2011年05月15日

もしも明日死んでしまうとしたら

人は突然死ぬよね。
突然亡くなられた方のお葬式に行ってらした方がつぶやきました。

私は,その方の黒いスーツの肩を見つめながらうなずきました。


死は突然やってきます。

東北の地震で亡くなった方の中に、その前にあったニュージーランドで亡くなった学生達をテレビで見てなんて可哀想、と話していた人がきっといたと思います。

彼等は、自分がその1ヶ月もしないうちに死んでしまうなんて夢にも思わなかったでしょう。

そして東北地震で亡くなってしまった人達の事を可哀想だと思っていた人が、突然、交通事故で亡くなってしまったりしている。

明日何がおきるかわからない。
今年、私は叔母を亡くしました。突然倒れていたという電話がかかってきました。
その前の日に、叔母は私の父とお好み焼きの話をしてたそうです。

彼女自身だって、お好み焼き焼、焼けたから電話きるねーと話していたんですから、次の日に死ぬなんて思いもしなかったと思います。

本当に明日は何がおきるかわかりません。


考えたくないことだけれど、誰でもいつか死ぬんですよね。


私が死ぬ時に、神様は振り返る時間をくれるのかどうか、わかりません。
でももしあるとしたら、後悔しないように、と自分に言い聞かせています。

あと、1年しか生きられないなら、自分にとって必要なものはなんなんでしょう?
今は、何をやればいいんでしょう?
誰と一緒に過ごせばいいんでしょう。



物事に迷ったら、私はよく想像するんです。

明日私死ぬかもしれない、って。

母が亡くなった頃からの習慣です。



そしたら、何が大事で、何が大事じゃないか、自然にわかる。

そうしたら、複雑そうな選択は、案外簡単で、きっと進むべき道を、間違えないですむ。

何となくそんな感じでやってきました。

時々、怖がらずに、そういうことを思い返すと、なんか、バランスとれる気がします。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51627218
この記事へのコメント
そうですね。
考えたくないことであり、真剣に問わないと答えが見えないことでもありますが。
Posted by HIDARIUMA at 2011年05月16日 08:31
「そしたら、何が大事で、何が大事じゃないか、自然にわかる
そうしたら、複雑そうな選択は、案外簡単で、きっと進むべき道を、間違えないですむ。」

そのとおりだなぁとおもいます。
yokoさんの内容はいつも考えさせられます。
Posted by とくちゃん at 2011年05月16日 22:17
スティーブ・ジョブズも言ってましたね。

「今日が人生の最後の日だとしたら、今日これから行うことは本当にやりたいことだろうか」

私が高校生の時に、親戚が通院もしていなくどこも悪くないにもかかわらず今日調子悪いから会社を休むと奥様に言って、奥様が仕事から帰って来て旦那様がまだ寝ていたからおかしいと思い見たら、亡くなっていました。
親戚からの電話は、私がでましたからはっきり覚えています。
Posted by 大ファン at 2011年05月17日 00:49
私も最近このようなことをよく考えています。
震災が起こってからです。
でも明日死ぬことを考えて生きるより輝かしい未来を考えて今を生きたいとも思います。
いつもありがとうございます、Yokoさん。
Posted by hiroko at 2011年05月20日 12:01