2008年09月12日

品がなくて朝日新聞の連載却下されたブランド論

自分の過去ログを見てたら、すっかり忘れてた昔のエッセイが。。
私はブランドコンセプターなので、自分で書いたのに笑ってしまった。

これ、あんまりに品がないので朝日新聞の連載には却下されたのね。
ははは。。笑 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
友人のマーケターのリチャードが来て
今日は業界について講義をしよう、と言い出した。


"What is marketing?"
マーケティングとは何か?

You see a gorgeous girl at a party. You approach her and say, "I'm fantastic in bed."
That's Direct Marketing.

パーティでゴージャスな女の人を見て、あなたが彼女に近寄り「私はベットで素晴らしいんだよ」と言う。
これが『ダイレクトマーケティング』

You're at a party with a bunch of friends and see a gorgeous girl.
One of your friends approaches her, points at you says,"He's fantastic in bed."
That's Advertising.

あなたは多くの友人と参加したパーティで、ゴージャスな女の人を見つける。
あなたの友人の一人が彼女に近づき、あなたを指差し「彼はベットで素晴らしいんだよ」と言う。
これが『広告』

You see a gorgeous girl at a party. You approach her and get her telephone number.
The next day you call and say, "Hi, I'm fantastic in bed."
That's Telemarketing.
パーティでゴージャスな女の人を見て、あなたは彼女に近寄り電話番号を聞き出す。
次の日あなたは彼女に電話して、「こんにちは。私はベットで素晴らしいんだよ」と言う。
これが、『テレマーケティング』

You're at a party and see a gorgeous girl. You get up and straighten your tie, you walk up to her and pour her a drink. You open the door for her, pick up her bag after she drops it, offer her a ride, and then say, "By the way, I'm fantastic in bed."
That's Public Relations.


パーティでゴージャスな女の人を見て、あなたは立ち上がってネクタイを直し、彼女に近づいて彼女に飲み物をついであげる。彼女の為にドアを開け、彼女のカバンを持ち、彼女が帰るときお送りすると申し出る。
そして、「ところで、話は変わるけど、私はベットで素晴らしいんです」と言う。
これが『パブリックリレーション=PR』 

You're at a party and see a gorgeous girl.
She walks up to you and says,"I hear you're fantastic in bed."
That's Brand Recognition.

あなたはパーティでゴージャスな女の人に会う。彼女はあなたに近づいてきて、言った。
「あなたってベットで素晴らしいんですってね」
つまり、これが『ブランド認知』である。



「PR,ブランディング、マーケティング、広告、いろんな本や論文が出ているけど、これほどまでに簡潔に説明した文章がかつてあっただろうか」


ってリチャードが嬉しそうに話してた。

こいつそーとーー馬鹿って思いながらも、笑ってしまった。

それで、やっぱり可笑しかったので、友人達にメールしたら、中で日本人の友人の、よっしーが、面白いのを付け加えてきた。

パーティでゴージャスな女の人やそうでない女の人も、とにかく沢山見つける。あなたは一人づつ彼女たちに近寄り、「連絡先を教えてくれるだけで、とってもいい事を教えてあげる」とアドレスを聞き出す。
次の日あなたは彼女たちに

「突然でごめん。元気?私はベットで凄いんだよ。(もし気を悪くしたら、この手紙のことは忘れてください)」と定型メッセージのメールを送る。

数日後、数の力による確実な成果が、あなたにやはり数が重要であることを確信させる。

これ『スパムメール』

「もし気を悪くしたら、この手紙のことは忘れてください」ってところが日本ぽくて可笑しいわ。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

↑これを書いたのいつだっけーーー。ニューヨーク時代だからなーー。7年前?
最後のスパムメールのジョークを考えたよっしーは、その頃サラリーマンだった。肩書きもなかったんじゃないかなぁ。その後何年かして独立したのね。


最近彼の会社がテレビCMしてたの偶然見たの。驚いたぁ。
北京にも来てくれて、順調なのは知ってたけどすごい勢いで伸びてるらしい。


ジョークのセンスがあるってゆーのは、経営センスがあるってことなのかもね。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51146263
この記事へのトラックバック
お友だちの坂之上洋子さんのブログに「品がなくて朝日新聞の連載却下されたブランド論」というエントリーがあって、楽しく読ませていただきました。坂之上さんのボツ原稿は、しっかり単行本に収められているようです。実は私も、日本の某金融機関のPR誌向けにコラムの執筆...
危うくて掲載を却下されたコラム「中国ビジネスと売掛金」【北京ビジネス最前線改め中国ビジネス後方基地】at 2008年09月15日 19:02
この記事へのコメント
わかりやすくて、可笑しすぎです(笑)
朝日新聞、、却下するなんて…オカタイんですかね?

ちなみに個人的にはダイレクトマーケティング希望です(爆笑)
Posted by ちぐりん at 2008年09月13日 00:37
おもしろい!これは掲載すべき内容でしたね!うぷぷ。
ワタシもダイレクトマーケティングに一票。
Posted by ME at 2008年09月14日 10:49
面白いっ!!
Posted by maki at 2008年09月16日 13:10
これをどこかで
いつの日か披露してみたい!!ですねえ(笑)
だって、すっごくわかりやすくて
面白い!!んですもの。

昔のヨーコさんのブログを思い出しちゃいました。
「犬もあるけば、英語にあたる」の頃から
読ませていただいていま〜す。

そうそう・・・今でも大事にしているコメントが
あるんですよぉ。
"Dr.Denis Waitley's ten commandmennts."
「デニス ウェイトリー博士の10戎」
それを1つ1つ、わかりやすくしていただいて。

中でも最も好きな10番目!!
「SMILE SMILE SMILE」

毎日、実践しようと努力してま〜す。


Posted by アーチャン at 2008年09月16日 18:31
ちぐりんさん

新聞は硬いですよー。ふつーに。うふ笑

MEさん
ダイレクトマーケティングが女性に人気ですねぇ。

makiさん
thanks!

アーチャン さん
"Dr.Denis Waitley's ten commandmennts."
懐かしいですねぇ。。
長いこと読んでくれて本当にありがと。
Posted by よーこ at 2008年09月18日 23:58