2008年11月29日

花園神社の見世物小屋

花園神社のお祭りに行きませんか?、というお誘い。

私は基本的にとっても、受け身な人なのであんまり自分で何か探して出かけることってない。

ここも誘われなかったら、絶対行ってない場所。
金曜の夜の新宿の神社

花園神社1











熊手を売る露天商
花園神社2











何となく情緒漂ういい雰囲気。



でもでもでもここで私、もっとすごいもの見てきました。
日本でここが最後かもしれない。。と呼びこみの人が叫んでいた。
見世物小屋。

神社の公式ウェブでも

花園神社名物の見世物小屋を観るチャンスでもあります!
って書いてある。

見世物小屋














み、見世物小屋っつ。(`□´/)/


1メートルくらいの長さ10センチくらいの直径の大きさの風船を食べてしまうとか、本物の人体の標本だとか、ろうそく使って火を噴くとか。

おどおどしい若い女の人が本物の蛇を生のまま食いちぎって食べる、とか。がじがじ。。音だして。

超怖がり屋で、絶対にホラー映画、本は読まない。キモいものが何より駄目な私。

その対極のものを見て、ある意味ものすごく人生の幅が広がった気がします。

ありがとう。イノウエさん、気絶寸前の私を支えてくれて。。。。苦笑 
人生で経験ほど人間を向上させてくれるものはありません。


しかし、神社の境内でこれやって、神社って税金納めないでしょ。宗教法人だから。

見世物小屋も無税なのかしら。(あまりのことで時間は正確に覚えてないけど)一人800円でした。

これエンターティメントとしては素晴らしいけど、
宗教的にどうよ〜。。苦笑 

いや、もしかしたら、深い深い教訓がそこに隠されているかもしれません。衝撃を受けることは試練なのかもしれないです。

新宿は深い。神社も深い。あまりに深すぎて私、埋没してしまいそうな夜なのでした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51187387
この記事へのコメント
よーこさん、こんばんは。
酉の市に行ったんですね。 花園神社の酉の市は、私も会社の人たちと何度か行ったことあります。すごい活気ですよね。あのすぐ近くのゴールデン街さらにディープな世界です。

 
Posted by TABASA at 2008年11月30日 00:00
よーこさん、はじめまして
ホントはご一緒できたかもしれない、ファンドレックスの鵜尾です。
見世物小屋、本当に大変な場所だったんですね・・・

今度は、別の機会にぜひご一緒しましょう!
Posted by うお at 2008年11月30日 00:12
5
よーこさん びっくりの連続でしたかね、いやはや。お祭りをやっていないときには、新宿・花園神社はあまり大きな神社だとはかんじないのですが、酉の市のようにお店が出ると、なんて広いのかと思うぐらいのラビリンス。
迷宮に迷い込んでしまったかのような「深い」世界がひろがっているのかもしれませんねえ。
気持ち悪くなってもブログネタとしてしっかりお写真を押さえておられたのが、さすがでした。
またお目にかかれればと思います。
Posted by イノウエヨシオ at 2008年11月30日 08:15
どこで熊手を買うか悩むのも楽しいものですよね!

あちこち見てどこが、一番景気が良くなりそうか見極めて…。

でも見せ物小屋は覗いた事がないなあー。
Posted by 要一郎 at 2008年11月30日 17:59
TABASA さん
ゴールデン街、行ってみたいです。。

鵜尾さん
はじめまして。お会いできず残念でたまりません。
脱力して倒れるように帰ってしまいました。苦笑
ブログ読ませて頂いています。
近いうちにお会いしたいです!!!

イノウエさん
本当にありがたい経験をさせていただき感謝しております。

要一郎さん
熊手のことなど忘れてしまうほど強烈でしたよ。
今度はぜひ。w
Posted by よーこ at 2008年11月30日 23:14
花園神社、なつかし〜。裏手に花園まんじゅうありましたよね。
私も新宿のあの懐の深さが大好きです。
Posted by xiaomi at 2008年12月03日 12:00
xiaomi さん
この間、歌舞伎町に行ったの。夜。
怖かった。。。笑
Posted by よーこ at 2008年12月06日 20:14
3
人の人生は、多くの人と恋に落ちることができますので、あなたが最終的に自分の幸福を得るには、前の悲しみはあなたがより良いあなたが愛する人々を保持し、大切になる宝の一種であることを理解します。
Posted by グッチ 長財布 at 2013年07月06日 17:45