいける内容じゃないかな。

ぜひ読んで見てほしいです。私のブログが好きな人なら、きっと好きだと思う。

感性が似てるから。笑


私の友人も彼の本を読んだ後大ファンになり、彼女と共に、英治出版の社長の原田氏にお願いして念願のディナー会を開催。

駒崎さんは、実際お会いしお話しさせていただくと本以上になかなか知的で素敵な方でした。

私は、社会企業家という理念が今後日本でも大きく影響を与える存在になっていくと信じているのね。

彼はたぶん、日本でその流れを牽引していく人物だと思う。


私も社会に少しでも役にたつ仕事がしたいと真剣に考えているので、いろいろ相談にのってもらったの。ひとつづつ、小さいことから、何かができるかな。

とても有意義で刺激的でポジティブな出会いでした。









この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/50932718
この記事へのトラックバック
ここまで清々しく楽しく読める「奮闘記」はないでしょう。 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 日本社会に置き去りにされた「病児保育」問題をテーマに、 ビジネスを興す形で社会というものに
【レビュー】『「社会を変える」を仕事にする』 著者は駒崎弘樹さん【中国で映像撮影...Emmy Broad"Band"Cast 本日の北京??映像ブログ(Blog)】at 2009年09月15日 17:25
この記事へのコメント
早速注文してみました
駒崎さんの本、よーこさんと感性が似ているという時点でとっても楽しみです。

私も社会起業家の人々の言動にとても刺激を受けていて、元マイクロソフトのジョンウッドや田坂広志さんの本が大好きです。(よーこさんの本と同じくらい!なので、自分のブログのサイドバーにて紹介させてもらっています)

私は社会起業家ではありませんが、起業家の卵として、小さな活動でも世の中のためになるしくみを生み出したていきたいなという思いがあります。だからこういう人々の活動を耳にすると、とってもポジティブな気持ちになります。気持ちは伝染しますね!大切な事忘れずにがんばります

Posted by MIHO at 2008年02月03日 23:21
今回のこのお話、ずしっときました。
世の中に恥ずかしくない、
社会企業家になれるように頑張ります!
応援してくださいね♪
Posted by YUMING@神戸 at 2008年02月05日 06:27
MIHOさん
ぜひ本の感想聞かせてね。小さな活動でも世の中のためになるしくみを生み出したていきたいなという思い、本当にそれって大事だと思うの。わたしも真剣に考えています。

YUMINGさん
ぜひともがんばってください!!!!
期待しています。沢山の社会企業家がいることが世の中を変えることになると思います。
Posted by よーこ at 2008年02月05日 23:59