2011年08月28日

人生をゆたかにしてくれた言葉

米国で住んでいた時に、人生をゆたかにしてくれた言葉にたくさん出会いました。

その中のひとつ。
今でも自分の生活に根付いている言葉があります。

ある日に、運転していたら偶然引っ越しセールがあり、見に行きました。
そこで、たまたま私の好きな柄の食器セット(10セット)がありました。

素敵だな、どうしようかなって思っていたところ
上品そうな老婦がきて

『この食器のセット、ひとつも欠けてないのよ
大事に大事にしてきて、サンクスギビングとクリスマスの時にしか使ってないし』
と説明してくれました。
写真

でも、高いかも、と私が値切ろうとすると(・◇・)ゞ

『この食器好き?』
と白髪の老婦は私の目を覗き込むようにして聞きました。
私がうなづくと

『ひとつだけ約束してくれたら、安くしてあげるわ』
『何をでしょう?』
『日常づかいで、使ってくれない?』

え? 私は彼女を見返しました。

『なんだかね、もったいないって思って。。。こんな大事にして。でも年取っちゃって、子どもが巣立ってね、今度引っ越しする家は小さいのでこんなセット置くスペースないし、そしたら、私なんで好きなもの毎日使って楽しまなかったんだろ、と思ってね。毎日楽しめばよかったって今は思うの。だからあなたが毎日楽しんでくれたら、嬉しいわ』

あれから、10年。もうかけたり、割れたり、シルバーの部分が色落ちしていたりしてるけど、普段に、無造作に使ったことでの愛着があります。

そしてそれから、私、たぶん自分の買い物の仕方が変わったのです。

毎日使うものが大事なんだ。
毎日に気を使って、本当に自分が、普段に、あぁ、ちょこっと幸せって思えるものを買おうって(意識する)ようになりました。

逆に使う機会が少ない例えば、贅沢な服やバック宝石は買わない。(もともとそんな感じだったけど、これがキッカケでもっとそうなった)

タオル、スプーン、塩、毎日つかうもの、こだわる。
だけど壊れたら、それでいい。こだわるけど執着しないで、するっと使う。

あのたった一度きり、偶然会った老婦に教えてもらった人生のゆたかに過ごすコツ。
感謝してます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51658520
この記事へのコメント
いいですね!

私もそんな感じですね。

使わないマイカーを手放して
一ヶ月たちましたが不便は感じません。

アロハシャツが好きでハワイに行く度
買ってたら70着たまってしまいましたが
毎日着ています。

ちょっといいオーディオを持ってますが
毎日聴いています。

物は使ってなんぼです。

毎日使うかどうかで判断する、
いい考え方です!!
Posted by 野寺治孝 at 2011年08月29日 08:22
5
私も今日書いたばかりのブログで、同じ事を思って書きました。
http://ameblo.jp/eurythmy/
よーこさんの文章の方が数倍分かりやすく、心にしみますが。
よーこさんとのシンクロで、なんだか嬉しくなってコメントさせていただきました。
Posted by 荻原史織 at 2011年08月29日 14:42
その老婦人の言われたこと、とてもよく分かります。でも新しい気に入った食器はついしまいがちです。たぶんその方はもう惜しまずに使ってほしい。そして、これを買った時の自分を思い出してほしいと、そんな気持ちになっていたのではないでしょうか?
Posted by nogiku at 2011年08月30日 23:49
よーこさん、おひさしぶりです。
ツイッターはフォローしている暇がないので、ブログの更新楽しみにしていました。

普段使いできるものを優先順位にするという心構え、とっても良いことですね。
私も新婚時代に揃えた食器セット、棚から引っ張り出してきて日常使いしたいと思います。

よーこさんのブログは、いつも心にぐっとくる言葉が沢山なので、これからも更新楽しみにしています。
Posted by ガア子 at 2011年08月31日 02:06