2008年06月04日

愛する、と言うこと。

愛は厳しい。

友人のご両親の話。

お父様は75歳 お母様は65歳。

ある時、お父様の初恋の人の旦那さんが亡くなり。。。
お父様は、初恋の人が好きでどうしようもなくなってしまう

その初恋の相手は年上で今85歳

そして、お母様に内緒で彼女のでる盆踊り大会に行っちゃったそう。。
怪しいと思ったお母様につけられて、浮気がばれ家庭が今崩壊しかけているそーなのである。

怒った母親が自分と同居したいと言い出して、まだ独身の私の友人は『まったくーこんな年になってなんなんだよ』と泣きそう。


私、つい、笑ってしまった。。
ゴメンナサイ。

でも、その話女性として聞くと開眼もの。
85歳!!!の女性に恋心を描けるもんなんだ。
ステキかも。。。。

それにお父様は心が止められないわけで、正真正銘の愛。

一番かわいそうなのは、今さら浮気されたお母様だ。



でも私だったら、お母様にあえてこう言う。


旦那さんの為に離婚してあげるべき。


ひどい?( -д-)ノ



でもそれが愛だ。愛は奪えない。まして心は決して追えない。
愛しているなら、責めることでなく let it go 手放すことなのだ。

それじゃあ、まったくお母様だけ損じゃないかと思うかもしれない。

でも、愛って、そんなものだ。
もともと不公平なものなの。


私は、愛は『決心』なんじゃないかと思う。

愛すると決心したのだから、それは自分が決めたこと。
相手は関係ない。愛する人が別の人のところへ行くなら、それはどうしようもないことなのだ。そのことで相手を責めることができるはずがない。

私だったら Please go 行って下さい って言うと思う。

辛いと思うけど、そう言う。


その後の選択は二つ。


1.愛を貫いて、待つ。

そしてこれも決心。そう決めるなら、手放して、帰ってくるまで待てばいい。
文句は言えないし、言わない。ただ待つ。
帰ってこないかもしれない。でもそれでいい。
それは自分が決めたことだから


2.もうひとつの道は、気持ちを入れ替えて、新しい人生、新しい相手を探す。

人生は1回きりですから、いろいろある。
そんな人現れるかもしれないし、現れないかもしれない。一人でも、まったく新しい人生を、旦那様のいない人生をすすむ。
それが65歳でも。やり直しはいつでもできる。


一番嫌なのが、ぐずぐず相手を責め続けること。

そーゆーのできない性分。。苦笑













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51078789
この記事へのコメント
いい話!!!!いい話!!!!
Posted by 5! at 2008年06月04日 15:19
すごいねー。
深いねー。
Posted by xiaomi at 2008年06月04日 19:02
かっこいいな〜
ほれなおしました。

うしし
Posted by 春子 at 2008年06月04日 19:52
5
愛は奪えない。じ〜ん。浮気自体は悪い事ではきっとないんですよね。隠したり、騙したり、それが悪いんですよね。だって人を好きになる気持ちなんて止められないもの。
Posted by ME at 2008年06月04日 23:11
よーこさん、お久しぶりです。
愛語録、素敵すぎます!
しっかり心に留めておきます。
Posted by みえ at 2008年06月08日 12:12
私も離婚するべきだと思う。旦那さんはは家も財産も親権も奥さんに譲って、愛ひとつでいきていけばいい。それで、初恋の人を看取ってあげて一人に戻ったときは、黙ってのたれ死にするのだ。それが男の美学である。でも、初恋の人はその旦那さんのことどう思っているのかな?その初恋の人がすごい資産家の未亡人だったりして。そんな風に考える私って、よごれていると思った。
Posted by kaori at 2008年06月11日 14:33
5!さん

うん。いい話。笑

xiaomi ちゃん
深いかしら。。うん。笑

春子さん
わたしに? ありがと。笑

MEさん
好きになったらしかたないですよねー。でも人はできれば傷つかないほうがいいなぁ。。とも思います。難しいですよね。

みえさん

お久しぶりですー。お元気ですかー。

kaori さん

初恋の人がすごい資産家の未亡人。。くすくす。
想像力ありすぎですってば。笑


Posted by よーこ at 2008年06月13日 23:01