2010年06月01日

自分勝手


この間、娘が初めてのSleepOverお泊まりにお友達の家にいくことになり。。
旦那は海外出張中で、急にひとりになりました。

その夜、あまりに部屋がしん、としてしまい。。。なんだか不安になってしまいました。



そして、なにげなく普段つけないテレビをつけました。
そしてその瞬間、ふと、父のことを思い出しました。

テレビをつけっぱなしで寝るなんて、行儀悪いし電気代もかかるし
ちゃんと消して寝ないと!エコじゃないよ!!!!


。。。そんなことを里帰りするたびに、一人暮らしの父にガミガミ言っていた私。


母が亡くなり、弟が出て行き、私が嫁に行き、妹が就職して出て行き。。
ずっと一人暮らしの父。

そう。ひとり。夜、テレビの音がないと寂しかったんだと思います。



音がないと耐えられないくらいに心寂しかった、なんて。

ひどいことを、それも(自分が正しい)と思い込んで言っていた自分が情けなくなりました。

今更ながら、どんな事にも2つの面があるんですよね。
またその事に気がつかされ、それが胸をつきさして痛いです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51492854
この記事へのコメント
さぞ心が痛いことでしょうね。

でも、気づかないでいるよりも。
気づいたほうが、ずうっとよいと思います。

気づかない人のほうが、多いですもの。
Posted by とりやまみゆき at 2010年06月01日 17:54
おとなになると、色んなことを知ることになるので、なんでも理解したような気持ちになります。
でも時々、『あぁ・・・!』って。
恥ずかしいけれど、素直に受け入れる気持ちを大切にしています。

お父様、とっても嬉しく思っていらっしゃると思いますよ。相手から、自分を『大切に思われている』気持ちを感じること。
こんなに幸せなことはありません。

よーこさんの優しいお気持ちが、お父様を支えていらっしゃるのだと思います。
Posted by ジェイミー at 2010年06月04日 10:05
いきなり失礼します。
文章にとても誠意を感じました。
最近、僕にも同じような体験ありました。
いつも不平不満ばっかり言っているパートのおばちゃんがいて。ダメな人だ、と決めつけていたんですが。ふとした会話から、そのおばちゃんは家庭では、円満を守るために、旦那の横柄な態度などに意図的に我慢をしているらしいことがわかりました。
・・・詳しくはわかりませんが、
こんな不満ばかりいうおばちゃんの家庭よく壊れずに子供育つなぁ、と常々思っていたので、その「我慢」はかなり真実なのだろうなぁと納得しました。
その分のストレスを職場で出しているのかもしれませんが・・・。
完璧には見えませんが、人にはいろいろなバランスのとり方があるようですね・・・。
ある種の正しさに反する人の行為をみても、それだけをもってその人を決めつけてしまうことはもうやめよう、と思いました。
Posted by 山田sushi at 2010年06月11日 22:11