2010年01月11日

あなたならどうする?

時々読者の方からの相談メッセージをいただくのですが。。普段はあまりブログに書きませんが。。
今回は皆さんの意見も聞きたいので載せますね。


あるきっかけで、外国の会ったことのない人とメールのやりとりがをはじまったA子さん。
その人は昔お世話になった日本人のI氏のお墓を探していました。

お世話になったのでお墓参りをしたい、ということでした。

A子さんは、親切心から気軽に探してあげることにしました。
結構有名な方で、本も出されていたし、ある組織の長でもあったのでお墓ぐらい簡単にみつかるだろう。。と

ところが、本人が亡くなられているので思ったよりも難しい。

その方が長をされていた組織に連絡すると、どういう身元なのか?と言われてしまいます。

そんなこんなをメールしあっているうちにA子さんのもとに真実のメールが!

A子さんのメール抜粋


実はが探していた日本人のお墓の人とは、実は彼の実父だったんです!
戦時中、外国に単身赴任していたI氏と出会った彼の母が恋に落ち、彼が生まれたそうです。が、I氏には日本で待っている家族がおり、終戦と同時に日本に帰国。その後連絡も取れず・・・しかし、数年前より彼なりに父のリサーチを始めたそうです。
戦争を知らずに育った私ですが、とても切ない気持ちでいっぱいになりました。

彼は、I氏の家族には迷惑をかけたくない。お墓の場所さえわかればいい。金銭目的ではない・・・と繰り返し繰り返し・・・
メールにはI氏の写真なども添付され、こんな重大な問題に関わっている自分が今後どうしていけばよいのか・・・
友人は、『あなたは出来る限りのことは協力したんだから、もう手を引いたほうがいい』
・・・と。
私もそう思いました。
しかし、添付されてきた写真の1枚に彼と彼の奥様のものがありました。とても裕福とはいいがたい外観で、幼少時も母と2人で苦労されてきた様子。
真実を聞いたとたんに、あとはあなた自身で・・・とも伝えられず。。。

よーこさんが私の立場だったら、どのように対処されますか・・・?
とてもスマートで真っ直ぐな考え方をとても尊敬しています。是非、よーこさんの考えを教えて頂きたいです。




私なら。。ふむ。


たぶんI氏の家族に言いますね。できれば子供さんの方探して子供さんに言う。
残された年をとった奥さんにに言うかどうかは子供さんが決めたらいい。

だって異母兄弟だもの。血がつながってるもん。
実はいい関係が育つかもしれないし。
会うだけで、涙ながらに抱き合う仲になるかもしれない。


で、もしかしたら、もめるかもしれない、でも、もめてもそれはそれでいいのよ。
実はね、金銭的保証もすべきぐらいの問題ですよ。これ。
そうでしょ?
もしこの人が外国人じゃなかったら?
どう思う?


それに、つまりの元は、I氏の責任でしょうが!おっさん!外国で好きな人ができて子供までつくったんなら、死ぬ前に遺言ぐらい残せよっ。まったくーーなんなんだよ。と思うよ。苦笑


で、家族はI氏から愛を受けて生活したなら、その人に対して寛大であるべき。
その人が父親なく辛い時を過ごした間I氏から幸せな時間をもらったんだから。

その人はお墓参りだけできたらいいと言ってる。
それくらいかなえてあげるべきだし、その権利はある。
そしてI氏の子供も兄弟がいることを知る権利がある。

そこでもめるかも?とか何があるかとかは、A子さんには何の責任もないわ。
私なら、全部教える。

雨降って地固まる、よ。

その人を一生、日陰にしておくべきではないと思うんだけど。。

さばさばしすぎかな?苦笑

皆さんならどうする?









この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51415835
この記事へのコメント
私もヨーコさんの考えにAGREEです。
Posted by 係長 at 2010年01月12日 23:46
同意です。投げなれたボールを、どう受け止めるかは、受け止める側の心の問題ですから。
Posted by HIDARIUMA at 2010年01月13日 11:13
2
愛は友情が影している間、ランプが消灯しているとき、あなたはどこに影を見つける、ランプです。友人はあなたに強さを与えることができる人です。
Posted by グッチ 財布 at 2013年07月06日 17:45