2008年09月09日

落ち込んでいる大事な人へ

インフォメーションがどんどん高速化していって、自分の気持ちがすぐに相手に届くようになりました。

携帯でも。PCでも。

自分の気持ちを書いて。

読み返して。

あとは

送信ボタンを押すだけ。


私は実は書くことに懐疑的。文字は誤解が多すぎる。
行間の意味を探したり、文の長さとか。その一言とか。

どういう意味なんだろう、って首をかしげて考える。
意図しているのか、いないのか、とか。

メールが当たり前になって皆、自分の気持ちを簡単に言葉にすることに慣れてしまった。


どうやったら、心を伝えられるのだろう。悩んでいる人をどうやって慰めることができるのだろう。

考えたら、

伝えたい言葉がない、ことに気がついた。


本当は、ただ、すぐに飛んでいって、例えば温かい紅茶を入れてあげるとか。。。背中に手をあててあげるだとか、たぶん、そういうことなんだけど。


そういう送信ボタンは、ないですね。






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51143082
この記事へのコメント
こんばんは☆
仰るとおりです!(とっても納得)
主人と遠距離している時、ずっとメール・チャットで。
この文章の意味って・・・って考えちゃうこと多々ありました。
声を聞けば、顔を見れば、余計な言葉はなくても通じるのに・・・と悔しくって、悲しい思いもしました。
昔の人はどういう風に離れた人と通じていたのでしょうね。
簡単&便利も良いけれど、面倒でも気持ちが通じることの方が大切なことってありますよね。
Posted by ハルエボ at 2008年09月09日 23:59
こんにちは。

メールってホントに便利です。
メールなしでは仕事もできない、生活もしにくい世の中。

でも、メールのベースって
「ひとつの業務」「ひとつのツール」「ただの文字・活字」に過ぎないんですよね。
その人の感情とか、気持ちとか、温もりとか・・・そういうのは伝わりにくいです。
だから・・・メールって時として誤解を招いたりもするんですけどね。

心を伝えるって、メールでは全然足りません。
最近の子は「メールで告白」とかしているみたいだけど、信じられませんね。そう恋愛ってスグ終わりそう。
たぶん、別れるときも「メール」なんだろうな。

やっぱり、声は必要だし、言葉も必要だと思う。
だけど声や言葉より・・・やっぱり傍に居てあげることが一番なのかもしれません。

といって、なかなか飛んで行けない時は
「手書きのファックス」とか、ワタシは嬉しいな。
帰ってきたとき、べろんとファックスが入ったりしてると、嬉しくなっちゃうもん♪
一言「やっほー」とか簡単なイラストとか、それだけでも十分♪嬉しくなっちゃうな♪

PDFで手書きのものをメールで送るより、
ファックスの方が「生」っぽくてワタシはイイなあ〜
Posted by 通りすがり at 2008年09月10日 16:54
ヨーコサン、

いいねー。ヨーコサンらしい感性だね。そうなんだよね。絵文字とかいろいろあるけど伝えられるとはメールとかでは限られている。  

だから、やっぱりバーチャルは便利だけど、リアルの世界って素晴らしいと思うのです。

ヒロ
Posted by ヒロ at 2008年09月11日 10:29
伝えたい言葉がない、って何だか新鮮というか、そうか、そうなんだ、と共感。何か言ってあげたくて色々考えてあぁ、嫌だ、言葉が多すぎるって嫌悪して。近くに居ればハグで済むのに、ってもどかしい事、確かに多々あります。落ち込んでる大事な人、早く元気になるといいですね。
Posted by M at 2008年09月12日 08:37
ハルエボさん

本当に昔の人はどういう風に気持ちを伝えてたんでしょうねぇ。。メールができて世の中変わりましたね。

通りすがり さん
FAXって手書きがそのまま読めるからいいんですよね。
FAXでもPCでうってたら味気ないもの。

ヒロさん

そうよね。会うと違うよねー。もっと会うようにしましょう。笑

Mさん
近くにいても日本人だとハグできないしね。
あはは。笑
Posted by よーこ at 2008年09月18日 23:34