2008年05月04日

中国の家具卸街 探検隊

中国の家具の卸の街。規模が異常なのだ。

たぶん神戸くらいの街を全部家具屋にした、という感じではないだろうか? 

延々と家具屋が続く。

それも規模が大きい。

一つまわってもへとへとになる意味ない広さ。

まず建物に入ると20メートルくらいの幅の広い意味ない階段を上らないといけない。階段を上がると意味なく何もないスペースが。

それが中国人にとって、豪華なイメージなのだと思う。。
フランスの宮殿、みたいなつもりでつくったんかな。かな〜り、はずしてるけど。( -д-)ノ

階段の意味なく広い家具卸の建物を延々といくつも、いくつも見続けました。

階段を上っても、またこれでもか、これでもか、これでもか〜というくらい奥に広いスペースがあるのよ。。

あまりに疲れて多くのその形をした建物の写真を撮り忘れました。

その後入った巨大な建物は度肝ぬかされた。ここも、ひ広ろっ。。

kaguya












そしてもっと凄い事実がある。この街の90パーセントぐらいの家具は、デザインが最悪。へん。大笑

こんなに材質がよくなってるのに、家具のプロポーションが、どれもこれも全部ダメダメ

ありえないものが一杯の状況に呆然としながらも、それでも5年前よりは飛躍的に良くなっているよねぇ、と思いました。

まだまだ栄えそうな中国の現場を目撃した。って感じかな。
駄目ダメゴージャス家具は国内需要用だしね。海外に売らずともなりたつ市場があるのもすごいよね。

逆に考えれば、これ中国からどんどん世界的に通用するデザイナーが出てきたら、恐るべきことになる、ってこと。。。。


おまけ。

こんなお菓子。。。食べる勇気がなかった。
でも、やはり食べておくべきだったと思う。
okasi

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51052766
この記事へのコメント
中国恐るべきですね。
エネルギーの凄さには関心しました。
それよりも、中華なべで作る
たこ焼きのお化けは、どんな味なんでしょうか?
Posted by いっち at 2008年05月05日 17:22

”へとへとになる意味ない広さ”って フランス宮殿っていうより、それは やっぱり紫禁城じゃないでしょうか。昔初めて北京へいって、紫禁城とか 颐和�屈とか見学して、とにかく広いのにたまげたのをおもいだしました。 
Posted by kenkenmama at 2008年05月07日 14:23
いっちさん
そー食べなかった自分を恨むわ。笑
千カロリー??

ケンケンママさん

紫禁城か。そうそうそんなかんじだわ。
Posted by よーこ at 2008年05月12日 23:02