2008年07月02日

モリのアサガオ

友人が段ボール箱いっぱいの漫画を貸してくれた。
あやうく、変なところに行きそうになっている私へ手を差し伸べてくれたわけだ。笑



その中で、モリのアサガオ というのがあって。モリのアサガオ 1―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (1) (アクションコミックス)



これすごい。。。深い。

漫画レベルじゃない。

実は私は死刑囚に対する議論だけは、いつも悩むところだったのでこの漫画は面白いしかなり考えさせられます。

私は今でも人を殺した人は死刑になってもしかたないと思っているし、死刑は執行したほうがいいと思っています。でも、そう思わない人の意見もわかる。
死刑執行と殺人との違いはどこにあるのか?と聞かれれば同じかもしれないと思う。

今まだ1巻しか読んでいないのですが、ものすごっく考えさせられます。

箱の中には、他にもなんだか、すごくひとひねりありそうな漫画が一杯入っていて、しばし知的刺激が楽しめそうです。さすが日本の漫画って進化してるんですねぇ。


それにしても、持つべきものは、趣味のいい友人だわ。

(⌒∇⌒)




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51098008