2012年09月10日

どうしても読めなかった2冊

どうしても、なかなか読めなかった本を紹介します。
ファインダー越しの3.11
ファインダー越しの3.11
クチコミを見る


ずっと前から、本棚にあって、でもどうしても手にとることができませんでした。

南三陸町からの手紙 3.11を体験した22人が自ら綴った言葉
南三陸町からの手紙 3.11を体験した22人が自ら綴った言葉
クチコミを見る


何ヶ月もそばにあって、それなのに、どうしても読めませんでした。
特に、ファインダー越しの3.11は、佐藤さんのお母様を探されるツィートをRTしたことも覚えています。一緒に彼のお母様を探していたような気がしていました。

やっと読んで、でも、やはりうまく感想が書けません。

たぶん私は、こういうことが「他人事」に思えない性分だから、311を全く整理できていないのだと思います。まだ精神的にひきずっているどころか、どこかで無理矢理に記憶を封鎖しようとしたり、被災しなかった自分に罪悪感を感じたり。

そして、私は正直に言うと、まだ怒っているんです。
それは、自然への理不尽さかもしれないし、人災に対することなのかもしれない。

無我夢中で自分がやれることをやったつもりなんですが、そのちっぽけなボランティアが、本当にちっぽけすぎて情けなくて今でも涙がこみあげてくる時があります。

それでも、途方もない気の重さと戦う時に、もう一度読まなくては、と思いました。
人間の弱さと強さを同時に経験できる壮絶な本です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51738974
この記事へのコメント
悩みを聞いて頂けますか。
私は中国人との結婚を控えていますが、最近の政治問題がある度に嫌な気持ちになり真剣にやめようか迷っています。彼は日本が長く非常に紳士的で優しいので問題ないのですが、私が中国に抵抗があるので、騒動が起きる度に精神不安になります。坂之上さんは旦那様との関係で悩んだ事はありますか。非常に失礼な事ですが、質問させて頂きました。
Posted by Hana at 2012年09月11日 02:54
今更コメントしてすいません
感想なんて無理に書かなくていいんじゃないですか
言葉が見つからないってそれでいいと思います
ホントのことなんですから
無理に話そうと言葉を作るから、誤解や不快感を招くわけで・・・
傍で手を握ってくれるだけで伝わるものはあります
人肌って気持ちいいんです
体だけじゃなく、心も温まります
難しく考えなくていいんじゃないすか
人間は強くなる=人に優しく出来る
だと思っています
それに怒りと辛さは同時に出ません
怒りは体力があるからこそ覚える感情で、辛いときは何もする気が起きない気力を失った状態です
だから、怒りを覚えるのは体力のある証拠
怒りがある限り動けますよ
それに、手をにぎるそれだけでもちっぽけなボランティアのひとつに十分なり得るとあたしは思います
Posted by カッコ at 2012年09月24日 15:16