2009年06月16日

明日はわからないから

旦那が、フランス、イギリスに出張中


彼は今回はちょっとだけ緊張して出て行きました

先日大西洋上で墜落したエールフランス機に彼の同僚が二人乗っていたのです。一人は栄転でパリへ、もう一人はバケーションの帰り。

一人は旦那も会ったことのある人だそうです。
事故の知らせの社内メールはかなりショッキングだったみたいで。。。


旦那は多くは語りませんでしたが結構落ちこんでいました。

出張に行く前に、初めて保険の書類を全部出して置いていきました。
彼は出張で海外に行くことが多いのですが、今まで一度もそんなことをしたことありませんでした。

そして飛行機に乗る前にまた電話してきて、

『もしも何かあったら、娘とちゃんと生きるように』
と言うのです。

そしてちょっと恥ずかしそうに、

『それから私の母の面倒もみてくれないかな。よーこに任せるのが、一番安心だから』

なんだか遺言みたいだなぁ。

まぁ、実際に亡くなった方がいるわけですから、彼のそういう気持ちもわからなくもなく。。。彼の母の面倒を見るのは、彼が死のうと死ななくてもあたりまえのことなので

『うん、ちゃんとする』と答えました。


実際は、飛行機事故で死ぬ確率は少ないかもしれませんが、交通事故、病気、なにがあるか一瞬先はわからないわけです。

でも、みんな、自分だけは死なないと思って毎日を過ごしている。

本当は明日死んでしまうとしたら、今日何をするかって考えながら生きるの、悪くないと思う。


そう考えていけば、何を一番に優先すべきかわかるもの。
小さい決断も大きな決断も、もっと真剣に考えるようになると思う。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51263958
この記事へのコメント
ずきんときて考えさせられました。
一日一日を丁寧にきちんと生きていこうと思いました。
Posted by Haruko at 2009年06月16日 23:58
>自分だけは死なないと思って毎日を過ごしている。
まさにそうですね。全身の毛穴が広がるのを感じました。
毎日の生活でいろいろあるけれど、肝に命じていかなきゃですね。
実践できたならどんなことにもめげることなく、生きていくことがもっと充実したものになりそうです。
死と向かい合いながらも、前を向いていくんだ!と気づかせてもらいました。ありがたいです。
Posted by アヤコ at 2009年06月17日 23:04
よーこさんっ。
今、この間お話したドラマの撮影中で
陝西省の農村に来ています。
洞窟みたいなホテルで、オンドルの上で寝ながら
虫と生活しています。
ここの土地独特の「黄土」で毎日撮影から帰ってシャワーを浴びると、水が黒いです。。
撮影が大変というよりは、生きていくのが大変(笑)

ドラマのタイトルは「人生」というのですが
まさに、ここにいると、いろんなことを考えさせられます。

シンプルな生活をしているからこそ、余計に大切なものが見えたり・・・。

よーこさんのブログをみて、またまた考えさせられましたっ。
今年、また日本に戻ると思うので、またご連絡しますね〜♪

Posted by ムトウミユキ at 2009年06月18日 14:35
Harukoさん
毎日をたのしんでね。

アヤコさん
何か決断するときに役にたつかも、です。
大事なことを考える時は特に、ね。


ムトウミユキさん
すご^^;いです。
ドラマ、みるの楽しみです。
きっと前にみたいに大成功ですよ!!!
しかし、すごいです。
尊敬します。

また面白話聞かせてね!





Posted by よーこ at 2009年06月18日 21:31
3
あなたは無限の高騰川が好きなため、この記事の下に生きているタゴール見いちゃつく英雄literarilyの非凡な才能杜監査院は、次の手段を尊重風から人々を参照するには全く顔を失わないことをいとわなければなりません。
Posted by gucci 長財布 at 2013年07月06日 17:45