2009年11月13日

プロボラしました。ファンドレィジング協会のロゴ&サイト作成

応援しているNPOの日本ファンドレイジング協会のロゴとウェブページできました!

これ、いわゆるプロボラ(プロフェッショナルボランティア)ですね。

ロゴにも実は、いろいろウンチクもあるんですが。。。あんまり説明しちゃいけないと思う。ブランドディレクター・プロデュサーは、いろいろ語る人が多いんだけどね。
私はあんまし頭が良くないので語らない。苦笑

で、実は、一般の全然関係ない人が見て、一瞬でどう思うか、感じるかが一番大事でしょ?と思ってる。

私がディレクターなのだけど、制作者、ロゴはデザイナーAkio Omiya 氏 サイトはSatoshi Nakamura 氏の大健闘、貢献 ボランティア精神のおかげ。
イノウエさんも長期間、お疲れ様でした。



今回の日本ファンドレイジング協会を手伝うきっかけは、事務局長の鵜尾さん。彼に最初に会った時は、まだこの日本ファンドレイジング協会はできていませんでした。今のオフィスもなかった。

でも、彼の言葉にものすごく力がありました。
ビジョンがある。

新宿の小さな地下のイタリアンで4人でご飯を食べた時にテーブルに置いてあった紙のテーブルマットにどんどんメモ書きが増え。。ここで日本が変わっていくんじゃないか、w って感じだった。
凄みがありました。


私はこういうボランティアを結構やってて、仕事全体の30パーセントくらいは、無償のボランティア活動にあてています。

よく人に、『どうして、そんなことやってるの?よーこさん、同じこと会社向けにすればもっと稼げるのに』と言われたりするんですが。。。

でも、こうやってビジョンがある人たちを応援することで、世の中が少しづつ良くなる夢を一緒に見させて頂いている感じで。。。実は私の方がとても心の贅沢させてもらってるわけなのです。

実は(イノウエさんのアドバイスで)数年前にボランティアの配分を30パーセント、と決めたのが一番大きかった、かなぁ。。


前は何かやりたいと思っても、何をしたらいいか、私時間ないし、とか思っていました。でも30パーセントと決めることでなんだか、よしっ!!!という気になったわけです。

今色んな事をやっています。
そして忙しさは5倍。小さい子もいるし。。苦笑
でも、仕事だけしてた時は、『何やってんだろう。。私』とかよく思ってました。世間的にはカッコいい仕事でも。。。正直時々燃え尽きそうになってました。


でも今何かいつも自分の信じることに30%のボランティアを加えることを決め、実行。

決して無理せずやっています。3割だからだいじょうぶ。無理したら続かないでしょ?

そしたら、ココロのバランスがとてもいい感じです。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51353563
この記事へのコメント
いのうえさんが仰っていたアドバイスが気になります。
よく、『成功する』系の本には収入の10%を寄付するみたいなものが多い気がします。
寄付とボランティアって違いますけど、どうして30%なのか、洋子さんだから30%なのでしょうか?
Posted by ちえ蔵 at 2009年11月13日 10:12
yokさんからは、感銘受けること、多々あります。
感謝。
私もそれを柱にしたい、します。
Posted by norikobears at 2009年11月13日 11:37
小さなお子さんがいて、
さらにお仕事、ボランティアをするのは、
かなり大変だと思うのですが、
楽しそうにこなしている、
よーこさんを見ていると、
そうなんだー、できるんだ〜。と、
とっても良いローモデルになってます。

Posted by ガア子 at 2009年11月13日 12:22
5
よーこさん いつもありがとうございます。
心強く感じています。いろいろとご配慮にとんだアドバイスをいただいて、とても感謝いたしております。
イノウエの信条をここでご紹介させていただきますと、
1)週に2回の社会貢献
2)年収の3%を寄付する
と決めてやっていくということです。

Posted by イノウエヨシオ at 2009年11月13日 12:36
今、日本はもう駄目だ、と嘆く人たちがとても多い中、ようこさんが日本に住み、こうして何か活動してくださるだけで日本に希望が持てます。
色々な方のブログを見ていると、優秀な人たちが海外へ行き、日本の事を思いながらも、あちらへ定住してしまうと言う事例が凄く多い気がします。
私は海外住み始めの頃、日本が好きじゃなかった時期もありましたが、あなたを見ていて私もいつか日本に帰って日本に貢献したいと思うようになりました。
Posted by Y子 at 2009年11月13日 12:48
5
途中でアップしてしまいました。スイマセン
それは、これだけしましょうということを固定的に考えるのではなくって、「ボクのルール」としてそれぞれがそれぞれに応じて楽しみながらやっていくことなんですね。これのきっかけになったのは、世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)でソフトバンクホークスの和田投手が自分のルールを決めてやっているのに呼応して、いろんな個人の方や企業の方々が思い思いの「ボクのルール」を設定して、自分で達成したら寄付をするということを嬉々として行なっておられるのを見てからなんです。
こういうこと、どんどん広がっていくのは、みんなが本能的にいいことで、自分でもできるよねと感じ取るからなんですかね。
そういうわけでも、よーこさんは、本当に素晴らしい実践をされているなぁと思っています。
Posted by イノウエヨシオ at 2009年11月13日 12:53
>仕事全体の30パーセントくらいは、無償のボランティア活動にあてています。
これいいですね!

私は「ボランティア」という言葉にトラウマがあったのですが、「自分のすべてを犠牲にしなくてもいい」と気づかせてもらい(↓)
http://www.ladolcevita.jp/blog/global/2009/10/---2-3.php
最近ちょうどいい配分を探していたところでした。

30%、参考にしてみます!
Posted by la dolce vita at 2009年11月13日 14:56
よーこさんお疲れー。ロゴは直感的で素敵、サイト構成もシンプルでわかりやすいね。

ボランティア30%・・・そういえば、初めて会ったのもチャリティフリマだったっけ。平日の職業関係なしにみんなが声振り絞って代々木で売り子やってる姿は今ふりかえっても印象的でした。

お金を稼ぐ仕事「だけ」に人生の95%を費やしてる人は目がギラギラしちゃうんだよね、全員が全員でないけれど。一方、「あーお金?いいからいいから」って言えちゃう余裕がある人は目がキラキラしてる場合が多い、って、なんとなく感じてる。で、そういう人って余裕を作るためにもday jobでちゃんと稼がないといけないので、day jobも頑張るもんね。

次会うのは12月?楽しみにしてます。
Posted by ジョージ at 2009年11月14日 12:38
4
秘密の愛のために苦しんでいません誰ですか?我々は常に愛は非常に重いと思い、重い、世界で最も重いもの。ある日、あなたが戻ってみると、我々はそれが非常に軽く、非常に軽くなっていることを実現します。我々は、すべての愛は非常に深いと思った、その日、あなたが知っているようになる、それだけで非常に浅い、非常に浅いです。深いと重い愛がwiththe時間を成長しなければならない。
Posted by グッチ 財布 メンズ at 2013年07月06日 17:45