2008年06月24日

中国人のベビーシッターさん

キター。来てくれました。やっと。うふ。
中国人のベビーシッター。

今まで雇っていた人は、『学校で集中して日本語勉強したいです!!!』ってことで。。。次の人をずっと探していたの。

でも、なかなか見つからない。

東京在住の中国人で働けるビザをもっていてシッターをやれる(やりたい)人が少ないのね。

中国人ベビーシッターでグーグル検索すると



自分の過去のブログが上位ランクインしてしまってる
( -д-)ノ苦笑

東京で中国人ベビーシッターを探してるの私だけかい??


カリスマ投資家、世界旅行家である ジム・ロジャース氏は米国に滞在している時から娘に中国人のベビーシッターをつけていて、そのせいかNYでは北京語を話す中国人ベビーシッターの給料が高騰してるらしいのにー。
(*^・ェ・)ノ

それで東京で探すのはやめて、直接中国からベビーシッターをしに来てくれる人のビザを手続きをしました!


そして、やっと日本政府のビザが下りて、新ナニーが週末に到着。

今日が二日目です。

今までも中国人のベビーシッターさんだったのね。

でも彼女は英語ができる。その上日本語の猛特訓をしていたので、娘はつい英語か日本語で話をしてしまう。

今回は、まったく日本語も英語もできない人なので、娘の中国語能力の上達にとっては、とってもいいと思ってます。

問題は娘の通うインターナショナルスクールのお迎えとか。。。新しいベビーシッターさんは、誰とも、何もコミュニケーションがとれない。


ま、娘が、がんばって通訳すればいいかー。4歳だけど頼られるのもいいんじゃない?
なんとかなるでしょ、と思うことにした。

あいかわらず、大胆でおざっぱなママだな、と思わなくもないけど。。ははは。









この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51092479
この記事へのコメント
そのベビーシッターさんをシットする人がいないと,
彼女も寂しいかもしれませんね.

娘さんがますますしっかり者になりそう...

#言葉できずに外国に出稼ぎなんてタフだなぁ.
Posted by けんしぅ at 2008年06月24日 00:57
見つかったんですね! よかった!

確かに日本で中国人のベビーシッターを探すのって難しいかも。

お嬢さんがお手伝いさんに通訳するんですか? それって相当すごい話だと思う(笑)。
Posted by xiaomi at 2008年06月24日 09:03
けんしぅさん

あ、その人娘さんが東京なの。
家族ふたりきりで。でもビザは滞在しかでないでしょ?
3ヶ月の。。一緒に住みたかったみたいなのでものすごくハッピーなのよ。なんの資格もないので普通はビザ下りないじゃない?うれしそうでした。

xiaomi ちゃん

ありがと。娘は私から、みても、すごくうらやましい環境。
3カ国を自然に身につけられるなんてね。
だから、通訳くらい一生懸命考えながらするの当然。笑






Posted by よーこ at 2008年06月25日 01:41
はじめまして
北京駐妻時代から、いつも楽しみに読ませて頂いてます。

以前の日記で、よーこさんがアイさんを探してらした
時、私の知り合いのアイさんを紹介できたらなあと、
考えてたので、今回新しい方が見つかって
良かったです。

実は私の北京時代の知人女性も日本で仕事復帰にあたり、
駐妻時代からのアイさんを数年、東京の自宅に住まわせて
2歳児の面倒をみてもらうそうです。まずは3か月から。

子育て・介護・仕事、本当に大変そうな知人が
沢山いるので、中国のアイさんを日本に輸入して
助けてあげたいなあ。
プチビジネスって成立しないかしらん・・・と常々妄想中
です。
そうそう。カリスマ投資家の話、私も前にTVで見ました。
娘さんが大人になる頃は、中国語がトレンドになるって
言ってましたねえ。ウフフ
Posted by つんつん at 2008年06月26日 04:05
つんつんさん
ほんとに、子育て・介護・仕事、本当に大変そうなママたちにヘルパーを!!と思います。

でもね、うちみたいに正式にお手伝いさんのビザは日本人にはおりないのです。外人で外交官か大企業の役員クラスでないとまずは下りないのね。その上普通はフィリピン人を雇うので、中国人をそのビザで雇ったのはかなりまれなケースのようで。。。中国の日本領事館でこんなビザみたことないって言われたそうです。。
学生ビザかほかのビザで入ってこないといけないので、ビジネスって成立しないかもですねぇ。。。

Posted by よーこ at 2008年06月29日 23:25
2
容認できない愛はない悲しみが、時間を必要としない - いつか忘れるため。ひどく傷つける心は同情が、理解を必要としません。
Posted by グッチ アウトレット at 2013年07月06日 17:45