2009年01月22日

恋に落ちるのはなぜ?

最近、マーケティング、アナリスト本、古典、政治、憲法、NPOいろんな本をジャンルを決めずに読み漁っていたんですけど。

結構真面目な本ばかり読んでしまい......。
なんだか、わたし勉強してる?って感じになり急に本を読むのあきてしまった頃、


偶然図書館で手にとったのが、これ↓
マサイの恋人
マサイの恋人
クチコミを見る


スイスで生まれ育った白人女性が、恋人とアフリカに旅行中に、偶然マサイ族の男性に出会う。そして激しい恋に落ちる。

でも二人は共通言語がないの!!意思疎通ができないのよ。苦笑

それなのに、彼女は、恋人と別れ、仕事を辞め、アパートを売り、再びケニアに戻り彼を探して結婚するのです。住まいは牛の糞で固められた粗末な小屋で、もちろん下水道も電気もない。ケニアの中でも最も原始的な生活をしている小さな村で暮らすストーリー。


な、なんかね。。圧倒されましたよ
ある意味何もかもが究極で。w


この本を読んだら、考えさせられた。なぜ人は恋に落ちるのかなぁ、って。

その人が素敵だから。と。
じゃ、具体的に何が?

持っているもの?
例えば、地位とかお金とか美貌とか?
考え方、とか?
でも、考え方が似てても恋におちるというわけでもないし。
この主人公みたいに、顔姿だけで恋に落ちることもある。

昔大学のまじめな実験で、人間も匂いで相手を選んだりするという結果があって、ひぇぇぇ、と思ったことがあるなぁ。

この話をしてたら、友人が、人間は遺伝子を進化させたいから、違う遺伝子を求める、という話をしてた。それはなんとなくわかる気がする。人間も動物だからね。自分にないものを求めるってことよね?

そうそう、この純粋な恋を壊すものは嫉妬とお金。っていう結末も、なかなか考えさせられる。

とりあえずホント――に、1パーセントも実生活に役にたたない本なんですけど 笑 インパクトは充分。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51210534
この記事へのコメント
すごーい。

共通言語もなく、都会での生活を捨て、牛の糞の家に住めるかなあ??(笑)

確かに恋に落ちる理由と瞬間はわからない。振り返ってみても、わからないものがたくさんあるし(笑)
Posted by 要一郎 at 2009年01月22日 10:30
よーこさん、こんにちは。
この本随分前に何かで紹介されていて私も読みました。
かな〜り衝撃的だったことは今でも忘れません。
性格は嫌いになることあっても好きな顔はなかなか嫌いに
なれない。って話を聞いたことがあるんですけど、恋に
おちる理由の”一目惚れ”って実は重要なことなのかも
しれませんね。
Posted by TABASA at 2009年01月22日 21:55
はじめまして。
長いこと、よーこさんに憧れBlog楽しく読ませていただいております。Africaがこよなく好きな自分にはこの本は衝撃的で、英語の勉強もと英語バージョンを買い、いまだ読み終えておりませんが・・・内容はかなり前から知っております。。。というか衝撃を受け買った次第。

自分も一目惚れするタイプなんですが・・・
ここ数年そういうことすらなく・・・いい加減ヤバイっす。(苦笑)嗅覚が鈍ってきたのでしょうか・・・あははっ(^-^;)
Posted by Candy at 2009年01月23日 09:38
要一郎さん
ほんとなかなかできないから衝撃なんですよ。

TABASAさん
一目ぼれって多かれ少なかれあるんだろうな、と思います。なぜなのかわかんないけどねぇ。

Candyさん
はじめまして〜。コメントありがとうございます。
嗅覚大事ですよ!!
って言われても、それだけじゃないしね。
でも、本当に衝撃的な本ですよねぇ。。

Posted by よーこ at 2009年02月03日 00:45
5
ヤングは、いくつかの愛が欲しいかもしれませんが、年齢とともに、最後に全体の寿命時間は、十分ではない場合であっても、人を愛することに気づいた。徐々に、この人を理解するために許すこと、愛するように、非常に大きな心が必要です。
Posted by グッチ at 2013年07月06日 17:45