2012年04月06日

ありがとう。立ち向かってくれて。

私は、物事は変えられる、と信じる人が好きだ。

で、今日紹介するのは、かものはしプロジェクトの本木くん。
子どもが売られる現実が世界にはまだある。それに正面から、立ち向かっている人だ。


彼は言う。

私がもっとも伝えたいことは、「人身売買がひどいんです」ということではない。
人身売買問題は解決することができるのだ、ということである。
そして、おそらく、この問題は、社会問題の中でももっとも難しい部類に入ると思うので、おおくの社会問題は解決できるのだということにほぼ等しいと思っている。


この言葉を読んだ時に、わたしは不覚にも涙がでてしまった。

そう、私たちは,絶対に、あきらめてはいけないんだ。

自分がやろうとしている問題の壁の高さの前で、溜め息がでていた私は、この言葉に勇気をもらったのだとおもう。

かものはしプロジェクト 本木くんのブログの続きを読んでみて下さい。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51708411