2010年04月26日

ブランドディレクターという仕事


私の仕事のひとつに(ブランドディレクション)ってなものがあります。
でも、ブランドをつくるのに正解ってありません。

でも世の中に正解がある方が少ない。。ですよね?

人それぞれの(価値)や(マーケット感)との微妙なかねあいどころが一番のコア。


例えば、下の二つの写真。

これはマカオの6つ星高級ホテルロビーにあった彫刻
IMG_2221



そしてこれは日本の彫刻家の上田亜矢子さんの作品
上田亜矢子



同じ彫る、という行為でこれだけの差がでてくる。


で、どちらも素晴らしい彫刻です。


でも、たぶん、上の彫刻に批判的な人は、まず、そもそも、なんで白菜なんだろう。。(苦笑)と思うし、ここまで彫る必要ないし、と思うだろうし。

逆に上の彫刻が好きな人は、上田さんの作品が理解できないはず。きっと、この彫刻磨いてもないじゃん!と思うのよね。


私がしている仕事は、例えていうならば、このようなの全然違うものを、(好みじゃない)と思う人にどう魅力的にみせるか、理解してもらうか。


よりターゲット層じゃない人にどうリーチできるのかをいつも考えてるような仕事なのかな、と思います。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51475703
この記事へのコメント
よーこさん、ご無沙汰です^^。
白菜の彫刻は白菜と発財の発音が似ていることから、
中華世界では冨の象徴ですね。
ちなみに日本人の友人が最近、上海からマカオの
グランドハイアットに転勤になりました。
Posted by Morioka at 2010年04月30日 02:42