2011年05月20日

中国の事聞かれたら渡すようにしてる本

最近中国のことについてよく聞かれることがある。中国がビジネスとして外せなくなってきたからね。
でも、なかなか全体をうまく説明できないんだよね( ̄∇ ̄;)

貧しい人はものすごく貧しいし、お金持ちはものすごくお金持ちだし。
北京料理と四川料理比べてみてくれるだけでわかると思うけど、あれだけ違うんだから、土地柄だって全然違う。

ふむ、と思ってたんだけど、この間、中国進出考えてる某社長にこの本あげたら、ものすごく喜ばれた。

潜入ルポ 中国の女
潜入ルポ 中国の女
クチコミを見る




(今までかなり中国のビジネス本沢山読んだのだけれど、よくわからなかった背景の部分の中国を理解できた気がする。ありがとう)

ってメールの返信がきた。

潜入ルポ 中国の女 を書いた福島香織さんはジャーナリストとして中国に在住8年いたのね。彼女は何冊も本を出しているのだけど、これは彼女にしか取材できなかっただろうな、と思われる本。

貧しい村の女性から富豪になった女性までとにかくハチャメチャに色んな女性が書かれている。そして、そのエピソードがどれもこれも、今の中国そのもの。

私は面白いと思って読んだだけなんだけど、ビジネスとか考えている社長さん達には、かなり勉強になる本みたいなんで、中国の最新状況について聞かれたら最近は、これ、はいって渡す事にしてます。
表紙も色っぽいしねw



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51628611
この記事へのコメント
よーこさん、ありがと〜!
Posted by kaokaokaokao at 2011年05月25日 21:09